エントリーシートの志望動機は、多くの学生が「何を書けばいいのか?」「書き方がわからない」と悩む部分です。そこまで深い志望動機がないにも関わらず、書かなくてはいけないのは大変ですよね。

しかし、書くことがないからといって、適当に書き薄っぺらい内容で提出しても受かる確率は低いでしょう。

本記事では、「受かるエントリーシートの志望動機」を作るために、以下の情報を解説します。

  • 志望動機を作る前の事前準備
  • 伝わりやすい志望動機の書き方
  • 志望動機を書く際の注意点
  • 22年卒内定者のエントリーシート

この記事を読めば、誰でも悩まず志望動機が書けるようになります。
最後まで読んで、魅力的な志望動機を作りましょう。

志望動機の作成に必須な事前準備とは?

志望動機を書く前には、事前準備が必要不可欠です。
事前準備が志望動機の出来栄えを決めると言っても過言ではありません。

志望動機だけでなく、エントリシートで求められる項目には、企業側のさまざまな質問意図があります。

質問意図を汲み取らずに、自分の伝えたいことだけを伝えても、面接官には刺さりません。したがって、企業の意図と、自分が伝えたいことのすり合わせを事前準備で入念に行う必要があるのです。

具体的な事前準備の方法を1つずつ詳しく解説します。

企業研究を徹底的に行う

企業研究を徹底的に行うことで、企業の魅力が深く理解できるため、質の高い志望動機が書けるようになります。

企業研究は、以下の点を念入りにリサーチしましょう。

  • 企業が社会に提供している価値は?
  • 会社のビジネスモデルは?
  • どうやって売り上げを上げているか?売り上げ金額
  • 他社と比べた応募先企業ならではの強み
  • 応募しようと思ったきっかけの魅力

これらをリサーチしていくと、自然に細かい企業研究ができるため、志望動機の差別化や説得力が生まれます。

入社の動機を深掘りする

企業研究を行ったあとは、入社の動機を深掘りしましょう。

企業研究の内容を元に、「会社の強み・魅力をどう感じたか?」「なぜそう感じたのか?」を考えてみてください。

会社の魅力・強みを踏まえた「入社後のやりたいこと」や「入社後に活躍するイメージ」が志望動機になります。

自己分析を徹底的に行う

志望動機を書く上で、自己分析は非常に大切です。「なぜこの企業を選んだのか?」を知るためには、自分の価値観や考え方を知る必要があります。

自己分析をすることで、自分が大切にしている価値観がわかり、その価値観を元に応募したという論理的な志望動機を説明できるのです。

しかし、自己分析は多くの学生が最も難しいと感じる事前準備の1つです。
正しいやり方で自己分析をしないと、本質的な自分の理解はできません。

そこで、「誰でも深い自己分析ができる方法」をまとめた記事を作成したので、興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

伝わりやすい志望動機の書き方・ポイント

伝わりやすい志望動機を書くには以下3つのポイントがあります。

  1. 印象に残る「書き出し」を書く
  2. PREP法を使いコンパクトにまとめる
  3. 第3者に添削してもらう

3つのポイントに沿って書かれた文章と、そうでない文章では読みやすさが全く違うので、志望動機を書く際に、ぜひ参考にしてみてください。

印象に残る「書き出し」を書く

志望動機を読む際、1番最初に目に入る部分が「書き出し」です。
書き出しの良し悪しで、2行目以降の評価も同じように変わります。書き出しを書く上で大切なポイントは「必ず結論から書く」ことです。

結論から書くことは非常に重要で、文章の全体で伝えたい結論を冒頭に持ってくることで、文章全体のイメージが湧き、内容が頭に入りやすくなるため、志望動機の印象を深められるのです。

逆に、結論から書かれていない書き出しは、「論理的に伝える力がない人材」だと思われてしまう恐れがあるので、書き出しは特に意識しておきましょう。

PREP方を使いコンパクトにまとめる

文章をわかりやすく簡潔に伝える方法の1つに「PREP法」という文章術があります。

PREP法とは、以下の内容に沿って文章を作成することです。

Point…「主張・結論」
Reason「理由」Example「具体例・根拠・実績」
Example「具体例・根拠・実績」
Point…「まとめ・結論」

志望動機で記載したい内容を当てはめると、以下のようになります。

結論:入社したらやりたいこと
理由:会社の魅力
具体例:自分の動機づけ
結論:入社したらやりたいこと

この型に沿って志望動機を作成することで、読み手にストレスを与えにくい文章が完成します。

第3者に添削してもらう

志望動機が書けたら、自分以外の人に確認してもらい、良い部分や悪い部分を添削してもらいましょう。

自分では完璧に書けているつもりでも、第3者から見ると伝わりにくい部分があったり、誤字脱字があったりする可能性が高いからです。

人それぞれ文章の捉え方は異なるので、色々な人からアドバイスをもらい、少しずつ志望動機の精度を上げていくのが大切です。

志望動機を書く際の注意点・記載してはいけないこと

志望動機を書く際に、いくつか注意するべき点があります。
自分では良かれと思って書いた志望動機でも、企業側からすると、マイナスに捉えられる場合もあるのです。

1つでも悪い評価をなくすために、以下の注意点を参考にしながら志望動機を作成しましょう。

待遇面や福利厚生の良さを中心にしない

給料や休日などの待遇面や福利厚生は確かに魅力的ですが、志望動機の軸にするのはやめましょう。

例えば、「御社の給料が良かったため、志望しました」と伝えると、採用担当者は「自社より給料が良い企業にスカウトされたら、すぐに転職してしまうのではないか」と感じます。

当然、企業は長く働いてくれる人材を優先して採用したいので、別の人材を採用してしまいます。

待遇の良さを伝えてはいけないわけではありませんが、志望動機は応募先企業ならではの魅力や、入社後にやりたいことなどをメインにしましょう。

勉強させてもらいたいはNG

企業で働くということは、勉強をしにいくのではなく、仕事を通して社会や周りの人に貢献することです。

学生であれば、勉強するのが仕事なので問題ありませんが、志望動機として記載するのはNGです。

どうしても勉強したい旨を伝えたい場合は、「勉強をさせてもらいたい」ではなく「自分から積極的に学んでいきたい」と伝えることで、熱意を伝えられます。

文章量が少ない

文章量があまりにも少ないと、「やる気や熱意がない応募者」というマイナス評価を受けてしまいます。

志望動機の文字数はあらかじめ企業から決められているため、決められた文字数の8割以上は埋めるようにしましょう。

勤務地が近かったから

「勤務地が家から近かったから」という志望動機を書いてしまう応募者は少なくありません。

確かに自宅から近い勤務先は理想的ですが、企業側からすると「自宅から近いほかの企業でもいいのでは?」と感じます。

志望動機では、「その企業でなければならない理由」を記載しなくてはいけないので、その他多くの企業にもあてはまる理由を伝えるのはやめましょう。

やりたい仕事と実際の仕事内容が違う

内定後にやりたい仕事は、企業が募集している内容を記載しましょう。

例えば、エンジニア職を募集しているのにも関わらず、総合職の仕事がやりたい旨を書くと、企業は「ミスマッチングなのでは?」と考えてしまいます。

募集職種をしっかりと確認し、その職種を希望していると書くのが正解です。

【業界別】エントリーシート『志望動機』例文

2022年卒の本選考内定者の志望動機を業界別にまとめました。
良い志望動機を書くには、実際に内定を獲得したエントリーシートを参考にするのが1番です。

自分が応募する業界だけでなく、他業界の志望動機も同じく参考になるので、合わせて確認しましょう。

【人材】エントリーシート『志望動機』例文

【Dip】書類選考通過者「志望動機」281文字
志望動機
貴社の業務内容と社員の方をとても魅力的に感じました。セミナー参加前バイトルのイメージが強く求人広告が強みだと感じていました。しかしDX事業にも力を入れておられ、労働力の総合商社を目指されていると伺いました。HR領域で柔軟なアプローチをしておられる貴社なら私の目指す働くことを楽しむを可能にできるのではないかと魅力を感じました。また社員の方との座談会で仕事での喜びを感じた場面だったり、やりたいことをお聞きしました。その内容にとても共感できたし私も同じ場面でやりがいを感じられるなと思い、同じことにやりがいを感じられる貴社の社員の方たちと是非働きたいと思いました。

【不動産】エントリーシート『志望動機』例文

【積水ハウス】書類選考通過者「志望動機」400文字
志望理由400
『人に深く寄り添える』『自らの価値が認められる』という私が求める2軸を叶えられる企業であるため志望する。私はゼミで共に活動をしたリクルート社員の方の親身な姿に感銘を受け、悩みを持つ人に深く寄り添える働き方をしたいと考えた。また双子の起業に影響され自分の存在意義に悩まされた私は、「人それぞれ他人にない魅力がある」という母からの言葉に救われ、自らの価値が認められる仕事に就きたいと考えた。そのため「住まいの選択」という大きな決断をするお客様に寄り添え、成功した際には個人としても認めていただけるであろう点に魅力を感じ、ハウスメーカーに興味を持った。中でも貴社の高品質な住宅の提供のみならず、アフターフォローまで徹底されている点、またお客様の幸せを考え、サービス面で新たな付加価値を提供していく姿勢に魅力を感じた。常に時代を先取りする環境で自己成長に励みつつ、真にお客様に寄り添えると考えたため志望する。

【メーカー】エントリーシート『志望動機』例文

【凸版印刷】書類選考通過者「志望動機」400文字
トッパンを志望する理由は何ですか?400文字以下
志望理由は2つある。1つ目は、モノを通した顧客の課題解決によって、人々の生活を今よりも便利で快適にしたいからである。塾講師のアルバイトを通して、自分の持っている知識・ノウハウを生かして他者の課題を解決し、役に立つ喜びを知った。貴社は事業・人材の幅が広いからこそ、顧客に対して仕組みの構築から運用まですべての面で伴走し、最適な提案ができる。他業界では関わることのできない部分までを網羅し、それらを通して消費者の生活の豊かさを実現したい。2つ目は、提案型の営業スタイルで、前例のないことの実現に挑戦できるからである。ゼミで出場したビジネスコンテストで、社会革新性のあるアイデアを生み出し、形にするやりがいを感じた。貴社では顧客に依頼されたモノを形にするだけでなく、凸版ならではの+αの付加価値を加えた提案を行っている。顧客への提案を通して時代を超えて愛される、新しくも普遍性のあるモノづくりに携わりたい。
【大日本印刷】書類選考通過者「志望動機」201文字
DNPを志望する理由を教えてください(全角200文字以内)
顧客の課題解決によって、多くの人々に生活の豊かさを提供したい」と考え、志望する。塾講師のアルバイトを通して、自分の持っている知識・ノウハウを生かして他者の課題を解決し、役に立つ喜びを知った。貴社は長年培ってきた技術や情報を活かし、幅広い分野で企業の課題解決を続けてきた。貴社で独自のリソースを生かした課題解決にあたり、エンドユーザーに新しい価値を提供することを通して、多くの人々の生活を豊かにしたい。

【ファッション・コスメ】エントリーシート『志望動機』例文

【マリークヮントコスメチック】書類選考通過者「志望動機」227文字
マリークヮントに応募しようと思った理由はなんですか
50文字以上250文字以下
貴社の黒いデイジーとミニスカートの象徴『既成概念を打ち破り、新しい美をクリエイトし続ける』と、私の就職活動軸の『美を通してより多くの人に笑顔、喜び、幸せを与える』が共通していると思い、志望します。現在新型コロナウィルスの影響により、業界全体で厳しい状況が続いていると思います。しかしウイルスが収まりマスクが無い生活に戻った時、人々はこれまで我慢してきた美を追求すると考えます。その時に私は、『自由にメイクを楽しむ』を追求する企業で働きたいと考えています。

上記の志望動機例は、掲載されている中の一部です。

インターツアーには、上記のほかにもさまざまな業界で内定を獲得したエントリーシートが豊富にあります。

誰でも無料で見られるので、気軽にチェックしてください。

各業界の書類選考通過エントリーシート全体をチェックしたい人はこちら↓