就活中に必要なリクルートスーツ。どんなものを選べばいいか、わからない方も多いでしょう。てきとうに買ってしまって、いざ選考の場に行ったら自分だけ浮いていた……なんてことは避けたいですよね。そこで今回は、リクルートスーツの選び方や買い方について解説します。

リクルートスーツの買い方のポイント

リクルートスーツを買う時、どれを選ぶか迷ったら以下の5つのポイントに気を付けてください。これだけを抑えておけば、問題なく就活ができるスーツを買うことができます。

色は黒で柄のないものを選ぶ

リクルートスーツは黒色を選びましょう。中にはネイビーやグレーを着ている方もいますが、基本的にほぼ全員が黒のため、目立ってしまいます。特に金融系やシンクタンクなどの堅い業界では、黒以外を着ている時点ではじかれてしまうこともあります。

また、柄物はNGです。黒の無地を購入しましょう。スーツに合わせるシャツも同じく無地がおすすめです。色は白で、長袖のオーソドックスなものを選んでください。

スーツはボタンの数によって相手に与える印象が異なります。1つボタンは結婚式や葬式などフォーマルなシーンで着られるものなので、就活に向きません。ビジネススーツのほとんどは2つボタンなので、リクルートスーツも2つボタンが主流です。3つボタンや4つボタンは、ファッション性は高いのですが、リクルートらしさはないので控えましょう。

必ず試着する

最近はオンラインで服を買う人も多いですが、リクルートスーツは必ず店舗に足を運び、試着してから購入しましょう。大きすぎたり小さすぎたりするとそれだけでだらしない印象になり、髪形やメイクを整えたり、話している内容が立派でも、「なんとなく良く見えない」という原因になってしまいます。

ジャケットを試着したらまず肩であわせ、次に胸で合わせます。しわがよったりよれたりしていないかをチェックし、ウエストのサイズを見てこぶし一つ分の余裕があるかを確認しましょう。袖の長さも重要です。シャツが1cmほど見えるようにします。

パンツも必ず試着してください。ウエストは指が4本入るくらいの余裕を持たせ、腰からお尻にかけてある程度ゆとりがあるようにしましょう。裾上げをする場合はダブル仕上げではなくシングル仕上げにします。靴にワンクッションかかるくらいの長さが適切です。

洗えるタイプは便利

基本的にスーツは自宅で洗うことができず、クリーニングに出す必要があります。しかし、ウォッシャブルスーツを選べば洗濯機で洗うことが可能です。ジャケットは形を整えパンツは三つ折りにしたら、ネットに入れます。そのまま洗濯機に入れて洗い、日陰に干したらアイロンをかけるだけで、簡単にきれいになります。

夏の時期は何度も同じリクルートスーツを着続けるのは不衛生ですし、万が一、選考の前日に汚してしまっても急いで対応することが可能です。特に多くの選考を受けているとクリーニングに出す暇がないこともありますし、クリーニング代の1000~2000円ほどを浮かせることもできるので、1着持っていて損はないでしょう。

価格が安いものでもOK

何かとお金のかかる就活ですが、リクルートスーツは安価なもので問題ありません。むしろ、ハイブランドのスーツはリクルートらしくなく、面接官にネガティブな印象を与える可能性があります。

リクルートスーツの相場は2万円前後です。1万円以下で売っているものもありますが、そこまで安いとどうしても安っぽく見えてしまいます。変にテカテカとした光沢があったり、生地が異様に薄かったりして違和感があるので、気を付けてください。

リクルート用の小物も一緒にそろえる

就活で必要なものは、リクルートスーツだけではありません。まず、男性はネクタイを買いましょう。色は青かネイビーで、柄は無地やチェック、小紋といったシンプルなものがおすすめです。幅は一般的な7~8cmで、タイピンは必要ありません。

靴は、男性は黒の革靴です。ラバーソールかレザーソールで、ストレートチップの靴紐にしましょう。女性は、黒のパンプスでヒールは3~5cmが最適です。ヒールのないものはカジュアルすぎますし、6cm以上だとファッション性が高すぎてしまいます。ヒールが苦手な方は、移動中はフラットな靴にして、最寄り駅で履き替えるなど工夫するのがおすすめ。男女問わず、必ず試着してサイズをチェックしてください。

鞄は、いわゆるリクルートバッグと呼ばれているものであれば問題ありません。色は黒で、マチがしっかりしており床に置いた時に自立するものを選びます。最近ではビジネスシーンでリュックを使う人も増えていますが、就活生はトートタイプの方が無難です。

忘れがちなのがハンカチです。面接官に直接見られる可能性は低いですが、トイレで手を洗った後にスーツで拭くわけにはいきませんし、万が一何かをこぼしてしまった時などに必要なので、必ず一枚持っておきましょう。

リクルートスーツを買える店

最後に、リクルートスーツを買えるお店を紹介します。どこで買えばいいかわからない方は参考にしてみてください。

THE SUIT COMPANY

「ハイファッション・ハイクオリティな商品を最高の立地でリーズナブルな価格にて提供すること」というコンセプトで、学生にも手の届く価格帯でスーツを販売しています。HPには就活生用のページがあり、スーツ選びのポイントなどがまとめられていて便利です。

SUIT SELECT

「リアルスーツとは何か」を追求するSUIT SELECTでは、「着る人の一日そのものを新鮮に、ハイ・ポテンシャルなものにする」スーツを取り扱っています。リクルートスーツも様々なタイプをそろえており、インポート素材やストレッチ素材、ウォッシャブル素材などから選べます。

AOKI

AOKIは、「人々の喜びを創造する」というコンセプトでものづくりへの思いが高いブランドです。リクルートスーツにも注力しており、2022年度にはマイナビと連携して「就活&インターンシップ応援」というキャンペーンを行っています。大学生は20%引きで買えたり、就活に必要な相手も8点が2万7000円*で購入できたりと、コストを抑えたい方にもおすすめ。

洋服の青山

THE SUIT COMPANYと同じ青山商事が展開する、洋服の青山。就活生向けに「安心おまとめセット」として、小物を含めた8点を2万7000円*で買うことができます。サイズ選びのチェックポイントや身だしなみの情報だけでなく、その年の就活スケジュールなど幅広い情報を手に入れることができます。

*2022年7月時点の情報です。価格情報などは販売店のサイトで確認してください。

就活が始まる前に買っておこう

今回は、リクルートスーツについて解説しました。就活の準備というとESの書き方や面接の受け方などに目がいきがちですが、身なりを整えることも非常に重要です。また、基本的にリクルートスーツはその場で買って持ち帰れますが、裾上げなどで3日以上かかることもあります。直前になって「スーツがない!」と焦らないように、早めに準備しておきましょう。

就活対策はインタツアー

企業インタビューに参加し、口コミを書くだけ!
業界研究・企業研究ができ、社会人の方と話すこともできちゃう!
しかも就活支援金もゲット!

是非下記から詳細をチェックしてみてください!!