エントリーシートを書くとき「言いたいことが上手くまとめられない」「伝わりにくい文章になってしまう」といった悩みを抱えている方は多いと思います。そこで今回は、ガクチカや自己PRなど、どの企業のエントリーシートにも鉄板で入っている質問項目について、上手く書く方法を解説します!

エントリーシートのガクチカの書き方

ガクチカとは「学生時代に力を入れたこと」の略称です。あなたが大学時代に、一番頑張ったことや打ち込んでいたことを書きましょう。

ここで勘違いしがちなのが、「何か大きなことを成し遂げていないといけないのではないか」ということです。しかし、学生で起業をしたり、海外留学をしたりといった輝かしい経験は、必要ありません。

面接官が知りたいことは、「あなたが何をしたか」よりも、「それを成し遂げるために、どう努力したか」「途中にどんな困難があり、それをどう乗り越えたか」ということです。そのため、結果ではなく過程について詳しく書くようにしましょう。

特に困難に対する方法は、面接に進んだ時に詳しく聞かれる可能性があります。どんな難しさがあったのか、それについてどう分析したか、自分のどんな強みを活かしたかなど、多角的に語れるようにしておくと、次回以降の選考で役立ちます。

エントリーシートの自己PRの書き方

自己PRは面接官に自分をアピールする非常に重要な項目です。そのため、すぐに情報が伝わるようまずは結論から書くようにしてください。また、成し遂げた物事そのものではなく、自分自身の能力を結論に持ってくると良いでしょう。

例えば、PRすべき点は「スピーチコンテストで優勝した」ということではなく、「スピーチコンテストで優勝するために、1年間毎日欠かさず1時間も発音の練習をした。自分は継続して努力する能力を持っている」ということ。

まずはこの継続性について言及し、その能力を発揮した具体例としてスピーチコンテストの話をすると言うイメージです。また、成し遂げたことに対して家族や友人から言われた言葉も添えると、客観的な視点も入れることができるのでおすすめです。

エントリーシートの長所の書き方

長所の書き方や書く内容は、自己PRとほとんど同じです。自分の強みを、しっかりアピールしましょう。この時、企業にあわせて何を書くか内容をピックアップしてください。

採用パンフレットや採用サイトには、どんな人物を求めているか載っています。そこで、例えば「能動的に動ける人」が求められていたら「人に指示されずとも自分で考えて行動し、PDCAサイクルを回せる」といったアピールがおすすめですし、「コミュニケーション能力がある人」が求められているのであれば、「チームの中で人間関係の調整をするのが得意」といったことを書くと興味を持ってもらいやすいです。

とはいえ、嘘をつく必要はありませんし、もしついたとしても面接を通してごまかしきれなくなってしまいます。なるべく自分の強みと企業の求めていることが重なるポイントを見つけましょう。

エントリーシートの短所の書き方

短所は、エントリーシートの中でも特に書きにくい項目です。企業が短所を書かせる理由は、短所そのものを知りたいということもありますが、「自分の短所をきちんと理解しているか」「短所を補うためにどのような改善活動をしているか」ということです。そこで、自分の短所について長く書くのではなく、「こういう短所があるから、こういう時に、このように努力した」といった内容を書きましょう。

ここで気をつけたいのが、長所と矛盾するような短所を書かないということです。例えば調書の欄に「コミュニケーション能力が高い」と書いて、短所の欄に「人と接するのが苦手」と書くと、整合性が取れておらず、自分のことをわかっていないという印象を与えてしまいます。

一番書きやすいのは、長所を裏返したものを書く方法です。例えば長所が「行動力があって次々と色々なチャレンジをする」なら、短所は「物事を計画する前に動き出してしまう」といったように書いてみてください。

エントリーシートを送るメールの文面

エントリーシートをメールで送る場合、どのような文面にするべきか悩む方も多いですが、この文章が合否にかかわることはほとんどありません。基本的な項目さえ抑えていればよいでしょう。

ただしタイミングには気をつけて、早朝や深夜ではなく9時~18時くらいに送ってください。12時~13時も昼休みなので避けたほうがよいでしょう。また、担当者から指定がなければファイルにパスワードは不要です。

最後に、本当にエントリーシートをメールで出す必要があるのかは確認してください。最近ではリクナビやマイナビにエントリーシートを登録するシステムもありますし、採用HPの送信フォームから提出することも多いです。誤った方法で送ると迷惑になりますし、受け付けられないこともあります。

メールの文章例

具体的にどんなメールを書けばよいかわからない方は、下記文章を参考にしてください。

株式会社ABC
人事部人事課
田中 太郎 様

お世話になっております。(初めて連絡をする場合は「初めまして」)
XYZ大学経済学部経済学科の山田花子と申します。

本メールにエントリーシートを添付いたします。
大変お忙しいところ恐縮ですが、ご査収のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

――――――――――――――――――――――
山田 花子       
XYZ大学 経済学部 経済学科 4年
電話番号:080-0000-0000
メール:yamadahanako@xyzuniversity.com
――――――――――――――――――――――

まとめ

今回は、エントリーシートの書き方について解説しました。書類選考で落ちてしまうと自分の魅力や意欲を伝える機会すら得られません。企業の方に興味を持ってもらえるよう、まずは何をどう書くべきか、ポイントをおさえておきましょう。

細かい内容については、自己分析を行い、自分について深堀すると、他の人とは被らないエピソードが書けるはずです。時間をかけて、しっかり準備しましょう。

就活対策はインタツアー

企業インタビューに参加し、口コミを書くだけ!
業界研究・企業研究ができ、社会人の方と話すこともできちゃう!
しかも就活支援金もゲット!

是非下記から詳細をチェックしてみてください!!