ユタカ電業株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

こちらの企業様は、鉄道業界を中心に、交通インフラで使用される異常時案内ディスプレイやスピーカーなどの部品を取付るための金具の製作などをメインに、多岐にわたり事業を行っています。工事の発注を受け、自社で一つひとつオーダーメイドで設計・製作をしています。鉄道業界を支えている企業様です。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.200274
北海道大学 工学部 2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「オーダーメイドで感じられるやりがい」

・企業様の魅力について
本日は、ユタカ電業株式会社様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、鉄道の通信分野におけるモノづくりを行っており、様々な装置の固定器具や配線を守る金属ダクトなど、大量生産では対応できないような部品を製造しています。「スピード対応」を掲げ、どの会社よりも早く対応し、お客様と認識の齟齬がないように綿密に連絡を取りながら製品を作り上げることを大切にしているそうです。
オーダーメイドという特性上、一つの仕事を覚えれば済むものではなく、お客様の望む最適な製品をその都度作り上げていく必要があるそうで、その分大きなやりがいを感じられるのではないかと感じました。新人研修制度や、その後のキャリア形成を手厚くサポートしていただける環境も整っており、大きな魅力を感じました。

・コロナの影響について
私たちの生活を支えるインフラ業界の中でも、鉄道設備のモノづくりをしている企業様なので、新型コロナウイルスによる影響は少ないそうです。また、アフターコロナの経営戦略として新規事業にも取り組んでいく予定だそうで、今後さらに発展される企業様だと感じました。
オンライン面接についてのお話もしてくださいました。企業の方が話をしている際、学生側はミュートにすることが多いと思いますが、そういった相手の状況が読めない中でも話を聞いているのか、心配になるそうです。基本にはなりますが、話をしっかり聞いていることを伝えるためにも、リアクションをするなどして、相手に伝える努力をしていくことが大切だと改めて感じました。

学センインターンNo.200130
二松学舎大学 国際政治経済学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「社員一人ひとりを大切に」

・企業様の魅力について
本日は、ユタカ電業株式会社様にインタビューをさせていただきました。トラフ橋、金属ダクト、カメラ取付金具、スピーカー取付金具を取り扱っており、一つひとつオーダーメイドで製造されています。
社員一人ひとりを大切にされており、新卒採用を始めた9年前から毎年桜の木を植えています。社員の成長を考え事業を展開しており、一人ひとりがこちらの企業様にとって欠かせない人財となっています。オフィスから見渡せる満開の桜の下で社員と花見をすることが社長の夢だそうです。
5年で売上が2倍になるよう毎年115%成長を目標とし、売上高100億円企業を目指しています。文系・理系に関係なく、やりがいをもって活躍できる企業様です。

・コロナの影響について
コロナ禍による大きな影響は受けていません。また、アフターコロナに向け、早い納期でスピード対応ができるという強みをさらに強化するために、現在をデジタル化を進める準備期間としています。アフターコロナを見据えた次の一手に向けて動かれており、このような姿勢があるからこそ安定性が維持できるのだと思いました。

学センインターンNo.201054
神戸大学 経済学部 1年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「社員と共に成長する企業」

・企業様の魅力について
本日は、ユタカ電業株式会社様にインタビューをさせていただきました。今回は、代表取締役 の鈴木社長もいらっしゃいました。
インタビューを通して1番感じたのは、鈴木社長をはじめとする企業全体の温かさです。通信回線が悪く説明が途切れた時には、インタビュアーである私たち学生一人ひとりとの接続を確認してくださいました。また、社員一人ひとりの雇用した理由を鈴木社長は覚えており、社員同士の強い繋がりがある、温かい企業様だと思いました。
伝統を引き継ぎ、社員と共に成長していく企業様です。お話の一つひとつがとても心に残るものでした。

・コロナの影響について
社員に孤独感を与えないために、リモート会議などを取り入れています。1番驚いたのは、このコロナ禍においても、前年度比115%の成長をされていることです。
社会全体の状況を読み、それに対する行動を起こすのが早いため、コロナ禍のような前代未聞の状況下になったとしても、安定して事業を展開できるのだと思いました。

【動画ビジコミ 2021年1月 訪問】

学センインターンNo.200185
学習院大学 法学部2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「まさに暮らしの基盤」

本日は、ユタカ電業株式会社のご担当者様にお話を伺いました。
こちらは鉄道設備メーカーとして、情報通信に関する鉄道設備の設計・製造を行っています。

私たちの生活を支えているインフラ事業の中でも、こちらの企業は交通インフラの面で社会を支えています。ホームや沿線のカメラや異常時案内ディスプレイ・スピーカーを取り付けるための金具の製作、駅やトンネルの携帯電話専用無線LANサービスの整備などを、主な事業としています。私たちが、通勤通学で毎日のように鉄道を利用できているのは、こちらの企業様のおかげだとお話を伺う中で感じました。

お話を伺ったご担当者様は、働きやすさ、大きなやりがいを感じているそうです。社員同士が和気あいあいとされていることはもちろん、一人ひとりが社会のために仕事ができる環境があることに喜びを感じていることが伝わってきました。
私たちの生活や暮らしを基盤から支える、社会貢献性の高い企業様だと思いました。

学センインターンNo.200265
藤女子大学 人間生活学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「長期的なキャリア形成が実現できる環境」

本日は、ユタカ電業株式会社のご担当者様にインタビューをさせて頂きました。
こちらの企業様は、鉄道業界を中心に、交通インフラで使用される異常時案内ディスプレイやスピーカーなどの部品を取付るための金具の製作などをメインに、多岐にわたり事業を行っています。工事の発注を受け、自社で一つひとつオーダーメイドで設計・製作をしています。鉄道業界を支えている企業様です。

営業技術部では、現場調査で測量を行い、その後にお客様と打ち合わせを行います。専門的な業務ですが、入社後に手厚い研修が行われます。専門知識の他にも、手厚くサポートして頂けるので、長期的で安定したキャリアを描くことができると思いました。
また、やりがいに関して、ご担当者様のお話で印象に残っているのが、「駅の中で自分が設計・販売した製品を実際に目にする機会があり、鉄道の安全運行を支える誇りを感じることができる」と仰っていたことです。

仕事のやりがいを実感しつつ、人のために働くことのできる、魅力的な企業様だと思いました。

学センインターンNo.200050
慶應義塾大学 薬学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「交通インフラに特化した企業」

本日は、ユタカ電業株式会社様にインタビューさせていただきました。
本日のインタビューでは、インフラ業界・鉄道業界について、また、今後どう売り上げを上げていくのかという企業のミッションについて、お話を伺うことができました。

こちらの企業様は、インフラ業界の中でも交通インフラ、主に鉄道業界に携わっています。通信に特化し、鉄道会社と協力して事業をしているという特徴があります。運転手や車掌が指令や連絡を取るための専用回線を通すための設備や、ホームにあるカメラやスピーカー、ディスプレイなどを取り付けるための金具の製作を手掛けています。鉄道の線路のケーブルを収容するための金物を製作することにより、自然災害から守ることもされています。

魅力に感じた点は、お話を伺ったご担当者様の明るさと、働きやすい環境です。お話を伺ったご担当者様が、社風を魅力に感じていたことから、風通しの良い、働きやすい企業様であると感じました。
今回インタビューによって、こちらの企業様が身近な存在であることが分かり、とても大きな魅力を感じました。

会社名ユタカ電業株式会社
事業内容鉄道インフラを支える通信、信号、電力設備や鉄道関連部品の設計・製作
URLhttps://yutaka-d.co.jp/
所在地〒751-0822 山口県下関市宝町6-11
資本金1,000万円
設立1976(昭和51)年9月21日
従業員数25名
https://yutaka-d.co.jp/recruit/