横浜鉄工建設 株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

事業では、石油・化学品タンクの設計・建設・補修を6割、橋梁等鋼構造物の設計・製作・架設を3割、プラント鋼構造物の設計・製作・据付を1割の割合で行っています。年間の工事件数は200件にも及び、その中には、1日で終わる工事から、1年ほどかかる工事もあります。1つの案件の計画・設計から、現場監督まで行うことにより、多くの案件を受注されています。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.200130
二松学舎大学 国際政治経済学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年9月 訪問】

「創業75年目、ニッチな工事を受注されている企業」

本日は、横浜鉄工建設株式会社様にインタビューさせていただきました。こちらは昭和20年創業の、横浜を拠点にしている企業様です。事業では、石油・化学品タンクの設計・建設・補修を6割、橋梁等鋼構造物の設計・製作・架設を3割、プラント鋼構造物の設計・製作・据付を1割の割合で行っています。年間の工事件数は200件にも及び、その中には、1日で終わる工事から、1年ほどかかる工事もあります。1つの案件の計画・設計から、現場監督まで行うことにより、多くの案件を受注されています。また、大手企業が手掛けない、小さな橋や小型のタンクといったニッチな工事に特化することで、本社が横浜にあるタンク・橋梁関係の企業の中で、1位を誇っています。

採用に関しては中途採用が多く、新卒の場合は、建築土木系の学部の方を求めています。設計図を読み取り、理解、指示しなければならないため、経験者の方が入社してから活躍しやすいそうです。先輩社員である現場監督(施工管理者)のサポートとして資料作成など、3~4年間の実務経験を経て、施工土木管理の国家資格を取得します。その後、10年程で一人前の現場監督(施工管理者)になれるそうです。建設に関して学んでいる学生にぜひ、見ていただきたい企業様です。


学センインターンNo.201063
京都大学 文学部2年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年9月 訪問】

「横浜でニッチな需要に応える」

本日は、横浜鉄工建設株式会社様にお話を伺いました。

こちらの企業様は、横浜で石油タンクの建設、橋の工事、発電所向けプラントの製造を行っています。企業様の社員の方は、現場監督(施工管理者)として現場のトップに立ち、協力会社の数十名の社員の指揮を行います。

企業様の強みは、関東の中でも横浜を中心に、大企業の手が届かない、石油タンクや橋梁といったニッチな市場に特化して事業を展開していることです。また、企業様の魅力は、現場代理人として働く際の裁量が大きいこと、頑張るほど成果が目に見え、やりがいにつながることだと思いました。

現場代理人になるためには、実務経験が必須の国家資格が必要です。建築業界では、一人前になるまでに10年かかるといわれており、入社してすぐに仕事ができるようになるわけではありません。だからこそ、選ばれた人にしかできない仕事に誇りや、やりがいを感じられるのだと思いました。

お話の最後に就活生へ向けて、「考えること自体に意義ああるので、チャレンジを大切に、自分がやりたいことを模索すると良い」というアドバイスをいただきました。

営業から技術系の実務など、幅広く携わりたい方にとって、魅力的な企業様だと感じました。

会社名横浜鉄工建設 株式会社
事業内容石油・化学品タンクの設計・建設・補修、橋梁等鋼構造物の設計・製作・架設、プラント鋼構造物の設計・製作・据付
URLhttp://www.yokotetsu.co.jp/
所在地〒230-0015 神奈川県横浜市鶴見区寺谷2-1-16
資本金48,000,000円
設立昭和20年9月
従業員数38名