株式会社アップガレージ× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

中古の車やバイクのパーツを扱っており、業界で日本一の店舗数を誇っています。 ホールディングス内での人事異動もあり、やりたい分野で活躍できるそうです。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180306
武蔵大学 経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「車やバイクを通じて成長できる」

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にお話を伺いました。

こちらの企業様は、カー用品・バイク用品のリユースを中心に事業展開しています。現在、リユース業界の市場規模は3兆円、そのうち車やバイクが2兆円と60%を占めているそうです。しかし、フリマアプリが普及している現在でも、リユース品を購入したことがある人は30%と、業界はまだまだ発展途上だと思います。

車離れが進み、車やバイクの需要が減少する中で、こちらの企業様では、車やバイクへの関心が低い人・関心は高いけれどあまりお金をかけられない人に焦点を当て、日本の自動車社会を盛り上げようとしています。

求める人材としては笑顔で熱意を持って仕事に取り組める方を挙げていただきました。日本の自動車社会を盛り上げる一員として成長できる企業様です。

学センインターンNo.180125
國學院大學 経済学部3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「最短5年目で店長に」

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にお話を伺いました。

こちらの企業様は、主にお客様からカー用品・バイク用品を買い取り、販売するというリユース事業を行っています。ご担当者様は新卒で入社され、店長になってから一度退社し、二年後に再びこちらに戻ってきたと仰っていました。元々高校時代にこちらへバイクの部品を買いに来られ、大学で就職活動を終えた後、こちらが新卒採用を行なっていることを知って入社されたそうです。再入社した理由は、もっと成長できると思ったからだと伺い、自分の成長を確信できる職場であることに惹かれました。

元々車に興味がなかった方も半数ほどいらっしゃるそうですが、キャリアアップのスピードも速いためビジネスのノウハウを学びたくて入社する方も多いそうです。

選考ステップは2段階で、まず接客業に適しているか、人柄を中心に評価を行い、その後志望動機やキャリアプランについて聞き、やりたいこととマッチしているかを車・バイクの楽しみを一緒に盛り上げられるかを確認する。

ビジネスのノウハウも学ぶことができるため、車やバイクに対する興味のある無しに関わらず、とても魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.180325
東京外国語大学 国際社会学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「革新的な挑戦」

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、カー用品・バイク用品のリユースを中心に事業を展開しています。3兆円という市場規模のリユース業界において、現在車やバイクはその60%を占めているそうです。実際にリユース品を購入したことがある人は30%ほどだそうで、今後のさらなる成長が期待できる業界です。こちらの企業様は、いわば車のリユース業界では革新的な存在で、非常に勢いがあると感じました。

また、現在の核家族化や、車の所有率が低下する中で、車やバイクへの関心が高い人はもちろん、低い人にも焦点を当て、日本の自動車社会に新たな動きを作り出しています。
現状に満足せず、新しいことに挑戦できる魅力的な企業様だと思いました。

学センインターンNo.180123
立教大学 文学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「スキルや経験を通じて自らのキャリアを切り開く」

本日は、株式会社アップガレージ様にインタビューさせて頂きました。こちらの企業様は、カー用品やバイク用品の買取と販売などを行っています。事業の中で買取という業務が面白く感じました。買取の中で、社員はお客様が持ってきた商品の買取価格を自社の定めた利益率やその商品の新品時の定価、店舗で売るときの価格を考慮して、決定します。この手順は、商社マンが取引の際に用いるものと同じです。

また、こちらの企業様が、グループ会社への移籍をキャリアプランの1つとしていることから、これを活かして、グループ会社で働くという選択も可能となっています。それだけでなく、社員が独立することも支援していることから、社員の選択や考えを尊重してくれる企業様であると感じられました。

店舗で店長として経営を担う経験も行うことから、高い視座やマネジメントスキルを身につけたい方や、そのスキルをもって新たなことにチャレンジしていきたい方など、恵まれた環境が整っている企業様だと感じました。

学センインターンNo.180164
亜細亜大学 法学部3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「「魂」を持って仕事を行う」

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にインタビューさせていただきました。こちらの企業様は、中古カー用品・バイク用品のリユース事業を行なっています。現在、リユース市場の自動車とバイクの占有率は60%であり、日本の半分以上の人がリユースショップを利用したことがないので、今後の将来性も高いと思います。

こちらの企業様の今後の課題としては、企業の認知度をもっと上げていきたいとのことで、多くのユーザーにこちらを利用してもらえるよう、工夫されていました。また、中古パーツが綺麗だったり、接客が良いなどの付加価値をつけて、お客様が気持ちよく利用出来るような努力を欠かさない姿勢が伝わってきました。

さらに、アップガレージ様では「魂」を大事にされていると思いました。インタビューを通して、自分の任された業務は精一杯行うという気持ちが、社員一人ひとりに根付いていると感じたからです。
働く環境としては、入社して早い段階で多くの業務を任されるため、裁量を持って業務を行うことができ、大きく成長できる環境だと感じました。
若いうちから経験を積み、色々な場面で組織に貢献出来るような人間として成長できるとても良い企業様だと思いました。

学センインターンNo.180196
東京外国語大学 言語文化学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「自動車業界再興の導火線」

本日は、株式会社アップガレージ様に伺いました。こちらの企業様の強みであると感じた点が大きく2つありました。1つは、中古のカー用品・バイク用品に特化し、車離れの風潮にマッチした事業を展開しているところです。不景気により、消費者の購買意欲が下がる中、新品のパーツを買うよりも、中古でも状態の良いパーツが買えるならそうしたい、という人が増えています。その中で、中古販売によるリーズナブルさが、より多くの消費者に訴求することにつながっています。また、自動車パーツに特化することにより、専門的なスキル・知識を持った人材が集まり、自動車の愛好家に必要とされる場となっているそうです。

もう1つは、ベンチャー企業のようなチャレンジ精神です。新しいことに挑戦することを良しとする社風であり、上下間の風通しがよいので、時には若手社員が食事の席で言ったアイデアが、事業として実現することもあるそうです。

傾いてきているというイメージが持たれがちな日本の自動車業界ですが、その中で活躍し、業界をもっと盛り上げようとしている姿に感銘を受けました。成長意欲のある学生に是非見てほしいい企業様です。

学センインターンNo.180106
学習院女子大学 国際文化交流学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「車に詳しくない方も知ってほしい」

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、カー用品の買取・販売を行っており、全国に180もの店舗を構えています。

近年の自動車業界は、若者の車離れが進んでいるため、厳しい状況にあるそうです。しかし、こちらの企業様は自動車業界だけでなく、リユース業界にも属しており、これから伸びしろがあるとおっしゃっていました。リユース業界全体の市場規模は3兆1000億円、その中で自動車中古販売は2兆783億円と約60パーセントも占めているそうです。私はこのお話を聞いて、リユース業界から見た企業様はとても将来性があり、魅力的だと思いました。

私が一番印象的に感じたことは、社員同士の雰囲気の良さです。こちらの企業様では、社長以外は基本的に役職で呼ぶことがなく、フラットな関係を築いているそうです。また、BBQやクリスマスなどの社内イベントを年に6回も行っていて、自分の所属している店舗以外の社員とも交流できます。ご担当者様も、このようなイベントで社員同士の横のつながりが強まったと感じるとおっしゃっていました。

自動車業界というと、自動車に詳しくない私には縁遠い業界という印象がありました。しかし、本日お話を伺って、業界の一面や社員同士の強い繋がりを知ることができ、就職活動の視野が広がりました。

学センインターンNo.180107
早稲田大学 教育学部3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「自己成長の実現」

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、中古カー用品のリユース事業を行なっており、フランチャイズを含め、180店舗以上を展開しています。
お話を伺う中で特に印象的だった事は、キャリアステップが早い事です。

2年目から、一人で買取の業務を任されるそうです。業務では、利益率を考えながら周りと協力して取り組むことが求められ、3、4年目で副店長、店長を任せていただけます。早い段階から、人、モノ、お金、情報のマネジメントが求められるので、自己成長する機会が多く、若い頃から自分のキャリアについて考えている方も多いとのことです。

車が好きな方はもちろんのこと、自己成長したい、若手からマネジメント業務に携わりたいという方にも魅力的な企業様であると感じました。
最後に、ご担当者様から私たちに向けて「色々な企業の人事に話を聞いて、比較できるのは就活の時だけなので楽しんで」というお言葉をいただきました。今しかできないことをしっかりと自分の糧にしていきたいと思います。

学センインターンNo.180172
早稲田大学 人間科学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「圧倒的成長環境」

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、中古カー用品のリユース事業を行っています。メーカーに縛られることなく、幅広い商品に携われることが大きな強みでありやりがいであるとおっしゃっていました。

お話を伺う中で、こちらの企業様の大きな魅力は、圧倒的な成長環境であると感じました。2年目から買取業務を任され、店の利益を考えられることや、3~4年で副店長になるというキャリアステップが用意されているそうです。他の企業では体験することのできない成長を、若手のうちから実感できるという点で、大きな魅力を感じました。

社内には、意見をまずは受け入れるという社風があるそうで、自分の考えを発信しやすい環境が整っていると感じました。また、ご担当者様は、自分の目標を持ちながら、全力で取り組むことで成長できるとおっしゃっていました。

自動車に興味がある方はもちろんのこと、自動車業界や、リユース業界で活躍できる環境が整っていると感じたため、多くの方にとって、魅力的な企業様であると感じました。

学センインターンNo.180258
中央大学 経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

柔軟だから出来ること

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、主に自動車の中古パーツの買取販売事業を行っています。お客様から自動車のパーツを買い取り、クリーニングなどをして商品化し、新しいお客様に販売しています。中古自動車用品店舗数ランキングでは圧倒的1位を誇る企業様です。

私がお話を伺った中で特に魅力に感じたことは、キャリアデザインを自分で決めることができる点です。年に1度面談があり、自分のやりたい業務を行うことができるチャンスがあるそうです。また、フランチャイズとして自分の店を出したい人の独立支援も行っていると仰っていました。柔軟な企業様だからこそ出来ることだと思いました。
こちらの企業様は、自動車の中古パーツを扱うことから、整備資格などの専門知識を持っていなくても働くことが出来ます。また、企業理念が「豊かなカー&バイクライフを世界中の人々に提供する」であるため、笑顔と意欲でお客様に対して多くの喜びや楽しみを提供出来ることも魅力的でした。さらに、若い内から店長など責任のある業務を任せて貰えるので、自分自身の成長も楽しめる企業様だと感じました。

学センインターンNo.180288
早稲田大学 政治経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

自動車を通して「楽しさ」を提供

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、中古自動車パーツのリユースを行っております。

今回、事業内容や採用に関するお話を伺っている中で、こちらの企業様は「楽しさ」に重きを置いていると感じました。この「楽しさ」に関しては、まずはお客様に車を通して、楽しさを感じて欲しいという意味での「楽しさ」があります。日本人は最低限の生活水準は保っていますが、趣味への消費を通して「楽しさ」を感じる部分が欠けているという現状を感じていたそうです。そして、その「楽しさ」を車を通して提供したいという強い思いは、こちらの企業様の営業活動に大きく表れているように思えます。代表的な例では、パーツを買い取る際に、自社の資源を活かし、売主の思いのこもったパーツを高く買い取る営業の努力が挙げられると思います。

また、社員が働くうえで楽しさを感じてほしいという意味での「楽しさ」もあります。こちらの企業様には社員のチャレンジを推奨する文化があります。社員が挑戦したい業務があった場合に、能力に応じて、柔軟に人事配置を行うことが挙げられます。少し特別な例でいうと、実店舗の店長から独立したい方がいた場合に、積極的に独立支援を行うそうです。

このように、お客様や社員に「楽しさ」を感じてもらいながら、自動車業界を盛り上げていこうとする姿勢に感銘を受けました。何事も「楽しさ」を大切にすることで、多くの人々を笑顔にできるは非常に魅力的な企業だと思います。本日はありがとうございました。

学センインターンNo.180126
國學院大學 文学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

着実にキャリアアップ

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にお話を伺いました。

こちらの企業様は、自動車やバイクをカスタムする個人向けに中古パーツの買取販売されています。

リユース業界の総売上は、自動車・バイクで60%を占めるそうです。しかし、まだ一般に利用が広まっていないのが現状です。その理由として、「人が使ったものを使うことに抵抗がある」「売る時の手続きが面倒」というように、中古品に対して不信感や、ハードルの高さを感じる人がまだまだ多いことが挙げられます。この考えを払拭してより市場を広げるために、こちらの企業様では買い取ったパーツを綺麗に洗浄して新品のようによみがえらせたり、中古品にもかかわらず保証をつけたりと、さまざまな付加価値をつけていらっしゃいます。

さらに、タイヤホイール・マフラーを実際に車につけてみたり、ナビに電源を入れてみたりと商品の試着・試聴が無料できることも特徴です。これは新品の製品では決してできないことで、お客様に寄り添ったサービスだと思いました。このことが、業界No. 1の店舗数を誇っていることにも繋がっているのだと感じました。

キャリアプランとして、まずは店舗に配属されて商品についての知識を身につけます。そこでのやりがいは、買取の業務だとおっしゃっていました。お客様が持ち込んだ商品の値段を決める業務ですが、状態や希少価値などさまざまな面を考慮して、売り上げと利益率も考え、買取価格を設定するのは、マネーゲームのような面白さがあるそうです。

車が好きな人はもちろんのこと、バイヤーとしての面白みも実感できる企業様だと思いました。

学センインターンNo.180199
早稲田大学 商学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

経営センスが磨かれる会社

本日は、株式会社アップガレージのご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、車やバイクの中古パーツを買い取り、それを販売するリユースの業務を主に行っています。

今回お話を伺う中で最も印象的だったのは、社員の独立を推奨する風土があることです。こちらの企業様では、最初は直営店での店舗勤務になるそうですが、そこでお客様からの中古パーツの買取や、店長として店舗の運営・管理を経験します。これらの経験を通してコミュニケーションやマネジメントのスキルを身に付けることで、どこの企業でも活躍できる人材へと成長することができるそうです。実際に店長として活躍された方の中には、グループ会社の社長や自分で起業された方も多いそうです。

ご担当者様は、店舗勤務の時代は何度も壁にぶつかり本当につらかったが、毎日が充実していて若い時から多くのことを学ぶことができたとおっしゃっていました。挑戦的な風土の中で若い頃から大きな成長が望める点がとても魅力的だと感じました。

経営センスも磨くことができる魅力的な企業様であり、非常に多くの学びを得られる環境にとても惹かれました。

学センインターンNo.180011
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 大学院1年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

「車でなくビジネスモデルの会社」

本日は株式会社アップガレージ様にお伺いしました。ご対応していただいたのは、グループ会社であるクルーバーホールディングスで人事をなさっている杉江様にお話を伺いました。クルーバーホールディングス様は4つの事業会社から成り立ちます。全国展開されている中古車パーツの販売店であるアップガレージ様をはじめ、システム会社のZERO TO ONE 、新品のパーツを売っているネクサスジャパンや、芸能事務所のタッチアップエンターテイメントがあります。

私は車に求められていることが変わっている世の中で、企業様の戦略に興味がありました。昔は車の外見にこだわる時代でしたが今は機能重視になっています。中古カー用品だと、この流れは向かい風になると思っていましたが、時代が変わっても外見にこだわるというニーズはあり、機能重視の顧客に向けてもわかりやすい商品の提案で2つのニーズに応えることができています。例えばタイヤを売る際は、ニーズに合わせ、3種類提案し、車にこだわり、知識がない人にも簡単に選択できるようにしています。社員の方は車が好きな人が多いイメージがありましたが、ビジネスモデルに魅力があり働く人が多いとおっしゃっていました。

最初は店頭で接客をし、若手のうちから店長を任され、エリアマネージャー、本社管理職へとステップアップできるそうです。杉江様は2年目に副店長、3年目にして店長を任されたそうで、早いステップアップが魅力的だと感じました。またステップアップも人それぞれで、アップガレージ様をフランチャイズで展開し、独立する形で社長になる場合もあります。チャレンジできる環境があり、人材紹介サービスをスタートするなど企業として常に挑戦し続けています。

中古カー用品をベースにビジネス展開され、社員の方も企業と一体となり、成長している点に魅力を感じました。


学センインターンNo.180041
成城大学 経済学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

「挑戦できるフィールド」

本日は株式会社アップガレージの杉江様にお話を伺いました。こちらの企業様は中古の車やバイクのパーツを扱っており、業界で日本一の店舗数を誇っています。クルーバーホールディングスのグループ会社であり、他の事業所にITや基幹システムを扱うZERO TO ONEや、新品の商品を扱うネクサスジャパン、芸能事務所のタッチアップエンターテイメント等があります。ホールディングス内での人事異動もあり、やりたい分野で活躍できるそうです。

こちらの企業様は中古の車やバイクのパーツを扱うので、車やバイクが好きな人が多く働いている印象があったのですが、実際は車好きな人よりもむしろビジネスモデルに興味があり、働いている人が多いそうです。杉江様も車好きがきっかけではありながら、ビジネスモデルに惚れ込み今も継続して働いていると仰っていました。買取業務や値段設定、店舗での陳列など、自分で考えて行う業務が多いそうで、試行錯誤しながら自分で色々決められる点は私も魅力に感じました。

また、こちらの企業様はキャリアプランとして独立できることや、社長自ら、「色々経験して、自分のマーケットを広げろ」というお考えがあり、社員一人一人の挑戦を全力で応援してくれる雰囲気にとても魅力を感じました。

会社名株式会社アップガレージ
事業内容カー&バイク用品買取・販売
フランチャイズ店舗支援
システムソリューション
URLhttps://corporate.upgarage.com/
所在地〒227-0063 神奈川県横浜市青葉区榎が丘7-22
資本金1億円
設立1999年4月2日
従業員数137人