日本トイザらス株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセテンスを表示します。

通販にはないわくわく、商品に触れること・体験を大切にした店舗運営!教育の充実化、人を大切にした社風で、皆で褒め合い、仲間の良いところを伝えあう制度もあり!仕事のモチベーションアップにも繋がる。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180020
立教大学 社会学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年11月 訪問】

「少子化だからこそやるべきこと」

皆さんも小さい頃にトイザらスを訪れ、ワクワクした記憶があるのではないでしょうか。

インタビュー前は、社会の変化を受け、玩具業界は厳しい状況にあると思っていました。実際、価格で大手通販サイトに対抗することは難しい面もあるそうですが、実際に店頭に足を運び、店員の方と会話をし、商品に触れることで得られるわくわくは通販にはありません。日本トイザらス様はこういった体験を大切にした店舗運営を行っています。

まず、店舗に気軽に足を運んでもらう為、近年はかつてのような郊外型大規模店舗ではなく、小規模な店舗を都心の駅周辺などに展開しています。さらに、店舗を訪れるお客様に満足してもらう為に、社内のノウハウを蓄積した独自のプログラムを利用し、教育の充実化を図っています。日本トイザらス様は時代に合わせた取り組みを積極的に行っており、ここからが勝負であるのだと感じました。

また、インタビューの中で「少子化を止めたい」という言葉がありました。子育てをサポートする企業であるからには、自分達も子育てをし易い環境を作らなくてはなりません。日本トイザらス様では、産休・育休から復帰しすいように、産休・育休取得者だけでなく、その周囲の人に対するオリエンテーションを行っているそうです。

最後に、今後の少子化は必然の流れであると思っていましたが、今回のインタビューを通して、企業の取り組みで状況を変えられることに気付くことができました。日本トイザらス様はその可能性を大いに秘めた、素晴らしい企業様だと思いました。

学センインターンNo.180054
フェリス女学院大学 国際交流学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年11月 訪問】

「お客様だけでなく社員へのサポートも手厚い」

本日は日本トイザらス株式会社様に訪問しました。

日本トイザらス様はベビー用品や、子供向けのおもちゃの販売を行っている企業様です。店舗はトイザらスとベビーザらスに加え、トイザらスとベビーザらスの併設店が多いそうです。

入社後はまずは店舗で販売スタッフとともに、ストア・マネージャーとして働き、現場で経験を積んだ後、社内ライセンスなどを取得しながら副店長、店長、エリアマネージャーや本社で管理職勤務とキャリアアップをしていくそうです。ライセンス取得の際に必要な社内研修は外部に依頼する企業様が多いそうですが、日本トイザらス様はこれまでの経験などを踏まえて、長年かけて自社で作成した独自の研修を実施されています。

また、社内には”GOOD JOB CARD”という制度があります。これは定められた行動指針を元に良い行動を見かけた時に、社員同士でカードを送り合う制度なのですが、皆で褒め合い、仲間の良いところを伝えることは仕事のモチベーションアップにも繋がる為、とても魅力的な制度だと思いました。

さらに、子供向けのおもちゃやベビー用品を販売している企業様ということで、産休や育休が取り易い環境が整っており、男性社員も育児休暇を取得されることがあるそうです。 併せて、家賃が月1万円であったり、本社では、月に決められた時間働けば出勤や退勤時間が自由というフレックスタイム制を採用している等、福利厚生がとても充実していました。

本日お話をお伺いし、日本トイザらス様は働き易い環境が整っており、アットホームでとても魅力的な企業様だと思いました。

学センインターンNo.180069
法政大学 法学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年11月 訪問】

「少子化を止める」

本日は日本トイザらス様に訪問致しました。

日本トイザらス様は、主におもちゃやベビー用品の販売を行っており、トイザらス、ベビザらスと併せて、この二つの併設店を展開されています。

入社後のキャリアとしては、まず店舗に配属された後、副店長、店長、エリア・マネージャーと昇進していきます。昇進の際にはライセンスが必要なのですが、ライセンスを取得する為の研修は、自社で10年間かけて作った独自のカリキュラムで行っており、とても充実した研修を受けることが出来るそうです。

社内の雰囲気としては、人を大切にしているという印象を持ちました。理由としては、年間休日の多さ、コアタイムなしのフレックスタイム制度、産休育休制度、借り上げ社宅等、社員の為の制度がとても整っていると感じた為です。また、”GOOD JOB CARD”という、良い仕事をした方にカード渡す制度があるとお伺いしました。モチベーション維持や、さらに良い接客をしようと思うきっかけにもなる制度で、他社ではあまり見ない、とても斬新で魅力的な制度だと思いました。

少子高齢化の影響により、これからの玩具業界は斜陽産業になると思われている方もいるかもしれません。ですが、日本トイザらス様はアジア進出や、オンラインと店舗を組み合わせた運営等、様々な取り組みをされています。本日お話をお伺いし、トイザらス様は今までの”おもちゃ屋さん”という枠を超えて発展していく、魅力的な企業様だと思いました。

会社名 日本トイザらス株式会社
事業内容 おもちゃとベビー用品の総合専門店
URL https://www.toysrus.co.jp/corporate/CSfCompany.jsp
所在地 〒212-8566 神奈川県川崎市幸区大宮町1310番地 ミューザ川崎セントラルタワー25F・26F 
資本金 10,000,000円
設立 1989年(平成元年)11月21日
従業員数 約6,500名(アルバイト含む)

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!