株式会社TMJ× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

一番の魅力と強みは改善提案!コールセンターやバックオフィスの構築・運営などのBPOパートナーとしてクライアント企業から受託事業。 関わる業界も様々で、知識や業界の裏側を知れる、全社員の意見が改善へ繋がる企業体制。


採用ナビサイトはこちら エントリーができます | マイナビ |  

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180083
慶應義塾大学 法学部 2年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

真のサービス

本日は人事戦略部採用課の龍野様からお話を伺いました。

TMJ様はBPO事業を展開されており、コンタクトセンター業務とバックオフィス業務を中心に事業を行っています。

クライアントである企業様のことを第一に考える事が、最終的に自社の信用であったり、利益に繋がるというお話から、目先の利益に捉われず、長期的な視点で物事を捉えているTMJ様の姿勢を感じ、とても素晴らしい企業様だと感じました。最近ではAIの発達で人間の仕事がなくなるという厳しい見方もありますが、人と人の対話であったり、お客様のことを考えて利益を生むというTMJ様の姿勢があれば、事業の価値が高まり、業績の伸びに繋がっていくのだと思いました。

また、龍野様のお人柄やお話から、TMJ様の真面目で一人一人に寄り添う温かい社風を感じ、改めて個々の社員の方々こそTMJ様の最大の魅力だと確信しました。

学センインターンNo.180071
慶応義塾大学 法学部 1年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

様々な仕事を知ることのできる会社

今回は株式会社TMJ様に訪問し、人事戦略部採用課の龍野様からお話を伺いました。

株式会社TMJ様は、ベネッセコーポレーションのコールセンターから独立した企業様で、コンタクトセンターやバックオフィス事業の業務委託を主な事業としています。その為、同じ会社にいながらも、様々な業界の会社を知り、様々な仕事に携わることができます。さらに、業務委託といっても一方的に仕事を請け負うだけではなく、改善点等を顧客企業にフィードバックする機会もあるそうです。また、国内だけでなく海外にも支店があり、海外の支店では現地の人を雇用しているそうです。

コールセンター業務では、顔がわからず声のみで相手にこちらの雰囲気や印象が伝わるため、面と向かっての業務以上に対応には注意を払っているそうです。そして、電話での対応も含め、人とのやりとりが多いため、人に寄り添って悩みを解決することが大切なことだと仰っていました。

学センインターンNo.180066
東洋英和女学院大学 人間科学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

話すことの大切さ

本日は株式会社TMJ 人事戦略部 龍野様にお話を伺いしました。

TMJ様は株式会社ベネッセコーポレーションのインハウスコールセンターより独立分社化する形で、1992年に設立しました。現在では、セコム株式会社の100%子会社となり、主にコンタクトセンターとしての事業を担われています。金融・通信・製造など、およそ200社に及ぶ幅広いクライアントの事業へも貢献していらっしゃいます。

新規のお客様を獲得する際にも、現クライアントに繋がりのある業界や取引相手が多いそうで、TMJ様では”人との繋がり”を非常に大切にされています。非対面型のコンタクトセンターではありますが、人と人とのコミュニケーションに重点を置いているそうです。

また、社員の方々はオペレーターの育成やオペレーションでの教育といったスーパーバイザーの業務もされています。オペレーションの教育では人に寄り添うコンタクトセンターという言葉を掲げているそうです。非対面でも、電話越しの接客であるからこそ、より相手を思った温かい接客を声に乗せて体現することが大切なのだと思いました。

学センインターンNo.180032
東京女子大学 現代教養学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

オペレーターのまとめ役!

株式会社TMJの龍野様にお話を伺いました。

株式会社TMJ様は、コンタクトセンターとバックオフィスのアウトソーシングを行なっている企業様です。
まず、新卒入社の場合は総合職として入社をします。入社後はコールセンターのオペレーターの方々をまとめるポジションにつき、そこで採用・育成・現場の改善などを行っていくそうです。その為、入社後いきなり部下ができます。若手のうちからマネージメントを学べるという環境は、個人的にとても魅力を感じました。

コールセンターというとクレーム等で大変なイメージがあると思いますが、コールセンターだからこそ学べることも多いそうです。例えば、株式会社TMJ様は多くの企業・業界のアウトソーシングをされており、ジョブローテーションもある為、幅広い業界知識が身につきます。お話をお伺いした龍野様は、実際に情報通信のコールセンター業務を行っていた際に、最先端技術を学べたと仰っていました。

インタビュー前もBPOという言葉は知ってしましたが、具体的にはどういったことをされているのかはイメージがついていませんでした。今回のインタビューにより、BPO事業の面白さに気付くことが出来ました。

学センインターンNo.180043
慶應義塾大学 商学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

様々な業界に関わることができる幅広い業務

本日は株式会社TMJ様の龍野様にお話を伺いました。

TMJ様は主にコンタクトセンターや、バックオフィス事業の業務委託を展開されています。
BPOの特性として、1つの会社で様々な業界の仕事に関わることができるという点が挙げられます。さらにジョブローテーションを行うこともある為、非常に多くの知識を身につけることが出来、自己成長をすることができる環境だと感じました。

また、TMJ様のキーワードは”改善”であり、常にお客様視点に立って進化を遂げています。高齢者の方の採用にも力を入れており、研修も手厚い為、とても働きやすい環境だと思いました。キャリアパスは、新卒で総合職採用されてからスーパーバイザーに就き、早い段階で部下を持つことができるそうです。加えて育成制度も整っており、メンター制度が存在することも含め、安心して働くことができると思いました。

本日お話を伺った龍野様は非常に優しく、BPO業界を知らなかった私にも丁寧にお話をしてくださいました。業界の仕事やTMJ様の事業内容をしっかりと理解することができました。

学センインターンNo.180011
筑波大学大学院 システム情報工学研究科 大学院1年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

まじめに改善

本日はセコムグループのTMJ様にお話をお伺いしました。

TMJ様はコールセンターサービス、バックオフィスサービスの2つを顧客企業から請け負うBPO事業を行っています。

特徴としては、様々な業界の企業様と取引をしている点があげられます。ジョブローテーションが盛んに行われ、様々な業界の知識を身につけることができる点が、とても魅力的だと感じました。実際にお話をお伺いした龍野様も、いくつかの業界を担当された経験があるとおっしゃっており、その中でもスマホが普及する前からネットワーク系の部署に所属し、新サービスを提供するにあたり、クライアントと共に対応方針を考えたり、体制を整えたというお話しが印象的でした。IT化が進む中で、時代を先読みした情報収集が可能な部署も経験できるという点が、とても刺激的で興味深く感じました。

TMJ様は改善の意識が強く、社内でも誰でも改善点や意見を発言できる雰囲気があるそうです。2年前から数年ぶりに新卒採用を再開し、若い社員がこれから増え、よりクリエイティブな意見が求められる社風になるだろうとお伺いし、自分達の意見で何を変えることが出来るのではないかと、とてもワクワクしました。

セコムグループは全体として社会の安全安心を支えるビジョンがあります。TMJ様もお客様の対話と幾度の改善から、暮らし易い社会を支えている、なくてはならない企業様だと感じました。

学センインターンNo.180069
法政大学 法学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

さらなる成長へ

本日は株式会社TMJ様の龍野様にお話を伺いました。

TMJ様はコンタクトセンターサービスとバックオフィスサービスの二本を軸として事業を展開されています。

基本的に無形商材を扱っている為、お客様とのコミュニケーションを図り、信頼関係を築き、長くお付き合いしていくことが大切だとおっしゃっていました。その為、会社の利益・不利益などを最重要視するのではなく、そのお客様を想って行動することが、結果的に利益になることが多いそうです。

また、社内では先輩後輩間の壁はあまり無く、営業においては業界やお客様ごとにチームが分かれている為、個人よりもチームワークを重視しているそうです。社内の活動で部活やサークル活動がある他、エリアごとにイベントを行っている等、社内の交流もとても大事にしていると感じました。

その他にも改善活動、改善報告制度があり、大手企業様ではありますが、「会社をより良くしよう」「成長しよう」という想いを感じ取ることができる企業様でした。

学センインターンNo.180080
立教大学 経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

絶えず考え、若手が発信できる企業

本日は人材本部 人事戦略部 採用課 正社員G 龍野様にお話を伺いました。

TMJ様は、大手通信教育会社ベネッセ様のコールセンター部門から独立した経緯があり、現在はセコムグループの一員としてコールセンター業務、及びバックオフィス業務を行っています。また、それらを通じた企業様の生産性向上に貢献する、コンサルティング営業も行っています。

お話を伺う中で、お客様と人を想う姿勢が伝ってきました。TMJ様の社員の方々は、クライアントに「真面目」と言われることが多いそうです。これは、クライアントの生産性向上の為、絶えず考え続ける社内の姿勢や雰囲気が、社外でも評価されている結果だと思いました。そしてそれが、クライアントとの信頼関係に繋がり、長期的に大きな売上を実現しているのだと思いました。

また、若手でも生産性改善の為の意見発信を自由にできる雰囲気は、とても魅力的でした。社内チャットツールを用いた気軽な意見交換や、社長との距離の近さ、また生産性改善を地区や全国、社外で表彰する制度が完備されていることから、高いモチベーションを維持し、若手でも意見の発信がし易い環境が整っていると思いました。

どんな小さな疑問にも真摯に向き合って答えてくださる龍野様から、温かい社風とクライアント、仕事に対する真摯な姿勢を感じることができた、印象的なインタビューでした。

学センインターンNo.180099
法政大学 経営学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

誰もが暮らしやすい社会を作る

本日は株式会社TMJ様の龍野様にインタビューをさせて頂きました。

インタビューを通して印象的だった点は主に2つあります。

1つ目は「お客様目線」です。TMJ様は自社の利益よりもお客様の利益を重視し、短期的ではなく、長期的な関係により利益を生み出していくことを目標に事業を展開されています。具体例として挙げられていた自動車メーカー様の案件では、系列のカーディーラ様とメーカー様の間に立ち、業務を改善する為に3社間で協力して働いたそうです。結果としてメーカー様のコストを削減でき、顧客満足に繋がったそうです。

2つ目は「変化を恐れない」という点です。今あるルールが正しいとは限らないという意識を持ち、無駄な業務は削減する、増えた時間で新しい業務を行うといった活動により、常に業務改善を意識されているそうです。このような取り組みが、一般社団法人日本次世代普及機構のホワイト企業認定、厚生労働省のくるみんマーク取得に繋がっているのだと感じました。

学センインターンNo.180009
中央大学 法学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

業務改善が自己成長につながる

株式会社TMJ様の人材本部 採用担当の龍野様にお話を伺いました。

今回のインタビューで私が注目したことは、働く環境についてです。

TMJ様の働く環境については、”自己成長”と”育てる環境”がキーワードだと思いました。まず、新入社員に求めることをお伺いしたところ、即戦力になる事よりも、共通の理念に沿って働くことができるかどうかが大事だとおっしゃっていました。その為、社員が学び易い環境整備に注力し、制度だけでなく、周りの社員の方々が親身になって教えることを心掛けているそうです。

さらに、様々な業界の顧客様の業務改善を行っている為、常に新しい環境で学ぶことができることも魅力だと思いました。働くことで自分を成長させることができ、応用力を育てることができることがとても素敵だと思いました。

学センインターンNo.180020
立教大学 社会学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

成長と働きやすさの2つの環境

本日はTMJ様に訪問致しました。

TMJ様はセコムグループに入ったことで、ビジネスの幅が広がったそうです。新規事業が増えたことにより上位のポジションも増え、若手もステップアップを狙い、成長できる環境が充実しています。

また、求める人材としては、即戦力よりも成長意欲を持っている方だとおっしゃっていました。TMJ様での仕事を通じて身に付けられる業務改善の視点や、人の育成というのは、ビジネスにおいて普遍的に求められる力です。そのような力を身に付けながら、多様な業界に携わることができるので、今は何をやりたいか明確ではないが成長はしたいという思いを持つ人にとっても、素晴らしい環境だと思いました。

さらに、成長できる環境だけでなく、働き易い環境も整っています。労働時間削減の取り組みは実際に数値として表れています。地域限定社員の切り替えもできる人事制度だったり、プライベートの時間も大切にできます。言葉で言うだけでなく、実際に改善に向けて取り組みを実行されている点が素晴らしいと思いました。

学センインターンNo.180061
大東文化大学 経営学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

誰かのための支えになる

本日は株式会社TMJ様の龍野様にインタビューをさせて頂きました。インタビューの中で、私が印象に残った点は主に2つです。

1つ目は「社員の成長」です。TMJ様の仕事では、様々な業界の方と接点を持つことが多いです。その為、色々な業界の知識が身につき、モノの見方が変化する方もいらっしゃるそうです。新卒採用でも成長意欲が高い学生を求めているとのことで、さらに成長を促進させる為、周りのサポート体制も整っています。

2つ目は「思いやりの深さ」です。TMJ様は顧客様の業務プロセスを委託されている為、顧客様が安心して本業に専念できるよう、意識されています。小さな気付きも業務の改善に繋がると考えており、正社員、アルバイト問わず、積極的に意見を取り入れているそうです。常に人や社会に対して貢献できることを考える、とても温かい社風を持つ企業様だと思いました。

学センインターンNo.180087
東京外国語大学 言語文化学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

「あらゆる人の立場に立って」

本日は株式会社TMJ様のインタツアーに参加し、龍野様にお話を伺いました。

TMJ様はBPO事業として、主にコールセンターサービスとバックオフィスサービスを展開されています。様々な業界のクライアントをお持ちですが、全ての企業様の対応に共通して心掛けていることは「お客様の立場に立つ」ということだそうです。その為、パッケージではなく、クライアントが困っていることを聞き出し、各企業様に合わせてカスタマイズしたサービスを提供されています。

また、18年卒から新卒採用を再開されたそうですが、その理由の一つとして、幅広い年代の様々な価値観を持った人からアイディアを貰いたいという想いがあるそうです。実際に社内でも新卒社員の方や、コールセンターで働かれている方からも改善提案を求めており、自分の意見を自由に発言することができるそうです。

さらに、女性社員が働き易いことも魅力だと感じました。育休取得率、復帰率が90%を超えているだけでなく、時短勤務や、職種・地域限定正社員や契約社員に切り替えることができる社内制度も整っています。実際にマネージャー層で活躍している女性も多いそうで、女性も活き活きと働くことができる環境だと思いました。

本日お話をお伺いし、TMJ様はクライアントはもちろん、社員の立場にも立ってくださる企業様なのだと思いました。だからこそとても働き易い環境が整っており、社員の方もやりがいを持って働けているのだと感じました。

学センインターンNo.180059
早稲田大学 人間科学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

「お客様目線」

本日は株式会社TMJ 人材本部 人事戦略部 採用課 正社員G 龍野様にお話をお伺いしました。

TMJ様は、コールセンターサービスやバックオフィスサービスなどのアウトソージング事業を行っており、お客様の立場という視点を大事にされております。その為、TMJ様は決まった形のサービスを売るのではなく、お客様が困っていることを的確にヒアリングし、そこに対応したサービスを柔軟に提供することを大切にされています。この点については同業界の中でも特にTMJ様の強みになっているそうです。 

求める学生像としても、主体性やコミュニケーション能力があることも大事だとおっしゃっていましたが、まずは「お客様目線」を持つことができるかどうかということを重視するそうです。「お客様目線」というと難しいかもしれませんが、アルバイト等でお客様のことを考えることや、サークルの先輩として後輩がどういうことをしたら楽しめるかなど、「相手の立場に立って考える」ということが大切だとおっしゃっていました。

本日お話をお伺いし、相手がどう思うのか、相手目線に立って考えることは働く上でとても大切だと感じました。学生のうちから様々な目線で物事を見ることが出来るように、心掛けていきたいと思いました。

学センインターンNo.180044
東洋大学 法学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

「日々成長し、新しい自分へ」

本日は株式会社TMJ様に訪問し、龍野様にお話をお伺いしました。

TMJ様は、コールセンターに関係する人員提供や環境改善を行なう「コンタクトセンター事業」や、業界・業種様々な法人企業の事務処理を担う「バックオフィス事業」を主軸として展開されている企業様です。 バックオフィス事業に関しては、大手から中小の企業まで合わせて200社以上とお取引をされている為、様々な業界の方と仕事をする機会があり、幅広い知識を身に付けることが出来るそうです。このように様々な知識を得ることで、自身のモノの見方の変化や、キャリアプランの構築に繋がるとおっしゃっていました。

働きながら様々な業界の方と接する機会があり、色々な知識を得られる仕事は、日々に変化があり、とても魅力的な仕事だと思いました。働くことで自分自身も新しい自分に成長することが出来るのではないかと思い、とても興味が湧きました。

学センインターンNo.180077
学習院大学 法学部 2年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年10月 訪問】

「働きやすさを求めた改善施策」

本日は株式会社TMJの龍野様にお話をお伺いしました。

TMJ様は、コールセンターやバックオフィスの構築・運営などのBPOパートナーとしてクライアント企業から受託を行なっています。コールセンターというと、一般的に常に電話対応という印象を持たれがちですが、電話だけではなく、LINEやメールも駆使されており、時代に沿った対応が取り入れられているのだと感じました。通信サービスから保険、教育等様々な業界から受託されるため、色々な業界と関わることもできるそうで、その分、自分の視野も広がると思いました。

お話を伺う中で、TMJ様では“改善”に力を入れていることがわかりました。「もっとこうすれば働きやすい環境になる」という案が社員の中で出た場合に、すぐ発言できるようなシステムを導入しているそうです。やり方を変えて仕事をより効率的に、そしてお客様に満足していただくことへの改善施策が徹底されていると思いした。龍野様は他人との繋がりや、自分のことよりも人のことを考えることが大切な仕事だとおっしゃっていましたが、その考えがあるからこそ、常に改善点などに気付くことができるのだと思いました。


学センインターンNo.180072
日本大学 商学部 4年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年10月 訪問】

「すべての社員が改善に関わる」

本日は株式会社TMJの龍野様にお話を伺いました。

TMJ様が行っているコールセンター事業とバックオフィス事業では、クライアント様とともにお仕事をします。エンドユーザーからクライアントまで関わるため、相手により寄り添った業務であり、時には商品開発のアドバイスを求められることもあるそうです。また関わる業界も様々で、知識や業界の裏側を知れるという点もとても面白そうで、興味深かったです。

TMJ様の一番の魅力と強みは改善です。この改善とは社員の働き方はもちろん、オペレーターからも意見を聞き出し、少しでも効率良くお客様のためになる対応が出来るよう意見を求めているそうです。トップダウンではなく意見を吸い上げ会社全体で取り組む姿勢や、全社員の意見が改善へ繋がる企業体制に魅力を感じました。

龍野様が一番大切にされていることは、自分のことよりも相手のことを考えることだとお話してくださいましたが、それが改善に繋がったり、どこかで自分に返ってくるかもしれないという言葉を受け、私自身もこれから社会に出るにあたり、もっと相手のことや周りのことを考えられる人になりたいと思いました。

会社名 株式会社TMJ
事業内容 教育/コンサルティング/通信・インフラ
URL http://www.tmj.jp/
所在地 東京都新宿区西新宿7-20-1 住友不動産西新宿ビル
資本金 1億円
設立 1992年4月1日
従業員数 1,354名

採用ナビサイトはこちら エントリーができます | マイナビ |  

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!