東電物流株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

電柱や電線輸送、メーカーと工事会社をつなぐ重要な役割、電気を中心としたライフラインの物流事業。 訪問時に社員の皆様が仕事を止め、立ち上がって挨拶をしてくださったことがとても印象的、 経営理念にもある「ホスピタリティ」、思いやりに溢れた会社。


採用ナビサイトはこちら | マイナビ2022 |  

ビジコミについての簡単なアンケートにご協力ください。抽選でクオカードをプレゼントいたします。
アンケートはこちらから

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180160
大東文化大学 外国語学部 2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「人々の暮らしを支える」

本日は、東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、配電用資機材などの物流を担っています。調達、保管管理、配送、そしてリユース・リサイクルまで、物流のトータルサービスを提供しています。

入社後の1年は現場で学び、2年目の3ヶ月間は本社で業務を経験する流れとなっており、キャリア形成を考える時間を設けています。物流のプロを育成するのもそうですが、働いている方のキャリアを大切にしていると感じました。人々の暮らしの役に立てるだけでなく、仕事の成果が目に見えるので、それがやりがいであり、仕事の面白さでもあります。

社内の雰囲気も良く、社長との距離も近いため、働きやすい環境作りがされています。新卒採用では、自ら考えて行動する人を求めているそうです。
物流で人々の生活を支えるこちらの企業様の事業や仕事に対する思いに感銘を受けました。

学センインターンNo.200136
横浜国立大学 経済学部2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「変化を恐れず積極的に事業拡大」

本日は、東電物流株式会社様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、東京電力と連携しながら、電柱や電線などの社会的に欠かせない電力インフラ資材の輸送を行っています。

台風や地震による停電が発生した時、いち早く電力を復旧しなければならないため、とても大変なこともあるそうですが、お話を伺った西川様は、「自分が運んだ資材が、多くの家庭の役立っていることが実感できるため、とてもやりがいがある」と仰っていました。社内の雰囲気や人間関係も良く、社内アンケートでは、人間関係や仲間意識が仕事のモチベーションに繋がると回答した人がとても多かったそうです。

採用を担当している西川様は、「変化を恐れないことが大切」と仰っていました。こちらの企業様では、ゴールを決めずに色々なことにチャレンジしています。近年では、今まで行ってきた配電資材の在庫管理だけではなく、自分たちで工事材料などの商材を購入し、販売やレンタルを行うことで、親会社とは関係なく独立した利益を出せるようになったそうです。西川様のお話を伺って、私も色々なことにチャレンジしようと思いました。

私たちが使いたい時に灯りをつけることができるのは、陰ながら電気の供給を支えてくださる方がいるからだと実感しました。やりがいを持ち、仲間を大切にしながら働ける、とても素敵な企業様でした。

学センインターンNo.180329
法政大学 キャリアデザイン学部 2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「暮らしを守る」

本日は、東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、主な事業として、電気の通り道を構成する部品の調達・保管管理・配送・リユース・リサイクルを行っています。また、近年では新規事業として、レンタル・販売事業を展開されています。

電気は私たちの生活に必要不可欠なものであるため、安定的な供給と安全性が重視されます。そのため、一つひとつの問題に真剣に、そして真面目に取り組んでいる社員が多いと仰っていました。そのような人財が多いからこそ、災害時であっても、私たちの暮らしを守るための行動がとれるのだと感じました。

今後の日本は人口の減少により、現在とは異なる社会になると考えられます。そのため、こちらの企業様は変化に柔軟に対応すべく、自分で考えて行動に移せる人財の育成に力を入れています。社長に直接相談ができるほど距離が近いという点も、能動的な人財の育成に寄与する大きな要因だと感じます。
社内の風通しも良く、社会貢献性も高い、魅力的な企業様だと感じました。

【動画ビジコミ 2020年9月 訪問】

学センインターンNo.201074
広島大学 教育学部1年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年9月 インタビュー】

「使命感と挑戦心のある仲間とともに」

本日は、東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、「電気の通り道を構成する部品」の管理や整備などの物流業務を、総括的に行っている「ライフラインロジスティクスカンパニー」として、40年以上の歴史を持っています。

「電気の物流」という事業のイメージを明確に持っている方は、少ないかもしれませんが、実は、私たちの「あたりまえ」を支えている企業様です。電柱や電線などの配線の部分に使用される部品を、輸送し管理するという、裏方ながら必要不可欠な仕事・役目を果たしているのです。
特に、東日本大震災のような有事の際の対応として、早急に人々のライフラインを回復させるために大変な業務を行うそうです。

そうした中で、改めて人々を支えているという、自分たちの仕事のやりがいを強く感じるというお話が心に響きました。
そうした使命感だけでなく、今後は、急速に変化する社会に対応していけるように、挑戦心を持った方たちを中心に、むしろ変化を奨励する企業へと、まさに変化しようとしている最中だそうです。
社会に貢献できるという面でも、非常にやりがいを感じられる企業様だと思いました。

学センインターンNo.200201
慶應義塾大学 理工学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年9月 インタビュー】

「当たり前を支える」

本日は、東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、電線・変圧器・電柱など、電気の通り道を構成する資機材の調達・保管・配送業務をコア事業にされています。
「電力×物流」でライフラインのためのライフラインを担い、人々の暮らしを守られています。

私は、業務のやりがいを伺いました。
こちらでは電柱を扱っているため、自分の扱うものが日常で多く見られる点が、働くやりがいにつながっているそうです。
また、災害対応などを通じて、人々の「当たり前」を支えている、という高い社会貢献性を実感できる点も魅力だ、と教えていただきました。

さらに、女性の働き方についてもお話を伺いました。物流会社のため男性の応募数が多いそうです。
現在の女性の割合は全体の1割となっていますが、最近は女性の活躍を推進されています。具体的には、新卒採用で女性を4割以上採用することを目標とされていて、実際に、21卒採用では内定者13人中6人が女性だそうです。業務内容にも男女差はなく、時間外労働も少なくなっており、女性も働きやすい職場づくりをされている点が魅力的でした。

学センインターンNo.200088
早稲田大学 教育学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年8月 訪問】

「働きやすい環境」

本日は、東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。こちらは、「電気の通り道」を構成する部品の調達、保管管理、配送、リユース・リサイクルをコア事業として行っている、社会貢献性の高い企業様です。また、新規事業としてレンタル・販売事業にも力を入れられています。

今回のお話を通して感じたことは、こちらの企業様が、社員を第一に考えられていることです。コロナウイルスの影響で、物流業界は活発になり、必要とされる場面が増えたそうですが、物を届ける過程で人との接触を免れることができないため、不安もあったそうです。そこで、マスクの配布や、アルコール消毒、検温などに加え、マイカー通勤を許可したり、駅から現場まで行くためのバスを会社で借りるなど、徹底した対策を行ったそうです。また、現在は日差しの暑さをしのぐため空調服を現場に支給するなど、安心して働くことができる環境が整っています。さらに、福利厚生も充実しています。産休や育休の取得のしやすさはもちろん、復帰後も、休暇前と変わらない職種・役職で働けることがほとんどだそうです。社員の方々が安心して働くことができる、魅力的な企業様だと感じました。

また、西川様は、新入社員は「まずやってみること」が大切だというお話をしてくださいました。リスクを考えることや、座学ももちろん必要ですが、経験してはじめて得るものも多いと仰っていました。若手のうちから挑戦し、成長したい方にとって、多くの成長機会を得ることができる企業様だと感じました。

学センインターンNo.200138
千葉大学大学院 園芸研究科1年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年8月 訪問】

「日本のインフラを今後も支えていく企業」

本日は、東電物流株式会社様にインタビューさせていただきました。

こちらの企業様は、東京電力グループで「B to B」企業として、変圧器などの配電線用のパーツの輸配送や、調達・保管・管理をメインに取り組んでおります。誰もが当たり前に使っている電力を、物流から支えるため、やりがいや社会貢献度の大きい事業だと思いました。

こちらの企業様の強みは、40年間以上培ってきた電力物流のノウハウの蓄積があることです。そのため、震災時に停電などが起きても、迅速に対応することができます。

電力業界は今後、日本国内の人口減や省エネ化の影響が懸念されています。ですがこれに対して、国内で取り扱うエリアを関東だけでなく地方への範囲拡大、技術コンサルティングなどを行う海外エリアの拡大、他のインフラ部品の輸送といった事業の拡張という戦略で、強みをさらに伸ばしていくと仰っていました。

このことから、今後もさらなる発展をされる企業様だと感じました。日本のインフラを支えるうえでなくてはならない存在であるというとても誇り高い仕事に従事できるだけでなく、現状に留まらず成長を続ける姿勢に感銘を受けました。

学センインターンNo.200153
筑波大学 情報学群3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年8月 訪問】

「東電物流だからこそのやりがい」

今回は東電物流株式会社の西川様にインタビューさせていただきました。電柱や電線、変圧器など配電用資機材の調達や配送を行い、電力と物流の双方向から我々の生活基盤を支える「ライフラインのためのライフライン」を担う企業様です。

B to Bの事業を主に行っているため、我々消費者の目に直接留まることが少ない業種であることから、東電物流様で働くやりがいとは何かを訪ねたところ、「日常で当たり前に感じている風景に変化を感じることの楽しさ」、「誰も気づかないけど生活を支えている、縁の下の力持ちとしての喜び」だと西川様は仰いました。業務上、普段我々が生活するうえで気にも留めないようなところにも意識が向くようになると言います。また、そんな企業だからこそ、「日々の変化を楽しめる人間が強い」と熱く語ってくださいました。これらは、まさに東電物流様だからこそ得られるやりがい、力であると感じました。

最後に我々就活生に対するアドバイスとして、「コミュ力」なんて曖昧な表現ではなく、「傾聴力」と「発信力」を持つことが重要であり、「伝える」のではなく「伝わる」のが本当に必要な力である、とお話しいただきました。今回のお話を通して、自分自身もそういった能力を培い、日常の変化に楽しさややりがいを感じられるような仕事をしたいと感じました。

【動画ビジコミ 2020年6月 WEBインタビュー】

学センインターンNo.200068
駒澤大学 経営学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 WEBインタビュー】

「ライフラインのための物流」

本日は、東電物流株式会社のご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、電力関連産業会社向けに、部品の配送などをコア事業として取り組んでおります。具体的には、電線のカバーや電柱、変圧器など、”電気の通り道”とも言えるような部品を取り扱っております。”物流の整流化”を目指しており、あらゆる部品を1台のトラックで運び、物流をスムーズに、簡潔にする事を目標としています。

お話を伺い、充実した福利厚生がとても印象的でした。注目すべきは育児に関する制度です。女性は、子供が小学校を卒業するまで時短勤務が可能で、男性は、出産休暇が3日間取得可能です。社員の取得率も8割と、社内の評判もとても良いそうです。仕事を続けたいけど仕事との両立が難しいと悩む方もいると思うので、そのようなサポート体制が整っていることでとても安心して働くことができると思いました。

また、社員の皆様は真面目で人思いな方が多いという事は、調べただけでは分からない事でしたので、知ることができて嬉しく思いました。社員同士で社外での付き合いも多く、ボーリング大会やビンゴ大会などの社内イベントも毎年開催されているそうです。義務ではないアンケートや調査の回答率が毎回9割を超えるというお話からも皆様の向上心の高さを感じることができました。
就活生へのアドバイスとして、「就活はあくまで手段です。その会社に入って何をしたいかよく考えて動いてください」とご担当者様は仰っていました。何をしたいか、それがやりがいにも繋がってくると思います。充実した職場環境で自己成長も実現できる素敵な企業様だと感じました。

学センインターンNo.180112
学習院大学 経済学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 WEBインタビュー】

「電気代削減に貢献し、より良い環境で働く」

本日は、東電物流株式会社様のご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、東京電力のグループ会社で、物流を担っています。電柱など、「電気の通り道」になる部品を運んでいるそうで、生活になくてはならない社会貢献性を強く感じました。

また、物流のコストを削減するための卸売り業のようなことも行っています。このことが消費者の電気代を下げることに繋がっていると知り、この活動にとても大きな魅力を感じました。売上の内訳を見ると、卸売りの売上が6割を占めているそうです。

さらに、災害時には、いち早くライフラインを復旧するために動かれており、この点も大きなやりがいに繋がると感じました。

入社後は、1、2年目はしっかりと現場を経験するということで、3年目以降、現場感覚を持ちながら、現場管理や部品発注をスムーズに行えると思いました。

女性が少ない業界ではありますが、こちらの企業様は、女性の働きやすい環境が整っています。そして、私が最も素晴らしいと思ったのは、子供が小学6年生になるまで時短勤務ができることです。自分がやりがいを感じている仕事を長く続けていきたいと思ったときにこの環境は非常に魅力的だと感じました。
大きな社会貢献性を感じながらも、働きやすい環境で長く仕事ができる、とても働き甲斐のある企業様だと思いました。

学センインターンNo.200127
青山学院大学 法学部2年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 WEBインタビュー】

「明るい暮らしを運ぶ”ライフライン・ロジスティクス”」

東京電力グループの一員であり、BtoBで電柱や変圧器など、配電用資機材の物流をコア事業として行う東電物流株式会社様にお話を伺いました。

タイトルにもさせていただいた「ライフライン・ロジスティクス」は今年度の春にこちらの企業様が商標を取られています。その名の通り、私達のライフラインの一つである電力に関連する部品を商材としていらっしゃるため、例えば災害時には一早く現場に駆けつけて復旧のための部品を届けるなど、社会貢献度の高い企業様です。 実際に学生の多くは社会貢献度を入社理由として挙げるそうで、公務員や鉄道会社などを併願される方が多いとおっしゃっていました。 また、採用の際には文理や専攻よりも、「難しい単位をどうやって取得したか?」などの話を通して、学習意欲の高い方を求めているそうです。配電用資機材という、一般には馴染みのない商材を中心に取り扱うため、専門性を高められる人材が必要であり、更に途絶えてはならないライフラインを支える上での真面目さ・誠実さが求められているのだと想像でき、納得しました。

2019年から教育体系の変更があり、入社後一、二年目はまず物流現場を経験し、三年目に多くの方が本社へと異動して、上流工程に携わるそうです。また、フォークリフトの操作技術が一番高い方は女性であるといったお話も伺い、性別関係なく様々な活躍の場がある企業様だと感じました。

学センインターンNo.180212
早稲田大学 商学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「社会に貢献できる仕事」

本日は、東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、主に電線・変圧器・電柱といった配電用資機材の調達や配送などを行い、電力が各地に伝わるようにしています。“Lifeline Logistics Company”として、人々が電力を当たり前に使えるように物流を行っています。

特にやりがいを感じることは、目の前の業務が人々の暮らしに直結していることだそうです。災害時など、電力が供給できなくなってしまった時に、自分の働きによって電気が通り、現地の人に感謝されたときは達成感を感じたそうです。一番大事なのは、そのようなことが起こらないことですが、もしそうなった時に人々を助けるのが使命であり、また、やりがいに感じるというお話が心に響きました。

また、求める人材に文系理系は関係ないそうです。新卒入社後は1~2年ほど現場で働き、その後様々な部署に配属されます。現場から上流工程まで見ることができるため、企業が行っている事業の全体像をつかむことができます。また、役員にも現場出身の方がいるため、1年目からでも働きやすい環境が整っています。

電力という日常生活に不可欠なものに携わっているため、とても社会貢献性が高く、やりがいのある企業様だと感じました。

【2020年2月 訪問】

「縁の下の力持ち」

本日は、東電物流株式会社様に伺いました。
こちらの企業様は主な事業として、配電用機材の調達配送と資材取扱管理事業などを行っています。また、2018年から新規事業としてレンタル・販売事業を展開しています。

こちらでは、私たちの生活に欠かせないライフラインである電気の供給を支えるため、さまざまな資機材の物流を担っています。災害などの不測の事態が起こった時も、常に電気を私たちに届ける為に最善を尽くしています。有事の際は、社員とその家族の安全も第一に考えて行動するそうです。働いている社員とその家族も守る、とても素敵な企業様だと感じました。

最後に、インタビューさせて頂いた西川様にやりがいを伺いました。西川様は、倉庫で運んでいる物を実際に街中で見つけた時、社会に繋がっていると感じて嬉しいと仰っていました。
ライフラインを絶えず供給するために事業を行っているこちらの企業様は、私たちの日常生活を支える縁の下の力持ちです。

学センインターンNo.180196
東京外国語大学 言語文化学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「ライフラインとなる人々へのライフライン」

本日は、東電物流株式会社様に伺いました。
こちらの企業様は、電力供給に用いられる資材の調達、保管、配送など、電気の通り道を物流で支える業務を行っています。インタビューを通じて感じたのは、暮らしに不可欠なインフラの基盤を支えるということには、それを行っている人材を支えることが必要条件であるということです。こちらの企業様は、それを高いレベルで実現しています。

それが可能であるのは、電力の確実な供給というミッションを共有し、同じゴールへ向けて部署や企業を超えて動くというマインドが確立されているからです。例えば、震災の際には現場で働く社員に向けて部署関係なく物資の供給に奮起していたそうです。実際に、本日お話を伺った西川様は、現場の社員のためにキャンピングカーを走らせたという経験をされたそうです。また、女性の働きやすさにも注力されており、出産後、子どもが満3歳になるまで育児休業を認めるなど、法令順守というレベルを超えた福利厚生を整えています。

全体を通じ、やりがいや働きやすさという観点でも、魅力のある企業様であると感じました。社会貢献に関心のある方や女性にとっても、非常に魅力の溢れる企業様です。

学センインターンNo.180306
武蔵大学 経済学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

「安全第一」

本日は、東電物流株式会社総務部労務人財グループ課長 兼 広報担当の西川様にお話を伺いに行きました。

こちらの企業様は、貨物運送事業、資材管理事業、レンタル・販売事業を軸として事業を展開しています。私たちの生活に不可欠な電気の安定供給を支えている企業様です。

レンタル・販売事業に関しては、2018年から開始したにも関わらず、長年培ったノウハウを活かし、他のコア事業の2倍の売り上げを出していると伺い驚きました。また、「NO BORDER, MOVE
FORWARD」を掲げ、海外展開も視野に入れているそうです。

社風としては真面目で、社会貢献したいという方が多いそうです。海外展開においても、現地の人々のより良い生活を目指しているなど、一貫した想いがとても印象的でした。
また、社員の安全と健康を第一に考えていることがお話の随所から伝わってきて、素敵な企業様だと思いました。社内は文系が9割以上を占めているそうです。文理問わず社会貢献に力を注げる熱い企業様です。

学センインターンNo.180257
日本大学 商学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

「暮らしを支える」

本日は、東電物流株式会社様に訪問させていただきました。こちらの企業様は、主に配電用資機材の物流を担っており、東京電力グループ唯一の物流会社です。SCMは商的なスピード感重視といったイメージを持っていましたが、こちらの企業様は配電用資機材といった、私達のライフラインには欠かせない機材を供給しているため、何よりも安心・安全を第一に考えています。今回インタビューをさせていただいた西川様は、業務に対して真面目な社員が多いと仰っていました。これは、人々が暮らす上で必要不可欠な電力を供給するという使命感によるものだろうと感じ、東電物流様だからこそ感じられるやりがいにも繋がっていると思いました。

新卒に対して求める人物像としては、学び続ける心と挑戦し続ける意志を持っている方だと仰っていました。電気と聞くと理系のイメージが強いですが、社内は文系卒が9割を占めているそうで、文理問わず活躍できる場があります。日本のライフラインを支える現場で働くことができる魅力的な企業様です。

学センインターンNo.180101
立教大学 法学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

「安心安全!~社会貢献のために~」

本日は、東電物流株式会社様へ伺いました。こちらの企業様は、電力供給に必要な配電用資材の調達から保管・管理、配送などを行っています。そのため、日々の暮らしに欠かせない電力の供給を支えている”社会貢献性の高い”企業様です。

物流業界の中でも、資材調達から配送・リユースリサイクルまでの全てを一括で行ってる企業は少ないそうです。また、関東エリアという大きな顧客のニーズがあるため、電力用資機材の物流企業としては国内トップであるとのことでした。それだけでなく、今後の方針としては、関東を超えて国内全域、そして経済発展を続ける東南アジア諸国に向けて、より良い暮らしのために電力用資機材に関するノウハウを、提供していきたいとおっしゃっていました。

担当してくださった西川様からSDGsに向けて行っている「同一労働同一賃金」や「障害者雇用」、また社会から信頼を得るための”安心安全”を第一に掲げている社訓などのお話を伺い、”社会貢献”への想いを社員一人ひとりが強く持っていることが分かりました。この社会貢献への想いが企業様の大きな魅力だと感じました。

女性の方は物流業界内のイメージもあり、まだまだ少ないそうですが、福利厚生などは法令の基準よりもはるかに高いそうで、働きやすい環境が整っていると感じました。男性女性また学部学科問わず、「社会貢献できる業務がしたい!」と思う方にぜひ見ていただきたい企業様です。

学センインターンNo.180242
法政大学 キャリアデザイン学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

安全最優先に

本日は東電物流株式会社様に訪問させていただきました。東電物流様では、配電用資機材の調達・保管・配送事業を主に、幅広い事業を行っています。企業理念の他に安全理念があり、何よりも「安全」を最優先しています。人に怪我をさせてはいけないというのはお客様だけでなく、働く社員も含め全ての方を対象にしているそうです。売上よりも利益よりも、安全を一番大切にしている点にとても感動しました。

私は物流業界に対し、1人で作業したり、女性が働きづらい印象を持っていました。しかし、こちらの企業様は私の印象を180度変えました。現場での作業は「1人だけで作業してはいけない」とされています。そして個人の力を伸ばすためにチームでのコミュニケーションをとても重要視しています。社内イベントで最近では女性の方が運転技能の試験で最優秀賞を複数回獲得していることも伺いました。福利厚生だけでなく、社内みんなで助け合える雰囲気が、女性の働きやすさを支えているのだと思いました。私自身もとても視野が広がった訪問となりました。

学センインターンNo.180188
獨協大学 外国語学部 4年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

電気と暮らしと社会をつなぐ

本日は、東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。こちらの企業様は、主に電力を供給するために必要な配電用の資材をメーカーから調達し、工事会社に提供しています。さらに工事会社から使用された資材を再び受け取って、リユース・リサイクルや、機材のレンタル・販売も行っています。今回の訪問では、なぜ電柱に変圧器が取り付けられているのかという質問から、社内の見学までさせていただきました。
その中で、今回特に印象に残った二点を紹介させていただきたいと思います。

一点目が「売上や利益、効率よりも安全優先」だということです。これは、“いざというときに頼れる存在”であるためです。また災害時は、社内で「自分→家族→家→会社」という優先順位が定められていることからも社員にとって優しい環境だと感じました。

二点目が挨拶です。私が今まで様々な企業に訪問させていただいた中で、担当ではない社員の方々がこれほど丁寧な挨拶をしてくださったのは初めてでした。そのことを西川様に伺ったところ、「お客様目線」ということが行動指針にあるからだとおっしゃっていました。一人ひとりの社員様がこの行動指針を大切にされていることがわかり、東電物流様の温かさが伝わってきました。まさに”頼れる存在”の企業様だと感じました。

学センインターンNo.180274
武蔵大学 社会学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

暮らしの基盤をつくる

本日は、東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。こちらの企業様は、生活に欠かせない電力関係を中心とした部品等の調達・管理・輸送を行っており、私たちの生活を支えています。また、災害時には部署に関係なく現場に行き、1日でも早く電力を復旧させるために尽力されています。

西川様のお話を伺う中で、日本に住む人の生活を担う責任の大きさを感じたとともに、それに携われる喜びを感じながら業務をされているという印象を強く受けました。私たちは、普段何気なく電気を消費しているだけで、電柱の存在を気にしたり、電力に従事する方のことまで考えることはあまりありません。ですが、そのような方たちがいなければ私たちは生活できないということを改めて考えるきっかけになりました。近年では、電力部品に限らず物流の領域を広げており、今後も事業を拡大していく東電物流様の重要性はますます高まっていくと思いました。常にお客様の生活を支えるという目的を持ち、日々業務を行っている社員の皆様がとても輝いて見えました。

学センインターンNo.180186
埼玉大学 工学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

日常を守る、影の主役

本日は東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。

こちらの企業様は、電気用資機材の資材管理、レンタル事業、輸配送を行っています。メインで行っている資材管理事業は、同じグループ企業であるパワーグリッドから工事依頼を受けた企業へ資機材を提供するために、こちらの企業様が荷主に代わって資材を調達から輸送、工事後のリユース・リサイクルまでを行っています。こちらの企業様が1つの窓口で調達を行うことにより、無駄な発注を抑えられ、全体のコストが下がるため、結果的には私たちの電気料金が値下がりすることにつながるそうです。

東電物流様は、この様に公共インフラを物流の側面から支えていらっしゃいます。私たちの生活に不可欠な電力の安定供給を支えているのです。さらに、この様な陰の貢献だけでなく、災害時などには表に立って活躍します。東電物流様は、災害などで電力の供給がストップしてしまった災害地域があると、不足する資機材を調達して現地に直行し、現場に供給します。実際に復旧工事自体は行いませんが、非常時はそれを現地で支えることも行うなど、貢献性の高さが印象的でした。

この様に、社会的使命が分かりやすく、日本の暮らしを影から支えるとてもやりがいのある企業様だと思いました。

学センインターンNo.180139
國學院大學 経済学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

くらしをまもるヒーロー

本日は、東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。こちらの企業様は東電グループの物流会社として、電力の資機材、レンタル事業を行っています。2016年に始まり、2018年に本格化したレンタル・販売事業は既に主力になるほどの売上を誇っています。

東電物流様でも一般的な物流のイメージである、速さを追求しているように思っていましたが、こちらの企業様は電力という私たちの生活になくてはならないものに携わっているため、安全提供を第一に考えて仕事を進めています。自分達が運んでいたものが日常の風景に出てくることや、災害時などに停電が復旧していくニュースを見る時にやりがいを実感できると伺い、人々の生活に密接に関わっているからこそ得られるものだと感動しました。

災害などが起こると非常に忙しくなるそうですが、お話の中ではそれを苦に思っていないように感じました。公共インフラに携わり、社会のために貢献したいと思っている人が多いことがその要因かもしれません。社員に優しい企業様でありながら、人々のくらしをまもるヒーローのような魅力的な企業様だと思いました。

学センインターンNo.180137
法政大学 経営学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

正義の味方

本日は、東電物流株式会社の西川様にお話を伺いました。事業内容としては、配電に必要な部品のレンタルや、販売などが挙げられます。まとめて商品を買い、契約することで物流コストを下げたり、単価を下げることで電気の供給を安くすることにつなげていると伺い、電気料金は部品によっても変わるものなのだと学びました。

こちらの企業様のやりがいとして、「扱うモノが明かりにつながっていること、日常の風景の中に自分が携わっているものがあること」と伺いました。その中で、特に「正義の味方みたいな仕事」という言葉が、一番印象に残っています。「一見地味かと思える仕事ではあるものの、電気が止まったりしてみんなが困ったときに颯爽と出てきて去っていくことからだ」とお話してくださり、厳しい業務の中にも素晴らしいやりがいがあるのだと思いました。

こちらの企業様は物流業界には珍しく時間に追われておらず、皆が優しいので働きやすい職場だと伺いました。実際にお話を伺った西川様のお人柄からも職場の良い雰囲気が伝わってきました。穏やかな雰囲気ももちろん魅力ですが、「やるときはやる」という実行力がとてもかっこいいと思いました。

学センインターンNo.180189
専修大学 文学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年10月 訪問】

ライフラインを支える企業様

本日は東電物流株式会社様にお話しを伺いました。総務部の西川様と新入社員の方々にお話を伺ったのですが、中でも台風や震災などの非常災害時のお話が印象的でした。

非常災害で停電が起きると、一般家庭で生活が不便になるだけでなく、病院の電気が止まってしまうと命を落としかねない状況になるため、迅速に対応しているそうです。ご担当者様も東電物流様のことを「ライフラインを支える会社」とおっしゃっていましたが、私自身もこのお話をお伺し、世の中になくてはならない非常に重要な役割を担っている企業様なのだと実感いたしました。

また、ご担当者様から「何かできることがあるならやろう」という思いで、災害地で働かれていたという経験談をお聞きして、社員の方一人一人が生活の一旦を担うという意識を持って働いていることが伝わってきました。

本日のインタビューに訪問するまでは、お話をお伺したことがない業界だったのですが、実際の事例なども交えてお話をしていただき、東電物流様の仕事を非常に身近に感じることが出来ました。人々の生活を支える、とてもやりがいのある、魅力的な仕事だと思いました。

学センインターンNo.180120
東洋大学 法学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年10月 訪問】

社会的使命を胸に

本日は東電物流株式会社の西川様と新入社員の方々にお話しを伺いました。こちらの企業様は東京電力グループの一員であり、「電気」という社会的インフラを支える物流全般を担っています。それだけでなく環境・経済的なコストをおさえるための電線のリサイクルや変圧器のリユースを行っています。

今回のお話しで特に魅力を感じたことは、「電力インフラを支える」という社会的使命です。毎日、安定した電力供給するだけでなく、自然災害など非常時に、いち早く復旧するという社会使命の下、従業員の方々は働いているそうです。

そのため1.福利厚生2.仕事内容が非常時に備えたものになっております。1.福利厚生の観点では非常時、家族の元を離れることから個人単位ではなく家族を含めたものになっています。2.仕事内容の観点でも非常時に全ての事態に対応できるようにジョブローテーションを採用しています。

また非常時のことを重要視しているからこそ、より社員の日常の時間を大切にする傾向があり、現場での残業時間は月/10時間未満となっています。社員方々のことを考えていると感じました。

社会的使命を胸に仕事に臨みたい方にとって魅力的な企業様だと思います。

学センインターンNo.180162
立教大学 法学部 2年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年10月 訪問】

人々の命と生活を守る正義の味方

本日は、東電物流株式会社の西川様と新入社員の方々にお話を伺いました。

こちらは配電用資機材を調達、保管管理、配送し、使用後はリユース・リサイクルし、電力の安定供給を支えている企業様です。また、関東のかなり広いエリアを担っており、昨日の台風の影響で多くの被害が出た際は、24時間体制で対応していたそうです。配電工事用の資材不足に陥らないように、イオンモールの駐車場に臨時資材ヤードを作り資材や人員を供給し続けること、全国から集まる電源車に軽油を運搬することなどに取り組み、人々の命と生活のために活動していて、災害時には特に欠かせないと感じました。新入社員のお二人から見た職場の雰囲気は、何でも言い合える関係かつ、みんなフレンドリーで、新人を自然と周りの社員がフォローするという働きやすい環境が整っているとのことでした。ローンや厚生保険、財産形成貯蓄や借り上げ社宅など福利厚生が大変充実しているのは、いざという時の緊急事態には家族をおいて社会のために出て行かなければいけないことなどを踏まえ、給料以外の面で社員と家族をまるごとサポートできるという理由からであることを伺い、とても印象に残りました。

社会を支えている実感を得ながら働くことができ、充実したサポートが受けられる魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.180121
日本女子大学 人間社会学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年8月 訪問】

チャレンジ精神がある企業様

本日は東電物流様に訪問致しました。

東電物流様は、主に東京電力様が展開されている電力事業のうち、資機材の調達、保管、輸送を行っている企業様です。
電気は私達の生活の中でなくてはならないものですが、その電気の通り道を作っている物が電線であり、その長さは合計すると地球9周半にもなるそうです。東電物流様は電線などの電力施設に必要な部品の調達などをなさっている企業様で、東電物流様のようにインフラと物流をコアに扱っている企業様は、日本には他にあまりないそうです。

社員の方々は、意外にも文系出身の方が多く、新卒入社後は、現場での仕事を経験した後に本社で勤務する流れになることが多いそうです。フレックスタイム制も導入されており、働きやすい環境が整っていると感じました。
また、今後の展望については、配電工事材料などの一括販売、レンタル事業の部門でも事業拡大が見込めるとのことでしたので、インフラ、物流、販売など幅広い仕事に携わることが出来る点も、非常に魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.180155
法政大学 法学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年8月 訪問】

ライフラインを支える縁の下の力持ち

本日は、東電物流株式会社 西川様にお話を伺いました。

東電物流様は、私達の暮らしに欠かすことのできない電気を安定的に供給する社会的責任を、物流面から支えている企業様です。

具体的な商材としては、電線や電柱、アンペアブレーカーなどを取り扱っています。主な対象エリアは関東ですが、その地域の全ての電線を繋ぎ合わせると、地球から月までの距離とほぼ同じ長さになるそうで、とても大きい規模の仕事だと感じました。私達の生活で電気は無いと命に関わるものであり、東電物流様はそんな大事な電線などの予防保全に携わっている、私たちの生活に欠かすことが出来ない企業様だと感じました。

学生の採用基準は行動指針である「私たちの道しるべ」にも示されている、「変化を楽しみチャレンジができる人、お客様目線で発想ができる人、気遣いのできる人」だとおっしゃっていました。新卒入社後の約一年間は現場に配属されるのですが、その理由として「将来経営層になる人が、現場はどのようにして動いているのかを知らないと、人を管理する立場には立てない」とおっしゃっており、深く納得をすることができました。
今後の展望としては、国内はもちろん、海外へエリアを広げるということが目標だそうです。グローバルな活躍が期待できる企業様だと思いました。

学センインターンNo.180127
慶應義塾大学 法学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年8月 訪問】

人を大切にしている企業様

今回は東電物流 西川様にお話をお伺しました。

東電物流様の商材は「電気の通り道を構成する部品」であるため、他の物流業界とは異なり、非常時に最も必要とされます。また、「ライフロジスティクスカンパニー」をミッションとしている一方で、販売・レンタル事業も手掛けており、昨年と比べて売り上げは二倍になっているそうです。

今回のインタツアーを通して、西川様は私達学生にもとても優しく、丁寧に対応してくださり、人を非常に大切にしている東電物流様の社風を実感することが出来ました。電気という人々の暮らしに深く関わっている業種のインフラであるからこそ、人の温かさや優しさを重視されているのだと思いました。

また、利益や成長よりも社員の安全を優先している点に感銘を受けました。今日の日本では働き方改革を推進していますが、根本的なところで改善しなければ、従来の働き方を変えることはできないと私は思います。しかし、東電物流様は本当に社員の安全、社員の幸せを第一に考えているのだと、今回お話をお伺する中で実感しました。

一方で今後の課題として、女性の入社率が低いため、向上させていきたいとおっしゃっていました。物流業界のイメージが、女性の入社率が低い原因だと感じましたが、私は今回のインタツアーを通して、物流業界の将来性や東電物流様の潜在性を感じました。男女問わず、多くの方に見て頂きたい企業様だと感じました。

学センインターンNo.180105
早稲田大学 スポーツ科学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年7月 訪問】

世界に進出する物流

東電物流株式会社 西川様にお話を伺いました。

東電物流様は電線、電柱、変圧器など「電気の通り道」を構成する部品を、必要なだけ用意し、必要なタイミングでお届けし、使い終わったらリユース・リサイクルするという事業を展開されています。

本日一番印象に残ったお話は、日本は世界で停電が最も少ない国で、日本の電気システムは世界に誇れる技術だということです。私達は毎日快適に、何不自由なく過ごしていますが、普通に過ごせることは素晴らしい事なのだと感じました。一方で、日本の電気システムには沢山の課題があることも知りました。それは、東日本大震災や北海道地震に対しての対応です。当時はモノを運ぶスピードや、数に対応することが出来ず、悔しい思いをしたそうです。ですが今では、どんな時にでも対応できるよう常に備えているというお話を聞き、沢山の困難を乗り越えて組織が一つになっているのだと感じました。

本日お話をお伺する前は、”電気”と聞いて理系の方が就職する企業というイメージを持っていましたが、文理問わず活躍できるフィールドが用意されているそうです。先入観なく、たくさんの方に見て頂きたい企業様だと思いました。

学センインターンNo.180124
埼玉大学 経済学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年7月 訪問】

ライフラインを支える

東電物流 西川様にお話を伺って参りました。

東電物流様は主に電線・電柱・変圧器などの電気の通り道となる部品を調達・保管・配送している企業様です。電気は人々の生活に欠かせないものであり、それを安定的に維持しなければならないので、非常に大変な仕事だと感じました。特に東日本大震災の際は、物流網が止まってしまったため、食料や毛布なども被災地に運んだそうです。物流業は人々の命を救えるものだと感じたと同時に、責任感を持たなければならない仕事だと思いました。東電物流様の社員の方達は責任感を持った方が多く、災害が起きた時は全員で協力し、24時間何が起きても対応できるようにしているそうです。そのような場所で働くことは自分の能力を周りと一緒に高めていける素晴らしい環境だと思いました。

「電気」という言葉を聞くと理系出身の方が多いイメージでしたが、実際は約9割の方が文系出身だそうです。必ずしも即戦力になる人材を求めているわけではなく、入社してから成長していってほしいとおっしゃっていました。
何か人々の役に立つ仕事がしたい、という方にとてもおすすめの企業様だと思いました。

学センインターンNo.180134
専修大学 法学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年7月 訪問】

縁の下の大黒柱

今回は東電物流株式会社様に訪問しました。

東電物流様は、主に皆さんが普段目にしているような電線や電柱、変圧器などを管理、配送している企業様です。電力会社のグループというと、決められた業務だけをこなすようなイメージがありましたが、こちらの企業様はライフラインを維持し続けることは大前提として、それによって得たノウハウを、業界や地域の垣根を飛び越えて活かしていることを知り、興味を惹かれました。

また、東電物流様にとって最大のピンチは東日本大震災だったそうです。東日本大震災では地震被害による電気機能の復旧だけでなく、原子力発電所の復旧も行わねばなりませんでした。そして、全くの手探り状態の中でも、未曽有の大災害から一日でも早く復旧するために、取締役をはじめとして社員一丸となり国家存亡の危機の後方支援を行ったそうです。私はこのお話をお聞きし、社員一人一人の仕事に対する使命感、責任感に強く心を動かされました。

自分達にしかできない仕事に、使命感や責任感を持って取り組むことができ、現代の日本には欠かせない事業を担っている、とても素晴らしい企業様だと感じました。

学センインターンNo.180126
國學院大學 文学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年6月 訪問】

当たり前を守る正義のヒーロー

本日は東電物流株式会社様に訪問し、総務部の西川様にお話を伺いました。事業内容は、主に配電用資材の調達・保管・配送です。ライフラインを電力の面から支えることに大きく貢献されており、私たちの暮らしに溶け込んでいる電気を、当たり前に使えるように日々尽力されていらっしゃいます。

先日の新潟の地震の際に、テレビで情報を得てメールで連絡を取り合ったというエピソードをお聞きし、常に災害に対する危機感とそれに対応しようという使命感をお持ちなのだと思いました。社員様一人一人が「電気を守る」という強い意志を持っていらっしゃり、正義感のあふれる社風であると感じました。

東京電力の配電用資材の調達・保管・配送を100%受け持ち、今後はエリアの垣根を超えた拡大等も視野に入れているそうです。また、物流にAIやIoTの技術が普及していないことを課題とし、AIを使った需要予測の受容なども考慮されており、ますます発展していく企業様なのだと思いました。

インタビューの最後に就活生へのアドバイスをお聞きしたところ、経営理念や行動指針に共感できるかを1つの指標として、判断をするのが大切だというお話を頂きました。私もミスマッチをなくすべく、今後の就職活動に活かしていこうと思います。

学センインターンNo.180082
嘉悦大学 経営経済学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年6月 訪問】

ひっそりと陰で街を支える

本日は東電物流株式会社の総務部西川様にお話を伺いました。事業内容としては、電線や変圧器など、電力供給に必要なものを必要な分調達し、保管、配送、リユース・リサイクルまで行っています。

特に印象的だったお話は、東日本大震災の際に震災翌日にはトラックに水、食料、電線などの部品を乗っけて、現地に到着していたというお話でした。震災直後に社員の方々自ら、「何かあったらいつでも現地に行く」「一部は会社に待機して対応する」と、困った人たちを助けに行くための対応を迅速に行ったそうです。生活のライフラインである電力を守る仕事に誇りと使命感を持っているのだと感じました。西川様は会社に残り、食料の調達やトラックで運んでくれた運転手の宿泊先手配などを行ったというお話を伺いました。このような社風からも、使命感をもって働ける人を採用したいと仰っていました。

今回のインタビューで、東電物流様の社員の方々の仕事への向き合い方を始め、大変有意義なお話をお聞きすることができました。

学センインターンNo.180116
明治大学 文学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年6月 訪問】

人々の暮らしを支える

本日私は東電物流株式会社様に訪問し、総務部西川様にお話を伺いました。私がお話を聞いて特に心に残ったこと、社員の方々が働かれる様子や、倉庫見学をさせていただいて魅力に感じたところを伝えたいと思います。

東京電力管内での「電気の通り道」を構成する資材、つまり電線や変圧器などのあらゆる部品は全て東電物流様の社員の方々のお仕事の賜物です。電力はライフラインとして暮らしに溶け込んでいるためあまり深く考えたことはなかったのですが、私たちの生活に絶対に欠かせない大切なものです。私たちの生活は、東電物流様に支えられているのだと感じ、とても社会貢献性が高いお仕事だと思いました。

また、事業内容からすると、理系出身の採用が多いのかなと思っていたのですが、今年の新卒採用では文系の採用が多く、入社後にスキルや資格を身につけられるそうです。事前の知識がなくても、学んで吸収できる環境にとても魅力的に感じました。

オフィスや見学させていただいた倉庫の中ですれ違った社員の方々に、お忙しい中挨拶をしていただきました。社員の方同士の雰囲気の良さや、風通しの良さを肌で実感することができました。これは西川様が大切にされている考えだとおっしゃっていた「働いていて気持ちがいい会社」に繋がっているように感じました。

学センインターンNo.180109
慶應義塾大学 経済学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年5月 訪問】

ライフラインの物流を支える

東電物流様は東京電力の物流部門を担う企業様で、配電に使用する資機材の調達から配送まで行っています。今回のインタビューを通じて、東京電力の物流部門を一手に担ってきたことにより貯蓄された高度なノウハウが、東電物流様の大きな強みだと感じました。新人の研修として、現場を含め、様々な部門をじっくりと経験する機会があるそうで、専門知識を身につけた上で適性のある部門で活躍できる体制が整えられていました。この高度なノウハウは、今後国境や業界の枠組みを越えて事業を展開していく上でも、大きなアドバンテージであると思います。

また、新しい物事にチャレンジすることを、とても大切にしている企業様であると感じました。東日本大震災をはじめとする災害が起こったり、電力自由化によって電力業界のビジネスモデルが変化したりする中で、既存の業務や枠組みにとらわれずに新規事業開発を推進しているなど、今後の事業にとても将来性を感じました。

学センインターンNo.180062
慶應義塾大学 総合政策学部 4年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年5月 訪問】

電気は生活における命

本日は東電物流様の西川様にお話を伺いました。東電物流様は、東京電力の工事にかかる大小問わず様々な部品を運搬する事業が主軸です。部品を買うところから輸配送、リサイクルまで「モノの一生」に一貫して携わっているところが、東電物流様の特徴です。また、業界に関する知識やスキル等がない状態で入社した社員にも、部門間のジョブローテーションを生かしながら、3年かけてしっかりと人材育成をするそうです。そうして育てられた若年層は、早い段階から事業立案にチャレンジできる環境が整えられており、しっかりと現場を知って経験を積んだ後には、経営層を担っていくようになるなど、誰にでもチャンスがあり風通しがいい社風だと思いました。

そして、他電力会社との連携や、業界の垣根を越えた連携事業の創出なども想定していて、今後のさらなる成長を感じました。市民に必要不可欠な社会インフラをしっかりと支えるという部分に、東電物流様の魅力と社員の方の熱意を感じたインタビューでした。

学センインターンNo.180020
立教大学 社会学部 4年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年5月 訪問】

変化を恐れない柔軟性

東電物流様では、電力に関する部品や資機材を配送しています。小さなネジから大きな電柱まで運んでいるというところに驚きました。電力における物流では、大きさ、重さ、形が全く異なる部品を扱う上に、配送先が複数もあることがあります。そのため、荷物の積み方の工夫が必要になるそうです。そのような点で単純作業にならない面白さがあると感じました。

東電物流様は企業理念をとても大切にされていると感じました。明かりを届け、当たり前を届けるという使命のために、社員の方は誇りを持って仕事をされていると感じました。東日本大震災の際は、自分たちが動かなければいけないという使命感のもと、デコボコな道を走って物資を運んだそうです。

電力と聞くと、安定したイメージを持つ方が多いと思います。しかし、大震災後の状況の変化、電力自由化などの流れを受けて、変化が求められるようになりました。そのため、いろいろな変化を恐れずに、挑戦する意識がこれからは求められます。若手にもそのチャンスはあり、異業種とタッグを組んで全く新しい仕事を生み出す取り組みも行っているそうです。電力自由化もチャンスとして捉えていらっしゃり、変化への柔軟性と今後への期待を感じました。

学センインターンNo.180052
青山学院大学 教育人間科学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年4月 訪問】

当たり前を支える縁の下の力持ち

本日、東電物流の西川様にお話を伺いました。東電物流様は電力の安定供給を支えるため資機材の調達・保管管理・配送・環境負荷低減のための検査などを行っています。物流というと、物を運ぶというイメージだけしかありませんでしたが、東電物流様の事業は、日常生活だけでなく、自然災害時にも必要不可欠な存在として、電力というライフラインを支えており、重要な仕事だと思いました。昨今、電力の自由化によって電力会社にも安定だけでなく、チャレンジングな姿勢が求められています。その中で、東電物流様は技術コンサルをはじめとした海外への支援に注力するなど、新たな挑戦をすでに始めており、それが大きなやりがいにつながっているそうです。

また、お話の中で特に印象的だったことは、女性が活躍できる環境が整っていることです。現状業界自体には女性が少ないそうですが、新卒採用では女性も積極的に採用していきたいそうです。東電物流様では法定以上の育休・時短勤務を可能にしていて、女性の働きやすさを実現していると思いました。

さらに、人とのつながりを大事にするホスピタリティがある企業様だと感じました。インタビューに伺った際も、私たちを歓迎してくださっていることが伝わってきて、非常に温かい社風を感じることが出来ました。

学センインターンNo.180102
立教大学 経済学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年4月 訪問】

女性の社会進出に積極的な会社

今回は東電物流株式会社様の西川様にお話をお聞きしてきました。東電物流様は、「電気の通り道」を構成する部品(資機材)の調達、それらが必要になるまでの保管・管理、配送、使い終わったものをリユース・リサイクルをしている企業様です。就職説明会に来るほとんどの学生はもともと社名知らないそうですが、扱っているものは私たちの最も身近で、最も必要なものだとおっしゃっていました。

インタビューの中で印象的だった点は、女性の働く環境についてです。東電物流様は、女性活躍推進法に沿った働き方ができるように、様々な活動をしていらっしゃいます。その一つに特徴的な育休制度があります。子供が一歳になるまで育休を使えるという制度が一般的ですが、東電物流様では3歳になるまで育休を取得できる制度があります。また、配偶者が出産した場合に有給の特別休暇を取得できる制度があるそうです。他にも、子供が小学校を卒業するまでは労働時間短縮制度といって2時間の時間短縮が可能になるという制度がありました。ここまで育児に対して親身になってくださる企業様は、なかなかないのではないかと思いました。みなさんにもぜひこの取り組みをはじめとして、東電物流様のことを知ってもらいたいです。

学センインターンNo.180036
明治大学 商学部 4年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年4月 訪問】

私たちに当たり前を

本日、東電物流様の西川様にお話を伺いました。東電物流様は「電気の通り道」を構成する資機材を調達し、必要になるまで預かり、必要なタイミングで配送し、使い終わったらリユース・リサイクルするといった事業を展開しています。物流を通じて電力の安定供給を支え、私たちの暮らしを守っています。実際、私はこれまでこのような業界の仕事を全く知らなかったのですが、今回お話を伺って、東電物流様のお仕事がいかに私たちの生活を支えているのかを感じました。特に災害時には電柱の破損などにより、停電などの被害が発生するため、社員の方が有事に備えて待機をしていて、私たちの生活環境に何かがあった際にはすぐに駆け付けられる準備をしているそうです。このように、世の中の生活を守ることを会社全体でも使命として捉えて働いているそうで、採用したい学生もこのことに共感を持ってくれる学生だとおっしゃっていました。また、時代の変化とともに電力自由化も進んだため、これからはゼロから一を新たに作っていく姿勢と、それを飛躍させるためのチャレンジをしていくことが重要だおっしゃっていました。

働き方として魅力的だと感じた点は、女性の働き方です。特に育児休暇については、子供が1歳になるまで取得することが一般的なところを、3歳まで取ることもできるようにしていて、働く女性を応援する良い制度だと感じました。

学センインターンNo.180006
中央大学 法学部 4年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

「因を超えるものにしか縁は来ない」

東電物流様へ訪問いたしました。社長の朝岡様のお話に始まり、倉庫見学と大変密度の濃い訪問となりました。

倉庫見学をして感じたことは、とにかく扱っている資材が豊富であることです。ビニールや小さなキャップから、重量が何トンにも及ぶ電線、電圧機など私たちのライフラインを支えるものがたくさんありました。滅多に見ることのできない物流の現場を生で拝見し、とても興味深かったです。

朝岡様のお話を伺い、感銘を受けたお言葉を紹介します。それは「因縁」という言葉です。仕事をする上で苦しいことは幾度もあり、辛抱強く努力を続ける必要があります。そうした壁に当たった時に楽しむことができるか、与えられた課題に対して「自分は恵まれている」と考えることができるかどうかが大事であり、そうすることで縁が廻ってくるのです。大変な事があってもそれを乗り越え積み重ねた「因」が「縁」となる、私自身の価値観を変える貴重なお話であり、何事もポジティブに立ち向かおうと強く感じました。

また、訪問時に社員の皆様が仕事を止め、立ち上がって挨拶をしてくださったことがとても印象的で、その雰囲気からも素敵な企業様だと思いました。お土産までいただいてしまい、経営理念にもある「ホスピタリティ」を随所から感じ、思いやりに溢れた企業様だと感じました。


学センインターンNo.180097
中央大学 法学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

「因が繋ぐ縁」

本日は東電物流株式会社様へ訪問させていただき、代表取締役社長の朝岡様、労務人財グループ課長の西川様にお話を伺いました。東電物流様は、電気を中心としたライフラインの物流事業を手掛けています。主に電柱や電線輸送を行っており、メーカーと工事会社をつなぐ重要な役割を担っています。

本日は倉庫見学もさせていただきました。とても大きな倉庫で普段見ることのできない電柱の細かな部品も拝見することができ、新鮮でした。電柱を立ち止まって見る機会は中々ないため今まで知らなかったのですが、電線は銅かアルミでできているそうです。銅のほうが性能が優れているのですが、性質上どうしても錆びやすいため、温泉街などではアルミが使用されているそうです。その地域に合わせた資材を提供されており、とても興味深かったです。

朝岡様は「因縁」という言葉を繰り返しおっしゃっており、日々の積み重ねで得られる「因」が最終的に「縁」に繋がると学びました。深く染み入るようなお話はとても心に響き、私も日々の行動や考え方にも活かしていきたいと思いました。

会社名東電物流株式会社
事業内容配電用資機材の調達・保管・配送事業・コンサルティング 通関・物流事業 電線・ケーブル梱包用ドラムのレンタル・販売事業 特別管理産業廃棄物の収集・運搬事業 運送事業 倉庫業 古物営業など
URLhttp://www.tepco-logistics.co.jp/
所在地〒140-0002 東京都品川区東品川四丁目12番6号 日立ソリューションズタワーB 16階
資本金5千万円
設立1977(昭和52)年7月1日
従業員数社員 505人(2018年6月現在)
採用ナビサイトはこちら | マイナビ2022 |  
ビジコミについての簡単なアンケートにご協力ください。抽選でクオカードをプレゼントいたします。
アンケートはこちらから