株式会社TBSテックス× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

TBSの子会社でテレビ番組の撮影や編集、音響など放送までの技術部門を専門的に担っている。近年の働き方改革もあり、勤務時間の見直しや交代制などの対応を取り入れるなどテレビ業界でも大きな改革として注目されているとのこと。今回のインタビューで一番印象に残ったことは「好きなことでお金を稼ぐことの素晴らしさ」楽しんでお仕事をされている姿がとても魅力的。採用に関しては専門や学部などは問わず、人柄重視。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180084
慶應義塾大学 文学部 2年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年3月 訪問】

文理問わず活躍

本日は、株式会社TBSテックス人事労政部長の南木様と、青山様にお話を伺いました。

こちらの企業様は、TBSホールディングスの中で、テレビ技術の事業を行っています。撮影、編集、CGデザイン、実際にテレビ番組で使うフリップやボードの製作、そして電波に乗せて映像を発信していく送出しまで、幅広く行なっているそうです。そのため、色々な配属先の可能性があり、チャレンジできるところが強みであるとおっしゃっていました。

採用では文系・理系と区別しておらず、実際の従業員数約170名のうち、文理は半々の割合になっていることが意外でした。採用が決まってから配属先を決定されるため、ほぼ希望通りの職種で働けるそうです。

テレビ業界と聞くとハードワークなイメージがありましたが、働き方改革に合わせて、納期は変わらないものの交代制にしたり、時間内にどう工夫して終わらせるかコミュニケーションをとりながら、残業を減らせるようにしているとのことでした。お二方とも、自分が携わった作品を、多くの方に見てもらえることにやりがいを感じるとおっしゃっていました。

映像関係に興味がある方、新しいことに挑戦する意欲のある方にとって、魅力的な企業様だと思いました。

学センインターンNo.180200
慶應義塾大学 理工学部 2年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年3月 訪問】

テレビ業界のリアル

本日は、株式会社TBSテックス人事労政部長の南木様と、青山様にお話を伺いました。

こちらの企業様は、TBSホールディングスのグループ会社で、テレビ番組の撮影、収録、CGデザイン、編集、送信など、番組の入り口から出口まで一貫して行っています。また、テレビ以外にもアマゾンプライムやYouTube、またイベント映像等の事業も行っているそうです。テレビ業界ではこれらのメディア事業は対立関係にあると思っていましたが、協力関係にあると知って驚きました。

インタビューでは、事業に関する事や、やりがいなど様々なお話を伺いました。私は今までテレビ業界と聞いて、納期に追われて業務が終わらなかったりと、大変そうなイメージがありました。しかし、今回のインタビューでそのような認識は間違っていたのだなと感じました。こちらの企業様では働き方改革に取り組んでおり、交代制にして一人ひとりにかかる負担を減らすなど、対策を取っているそうです。

また、お二方に企業様の良いと思うところ伺ったところ、「分野に特化したテレビの制作会社が多い中、我々は制作の全てに携わっているという点が良い」とおっしゃっていました。全てに携わっている分色々なチャレンジができ、また、それぞれがどう相互作用しているかを理解して業務を行えることが、こちらの企業様の魅力だと感じました。

最後に、現在就職活動をしている就活生に向けたメッセージを伺ったところ、「色々な業界を見た方が良い」また、「自分の思っていることを言語化する練習をした方が良い」とおっしゃっていました。

今回のインタビューで、私自身の思っていたテレビ業界と実際が違っていたことを知ることができて、とても良かったです。ぜひ、一度見ていただきたいと思いました。

2018年10月 訪問
立教大学 経済学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ
#グローバル#文系活躍

「好きなことを仕事に」

本日は株式会社TBSテックス人事労政部の高塲様、南水様、青山様にお話を伺いました。TBSテックス様はTBSの子会社でテレビ番組の撮影や編集、音響など放送までの技術部門を専門的に担っています。専門的な知識が必要な仕事だと考えていましたが、実際には採用時に知識や経験は問わず、文系の学生も活躍されていると伺いイメージが変わりました。大切なのは目的意識をしっかり持てることや、コミュニケーション能力だとおっしゃっていました。

労働時間が長くなりやすい業界ですが、近年では働き方改革による労働時間の見直しが行われているそうです。テレビ業界でも注目されているそうで、先進的な企業様だと感じました。

今回のインタビューで一番印象に残ったことは「好きなことでお金を稼ぐことの素晴らしさ」です。インタビューの中で、好きだからこそ時間を忘れるほど没頭してしまう、もっとやりたいと思ってしまうというお話をお聞きし、こんなにも楽しんでお仕事をされている姿がとても魅力的でした。今までのご経験談をお話してくださった皆様の生き生きとした表情が本当に素敵で、私も情熱を注いで働ける仕事に出逢いたいと思いました。

2018年10月 訪問
東京学芸大学 初等教育教員養成課程 4年(女性)
気になるビジコミ#タグ
#女性活躍#成長できる

「好きな仕事だからこそやり遂げる気持ち」

本日はTBSテックス人事労政部の高塲様、南水様、青山様にお話を伺いました。今回のお話で一番印象に残ったことは「好きな仕事だからこそやり遂げる気持ち」です。働き方は部門ごとに分かれており、1つの番組を作るまで作業が続く編集部門もあれば、シフト制で残業がない放送技術部門もあります。テレビ業界は残業が多いというマイナスなイメージを持つ学生もいますが、近年の働き方改革もあり、勤務時間の見直しや交代制などの対応を取り入れるなどテレビ業界でも大きな改革として注目されています。働き方改革で勤務時間が見直される一方、社員の方からは「もっと働きたい、仕事をやり遂げたい」という声もあるそうです。側から見たら厳しい労働環境であっても、自分がやりたいことは納得するまでやりきる、そのような情熱を持ち働けることはとても幸せだと思いました。

採用に関しては専門や学部などは問いません。技術知識に関するテストなどは行わず、人柄重視だそうです。熱い気持ち、やる気が大切だとおっしゃっていました。このような採用のもと集まった社員の方々の関係は、先輩後輩といったようなお互いに理解があり協力し合える関係で、家族のように仲が良いそうです。今回のインタビューを受けて、今までのテレビ業界の働き方への見方が私自身大きく変わりました。このインタビューで知ったTBSテックス様の魅力を周りの人に発信していきたいと思います。

会社名 株式会社TBSテックス
事業内容 報道・スポーツニュースの取材/中継・スタジオ・ENGなどの制作技術関連業務等
URL https://www.tbs-tex.co.jp/
所在地 東京都港区赤坂2-5-4 赤坂室町ビル6F
資本金 1億5千万円
設立 2002年7月1日
従業員数 170名