太洋エンジニアリング株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

こちらの企業様は、電力関連事業・コンサルティング事業・資材価格調査事業の3つの事業を展開する総合建設コンサルタント会社です。 求める人物像としては、好奇心旺盛で様々なことに対して興味をもち、なぜこの工事を行うのか、この橋の裏側の構造はどうなっているのかなど、自分なりに考えることができる方を挙げていました。


マイナビ2022はこちら!説明会申込受付中です!

https://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp232737/outline.html

ビジコミ一覧


学センインターンNo.211011
神戸学院大学 現代社会学部 2年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年3月 インタビュー】

「社員同士のコミュニケーションを大切にする企業」

・企業様の魅力について
こちらの企業様は電力関連事業、コンサルティング事業、資材価格調査事業の3つの事業を行っています。
お話を伺って特に印象的だったことは、リモート上でも社員同士の仲の良い雰囲気が伝わってきたことです。年齢に関係なく和やかな雰囲気があり、毎年1回ほど社員旅行を行う、内定者も参加できるバーベキューやボーリング大会を開催するなど、とても魅力的だと感じました。オン・オフの切り替えがしっかりしているそうで、仕事をするときは集中し、時間外で社員同士でコミュニケーションを取ることで、信頼関係が深まっていくと感じました。
また、資格取得支援制度があるため、文系でも入社後に技術職の仕事ができるそうです。

・コロナの影響について
コロナ禍の影響はなく、むしろ事業が拡大した年だったと伺いました。東京オリンピックや大阪万博など、大きなイベントが開催されること、老朽化した建物の修繕があることから、今後も事業の拡大が予想されるそうです。
また、現場での仕事が多いため、業務の中でリモートワークを取り入れることは難しいとおっしゃっていました。しかし、官公庁や民間企業とのミーティングはWeb上で行っているそうです。オンライン面接では、就活生と密に連絡を取ることを大切にされています。リクルーターなども活用して、一人ひとりの人柄を知ることができるように工夫されているそうです。
こちらの企業様では、新卒採用を積極的に行っていくとおっしゃっていました。密に連絡を取り合い、しっかりと人柄を理解して採用してくださる企業様であることが分かり、大きな魅力を感じました。

学センインターンNo.200092
東洋大学 理工学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年3月 インタビュー】

「技術力のある企業」

・企業様の魅力について
太洋エンジニアリング株式会社様は総合建設コンサルタントとして設計や測量など、幅広い事業を全国に展開されています。
チームワークをとても大切にされており、高い技術力があります。文系・理系に限らず現場で活躍できる環境があり、一年目に充実した研修を受けながら、自分で考えて働くことができるそうです。
また、充実した福利厚生があることに加え、メリハリがはっきりしており、プライベートでも良い意味で上下関係がなく、和やかな職場だと伺いました。インタビューでは雰囲気の良さが伝わってきて、魅力的な企業様だと感じました。

・コロナの影響について
新型コロナウイルスによる影響はほとんど無いと伺いました。売上に関しては、右肩上がりで増加していると仰っていました。
また、こちらの企業様は実際に現場まで足を運ぶことが多く、リモートワークは現状ではあまり取り入れていないそうです。しかし、今後は積極的にリモートワークを取り入れていきたいと仰っていました。
新卒採用はオンラインでの実施となります。研修に関しては、対面とオンラインを使い分けて行われているそうです。

学センインターンNo.201222
大阪大学 基礎工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「風通しの良さから生まれる団結力」

本日は、太洋エンジニアリング株式会社様の電力事業本部の方にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、私たちの生活に必要不可欠である公共施設の開発と、設備を手掛ける総合建設コンサルタントです。

入社1年目の方のお話の中で、入社を決めた理由に企業様の社風が良かった点が挙げられました。実際に入社されてからも、そのギャップを感じず働けているそうです。また、社風の良さは、社員旅行などが充実していることからも伺えました。現在社内イベントは新型コロナウイルスの影響で開催できていませんが、アフターコロナではより一層一致団結した企業様になっていくと感じました。

売上や既存事業に対する新型コロナウイルスの影響はほとんどなく、非常に安定した経営基盤を持つ企業様だと思いました。企業様の電力関連事業は私たちの生活を支える重要な事業であり、多くの人々の生活が支えられていると感じました。

学センインターンNo.201040
福岡工業大学 工学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「ライフラインを支える企業」

本日インタビューさせて頂いたのは、太洋エンジニアリング株式会社の電力事業本部様です。
こちらの企業様は、社会インフラ開発・整備を行う総合建設コンサルタントです。道路や橋梁、河川、上下水道など、人々の暮らしに必要不可欠なインフラを手掛けています。

お話を伺って、企業様の風通しの良さを感じました。業務においては、電力を送るために欠かせない送電線や鉄塔周辺の測量をするために、山登りを何時間も行うことがあるそうです。体力が必要な仕事ですが、社員との繋がりが強く、一人ひとりが大きなやりがいを得ていることを感じました。

新型コロナウイルスの影響についても伺いました。アフターコロナの経営戦略として、コロナ禍以前の時のように、訪問先を広げて業務の幅を広げていくと仰っていました。
新型コロナウイルスで企業見学が難しい中でも、感染症対策を万全に行い対面でのインターンを開催をしています。また、採用において面接は対面とオンラインの両方をすることで社風の良さを伝えることができているそうです。これには、学生に企業様のことをしっかり伝えたいという思いがあるからこそだと感じました。事業自体は全く影響を受けておらず、私たちの生活に必要不可欠であるライフラインを支え続けています。
お話を伺って、こちらの企業様をぜひ見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.180160
大東文化大学 外国語学部 2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「今後伸びる事業を手掛ける、安定した企業」

本日は、太洋エンジニアリング株式会社様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、社会インフラ開発と整備を行う、総合建設コンサルタントで、3つの事業部のうちの資材価格調査事業について伺いました。官公庁からの依頼で、マンホールなどの資材価格の調査や、報告をしています。一年目から、官公庁の業務に携わる機会があるので、若手から成長できる環境があると感じました。

ご担当者様にキャリアを伺ったところ、一度転職していると仰っていました。転職することへの不安はあったそうですが、不安よりも得るものが沢山あり、以前のスキルを活かせる場面もあったので転職して良かったと感じたそうです。
こちらの企業様の事業の中ではもちろん、建設業界で大変需要がありこれから伸び続ける一方です。様々な案件を任せてもらえるので、若手が活躍できる環境が整っていると思いました。
また、分からないことをすぐ質問したり、意見を発信しやすい職場であると、お話を伺っていて思いました。研修制度も整っていると感じました。

お話の中では、理系よりも文系の方が合っているとも仰っていました。経験を積めば、2,000万の案件に携わることも将来的にあるそうで、やりがいにも繋がると思いました。
今後、伸びる事業を手掛けていることに加え、安定している、魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.200122
明治大学 政治経済学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「文理問わず公共事業に携わりたい方必見」

本日は、太洋エンジニアリング株式会社様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様の資材価格調査事業部では、官公庁からの依頼で、公共工事の建設計画や資材計画から、それぞれの工事に必要な部材・機材、それに関わるモノの価格を調査し、適正価格を官公庁の方に報告する仕事を行っています。

新卒1年目は、まず充実した3か月間の教育研修の下、座学等で資材の価格や、実際の現場で使われているものを勉強します。その後、先輩社員に同伴し、官公庁の方と会議や、簡単な調査を行い、少しずつ、その方に合った教育が行われるそうです。

貴重なお話を沢山伺えたのですが、中でも心に残っているのは、文系の方が活躍できるフィールドが整っていることです。例えば、官公庁の方に対してプレゼンテーションを行ったりするには「トーク力」が求められます。また、資材や土地の状態の暗記をするために「暗記力」が必要です。このように、文系の方が得意なことを発揮できるフィールドが、資材価格調査事業部にはあると感じ、非常に惹かれました。
公共事業に携わり、人々の暮らしに役立ちたい方は、必見の企業様です。

学センインターンNo.201067
大阪大学 外国語学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年12月 インタビュー】

「横にも縦にも強い会社」

本日は、太洋エンジニアリング株式会社様にお話を伺いました。
私が今回お話を伺って感じたのは、上司と部下の縦の繋がりと、同業他社との横の繋がり、どちらも強い企業様という印象です。縦の繋がりに関しては野球大会・忘年会・フットサル大会などで上司・同期や後輩と話などをする機会を積極的に設けているそうです。野球大会では特注のトロフィーを用意してくださったなど社長が社内イベントを推進している会社です。また仕事の面でもそれぞれの専門の話になると、部署を問わず丁寧に教えて下さる上司の方が多いそうです。

土木関係の人たちが集まって行うフットサル大会のチームの中には役員クラスの人が混じっていることもあり、同業他社の幅広い層の人達と横の繋がりが出来ることに驚きました。
是非社内雰囲気を見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.201108
大阪大学 基礎工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年12月 インタビュー】

「私たちの身近を支える」

今回は、太洋エンジニアリング株式会社のコンサルティング業務を担う、技術者2名の方にインタビューさせていただきました。こちらの企業様は総合建設コンサルタントで、その中でも今回は「測量」と「設計」の仕事について詳しくお話を伺いました。

まず測量に関しては地形や建物などを測定する仕事になります。基本的には、地上波レーザー測量・マルチビーム深浅測量・UAV(ドローン)測量を行っています。設計に関しては道路や橋、下水道など、私たちが日常的に使う様々なインフラを補修・工事していくための設計をしています。

これらの仕事は、人々が暮らす上で不可欠なものです。測量は技術が進んでおり、さらに国が力を入れているため日本で細かい作業までしています。顧客や地域の人々に対して喜んでもらえることが、やりがいだと感じました。
お二人との会話で一番印象に残った点は、楽しんで仕事をされている点です。自分の仕事に誇りを持っていると伝わってきました。
私たちの生活の身近なところを支える、非常に魅力的な企業様でした。

学センインターンNo.201225
関西大学 経済学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年11月 インタビュー】

「地図に残る仕事」

本日は、総合建設コンサルタントである、太洋エンジニアリング株式会社様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、北海道から九州まで全国17か所に拠点があり、電力関連事業・コンサルティング事業・資材価格調査事業の3つを展開されています。

本日は、総務部人事グループの方々に『人事が語る会社のリアル』というテーマで、3つの事業の内容から社内の雰囲気まで、様々なお話を伺いました。

3つの事業について説明していただいた際に、私が率直に感じたのは「私達の生活に欠かせない企業様」ということです。こちらの企業様では、道路や橋、携帯電話基地局といった私達が生活する上で必要な社会インフラの整備に携わることができます。また、社内行事も充実しており、社内の風通しも非常に良いため、年齢・役職・部署を問わず、綿密にコミュニケーションをとり、業務に携わることができると感じました。

求める人物像としては、好奇心旺盛で、何にでもチャレンジできる人材を挙げていました。こちらの企業様では、現在インターンシップも開催されています。社会インフラに携われる、「地図に残る仕事」です。お話を伺って、ぜひ見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.201224
畿央大学 教育学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年11月 インタビュー】

「やりがいがある、働きやすい企業」

本日は、総合建設コンサルタント会社の、太洋エンジニアリング株式会社様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、全国各地に営業所があり、電力関連事業・コンサルティング事業・資材価格調査事業の3つを展開しています。

本日は、総務部人事グループの3名の方にお話を伺いました。
お話を伺った中で、特にやりがいがあると感じたのが、コンサルティング事業です。こちらの事業では、人々の暮らしに欠かせない道路や、橋梁などの設計や調査を行っており、自分が設計した道路などが地図に残ることにやりがいを感じる人が多く、魅力に感じました。
社内の環境については、社員旅行の参加率が80%を超えていたり、フットサル大会やBBQなどの社内行事が盛んだったりと、良い人間関係を築きながら働けると思いました。

お話の最後には、学生に向けて、「自分の興味のある業界だけではなく、様々な業界の企業を見て、自分の将来を考えて下さい」とのお言葉をいただきました。
インタビューを通して、とても魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.180179
早稲田大学 社会科学部 2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「建設業界に大きく貢献する企業」

本日は、太洋エンジニアリング株式会社様にインタビューをさせていただきました。こちらの企業様は、電力関連事業・コンサルティング事業・資材価格調査事業の3つの事業を展開する総合建設コンサルタント会社です。本日は3つの事業の内、資材価格調査事業についてお話を伺いました。

資材価格調査事業とは、様々な資材の実勢価格を調査し、発注者(主に官公庁)に適正な価格を報告する事業です。こちらの仕事のやりがいは、調査対象業者(主にメーカー・商社など)と交渉できること、建設業界における社会資本整備の充実に役立つことができることです。仕事を通じて、コミュニケーション能力を高めることができることに加え、社会的意義を感じることができます。

求める人物像としては、好奇心旺盛で様々なことに対して興味をもち、なぜこの工事を行うのか、この橋の裏側の構造はどうなっているのかなど、自分なりに考えることができる方を挙げていました。

インターンシップも開催しており、資材価格調査事業の現場の体験や、ドローンに触れることができるプログラムもあるため、ぜひこちらの企業様を見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.201071
京都大学 経済学部1年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「誇りをもって働ける企業」

本日は総合建設コンサルタントの、太洋エンジニアリング株式会社様にインタビューをさせていただきました。 こちらの企業様は、全国各地に拠点があり、その事業は電力関連事業、コンサルティング事業、資材価格調査事業の3つに分かれています。

今回はその中で、資材価格調査事業の担当の方にお話を伺いました。この事業では、公共工事設計見積の基礎資料となる、土木および建設等の建設資材の実勢価格調査業務を実施されています。そして、こうした業務が円滑に行われているのは、教育制度や社内のコミュ二ケーションの徹底の証左だと感じました。また、従来は現場作業が多く、負担が大きいと思われていた建設業ですが、現在ではその様相も大きく変わってきていると分かりました。

こちらの企業様で働くことで、後世に残る建造物を造る作業の一翼を担うという、誇りをもって働けると思いました。

会社名太洋エンジニアリング株式会社
事業内容電力関連事業、コンサルティング事業、資材価格調査事業
URLhttps://www.taiyoengineering.co.jp/
所在地大阪市中央区瓦町2丁目3番10号 瓦町中央ビル4階
資本金2,400万円
設立1983年(昭和58年)3月2日
従業員数175名(2021年4月 現在)
https://www.taiyoengineering.co.jp/recruit/