株式会社すずのき× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

着物をより身近に感じてもらう機会を提供、地域密着型の店舗を持つ着物専門店。お客様のことを知ることを重視、日本の伝統文化を守りながらお客様へ夢や美しさを提供。お客様の喜ぶ姿を大切にしている姿が印象的。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180079
日本大学 文理学部 4年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年12月 訪問】

「思い出を彩るお手伝い」

すずのき様は、着物の販売をメインに、七五三や成人式だけではなく、すべての冠婚葬祭でお客様の思い出を彩るお手伝いをされています。着物をより身近に感じてもらう機会を頻繁に提供しており、振袖体験会や着物ファッションショーを開催するなど、着物の良さをアピールする活動を行っています。

お話の中で特に印象的だったことは接客方法です。まずは高額な買い物であるがゆえに手が出しにくい着物について知ってもらうことを心掛け、強引に売り込むのではなく、試着を通して着物の良さを知ってもらうことから始めるのだそうです。お客様のことを知ることを重視しており、時には2時間以上じっくりヒアリングをしてお客様に最適な提案をすることもあると伺いました。さらに、「母や祖母の着物を着たい」というお客様の要望にも進んで応えており、古くなった着物を帯や羽織にリメイクすることもあるそうです。また、着物の収納方法や着付けも行っているそうで、お客様の家に出張してフォローを行うなどお客様に親身に寄り添い、お客様の喜ぶ姿を大切にしている姿が印象的でした。

今後は、いまだに「敷居が高い」といった着物のイメージを変えていくため、若者からシニア層まで全世代を巻き込んで着物の魅力を伝え盛り上げていきたいとおっしゃっていました。今回のインタビューを通して、接客業のやりがいや喜びを改めて知ることができました。


学センインターンNo.180067
早稲田大学 教育学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年12月 訪問】

「年代に応じた働き方ができる」

本日は、株式会社すずのき様に訪問させていただきました。すずのき様は東日本を中心に地域密着型の店舗を持つ着物専門店で、ファー、レザーの専門店も展開されています。33店舗ほど出店する中、多くの店舗が郊外にあり、地域に根ざした専門店を目指す姿が印象的でした。

着物は布一枚で顔の印象が変わったり、一人ひとり似合う色柄が違うため、すずのき様では着物を販売する際に、商品を売るという感覚ではなく、お客様をコーディネートして夢を売るという感覚でお仕事をされているそうです。また、着物を購入いただくまでには複数回の試着を重ね、お客様と接する時間が長いため、会話や接客がとても重要になるとおっしゃっていました。接客では、働く側もそれぞれの年代に合わせた接客方法があり、20代から80代まで幅広い年齢層の方が店舗で活躍されているそうです。自分自身の年齢に応じた接客方法などの追及はとても楽しそうだと思いました。

さらに、お客様がモデルをされる着物のファッションショーや各店舗ごとで着物パーティーを行っています。販売だけでなく着物という日本文化を守り続けるための企画にも力を入れており、日本の伝統文化を守りながらお客様へ夢や美しさを提供できる、素敵な仕事だと感じました。

会社名 株式会社すずのき
事業内容 東日本中心に地域密着型の店舗展開を図るきもの専門店チェーン。 また、毛皮&レザーの専門店も展開中。
URL http://suzunoki-kimono.com/
所在地 151-0053 東京都渋谷区代々木1-30-7ヤマノ24ビル 2階
資本金 1,000万円
設立 昭和44年6月
従業員数 275名(男性110名、女性165名)

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!