住友建機販売株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

可能な限り値引きはしないという精神!主に油圧ショベルや道路舗装機械を販売、メンテナンスを行う企業。自社製品への自信がとても格好良い。社員同士が「さん付け」で呼び合い、良い意味で上下関係を意識させないようにしていたりと、「風通しの良い会社」となるような雰囲気作りがなされている。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180046
中央大学 理工学部 4年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年8月 訪問】

「規模の大きさとそのやりがい」

本日は、住友建機販売株式会社の秋葉様にお話を伺いました。 住友建機販売様では、主に油圧ショベルや道路舗装機械を販売、メンテナンスしています。取引先としては、建設業界をはじめ、リサイクルや林業など多岐に渡ります。

秋葉様のお話を伺う中で、私が特に驚いた点は一般的に使用されている20tのショベルカーは約1500万円するということです。そして、1回の営業で多いときは100台ほどのショベルカーを販売するそうです。規模の大きさに驚きましたが、これだけの仕事に携わるやりがいもまた大きいのだろうと思いました。また、ショベルカーの稼働期間は約20年だそうで、7~8年稼働したショベルカーは海外で中古品として販売されていることもわかりました。

さらに、お客様に提案をする際は、お客様のニーズに合わせて必要なショベルカーのタイプを検討していくそうです。ここにも通ずることとして、秋葉様は就職活動では様々な業界を見ておいた方が良いとおっしゃっていました。そうすることで、取引先との話が膨らんだり、色々な情報を提供できるといったメリットが生まれるそうです。様々な企業様を訪問し、就職後も活かせるような経験をさらに積んでいきたいと思いました。


学センインターンNo.180150
上智大学大学院 理工学研究科1年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年8月 訪問】

「自社製品への自信と社内の風通しの良さ」

本日は、管理部人事グループの秋葉様にお話を伺いました。住友建機様は、ショベルカーやアスファルトフィニッシャーなどの建設機械の開発・販売・整備を行っています。建設機械の販売というと、あまり身近に感じられないかもしれませんが、やってることは一般的な自動車のディーラーをイメージすると分かりやすいという説明もしてくださいました。

建設機械の中でも、特にショベルカーに特化しているそうです。ショベルカーは、アームの先端部分であるアタッチメントを交換することで掘削以外の様々な用途にも利用できたり、1台の平均価格は約1000万円もするなど、様々なことを教えていただきました。販売の取引時には、可能な限り値引きはしないという精神があるそうで、これは自社製品の価値を下げないためのこだわりであると伺い、自社製品への自信がとても格好良いと思いました。

社内は、社員同士が「さん付け」で呼び合い、良い意味で上下関係を意識させないようにしていたりと、「風通しの良い会社」となるような雰囲気作りがなされている点が魅力的でした。

今回の訪問で建設機械業界のこと、そして訪問してお話を伺わないと分からないような社風のことや秋葉様の仕事に対する思いなどを知ることができ、とても貴重な経験となりました。

会社名住友建機販売株式会社
事業内容建設機械の国内販売、修理、賃貸
URLhttps://www.sumitomokenki.co.jp/index.html
所在地東京都品川区大崎二丁目1番1号(ThinkPark Tower)
資本金40億円
設立平成13年2月20日
従業員数662名(2019年4月)
https://job.rikunabi.com/2020/company/r936010013/