医療法人社団 健整会 米倉脊椎・関節病院× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

病院の事務は医療事務と病院内の庶務的な仕事の大きく2種類あり、女性だけでなく男性も活躍。病院の経営に関する提案をすることもあり、病院経営を左右する重要な役割を担う。 病院の中で事務として働くことの楽しさを教えていただき、視野が広がった。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180020
立教大学 社会学部 4年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年10月 訪問】

「事務が経営を支える」

本日は、米倉脊椎・関節病院様のご担当者様にインタビューを行い、病院事務のお仕事についてのお話を伺いました。事務の仕事には、医療事務と庶務的な仕事の大きく2種類があります。ご担当者様は庶務的な仕事をされており、資格などは必要ないそうです。女性が多い医療事務とは異なり、時には電球の取り替えなど体を動かす仕事もしなければならないため、男性も必要とされています。今まで病院の事務と聞くと、女性が多い印象を持っていましたが、男性も活躍していると知り、病院事務の仕事のイメージが変わりました。

民間病院の場合、公立の病院や大学病院より安定した経営基盤が必要になります。院長は医療の専門家であり、中には経営には詳しくない方もいらっしゃいます。そこで、事務の仕事が重要になってくるのです。ご担当者様は、これまでに他の仕事で培った経験を活かし、病院の経営に関する提案をすることもあるそうです。経営に近い仕事をできることが、病院事務のやりがいであると仰っていました。

事務は病院の経営を左右する、重要な役割を担う仕事であると感じました。

 


学センインターンNo.180061
大東文化大学 経営学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年10月 訪問】

「縁の下の力持ち」

本日は米倉脊椎・関節病院で事務の仕事をされている、笠原様にインタビューさせていただきました。事務の仕事では女性が多いと思われがちですが、男性も活躍しているそうです。医療事務と病院内の庶務、総務の仕事があり、笠原様は特に資格は特に必要ないとおっしゃっていました。

また病院の経営については、医療に専念している方が多く、経営のノウハウは不足しがちなため、現場で働くスタッフの声も重視される傾向にあるそうです。笠原様は前職のお仕事での経験が活きてくるとのため、やりがいにつながっていると仰っていました。今までは病院での事務の仕事内容があまりイメージできませんでしたが、今回のインタビューを通して詳しく知ることが出来ました。

病院の中で、事務として働くことの楽しさを教えていただき、視野が広がりました。事務の仕事を希望の学生は、こういった病院での仕事もある事をぜひ知っていただきたいと思いました。

会社名 医療法人社団 健整会 米倉脊椎・関節病院
事業内容 整形外科、リハビリテーション科、内科、麻酔科
URL http://spine-joint-yhp.jp/
所在地 〒123-0873 東京都足立区扇3丁目13番14号
資本金 5000万円
設立 2012年2月
従業員数 101人 (2015年12月 現在)

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!