シモハナ物流株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

主に外食の食品物流を行っており、あの大手飲食チェーンのシェアは9割を超えるなど、多くの有名飲食店に食品を配達。WMS(倉庫管理システム)を用いて、取引相手に応じて納品をカスタマイズ。 なくてはならない食品物流業界を支える一員として大きく成長できる企業。

採用ナビサイトはこちら | リクナビ2021 | | マイナビ2021 |  

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180155
法政大学 法学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年5月 WEBインタビュー】

食品で生活を支える

シモハナ物流様に入社される方は、就職活動中に「物流業界をメインに人の生活を支えるような仕事をしたい」という思いを持っている方が多いです。

選考が進む中で実際に物流センターを見学することができるため、入社後のギャップは感じることなく、描いていた通りの働き方ができる企業様だと感じました。

今回新入社員の方にインタビューさせていただきましたが、 若いうちから自分の意思を持って取り組むことができる場であることがわかりました。

物流センターに訪問せずとも営業所の雰囲気を知ることができるのは、 全員が仕事に対しての意識を共有できているからだと感じます。

その中でも印象的だったのが自分好みのセンターを作れるというお話です。

センターごとに違う空気感があり所長の色が出るとのことでした。

新入社員の方でも、様々な役職を経て数年経った際に、ONとOFFのメリハリがあり、かつ利益もでている職場を作りたいという思いを持って働かれているそうです。

自分の思いを叶えるために、若いうちからチャレンジして働くことができる魅力的な企業様であるとも感じることができました。

人の生活を根幹から支えることができる非常にやりがいのある仕事を若いうちから経験ができる非常に魅力的な企業様です。

学センインターンNo.180101
立教大学 法学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年5月 WEBインタビュー】

働きやすい環境

2020年卒の新入社員の方3名にお話をお聞きさせていただきましたが、その中で印象的だったのは、 "女性でも働きやすい"という点と、お話を聞いてる中で感じた"楽しい雰囲気"です。

物流業界に対して"体力勝負・女性が働きにくい"というイメージがありましたが、機械化が進んでいて女性でも仕事がしやすかったり、パートの女性の方が多く相談しやすい環境がある等のお話をお聞きして今までもっていたイメージが変わりました。

また、そういった実際の現場のイメージを掴むために本選考の途中で物流センターへ見学する機会を設けているというお話を伺った時は、常に働く人のためを思って考えられている会社様だと、非常に好感を持つことができました。

今回はwebでのインタビューでしたが、社員さん同士の関係性の良さが非常に伝わってきたことが今回のインタビューでわかったことです。

採用人数は50名程と非常に大人数ですが、その一人一人を採用担当されてる方が分担して、入社後の様子も把握されているようで、社員一人一人を大切にされている企業様だと感じました。

このようなご時世だからこそ、皆さんもモノが回ること・物流の大切さを感じていると思います!

そんな社会の食のインフラを支えたいと思う方にはぜひオススメの企業様です。

学センインターンNo.200002
東京経済大学 経済学部 2年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年5月 WEBインタビュー】

非常事態でも安定した売り上げ

シモハナ物流様は、東日本では主に外食産業ですが、西日本ではコンビニやスーパーマーケットをお客様としております。

そのため、コロナウイルスの感染拡大防止措置として実施された緊急事態宣言を受けても、 外食の他にコンビニやスーパーマーケットの物流も担っているので、売上は安定しています。

今回のコロナによる自粛期間などで外食屋さんは基本的にお店を閉じていたり、お客様がいらっしゃらなかったりで、売り上げが落ちているカテゴリーもありますが、このように物流企業の中でも幅広い商品や取引先があることによって、このような予期せぬことが起きても安定して売り上げを上げることができます。

さらに人が生きていく上で食品は必需品なので、急に需要が減ったりすることもありません。

今回のコロナによる社会現象を受けて物流という業界への価値観が変わった方が多くいるのではないかと思います。

生活を支えてもらっているという感覚とその仕事のすごさを改めて理解できました。

非常事態にも安定して売り上げを上げることのできる、会社基盤があることは非常に魅力的だと感じることができました。

学センインターンNo.200003
学習院大学 文学部 2年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年3月 訪問】

「様々な人に幸せを届ける」

今回浦和営業所の事務職のご担当者様にお話を伺う中で気になったことは、外国籍の方が多く働いているという点でした。これは、日本語が話せない外国籍の方でも、機械化が進んでいるために、個人でもできる業務が多いからだそうです。

また、力仕事ではないので、障がいを持った方なども働けるとおっしゃっていました。沢山の企業様に訪問していますが、他の企業様以上に誰でも働ける環境づくりがされていると感じ、シモハナ物流様の強みを実感することができました。そしてもう一点がコミュニケーション能力を身に付けることができる点です。
事務職の方も積極的に周りの方との接点を持って業務に取り組めるため、私がイメージしていた事務職の業務よりもコミュニケーション力を向上させることができることも分かりました。入社後に自然とスキルが身につくというのは、周りの人の人柄や、環境が良いからこそだと感じました。
このように様々な方と、アットホームな環境の中で働きたい方に魅力的な企業様だと思いました。

学センインターンNo.180116
明治大学 文学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年3月 訪問】

「日本の食事を支える」

本日お話を伺った浦和営業所のご担当者様は日頃、主にデスクでシステムを利用した入出荷の業務をされています。デスクワークでも、顧客の外食店やこちらで働かれている方の国籍、年代を問わず様々な方がいらっしゃるので、多くの方とコミュニケーションを取るそうです。業務を通じて、自然とコミュニケーションスキルが身に付くというお話にとても魅力を感じました。

また、多くの外食店の食品を取り扱うので、覚えることが多そうだと感じましたが、システム化された環境があるため、効率的に作業を行うことができ、安心して働くことができるのだそうです。

私は、今回シモハナ物流様を知ってから、あらゆるところで名前を目にすることに気付きました。自分たちの生活に深く関わっていることを確認することができるため日本の食事、外食産業を支えているという実感ができ、大きなやりがいを感じられるのではないかと思いました。

学センインターンNo.180077
学習院大学 法学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年3月 訪問】

「陰から支えていく」

本日は浦和営業所にて事務職の女性のご担当者様の業務についてや、倉庫内を見学させて頂きましたが、前回のインタビューにもあったように想像以上にシステム化していることが驚きでした。
物流倉庫や業務は淡々とこなしていくとイメージしていましたが、様々な方と接点も持ち考えて行う業務だと気づくことができ、良い意味でシモハナ物流様の働き方ややりがいを見つけることができました。

ご担当者様は、学生時代に居酒屋でアルバイトをしていた時に「陰から居酒屋や多くの飲食店を支えたい」と思ったのがきっかけで、物流企業の事務職を志望したそうです。
私のアルバイト先のコーヒーショップにも、こちらの企業様から食品が配送されていたため、私生活支えることができる仕事だと再認識できました。私だけでなく学生の皆さんにもとても親しみを感じる企業様であると思います。
私たちの社会を支えたい方には是非見ていただきたいです。

【動画ビジコミ 2020年2月 訪問】

学センインターンNo.180237
東京理科大学 工学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「自分のカラーを!」

本日は神田様、恩慈様にお話を伺いました。売り上げや業績も年々増加しており今物流業界において最も勢いのある企業様だと感じました。

お話を伺ったお二人は、本日インタツアーを行った浦和第一営業所で実際に働いている方々です。お話をお聞きしてまず驚いたのが神田様は入社してわずか6年で営業所の所長を務めているということです。どういった方がキャリアアップするのかを伺ったところ「自分のカラーを出せる人」とおっしゃっていました。自分の特徴を生かして仕事をすることが出来るため、非常にやりがいをもって取り組めると思います。そのうえで、人をまとめる能力や、コミュニケーション能力が優れている人が向いていると感じました。自分の頑張りがしっかりと形になり、成長が出来る環境があると感じることが出来ました。

お話を伺った後に、倉庫内の様子を見学させていただきました。第一印象としては非常にきれいで、働きやすそうな環境だと感じました。倉庫内は機械化が進んでおり、男性だけでなく女性や高齢者の方も現場で働いており、今までのイメージを覆されました。また、実際の業務の内容をより具体化することができ、とても貴重な経験をさせていただきました。

学センインターンNo.180124
埼玉大学 経済学部3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「高まっていく物流需要の中で」

物流センターにおける従業員やアルバイトの管理、収支の把握など一軒地味だと感じる仕事内容ですが、物流業界を支える大切な業務を行っています。物流の需要は高まっており、人員不足などの問題がある中で、採用を増やすだけでなく、業務の一部を機械化して負担を減らし、効率を高めています。倉庫の中も見学させていただきましたが、機械化されているところが自分の予想以上にあり、少ない人数でも効率よく作業が行われている姿が見て取れました。また、作業が簡単になったことで力作業がなくなるので、女性や高齢者の方でも安心して働けると感じました。

 物流業界は労働集約産業であり、たくさんの人々が絡みます。その中で、自分が一つの会社の社長のように裁量権や責任感をもって働けるところが魅力だと思いました。また、働くうえで人をまとめることやコミュニケーション能力が大事になるそうです。年齢や性別、形態が異なる方々が働いていらっしゃることで自分が主体となってまとめていける環境があると感じることが出来ました。

学センインターンNo.180179
早稲田大学 社会科学部 2年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月 訪問】

「風通しが良い企業」

本日、採用担当、所長、新卒1年目の方にお話を伺いました。インタビューで倉庫内の機械化を進めているということを伺い、今回は特別にインタビュー後に倉庫内を見学させていただいたのですが、自分が思っていたよりも機械化が進んでいました。倉庫内の仕事は力仕事が多く、男性が多いのかと思っていましたが、機械化が進んでいるため、倉庫内での力仕事があまりなく、女性や高齢者の方も多く働いていました。今まで想像していた倉庫のイメージとは違い、非常に近代的だと感じたので、固定概念を持っている方も是非見学し、イメージを覆してほしいと思いました。

 社内の雰囲気としては、風通しがよく、キャリアに関係なく、会社にとっていい意見は取り入れてくれると仰っていました。また、社員は多くの従業員をまとめることが求められるため、従業員の性格などを把握して、その人に合ったアドバイスや言葉がけを意識していると仰っていました。成果をあげられている人の特徴としては自分の色を出せる人、コミュニケーション能力がある人であると仰っていました。自分の特徴を生かすことのできる社風に魅力を感じました。

採用ナビサイトはこちら | リクナビ2021 | | マイナビ2021 |  
学センインターンNo.180109
慶應義塾大学 経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

「“考える”物流会社」

「物流会社ってどうしても“こなす”業務が多そう…」失礼ながら私は物流会社に対するこういったイメージを抱いていました。しかし、本日シモハナ物流様にインタツアーとして内定者説明会の見学とインタビューをさせていただき、物流に対するイメージが変わりました。実際、会社説明会やインターンを通じてシモハナ物流様を知り、内定した方の多くが「思っていた物流会社と違う」という感想を抱くそうです。

内定者説明会を見学させていただいた感想として、社員の方と内定者の方の距離が近いと感じました。それだけ面接やインターンの段階から学生を大切にし、密にかかわっている企業であるということが伝わってきました。実際にインタビューの中でも社員を大切にしているということをおっしゃっていたので、入社後も馴染みやすく働きやすい環境であるだろうと思いました。

また、インタビューを通じて特に私が感じたことは“とことん考える”物流会社であるということです。
日本に数多く存在する物流会社の中で顧客に選ばれる企業になるためには独自の強みが必要→取り扱いが難しいため他社が敬遠しがちな外食業界の顧客の取り込み・都会に比べ運送効率の悪い地方にも物流センターを設け全国で同水準のサービスを提供できるようにする・顧客が決まる前に物流センターをつくり、実際に物流センターを目で見てもらったうえで契約をしてもらえるようにするなど、リスキーな投資をあえて行う。

これらはシモハナ物流様が行っていることのごく一部ですが、お話を伺っていて共通していると感じた点は「目先の利益にとらわれない経営」をしている点です。長期的な利益や成長を見据え、一見遠回りに見える投資をあえて行う、この“あえて”こそがシモハナ物流様の強みであり、これが実現できている理由は長期的な経営目標が会社全体に浸透しており個々の社員様が頭をフル回転させて働かれているからであると感じました。
とても魅力の詰まった企業様でした。気になった方はぜひHPや会社説明会を通じてシモハナ物流様の魅力を感じてみてください!!

学センインターンNo.180121
日本女子大学 人間社会学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

「食品物流のNo. 1を」

本日はシモハナ物流様にインタツアーさせていただきました。
こちらの企業様は食品物流を行っている企業様であり、「食品物流、NO.1」を目指し、大手ファストチェーン、回転寿司チェーンなどの商品を取り扱っています。

今回は入社前説明会に参加させていただき、実際に4月から働く方の配属の決定と意気込みの発表や、社員の方との交流という貴重な場面に立ち会わせていただきました。
学生と社会人との切り替えの大切さや事後に振り返りを行うことの重要性を内定者の方々と聞くことができました。内定者の皆さんも積極的に動くことのできる方が多いと感じ、「考える物流」という社風を感じることが出来た機会となりました。

働き方についてもエリア職とナショナル職を選択することが出来るなど、自身のライフスタイルに合わせた働き方ができます。
また、業務段階別の明確な評価基準制度により正当な評価がされ、頑張りが給料に反映されるシステムとなっています。「物流会社らしくない物流」とあるように物流のありかたを変えていくことに携わることが出来る点や、各々のよさを引き出しつつチームで仕事をこなす面白さなど、やりがいを感じながら仕事ができる環境であると感じました。

採用ナビサイトはこちら | リクナビ2021 | | マイナビ2021 |  

【動画ビジコミ 2019年12月 訪問】

学センインターンNo.180074
早稲田大学 政治経済学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

生活の根底を支える物流企業

本日はシモハナ物流株式会社様に訪問しました。こちらの企業様は食品物流を主に行っています。取引先の企業としては、大手コンビニエンスストアやファストフード店、ファミリーレストランなど多岐に渡るとのことで、私たちの生活に大変身近な企業様だと思いました。

インタビューを通じて、風通しの良さが大変魅力に感じました。「日々収支」といって、常に収支を企業側が管理し、その管理されている収支は社員の方ならだれでもアクセスできるとのことでした。収支を見て気になったことは、だれでも意見を言うことができるという仕組みが大変良いなと感じました。また、組織構造が「同心円の戦う組織」とのことで、1つのことに対し、年次関係なくだれもが協力して取り組んでいこうという社風だそうです。上意下達ではなく、若手の社員も上層部の方と一緒に業務できる雰囲気が大変魅力でした。

経営理念にもある「お客様第一主義」が社内から伝わってくる素敵な企業様でした。

学センインターンNo.180298
青山学院大学 社会情報学部 2年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

お客様第一主義で日本一を目指せる企業

本日はシモハナ物流株式会社様に訪問させていていただきました。こちらの企業様は食品物流を行っており、年々規模を拡大し続け、25期連続で売上を更新しているそうです.西日本を基盤に強固なネットワークを持っており、各地方で勢力を保持している面で他社との差別化ができていると感じました。また、企業の収支を随時確認できるように独自の収支管理システムを利用し、そのシステムは社員全員が共有できるという点には驚きました。

福利厚生もとても充実しており、毎年社員の方が働きやすいように制度を新しく作っていることや、海外研修旅行制度なども設けられていて、人材を大切にしているところに感銘を受けました。

特に印象に残ったことは、業務が入る前に物流センターを作ったり、新しいシステムをどんどん導入していることです。他の物流企業ではできないことにチャレンジする素晴らしい企業様だと思いました。

学センインターンNo.180258
中央大学 経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

働きやすい環境が整っている

本日はシモハナ物流株式会社様へ訪問させていただきました。こちらの企業様はBtoB企業として、大手外食チェーン店などの食品物流を行っています。

お話を伺った中で特に印象的な点が2点ありました。1点目は、福利厚生がとても充実していることです。ボランティア休暇制度やリフレッシュ休暇制度といった休暇制度が整っていることや、勤務場所を選択できることから社員が働きやすい環境になっていると感じました。2点目は、社員の要望に応えてくれることです。中型トラックのドライバーさんの、大型トラックを扱いたいという要望に対して、大型トラックを扱うことのできる近くの勤務地への異動を実現されたそうです。また、ドーム球場で野球やりたいという社員の声に応え、ドーム球場で野球大会を行ったというエピソードには驚きました。社員一人ひとりのことを考えた企業様であることが伝わってきて、誰もが一員として輝ける場だと感じました。

また、物流業界は勤務時間が長いというイメージを持っていたのですが、こちらの企業様は、他の業界の企業様と比べても働きやすい環境であると思いました。そのため、物流業界にも関わらず女性の方が多く働いており、男女比が6:4であることからも男女問わず活躍できる魅力的な企業様であることがわかります。物流業界に対するイメージが大きく変わる訪問となりました。

採用ナビサイトはこちら | リクナビ2021 | | マイナビ2021 |  
学センインターンNo.180131
早稲田大学 社会科学部3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

今までにない物流会社

本日はシモハナ物流株式会社の島原様と岡山様にお話を伺いました。シモハナ物流様は主に外食の食品物流を行っており、あの大手飲食チェーンのシェアは9割を超えるなど、多くの有名飲食店に食品を配達しています。しかし、私たちのイメージと違い、物流会社とは単に品物を届けるだけでなく、効率良く多くの会社に届けるためのシステムを開発することが一番難しいと仰っていました。実際に、WMS(倉庫管理システム)を用いて、取引相手に応じて納品をカスタマイズしているそうです。効率の良い物流が、消費者への安価な食品提供を可能にしていることがわかりました。

食品物流とは、景気に左右にくく絶対に無くなることのない業界だそうで、今後更なる発展が期待されています。需要が伸びているため、ここ数年で多くの新たな営業所を開設すると伺いました。また、全国にあるすべての営業所で毎日収支管理を行っているので、若手のうちから数字と向き合い、目標を掲げて成長できる点にとても惹かれました。さらに、年功序列ではなく仕事を任せてもらえる環境があり、女性社員の皆様も活躍できる機会が増えているそうです。

シモハナ物流様では自分の芯を持っている人、ひたむきで学ぶ意欲があり、自分の強みを誰にも負けないようにすることができる人を求めています。なくてはならない食品物流業界を支える一員として大きく成長できる企業様だと感じました。


学センインターンNo.180189
専修大学 文学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

コツコツと進んでいくがキーワード

本日はシモハナ物流株式会社様に訪問させていただきました。こちらの企業様は主に外食チェーンの物流を担っています。私は物流と聞くと、モノを運ぶというイメージが大きかったのですが、本日お話を伺い今までのイメージが変わりました。実際は、運ぶまでの過程で効率やお客様の多種多様なニーズに合わせた納品の仕方を考え、お客様へ与える価値と、どのようにしたら利益につながるかということを意識して仕事を進めていく必要があります。印象的だったことが、1ヶ月ごとに収支管理を行っている企業様が多い中、シモハナ物流様では収支管理とそれに対する分析を毎日行っているということです。これには社会情勢にあった目標を決めるために現状を把握する目的があるそうです。もっと大雑把なイメージも持っていた物流業界ですが、このような細やかな対応から様々なサービスの向上がされていることがわかり、とても興味深かったです。

日々のお仕事の振り返りをしていることで、成長を続けていらっしゃり、日々の積み重ねの大切さやその成果をダイレクトに感じることができる点に面白さを感じました。成長率の高さはシモハナ物流様の大きな強みだと思います。多くの魅力を知ることができたインタビューとなりました。

会社名 シモハナ物流株式会社
事業内容 一般貨物自動車運送事業
URL https://shimohana.com/
所在地

本社/広島県安芸郡坂町横浜中央1丁目6-30-4F

東京オフィス/東京都千代田区丸の内1丁目8-2 鉄鋼ビルディング 602

資本金 3,000万円
設立 昭和30年2月
従業員数 5,919名(平成31年4月 パート・アルバイト含む)
採用ナビサイトはこちら | リクナビ2021 | | マイナビ2021 |