シモハナ物流株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

主に外食の食品物流を行っており、あの大手飲食チェーンのシェアは9割を超えるなど、多くの有名飲食店に食品を配達。WMS(倉庫管理システム)を用いて、取引相手に応じて納品をカスタマイズ。 なくてはならない食品物流業界を支える一員として大きく成長できる企業。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180074
早稲田大学 政治経済学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

生活の根底を支える物流企業

本日はシモハナ物流株式会社様に訪問しました。こちらの企業様は食品物流を主に行っています。取引先の企業としては、大手コンビニエンスストアやファストフード店、ファミリーレストランなど多岐に渡るとのことで、私たちの生活に大変身近な企業様だと思いました。

インタビューを通じて、風通しの良さが大変魅力に感じました。「日々収支」といって、常に収支を企業側が管理し、その管理されている収支は社員の方ならだれでもアクセスできるとのことでした。収支を見て気になったことは、だれでも意見を言うことができるという仕組みが大変良いなと感じました。また、組織構造が「同心円の戦う組織」とのことで、1つのことに対し、年次関係なくだれもが協力して取り組んでいこうという社風だそうです。上意下達ではなく、若手の社員も上層部の方と一緒に業務できる雰囲気が大変魅力でした。

経営理念にもある「お客様第一主義」が社内から伝わってくる素敵な企業様でした。

学センインターンNo.180298
青山学院大学 社会情報学部 2年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

お客様第一主義で日本一を目指せる企業

本日はシモハナ物流株式会社様に訪問させていていただきました。こちらの企業様は食品物流を行っており、年々規模を拡大し続け、25期連続で売上を更新しているそうです.西日本を基盤に強固なネットワークを持っており、各地方で勢力を保持している面で他社との差別化ができていると感じました。また、企業の収支を随時確認できるように独自の収支管理システムを利用し、そのシステムは社員全員が共有できるという点には驚きました。

福利厚生もとても充実しており、毎年社員の方が働きやすいように制度を新しく作っていることや、海外研修旅行制度なども設けられていて、人材を大切にしているところに感銘を受けました。

特に印象に残ったことは、業務が入る前に物流センターを作ったり、新しいシステムをどんどん導入していることです。他の物流企業ではできないことにチャレンジする素晴らしい企業様だと思いました。

学センインターンNo.180258
中央大学 経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

働きやすい環境が整っている

本日はシモハナ物流株式会社様へ訪問させていただきました。こちらの企業様はBtoB企業として、大手外食チェーン店などの食品物流を行っています。

お話を伺った中で特に印象的な点が2点ありました。1点目は、福利厚生がとても充実していることです。ボランティア休暇制度やリフレッシュ休暇制度といった休暇制度が整っていることや、勤務場所を選択できることから社員が働きやすい環境になっていると感じました。2点目は、社員の要望に応えてくれることです。中型トラックのドライバーさんの、大型トラックを扱いたいという要望に対して、大型トラックを扱うことのできる近くの勤務地への異動を実現されたそうです。また、ドーム球場で野球やりたいという社員の声に応え、ドーム球場で野球大会を行ったというエピソードには驚きました。社員一人ひとりのことを考えた企業様であることが伝わってきて、誰もが一員として輝ける場だと感じました。

また、物流業界は勤務時間が長いというイメージを持っていたのですが、こちらの企業様は、他の業界の企業様と比べても働きやすい環境であると思いました。そのため、物流業界にも関わらず女性の方が多く働いており、男女比が6:4であることからも男女問わず活躍できる魅力的な企業様であることがわかります。物流業界に対するイメージが大きく変わる訪問となりました。

学センインターンNo.180131
早稲田大学 社会科学部3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

今までにない物流会社

本日はシモハナ物流株式会社の島原様と岡山様にお話を伺いました。シモハナ物流様は主に外食の食品物流を行っており、あの大手飲食チェーンのシェアは9割を超えるなど、多くの有名飲食店に食品を配達しています。しかし、私たちのイメージと違い、物流会社とは単に品物を届けるだけでなく、効率良く多くの会社に届けるためのシステムを開発することが一番難しいと仰っていました。実際に、WMS(倉庫管理システム)を用いて、取引相手に応じて納品をカスタマイズしているそうです。効率の良い物流が、消費者への安価な食品提供を可能にしていることがわかりました。

食品物流とは、景気に左右にくく絶対に無くなることのない業界だそうで、今後更なる発展が期待されています。需要が伸びているため、ここ数年で多くの新たな営業所を開設すると伺いました。また、全国にあるすべての営業所で毎日収支管理を行っているので、若手のうちから数字と向き合い、目標を掲げて成長できる点にとても惹かれました。さらに、年功序列ではなく仕事を任せてもらえる環境があり、女性社員の皆様も活躍できる機会が増えているそうです。

シモハナ物流様では自分の芯を持っている人、ひたむきで学ぶ意欲があり、自分の強みを誰にも負けないようにすることができる人を求めています。なくてはならない食品物流業界を支える一員として大きく成長できる企業様だと感じました。


学センインターンNo.180189
専修大学 文学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

コツコツと進んでいくがキーワード

本日はシモハナ物流株式会社様に訪問させていただきました。こちらの企業様は主に外食チェーンの物流を担っています。私は物流と聞くと、モノを運ぶというイメージが大きかったのですが、本日お話を伺い今までのイメージが変わりました。実際は、運ぶまでの過程で効率やお客様の多種多様なニーズに合わせた納品の仕方を考え、お客様へ与える価値と、どのようにしたら利益につながるかということを意識して仕事を進めていく必要があります。印象的だったことが、1ヶ月ごとに収支管理を行っている企業様が多い中、シモハナ物流様では収支管理とそれに対する分析を毎日行っているということです。これには社会情勢にあった目標を決めるために現状を把握する目的があるそうです。もっと大雑把なイメージも持っていた物流業界ですが、このような細やかな対応から様々なサービスの向上がされていることがわかり、とても興味深かったです。

日々のお仕事の振り返りをしていることで、成長を続けていらっしゃり、日々の積み重ねの大切さやその成果をダイレクトに感じることができる点に面白さを感じました。成長率の高さはシモハナ物流様の大きな強みだと思います。多くの魅力を知ることができたインタビューとなりました。

会社名 シモハナ物流株式会社
事業内容 一般貨物自動車運送事業
URL https://shimohana.com/
所在地

本社/広島県安芸郡坂町横浜中央1丁目6-30-4F

東京オフィス/東京都千代田区丸の内1丁目8-2 鉄鋼ビルディング 602

資本金 3,000万円
設立 昭和30年2月
従業員数 5,919名(平成31年4月 パート・アルバイト含む)

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!