日本私立学校振興・共済事業団× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

こちらは、私立学校の教育の充実及び向上や、経営の安定、教職員の福利厚生の充実を図るために、私立学校を支援する『助成業務』と、教職員のための『共済業務』を行っています。 インタビューを通して印象的だったことが、取り組みにおいて1つ、職場の環境において1つあります。 まず、取り組みにおいて印象的だった点は、「若手・女性研究者奨励金の募金と交付」です。 職場環境において印象的だった点は、「性別や年功問わず、働きやすい環境」です。 女性管理職の方も年々増えているそうで、キャリアを積んでいきたい女性にとって、適した環境であると感じました。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.201105
学習院大学 経済学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「私立学校及び学校教員を支える、縁の下の力持ち」

本日は、日本私立学校振興・共済事業団のご担当者様にお話を伺いました。こちらは、私立学校の教育の充実及び向上や、経営の安定、教職員の福利厚生の充実を図るために、私立学校を支援する『助成業務』と、教職員のための『共済業務』を行っています。

『助成業務』では、主に補助事業や貸付事業など、多岐にわたって事業を展開されています。『共済業務』では、福祉事業や年金等給付事業を行っています。インタビューを通して印象的だったことが、取り組みにおいて1つ、職場の環境において1つあります。まず、取り組みにおいて印象的だった点は、「若手・女性研究者奨励金の募金と交付」です。この奨励金は、多様で特色ある教育や、次世代の研究の担い手となる人財の育成を図ることを目的としています。様々な事情により、能力を発揮できていない若手・女性研究者の援助を行っているそうです。この奨励金のための、寄付金付き自動販売機の設置などを行うことで、日本の発展に貢献できると思い、魅力的な取り組みだと感じました。

次に、職場環境において印象的だった点は、「性別や年功問わず、働きやすい環境」です。組織全体の男女の割合では男性が多いものの、現在は積極的に女性の採用も行っているため、女性割合が増えてきているそうです。また、女性管理職の方も年々増えているそうで、キャリアを積んでいきたい女性にとって、適した環境であると感じました。そして、「意見を出しやすく、風通しの良い職場である」とご担当者様が仰っていたように、チームワークを重視した、働きやすい環境が整っていると思いました。

こちらでは、私立学校、私立学校の教員、そしてその教員の家族といった、たくさんの人々の生活を支えることができます。社会貢献度が非常に高く、魅力的だと感じました。


学センインターンNo.200209
大正大学 表現学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「教育を後方からサポートする」

本日は、日本私立学校振興・共済事業団様にインタビューさせていただきました。こちらは、私立学校教職員の福利厚生の管理や、施設等の整備に必要な資金の貸し付けなど、様々な事業で活躍されています。

教職員のように表立った仕事をするのではなく、縁の下の力持ちのように後方からサポートする、とても重要な役割を担っています。助成事業と共済事業に大きく分かれており、助成事業では学校法人の運営面のサポートなどをしており、共済事業では福祉など、教職員の福利厚生面のサポートをしています。 インタビューを通して、協調性・チームワークを非常に大切にしている印象を受けました。インタビューさせていただいたご担当者様の人柄からも、とても温和で風通しの良い職場を感じることができました。さらに、こちらでは女性管理職の割合を増やすことを目標に掲げており、女性が働きやすい労働環境の整備や、ワークライフバランスの充実に、より一層力を入れていきたいと仰っていました。

インタビューを通して、魅力に感じた点がたくさんあったのでぜひこちらを知っていただきたいと思いました。

会社名日本私立学校振興・共済事業団
事業内容助成業務、共済業務
URLhttps://www.shigaku.go.jp/
所在地〒102-8145 東京都千代田区富士見1-10-12
資本金1,086億7,786万3,000円
設立平成10年1月1日
従業員数本部350名(2019年4月現在)全国の宿泊施設・病院を含めると約1,300名
https://www.shigaku.go.jp/g_saiyojoho.htm