リングアンドリンク株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

大手メーカーの研究者や開発者が新たに作った機械の試作チェックをする精密機器を、ゼロから作っており、専門性が高く、未来の機械開発のためには欠かせない企業。専門的に行っており、スピード感が強み。


リングアンドリンク株式会社は『インタツアーによる学生緊急支援賛同企業』です

インタツアー日程2020年6月23日(火)、26日(金)
時間6月23日(火)11:00〜12:00、26日(金)14:00〜15:00
場所リモートでのWEBインタビュー。全国どこからでも参加可能です。
定員数3名
参加資格不問
就活支援金3,000円

ビジコミ一覧


学センインターンNo.201017
関西学院大学 経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 WEBインタビュー】

「オーダーメイドの製品開発」

本日は、リングアンドリンク株式会社のご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、試験機、測定機、加工機、組立機などの設計、加工、組立、検査を行う精密製品事業部と、不動産支援システムのソフト開発などを行うソフト事業部に分かれて事業を行っています。

こちらの企業様の一番の強みは、「ものづくり」の過程を生産から販売まで、全て一社で行うということです。その結果、お客様のニーズに応えるオーダーメイド製品の開発が可能となっています。大量生産とは異なり、精密な技術が求められるため、エンジニアの人材育成をとても大切にしていることも分かりました。

人材育成では、歳の近い社員がトレーナーとなることが多く、先輩社員は後輩の成長をその近くで見守りながら、様々なことを教え育てていくそうです。そして、トレーナーである先輩社員自身が「自分も負けていられない」と思うことが、このトレーニング方法の良いところであると、ご担当者様はおっしゃっていました。

常にお客様のニーズを最優先に考え、製品を開発するため、これからの社会に柔軟に対応できる企業様である思いました。

学センインターンNo.200109
早稲田大学 政治経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 WEBインタビュー】

「若手のうちから改善策を提案できる」

本日は、リングアンドリンク株式会社様にお話を伺いました。こちらの企業様は、主に精密製品の製作と不動産向けのソフトウェアの開発を行っています。設計から加工、組立、検査まで一貫して行っており、大量生産ではなく受注生産であるのが特徴です。また、精密機械の製作に関して、エンジニアの知識と経験にこだわりを持っていることが伝わってきました。そのため、エンジニアには高い技術、豊富な知識量が求められます。

こちらの企業様は、お客様のニーズに応える形で事業の幅を広げ、さらなる発展を目指すことに重点を置いています。こちらの企業様が社員に求めるものは、課題解決能力だそうで、本日、お話を伺ったご担当者様も「解決策を積極的に提案してほしい」とおっしゃっていました。

社内の雰囲気は、事業部間の垣根がなく、風通しが良いそうです。また、先輩社員が後輩を育てるなど、活発にコミュニケーションを取り合う職場でもあるとおっしゃっていました。

精密製品の製造メーカーというと理系のイメージが強いですが、充実した人材育成制度があるそうですので、理系の方だけでなく、文系の方も活躍できると感じました。

学センインターンNo.180189
専修大学 文学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 WEBインタビュー】

「お客様に喜んでいただけるものづくり」

本日は、リンクアンドリンク株式会社様にインタビューさせていただきました。こちらの企業様は、試験機などの精密機器をつくる精密製品事業部、ソフトウェアをつくるソフト事業部の2つの事業を行っています。

ソフトウェア事業部では、不動産支援ソフトを開発・提供しています。精密製品事業部では、当初、生産のみを行っていたそうですが、お客様のニーズに合わせて、設計や受注を行うようになり、現在ではワンストップで、受注から生産まで全て行っているそうです。このように全てをワンストップで行うことで、お客様により信頼していただける「ものづくり」ができるそうです。

社内の雰囲気は、若手がやりたいことができるような、意見や考えを発信しやすい環境だそうです。決められた仕事だけではなく、自分で考えて行動することが「善」とされる環境であり、非常に風通しが良い企業様だと感じました。だからこそお客様に喜んでいただけるものづくりができるのだと思いました。

学センインターンNo.201033
同志社大学 社会学部 2年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 WEBインタビュー】

「不可能がない会社」

本日は、リングアンドリンク株式会社様にお話を伺いました。こちらの企業様は、精密製品事業部とソフト事業部というように、機械とソフトウェアという他のメーカーにはない組み合わせの事業を行っています。今日、多くの企業では大量生産が行われています。それに対して、こちらの企業様は、受注生産を行っています。そのため、たくさんの機密保持契約をされているそうです。依頼されたものは、どんなに難しいものであっても、まずは断ることなく、全て挑戦してみるとおっしゃっていました。困難であるかもしれないことを初めから諦めるのではなく、やってみるという姿が多くの企業から信頼され、受注を任されている秘訣なのではないでしょうか。 

機械やソフトウェアを取り扱うことから、やはり理系や機械に詳しい方が活躍できるのではないかと思いがちです。しかし、こちらの企業様では、文系・理系、男女問うことなく、たくさんの人が活躍しています。例えば、傾聴力がある方は、精密機械を扱えなくても受注生産を行う際に、お客様のニーズを正確にとらえることで活躍できるそうです。

人の可能性を最大限に引き出す、アットホームな素敵な企業様だと思いました。

学センインターンNo.200117
大東文化大学 経営学部3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 WEBインタビュー】

「チャレンジ精神が生み出す成長」

本日は、リングアンドリンク株式会社様にお話を伺いました。こちらの企業様は、精密製品事業部とソフトウェア事業部の二つの軸で事業を展開しています。基本的に、他社では製造業は得意分野を1つに絞るのに対して、こちらでは2つの事業を行うため、そこが強みであると言えます。

基本的に受注生産で行っており、難解な注文でも出来ない、とは言わず、必ず挑戦すると仰っており、このチャレンジ精神も大きな強みであると思いました。また、受注生産で行うため、よりお客様のニーズを正しく汲み取る力が必要となるそうで、そこが採用のポイントであると思いました。ホームページを初めて見たときは、理系の印象が強かったのですが、お話を伺って、文系でも理系でも問わず採用を行っていることがわかり、視野が広がりました。最初のスタートラインは関係なく、文系の人もコミュニケーション力を活かして十分に活躍できます。むしろ伸びしろがあるそうです。

お話を伺った3名の御担当者様の和気あいあいとした雰囲気もとても印象的で、社員一人ひとりの成長を皆で支える雰囲気が伝わってきました。

学センインターンNo.201044
近畿大学 経営学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 WEBインタビュー】

「文理問わず活躍できる」

本日は、リングアンドリンク株式会社様にお話を伺いました。こちらの企業様は、大量生産ではなく、単品で受注を行い、価値のある製品を作っています。受注の際は、クライアントの要望に応じて、様々な製品を制作しており、技術力が高く、リスクを恐れずに新しいことに挑戦し続けているそうです。

本日お話を伺って、文系でも活躍できるということがわかりました。文系採用の方が多く、文系でもものづくりに携わることが出来ることは、とても魅力的だと感じました。ものづくりに必要なのは、クライアントの要望に応えることであり、アンテナの高い人、傾聴力のある人、一緒に働きたいと思える人を採用しているそうです。

また、本日ご担当いただいた皆様は、説明会でリングアンドリンク様に他社とは違う魅力を感じて、入社することを決めたそうです。就職活動の時、「面接で素を出せたのは、この会社だけだった」という一言がとても印象的でした。お話では、私達学生にも、熱意をもって向き合ってくださり、人を大切にしているという社風がとても伝わりました。

学センインターンNo.180101
立教大学 法学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 訪問】

「新しい作品を裏で支えるものづくりの想い」

リングアンドリンク様は多数の企業様の試作品をチェックする精密機器と、お客様のホームページなどのアプリケーション開発の2つを軸として、精密機器事業部とソフトウェア事業部、そして管理部の3つに分かれています。どちらの事業部でも一連した製造工程を全て行なっているため、高い専門性とモノづくりへの探究心が求められます。また、小回りの効く運営方針をとることで、他の大手企業とは異なった新しいモノづくりへの取り組み・製造のスピード感が生まれる点に魅力を感じました。

お話を伺った管理部の小野様からは、精密機器もソフトウェアもお客様に使われることによって価値を生み出す二次的なものであると伺いました。だからこそお客様のニーズに応えた質の高い商品提供を心がけることにつながり、現在のようなご活躍があるのだとわかりました。   専門性の高さは求められますが、理系でなくてもエンジニアとしての採用募集をしており、その際にはやはりモノづくりへの熱い想いが重要だと感じました。ソフトウェア事業部では女性の比率が半分と、同じくお話を伺った管理部の鈴木様から女性も働きやすい環境についても知ることができました。   学生に向けて、周りに流されない自分のキャリア形成に対する応援メッセージをいただき、温かい社風が伝わりました。モノづくりに興味のある方、お客様のニーズに伴うオーダーメイドの商品製造を支えたい方にはぜひおススメです。


学センインターンNo.180056
立教大学 社会学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 訪問】

「未来の開発には必要不可欠」

リングアンドリンク様は、大手メーカーの研究者や開発者が新たに作った機械の試作チェックをする精密機器を、ゼロから作っていらっしゃいます。基本的に、大量生産ではなくオーダーメイドで対応しており、1か月で30~40案件ほど扱っているそうです。とても専門性の高い事業内容ですが、未来の機械開発のためには欠かせない企業様です。メーカー内ですべて行っている企業様も多いとのことですが、こちらの企業様に委託することで、専門的に行っている分、スピード感が強みであると仰っていました。

お話を伺った管理部の小野様と鈴木様は、採用活動にも力を入れていらっしゃるそうで、工場見学をメインで行っていると伺いました。それによって、社内の雰囲気がわかりやすくなり、より魅力を感じてもらうことができます。実際に鈴木様も働いている方の雰囲気を知って入社を決めたそうです。 専門性が高いとはいえ、学部問わずモノづくりに興味がある人は活躍できるとのことで、従業員様が少ないからこそその分一人一人の成長も速いのではないかと思いました。未来の開発を支える一員として活躍できる企業様です。

会社名リングアンドリンク株式会社
事業内容試験機、測定機などの試作検討に関わる装置や、実際の工場で使われる加工機や組立機企画、設計、製造、電気・ソフト開発
URLhttps://ring-and-link.co.jp/
所在地〒359-0027 埼玉県所沢市松郷151-51
資本金86,882,180円
設立昭和61年11月
従業員数70名(2017.7月期)
https://ring-and-link.co.jp/recruit