ポーライト株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

こちらの企業様は、自動車や家電、スマートフォンなどに部品の製造を行っています。 設計から製造までの一連の流れに携わることができるため、非常に大きなやりがいを感じることができるそうです。 新技術に欠かせない部品を、非常に高い精度で生み出すという、時代の最先端と共に在る、魅力的な企業様だと思いました。


オンライン説明会予約受付中!

【4月度】4/8(木)、4/14(水)、4/15(木)、4/19(月)、4/29(木)
【5月度】5/10(月)、5/18(火)、5/25(火)
※全日程13:30~16:00

エントリーはこちらからhttps://job.mynavi.jp/22/pc/search/corp6042/outline.html

ビジコミ一覧


【動画ビジコミ 2021年2月 訪問】

学センインターンNo.200120
青山学院大学 理工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「ものづくりの楽しさを体感できるインターンシップ」

本日は、粉末冶金で軸受などの金属部品を製造している、ポーライト株式会社様のインターンシップに参加させていただきました。
企業様については「製造業に一貫して携われる」「海外で働ける」の2点が特徴的だと感じました。開発の一連の流れに携わることで幅広い知識が身につくだけでなく、海外で働くという新たなチャレンジもできるので、沢山のことを経験して密度の濃い社会人生活を送りたい方にとって、魅力的な環境だと感じました。

インターンシップに関しては、大きく分けて会社説明会と、座談会に参加させていただきました。会社説明会は、スライドを活用した説明と、実際の製造現場の映像を組み合わせて行っていただき、製造業の面白さがとても伝わってきました。座談会では、入社10年目の社員の方に様々な質問をさせていただきました。一人ずつ順番で質問をする形式だったので、聞くことへのためらいをせずに質問することができました。職場に対する理解と、気になっている点の解消ができる、魅力的なインターンシップでした。
インターンシップを通して、こちらの企業様をぜひ見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.200173
日本大学 文理学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「グローバルに展開している企業」

本日は、ポーライト株式会社様の会社説明会と座談会に参加させていただきました。
こちらの企業様は自動車や家電、携帯電話などに使われる金属部品のメーカーです。世界8か国に進出しており、売上も国内約100億、グループで約500億とグローバルな企業様です。

また、70年近く続いてきたという実績と信頼、粉末冶金法という金属部品の製法に特化して60年の歴史があります。独自のノウハウをもち、製品の設計から製造まですべて自社で行える点が強みとなっています。

座談会では、企業様で約10年間働いているエンジニアの方にインタビューをさせていただきました。中でも印象的だったことは2つあります。それは、数多くの部品を作って様々な優良企業と取引をしているため安定していること、従業員の意見や要望をしっかり聞いてくださることです。インタビューをさせていただいた方は海外でも働きたいと思い入社し、4年後に海外勤務が経験できたそうです。
インタビューを通して、企業様の雰囲気や事業における細部までのこだわりを感じることができました。自動車や家電に興味がある方、グローバルな企業で働きたいと思っている方は是非、インターンシップに参加してほしいと思いました。

学センインターンNo.200270
横浜国立大学 経済学部 4年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「臨場感あふれるオンラインインターンシップ」

本日は、ポーライト株式会社様のインターンシップに参加させていただきました。
こちらの企業様は、粉末冶金法という製造方法で金属加工品の設計、製造を行い、主に自動車メーカーへの部品を供給しています。
特筆すべき点は、年間60億個以上の製品を供給しており、生産総量は世界トップクラスという点です。また、海外に工場を展開するなど、グローバルな生産ネットワークを築いています。そのため、こちらの企業様の強みとしては、安定性が挙げられます。これは、生産技術の独自性から参入障壁が高い点と、独立系メーカーのため、1社に依存しない点によるものです。

今回のインターンシップで最も印象的だった点は、企業説明のVTRです。実際に製品が作られるまでの過程を動画で紹介していただいたのですが、工場見学を彷彿とさせる臨場感を味わい、楽しみながら事業に対する理解を深めることができました。また、勤続11年目の技術職の方に新卒社員に求めていることを質問すると、「挨拶」を挙げていました。私は専門知識の深さや、大学の学問との関連性などを想像していたため、非常にシンプルな回答で驚きました。

専門性だけでなく、人間性、チームワークを重視している企業様という印象を受けました。文理問わず、是非インターンシップに参加してほしいと思いました。

学センインターンNo.201222
大阪大学 基礎工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「私たちの生活の縁の下の力持ち」

本日は、ポーライト株式会社様のインターンシップに参加させていただきました。
こちらの企業様は、自動車や家電、スマートフォンなどに必要不可欠な部品の製造を行っています。国内だけにとどまらず、海外にも生産拠点を構え、幅広く事業を展開することで、粉末冶金のグローバルリーディングカンパニーとして活躍されています。

座談会において、図面だけではわからない問題点を探すことが最も苦心する瞬間であるものの、それと同時に大きなやりがいを感じる瞬間でもあるというお話が印象的でした。緻密な作業を根気よく行うことが、大きな成果を出すために必要不可欠なのだと改めて感じました。
また、設計を行う部署の先輩社員にお話しを伺ったところ、一緒に働くとしたら「自分で考え、解決する能力がある方」と仰っていました。
私たちの生活を縁の下で支える部品は、こうした自主的に動ける社員の方の日々の努力の成果であり、魅力的な仕事だと思いました。

事業内容だけ聞くと難しいと感じる学生が多いかもしれませんが、今回参加したインターンシップでは、非常に詳しくご説明いただき、仕事内容もイメージがしやすかったです。
私たちの生活を支える業務に携わりたい方はちろん、仕事のイメージが湧きづらいという方も企業様のインターンシップに参加することで自身の視野が広がると思いました。

学センインターンNo.201112
鳥取大学 工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「国内唯一の技術を扱う企業」

本日は、ポーライト株式会社様のインターンシップに参加させていただきました。
こちらの企業様は、冷蔵庫やゲーム機といった幅広い製品に内蔵されているモーターの軸受を、粉末状の金属を加工して製造するというとても特殊な技術を用いています。

今回のインターンシップで最も印象的だったのは、スライドの説明がわかりやすかったことです。当たり前のことと思うかも知れませんが、部品製造に関する専門知識のない私でも、この技術がいかに革新的であるかが理解できる内容になっていました。企業様の技術は 金属部品なのに潤滑油が部品の中に入っていて、運転時に油が楔状に染み出し、軸との摩擦を軽減する特殊技術でした。その場面のイラストやアニメーションなどが用意されており、知識がなくても技術の凄さが伝わってきました。

文面では伝わり切らないと思うので、是非こちらの企業様のインターンシップに参加していただきたいと思いました。先輩社員の方との座談会もあり、企業様の事業内容から社内の雰囲気まで様々なことが知ることができた、充実した時間となりました。

学センインターンNo.201087
立命館大学 国際関係学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「職種をまたいだ交流が盛んで働きやすい環境」

本日は、車を中心とした身の周りに存在する多くのものに使用されている、「軸受」と呼ばれる部品を生産されている、ポーライト株式会社様の1dayインターンシップに参加させていただきました。技術職向けのイベントでしたが、文系学部所属という観点から社内の雰囲気や技術職の方から見た営業職に対する期待などを伺いました。

約3時間半のインターンシップの前半2時間のみ参加させていただきました。内容としては、約1時間はこちらの企業様の技術の説明動画と社員の方からの詳しい解説、残り1時間は座談会という形式で行われました。また、社員の方が3名、私たちを含めて学生が7名という比較的小規模で開催して頂けたので、先輩社員との話が詳しく聞けました。

座談会では、社内の雰囲気や技術職の視点から営業職へ求めることなどを伺いました。今回担当していただいた総務部の方は、技術職の方ともプライベートでの交流があり、職種関係なく関われる、意見を発信しやすい職場であることを感じました。

技術職の方に営業職に必要なスキルはと?質問したら、技術者はお客様のニーズを仕様や設計に落し込んで製品化するので、営業職はお客様のニーズをしっかりと汲み取りそれを技術者にきちんと伝えるコミュニケーション力が必要だと 仰っていたのが印象的でした。
経済産業省のグローバルニッチトップ企業100選に選出されるなど、日本を代表するグローバルな企業様です。新卒採用は技術職がメインですが、文系職も一部採用を行っているそうなので、グローバルに働きたい文系の方にとっても魅力的な企業様です。

学センインターンNo.201049
関西大学 法学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「日本発の部品で世界を支える」

本日は、ポーライト株式会社のご担当者様にお話を伺いました。 こちらの企業様は、ベアリングや歯車などを製造している金属部品メーカー様です。従来とは異なる粉末冶金を用いた製造によって、より良い部品を提供しています。そして、その部品は自動車や家電に使用されるなど、私たちの日々の暮らしを支えています。 お話の中で驚いたことは、金属に油をしみこませることで半永久的に部品が利用できるようになることです。泥団子に水をしみこませるイメージで説明してくださったことが、非常に分かりやすかったです。同時に、このような技術を体得されるまでにはたゆまない努力があったのだと感じました。

今年のインターンシップは、Webと対面の両方で実施しているそうです。内容としては、グループワークや座談会に加え、リモートで工場見学を行うなどの企画も考えていらっしゃるようです。 他の企業様では一つの工程を任されますが、こちらでは一から十まですべての工程を担当させてもらえます。その分やりがいや達成感は大きいと感じました。ものづくりが好きな学生や、世界中の有名な製品の一端を担ってみたい学生に一度見ていただきたいです。


学センインターンNo.200253
慶應義塾大学 環境情報学部 1年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「日常に不可欠なものを世界に届ける」

本日は、ポーライト株式会社様にお話を伺いました。こちらの企業様は、自動車や家電、スマートフォンなどに不可欠な部品の製造を行っています。国内だけでなく、海外にも生産拠点を構え、幅広く事業を展開しています。

エンジニアの方は、設計から製造までの一連の流れに携わることができるため、非常に大きなやりがいを感じることができるそうです。営業部門では、営業に関するノウハウだけでなく、技術に関する知識もしっかり身につける必要があるため、二年間の研修期間があります。さらに、海外研修も充実しているそうで、社員教育を大切にされていることが感じられました。

需要の変化にも対応するため、燃料電池といった新たな分野にも進出しており、安定している企業様だと思いました。 新技術に欠かせない部品を、非常に高い精度で生み出すという、時代の最先端と共に在る、魅力的な企業様だと思いました。

会社名ポーライト株式会社
事業内容粉末冶金法による軸受・機械部品の製造及び販売(金属加工品)
URLhttps://www.porite.co.jp/
所在地〒331-0823 埼玉県さいたま市北区日進町2-121
資本金9千万円(グループ会社 約144億円)
設立1952年11月24日
従業員数500名(グループ約4,400名)