大川水産株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

小売業で「塩干物」を取り扱い、商品の企画や、駅ビルなどでの販売を行っている。 「塩干物」を専門とする企業は非常に少なく、業界シェア1位を誇っている。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180264
明治大学 文学部 2年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年3月 訪問】

「お客様目線で美味しさを提供」

本日は、大川水産株式会社総務・人事の長尾様にお話を伺いました。こちらの企業様は、小売業で「塩干物」を取り扱い、商品の企画や、駅ビルなどでの販売を行っています。「塩干物」を専門とする企業は非常に少なく、業界シェア1位を誇っているそうです。販売店舗ごとにショーケースを変え、見せ方への工夫を凝らし、土地柄に合わせた売り場作りにも力を入れています。

入社すると、まず販売業務から始めます。なぜなら、販売によって獲得出来る成果があるからだそうです。その成果の1つは経験をつめること、もう1つはお客様の声や意見を直接聞き、吸い上げが可能になることです。家に帰って食べた時に美味しいと思っていただける事がゴールであるため、お客様目線に立ち、顧客のニーズに合わせた美味しさを提供しているのだそうです。

お客様の声を聞くためにも、求めている人材は、コミュニケーションをとれる方や、明るい方だそうです。お店の雰囲気づくりにも関係する上、リピーターの獲得にも欠かせないポイントとなります。 相手と話をするのが好きな方、水産系の食品に興味のある方にとって、魅力的な企業様だと思いました。


学センインターンNo.180196
東京外国語大学 言語文化学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年3月 訪問】

「食文化への貢献」

近年、健康意識の高まりから食への関心は強い方は多く、メディアでは海外の目新しい食材がスーパーフードという謳い文句で取り上げられています。一方で日本固有の食文化はその高い栄養機能にも関わらず話題に上がりづらいのが現状です。  そんな中、日本の伝統食である干物の良さを最大限に活かした商品を提供しているのが、干物を中心とした製造販売会社である大川水産株式会社様です。

大川水産様では、朝取れた魚から干物を製造されていて、ただの保存食というレベルを超えた商品の提供を実現しています。  また、単純な干物の製造販売に留まらず、お惣菜やお弁当などの商品展開によって、より生活に取り入れやすい、広く愛される日本食の提供を試行錯誤していらっしゃいます。

日本の伝統食を高いレベルで作り、多くの人に愛される干物を作るという仕事は、日本の食文化の為に不可欠なものだと感じ、感銘を受けました。商品を企画してみたいアイディアマンや、日本の食文化を良くしたいという情熱を持った方におすすめな企業様です。

会社名大川水産株式会社
事業内容水産物製造小売  (直販店 インターネット販売)
URLhttps://ohkawasuisan.jp/
所在地千葉県浦安市千鳥15-38
資本金2500万円
設立2015/10/05
従業員数302人 (2017 年度)
https://ohkawasuisan.jp/?tid=8&mode=f14