日本管財株式会社 × ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

★2020年卒対象 個別会社説明&一次選考★実施決定!

開催地:東京、関西

詳細、申込方法はリクナビ2020をご確認ください。

春にスケジュールが合わなかった方、留学から帰国された方、進路変更を決意された方、お待ちしております!

2021年卒対象1Dayインターンシップイベントも開催予定です!リクナビ2021をチェック!!

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセテンスを表示します。

ビルや公共施設などの不動産の清掃、設備維持、警備などの管理や、メンテナンスなどによって不動産の価値を更に高める提案をするプロパティマネジメントを行う。独立系という強みを活かし、より中立的な立場で、お客様が真に求める提案をしながら、「当たり前の生活を守る」仕事ができる。海外では現地企業への投資という形で、分譲マンションの管理を行う。オーストラリアではダントツ1位の規模で展開している。
お話をお伺いし、働く上でのサポート環境がとても整っていると感じた。入社後も安心して働き、成長していくことが出来る、非常に魅力的な企業。

採用ナビサイトはこちら | リクナビ |  

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180020
立教大学 社会学部 4年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

かかった時間分の喜び

マーケティング推進部の大原様にお話を伺いました。

こちらの部署では、まだ取引がない顧客の開拓をしています。すでに建てられた不動産を管理する契約は、すぐに受注に繋がるわけではありません。銀行と連携して情報共有を行いながら、1年以上の長い時間をかけて新しいニーズを掘り起こしていきます。銀行の方をはじめ、人との信頼関係を築く会話力、お客様の専門的な話にもついていけるだけの知識、これら2つを磨いていく必要があると感じました。そして、ここまで努力し、長い年月をかけて新規開拓に繋がった際には、大きなやりがいを感じることが出来そうだと思いました。

また、マーケティング推進部は、部署内の人数が少なく、個人の仕事の裁量が大きいそうです。若手社員は現場での実践を通じて力を付けていくそうで、若いうちから速いスピードで成長することができるのではないかと思いました。

本日も笑いがあふれるインタビューであったことからも、自由さとアットホームさのあふれる、とても魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.180046
中央大学 理工学部 4年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

幅広い知識はその先に

本日は、日本管財様のマーケティング推進部 大原様にお話を伺いました。

マーケティング推進部とは、既に不動産を所有している民間もしくは公共のお客様に対して、新しい営業ルートの開拓をされています。
大原様は民間のお客様を対象に営業をされており、お客様の様々な情報を聞き出し、ニーズに応えるべく、日々努力をされているそうです。民間に対する営業は、長時間かけてお客様の対応をされていくそうで、大変なこともあるそうですが、一方でそれはやりがいにも繋がっているとおっしゃっており、幅広い提案ができる点と併せて、魅力的だと思いました。

また、大原様が仕事に必要なことは「会話力」とおっしゃっていた点がとても印象的でした。最初は上司の後ろについて営業を行いますが、いずれは1人でその役割を担わなければならない為、自身の業種である不動産、さらに金融、建設分野と満遍なく知識を広げつつ、実践していくことが大事であり、お客様とどうやって信頼関係を築くかが鍵となってくるそうです。本日のインタビュー中も大原様は終始笑顔で、とても楽しそうにお話をしてくださいました。私も大原様のように、活き活きと取り組める仕事を探していきたいと思いました。

学センインターンNo.180067
早稲田大学 教育学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

繋がりを大切に

本日は、日本管財様のマーケティング推進部に所属されている大原様にお話を伺って参りました。

日本管財様は、不動産業界の中でも特に建物の管理に強みを持ち、不動産管理業界で上位の実績を誇ります。その中でもマーケティング推進部は、公的機関向けと民間企業向けの二方向の営業活動があり、大原様は民間企業向けの新規開拓営業をメインに行っていらっしゃいます。建物の管理に関しては、新しい管理手法の展開が進んでおり、そこで金融機関を通じて企業様を紹介して頂き、何度も訪問する中で担当企業様のニーズをくみ取り、より効率的な管理のご提案をするそうです。成約までには約一年程の期間がかかるそうで、長い目で企業様との信頼関係を築くと共に、仲介して下さる銀行様との関係も非常に重要になるそうです。

また、大原様は前職でも不動産関係のお仕事をされていたそうですが、その上で日本管財様は任せて頂ける仕事の幅広さが特に魅力的な点だと仰っていました。業界上位という位置にありながら、独立系企業として様々な事業に携われる面白さがあると仰っていました。
営業をする上で、地道な人脈づくりと幅広い知識や経験が企業様からの信頼に繋がっていると感じ、仕事の面でも人間的な面でも成長出来る場だと感じました。

学センインターンNo.180074
早稲田大学 政治経済学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

人命がかかわる仕事

本日は日本管財株式会社様の清水様にお話をお伺いしました。

日本管財様は、大型ビルなどのメンテナンス・清掃事業やコンサルタントなどの事業を展開されている企業様です。
お話をお伺いした清水様はエンジニアリングマネジメントセンターに所属されており、ビルなどの空調や照明の工事の立ち合いや、改修・修繕の立案などの業務に携わっているそうです。仕事のやりがいを感じる瞬間をお伺いしたところ、完成したものを引き渡す際にお客様から「ありがとう」と言われる時を挙げられていました。工事はビルに人がいない夜間や休日に行われる為、体力的に大変なこともあるそうですが、会社のフォローがあったり、大きなやりがいが感じられる為、仕事を続けられるとおっしゃっていました。

また、社内の雰囲気をお伺いしたところ、ONとOFFの切り替えがしっかりしているとおっしゃっていました。人命がかかっている仕事だからこそ、仕事の時は切り替えて仕事をし、休憩中や就業後は職員同士談笑するなど、和気藹々とした雰囲気になるそうです。人命にかかわる仕事というと、医療関係が思い浮かびますが、本日のインタビューを通して、日本管財様のような建物の管理業務も人命が関り、人々が生活していく上で欠かせない仕事であることに気付くことができました。

学センインターンNo.180023
明治大学情報 コミュニケーション学部 4年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

素直さが信頼関係のカギになる

本日はエンジニアリングマネジメントセンターの清水様にお話をお伺いしました。

清水様の部署は、工事の管理や現場の工事の立ち合い、またマネジメント業務を行っています。既存の建物の診断なども行っており、建物のペンキなど外装的な物から、耐用年数に合わせた設備の取り換えや、照明のグレードアップまで対応されているそうです。

今回特に印象に残ったお話は「1を10にする、10を100にするなど、元々あるものを広げる事が得意な人は多いが、0から1を作り出す事ができる人が少ない」というお話です。清水様はこのことを踏まえたうえで、「最近の学生は個性を伸ばす教育を多く受けている分、創造性のある仕事ができるのでは」ともおっしゃっていました。相手のニーズを汲み取り、既存の価値観から抜け出した創造的な仕事をしてほしいとおっしゃっており、学生としての感覚を良い意味で残しつつ仕事をすることも大切なのではないかと思えたインタビューでした。

最後に、清水様は「何事も素直に人と向き合う事が大切」だとおっしゃっており、それは就職活動や仕事、他の何においても大切だと感じました。残りの学生生活や、今後の就職活動への取り組み方を改めて考えることが出来た、貴重なインタビューでした。

学センインターンNo.180081
早稲田大学 教育学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年1月 訪問】

確かな技術で会社を支える

本日、日本管財様に訪問し、エンジニアリングマネジメントセンターの清水様にお話をお伺いしました。

日本管財様は大学、大型オフィスビル、ホテル等の設備の保守、点検、ビル工事の立ち合い、ビルのマネジメント業務を展開されています。清水様が所属されているエンジニアリングマネジメントセンターは、日本管財様の本部の技術部門であり、確かな能力、経験と安定した技術力により会社を支えています。清水様は大卒の新卒社員としてエンジニアリングマネジメントセンターに配属されたそうで、日々先輩社員の背中を見ながら、知識だけでなく現場で活かせる能力を養うべく、仕事に励んでいるとおっしゃっていました。

私は本日まで、技術部門の仕事というと建設現場での仕事のイメージしか持っていませんでした。ですが清水様のお話をお伺いし、マネジメントや修繕計画の立案など、とても幅広く様々な業務があるのだと知ることが出来ました。企業での技術職員のあり方について新たな側面を発見することができました。

学センインターンNo.180092
学習院大学 法学部 2年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年12月 訪問】

独立した新しい取り組みができる企業

本日は日本管財株式会社様のマーケティング推進部 恒川様にお話を伺いました。
日本管財様の特長としては、独立系企業の為、自由に新しい取り組みができるということです。具体的なものとして、最近始まった「包括管理」という取り組みを挙げられていました。包括管理とは、様々なノウハウを駆使することで各自治体の建物だけでなく、その周囲までトータルで管理していこうという取り組みです。自治体の学校や美術館・公民館などの多くの建物を全てを統括して管理することで、人手不足による管理不行き届きなどを解消できるそうです。昨今話題となっている、日本の労働力確保の問題にも真摯に向き合っていらっしゃるのだと感銘を受けました。現在、国土交通省からの後援もあり市場規模を拡大中ということですが、多くの自治体では未だ管理面の意識が薄いことから、その必要性を提案していくことが今後求められてくるそうです。

新しいことを始める時には大きなパワーが必要ですが、その分達成した時には大きなやりがいを感じることができます。日本管財様は、こういった大きなやりがいを得られる企業様だと感じました。

学センインターンNo.180039
学習院女子大学 国際文化交流学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年12月 訪問】

提案力で勝負!

本日は入社5年目の恒川様にお話を伺いました。

日本管財様は、グループとしてビルメンテナンス・警備・アセットマネジメントやコンサルティングをされている企業様です。独立系企業ということが強みで、比較的自由に事業の提案ができるとのことでした。
恒川様はマーケティング推進部に所属されており、技術・コンサルティング業務を行っています。具体的な業務の例としては、学校や公民館など自治体が保有する施設全体の再編計画を支援するコンサルティングをしているそうです。さらに、最近では包括管理というひとつの施設だけでなく、複数の施設を一括管理をする事業も展開されています。この市場自体が新しく世に出たばかりということで、これからどんどん市場を広げていきたいとおっしゃっていました。

本日恒川様のお話をお伺いし、新しい取り組みにも果敢に挑戦されてく姿勢に感銘を受けました。人も企業も成長をする為には現状に甘んじるのではなく、常にチャレンジし続ける姿勢を忘れないことが大切なのだと実感しました。

学センインターンNo.180044
東洋大学 法学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年12月 訪問】

建物を支え、街を支える

本日は日本管財株式会社様へお伺いし、マーケティング推進部の恒川様にお話をお伺いしました。

日本管財様はビルメンテナンスをはじめ、自治体の所有する施設の包括管理をする等、幅広く建物の管理を担う会社様です。
日本管財様の強みとしては、独立系の会社様である為、社内で検討された案を実際のアクションに移し易いという点が挙げられます。実際に、既存のお客様以外にも新しい自治体との関わり合いも増えつつあるとのことで、独立系の企業だからこそスムーズに連携が取れるのだと思いました。

恒川様は、日本管財様が展開されている地方自治体施設の包括管理事業は、まだ市場形成の途中であると仰っていました。ですが、これからの日本では、使われなくなった建物や老朽化した建物がますます増え、それを管轄する自治体の取り組みだけでは対応が難しくなることが予想されます。その為、このようなコンサルタントとしての役目も担う日本管財様は、今後も社会に不可欠な企業様だと感じました。

学センインターンNo.180029
中央大学 法学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年11月 訪問】

理想的な職場

本日は日本管財様に訪問し、業務統轄本部の池田様にお話をお伺い致しました。

日本管財様は、ビルの修繕や維持保全など、ビルの管理事業を行っています。ビル管理事業においては、建物に関する要望や悩みをお客様から聞き出すことが最も重要な為、お客様の悩みを想像し、共感する力が求められるそうです。また、日本管財様の社風についてお伺いしたところ、社員の方同士非常に仲が良く、アットホームな雰囲気ということでした。併せて、オンオフの切り替えもしっかりされているそうで、メリハリのある働き方ができる企業様だと感じました。社内の仲の良さは仕事面でも活かされており、手が回らなさそうな仕事は周りと助け合う等、チーム力が強い点も企業として大きな強みだとおっしゃっていました。

今回お話をされていた様子からも、社内の和やかな雰囲気や、社員の方々が仕事を楽しんでいることが伝わって来ました。お話をお伺いし、理想的な環境で働くことが出来る、素晴らしい企業様だと感じました。

学センインターンNo.180041
成城大学 経済学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年11月 訪問】

信頼関係から始まる仕事

日本管財様はビルや施設の管理を行っている企業様です。

ビルの管理を行うにあたっては、建物に入った際の不快感を感じさせることなく、”普通に”過ごせるようにすることを目指しているとおっしゃっていました。また、日本管財様は信頼関係をとても大切にされている企業様で、お客様も長いお付き合いがある企業様が多いそうです。信頼関係を築くには、嘘をつかないこと、約束を守ることが非常に大事だとおっしゃっており、とても印象的でした。社風はとてもアットホームで、オンとオフの切り替えがしっかりできる方が多いそうです。育休などの福利厚生もしっかりしており、総合職の女性もいる為、女性にとっても働き易い職場だと感じました。

本日お話をお伺いした池田様は、「今までのキャリアで色々なことを経験することができたが、今後は人事部や、子会社に行って違う景色も見てみたい。」とおっしゃっており、夢についてお話している姿はとても素敵でした。私自身も就職活動をするにあたって、池田様のように夢を持って働ける仕事を見つけたいと思いました。

学センインターンNo.180052
青山学院大学 教育人間科学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年11月 訪問】

チームで当たり前の生活を支える

本日は日本管財様に訪問致しました。

日本管財様は、主に不動産の管理事業を展開されており、縁の下の力持ちとして快適な生活をサポートしています。
不動産の管理事業においては、お客様との長期的な関係性を築くことが必要な為、信頼関係がとても大切です。信頼関係を築く為には、お客様に真剣に向き合うこと、そしてチームとして動くことが重要だとおっしゃっていました。お客様の元へは1人でお伺いをしても、技術職や事務職のあらゆる人と関わることで、一つの仕事が完成します。日本管財様では、常にチームとして仕事に取り組む社風があり、社員同士仲が良く、常に協力体制があると感じました。採用に関しても、人柄や日本管財様で働いている姿をイメージできるかを重要視されているそうです。

今回お話をお伺いし、お客様に向き合う真摯な姿勢や、社員の方一人一人をとても大切にされている社風を感じることが出来ました。だからこそ強いチームワークが生まれ、お客様からの信頼を得ているのだと思います。今回のインタビューでも丁寧に質問に答えてくださり、日本管財様の魅力を沢山知ることが出来ました。

学センインターンNo.180056
立教大学 社会学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年10月 訪問】

信頼関係をもとに更なる海外進出へ

本日は海外事業推進室の小松崎様にお話を伺いました。

今回の訪問では、海外事業推進室の事業内容や、小松崎様のご経験などをお聞きしました。日本管財様は、国内ではビルの管理を中心に行っていますが、海外では現地企業への投資という形で、分譲マンションの管理を行っているそうです。現在、オーストラリアとカリフォルニアにグループ会社があるのですが、それぞれ居住形態や街の造りが違っている為、地域に根付いた企業とタッグを組むことが重要だとおっしゃっていました。海外に進出する際には、最初からターゲットの地域を絞るのではなく、ある程度発展していて安定性がある地域いくつかにアプローチをして行き、時間をかけて相手企業との信頼関係を築いていくそうす。この一連の流れは日本管財様の大きな特徴であり、企業様の「信頼性が高い」という点で大きな強みだと思いました。また信頼性は、社内での人間関係からも感じるそうで、小松崎様ご自身も転職されてすぐの頃、普段は直接関係のない方からも助けて頂いた経験があるとおっしゃっており、とても働き易い環境だと感じました。

オーストラリアでは、管理戸数が20万戸で、ダントツ1位の規模を誇っているそうですが、海外事業自体はまだ始めたばかりで、今後さらに様々な地域に進出していきたいとおっしゃっていました。今まで海外事業の部署の方にお話をお聞きする機会がなかったので、自分自身の視野を大きく広げることが出来た、とても貴重なインタビューでした。

学センインターンNo.180061
大東文化大学 経営学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年10月 訪問】

協力と育成

本日は日本管財様の海外事業推進室 小松崎様にお話をお伺いしました。

日本管財様の海外事業推進室では、海外の競合他社への投資を進めており、集合住宅や分譲マンションの管理を行っています。現在は、安全性や先進国にこそ人は集まるという視点から、主にオーストラリアやカリフォルニアの2箇所で事業を展開されています。現在は2箇所ですが、実は各国に候補地があり、いつ、どの地域でも事業展開ができるように準備をされているそうです。
インタビュー前は、海外で事業を展開する際は、法律やお互いの文化の違いから、大変なことが多いのではないかと思っていました。ですが、根本的な仕事上での悩みや喜びはどの国でも同じだそうで、お互いに情報を共有し、より良い施策に取り組むことが可能だとおっしゃっていました。

また、海外事業推進室はまだ事業が始まってから日が浅い為、約10名の社員の方々で構成されているのですが、その内のお二人は新人の方だそうです。企業様の方針として、早期育成により豊富な知識を身に付けて欲しいという考えの為、新人社員も新たな挑戦機会を与えられ、仕事のノウハウを学ぶことが出来るそうです。本日お話をお伺いし、働く上でのサポート環境がとても整っていると感じました。入社後も安心して働き、成長していくことが出来る、非常に魅力的な企業様でした。

学センインターンNo.180070
明治大学 商学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2018年10月 訪問】

信頼関係を第一に

本日は海外事業推進室の小松崎様にお話をお伺いしました。

日本管財様は不動産の管理を行っている企業様で、海外進出もされています。海外では、先進国の分譲マンションの管理を中心に事業を展開されているそうです。分譲マンションは、商業施設や賃貸マンションより入れ替わりが少なく、また先進国だと人口が比較的多く、通貨の変動が少ない為、安定して収益を得られるそうで、現在はオーストラリアとカリフォルニアに進出をされています。

今回、小松崎様のお話をお伺いした中で、「信頼関係を大切にしている」とおっしゃっていた事が印象的でした。日本管財様は、投資先となる企業様と十分に話し合いを重ねることで、お互い知恵を出し合って問題を解決するなど、相手先との関係構築を大事にされているそうです。また、小松崎様が転職して日本管財様に入社された際、わからないことが多く悩んでいたそうですが、上司の方に「頑張っている人を支えるのがうちの会社だ」とエールを貰い、助けて頂いたことが支えになっていると涙ながらにおっしゃっていた事が、とても心に響きました。今回のインタビューを通して社内、社外ともに信頼関係を大切にしているという社風が、とても魅力的だと感じました。

2018年10月 訪問
立教大学 経済学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ
#若手活躍#グローバル

「当たり前を支える会社」

人事部の本柳様と亀田様にお話を伺いました。日本管財様では不動産の管理を手掛けており、まさに私たちの「当たり前の生活を守る仕事」です。具体的には建物内部の設備を整えたり、耐震性を強化することで建物の価値を高める提案をするプロパティマネジメントを行っています。不動産管理業界では、多くが系列のグループ会社であるにも関わらず、日本管財様は独立系の企業様です。中立の立場で提案することができ、よりクライアントに寄り添った提案ができることが独立系のメリット、強みとなっています。新規の飛び込み営業よりも既存のお客様を大事にしており、お客様に寄り添う姿勢も日本管財様の強みだと思いました。亀田様が日本管財様へ入社された理由も、本当にお客様のニーズに合った提案ができるからだと伺い、お客様のニーズを叶えるという営業の醍醐味を味わうことができると感じました。

求める学生像は、誠実で当たり前のことを当たり前にできる人です。また、管理業界の中では新しい手法が次々と生まれることから、変化や困難を乗り越えることを楽しめることも大事だとおっしゃっていました。これから先、建物を建てるだけでなくその後の管理の重要性も高まってくるため注目すべき業界だと感じました。

2018年10月 訪問
早稲田大学 文化構想学部 4年(女性)
気になるビジコミ#タグ
#若手活躍#女性活躍

「お客様のニーズに真に応えられる仕事」

日本管財様は、ビルや公共施設などの不動産の清掃、設備維持、警備などの管理や、メンテナンスなどによって不動産の価値を更に高める提案をするプロパティマネジメントを行っています。提案部門と管理部門に分かれており、新卒入社後は適正をみて配属されます。数多くある不動産管理会社では、そのほとんどが系列のグループ会社ですが、日本管財様は独立系という強みを活かし、より中立的な立場で、お客様が真に求める提案をしながら、「当たり前の生活を守る」仕事ができます。グループなどに縛られることなく様々な提案ができるため、自らの提案スキルもより磨かれると思いました。

社内はとてもアットホームで、全国に支社がありますが、どの支社も社員の距離が近く、良い雰囲気は変わらないそうです。本柳様は大学卒業後フランスへ留学し、ご自身で資格を取るなどして入社されました。亀田様も、当時文系女性の総合職枠は少ない中で総合職を目指し就職活動をされていたと伺い、アクティブで積極的にチャレンジされる方が多く、社員同士でも刺激を受けて成長できる環境がとても魅力的だと感じました。

会社名 日本管財株式会社
事業内容 建物総合管理事業
URL https://www.nkanzai.co.jp/
所在地 東京都中央区日本橋2丁目1番10号 柳屋ビルディング 5F
資本金 30億円
設立 昭和40年10月27日
従業員数 9,514名(平成30年3月31日現在)

採用ナビサイトはこちら | リクナビ |  

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!