株式会社日東フルライン× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

一般配送業務の身体的負荷が少ない点、育休制度が整っているため女性がライフステージの変化に合わせて働ける点が挙げられます。実際に女性社員も増えており、現在は社員の約2割が女性だそうです。これらの点から、トラックが好きな方や、やりがいを持って長く働きたい方にとって、とても良い企業様だと感じました。

エントリーはこちらから ※21卒もまだ積極受付中!!
※リンク先の営業所や職種は一例です。選考の中で希望を伺いますので、まずはフォームの入力をお願いします。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.201226
関西外国語大学 外国語学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「誠実丁寧な社員とwithコロナによる物流改革」

・企業様の魅力について
インタビューをさせていただく中で、感じた魅力は「人」です。信頼を運ぶと仰っており、お客様からの信頼を大切にされています。その信頼のために、社員の方一人ひとりが担当先での挨拶や、身だしなみなどに気を配り業務をされているのだと感じました。
こちらの企業様では、そのような社員の方を表彰する制度として、ベストスタッフ報奨制度があります。売上のみを成果とするのではなく、日々の勤務態度も評価につながるのだと感じました。

・コロナの影響について
自動販売機フルサービスオペレーションの分野では、外出する方が少なくなった影響で売上が落ち込んだそうですが、通販などの影響で一般運送業の売上は伸び、全体的に見るとそれほどダメージは受けていないそうです。また、制度改革にも取り組んでおり、リモートワークやチャットでのコミュニケーションを行っています。紙文化が根強い業界ではありますが、社員の方の日報をデジタル化することや、RPAを取り入れることも検討されているそうです。

学センインターンNo.200196
早稲田大学 商学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「働きやすく、将来性のある職場」

・企業様の魅力について
株式会社日東フルライン様にインタビューをさせていただいて、2つの魅力を発見しました。
1つ目は、若手のうちから多くのチャンスがあることです。入社後4年で所長という、多くの社員を束ねる役職に昇進するチャンスがあり、若手のうちから大きな裁量権を持って仕事をすることができる点に魅力を感じました。
2つ目が、社員の声がしっかりと反映される、風通しの良い企業様だということです。過去には、「もっと資格を取ることで仕事の幅を広げたい」という社員の声を受け、資格取得の支援が誕生したそうです。これは、社員の満足度が会社の業績に直結するという考えに基づいているためだそうで、風通しの良さを感じました。

・コロナの影響について
現在、本社勤務の方はリモートワークを導入されているそうです。ビジネスSNSを活用することで、リモートワークによる社員同士のコミュニケーション不足を解消し、円滑な業務遂行に役立てていると仰っていました。一方で、物流会社はエッセンシャルワーカーと呼ばれるように、リモートワークては成り立たない業務もあります。それらの業務に関しても、多くの最新のIT技術を導入し改革する計画があるそうで、将来性がある企業様だと感じました。

学センインターンNo.210007
ネブラスカ大学オマハ校 環境科学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「フレッシュな環境で挑戦できる企業」

本日は、株式会社日東フルライン様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、関西を拠点に大手飲料メーカーの製品のルート配送の他、一般配送を行っています。
ホームページのトップにある“信頼とさわやかさ”のさわやかさについてのお話がとても印象的でした。平均年齢が高い物流業界の中で、20代30代の若い世代の方々が活躍されており、それを支える充実した研修制度や福利厚生、社内行事があるそうです。若手でも速いスピードで昇進できる可能性があり、社員の努力をしっかり見ていただける企業様だと感じました。

コロナ禍ではありますが、大手飲料メーカーの配送に限らずその他の一般配送も行ったことで、売上面での被害は最小限に抑えることができているそうです。また、一部の事務作業にはリモートを導入されており、今後も状況に合わせた業務改善・経営戦略を考えていると仰っていました。
インタビューを通して、とても魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.201222
大阪大学 基礎工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「エネルギッシュな運送会社」

本日は、株式会社日東フルライン様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、センター配送や清涼飲料水のルート配送を手掛ける運送会社です。大手飲料メーカーの数少ないパートナーであり、実績や信頼があります。
運送会社は平均年齢が高い傾向にありますが、こちらの企業様では平均年齢が他社と比べ約10歳低く、特徴の1つとなっています。若手のうちから活躍できる環境があり、評価軸は挨拶や身なり、マナーなどの基本的な部分や、売り上げなど様々です。意欲のある方にとって、とても良い環境があると思いました。

新型コロナウイルスの影響については、ネットショピングなどにより配送業務の売上が上がったそうです。今後は世の中の流れに対応して事業を進めていくというお話もあり、今回のような不測の事態にも対応できる強みがある企業様だと思いました。
インタビューを通して運送会社に対するイメージが明確になり、とても魅力のある業界だと感じました。是非一度、こちらの企業様を調べていただきたいと思いました。

学センインターンNo.211007
京都外国語大学 外国語学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「自分の努力が成果に現れるやりがい」

本日、株式会社日東フルライン様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、主に運送業を行っています。

こちらの魅力は、成果を出せば昇格・昇給が早いという所で、自分の頑張りがそのまま評価にも繋がり、上司の方達もそれぞれの意欲や姿勢をよく見てくださっているという点です。また、対応してくださったご担当者様が、自動販売機業務をしていた時に自ら戦略し、上司からの指示も受け、取り組みながら、自分の考えで自ら動いたことにより、優秀社員賞を受賞した際に、やりがいも感じられたとおっしゃっていました。

コロナ禍において、企業様は、運送業務をされているため、リモートワークはできませんが、事務業務に携わっている方は、リモートワークを取り入れられているそうです。会議なども行われている中、社員同士のコミュニケーション面での工夫は課題となっているそうです。また、コロナ禍で会社見学が難しい代わりに、営業所の動画を作成しているそうです。そして、LINEも作成され、活用しようと考えているそうです。
現在、様々な取り組みをされており、今後に向け、着実に厚みを続ける姿勢が印象的でした。

学センインターンNo.201228
大阪大学 基礎工学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「人と人を繋ぐネットワークに」

本日は、株式会社日東フルライン様にインタビューをさせて頂きました。
こちらの企業様は、主に運送業務と自動販売機の補充の業務を行っています。物流業界の魅力は、人と人を繋ぐネットワークとなることでやりがいを感じられることです。

そんな物流業界で、大手飲料メーカーのパートナーであり、実績を残してきたこともあり、大きな存在感を示すこちらの魅力は、2点であると感じました。
1点目が、圧倒的な昇格・昇給スピードです。多くの方が、入社後3~4年でリーダーに昇格します。成果次第では、4年で所長になることも可能であるそうで、働くモチベーションになると感じました。
2点目は、充実した福利厚生です。有給休暇はもちろんのこと、その他、特別休暇が充実しており、他にもBBQやボーリング大会・スポーツ観戦など、社内イベントも豊富で非常に楽しそうな印象を持ちました。

コロナの影響で、運送業はそこまで打撃を受けなかったものの、人が出歩かないこともあり、自動販売機関連の売上は下がってしまったそうです。企業様は、アフターコロナの戦略として、現在、新規事業の立案をされており、具体的には一般貨物の運送を行っています。新たに、ユニクロなどの衣服の運送を行ったり、センター同士の繊維や機材などの運送を行ったりしています。まだ、完全回復とまではいかないものの、売り上げも回復しているそうです。ぜひ、見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.201010
神戸大学 経済学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年11月 インタビュー】

「運送を通して顧客に幸せを届ける」

本日は、株式会社日東フルライン様へ訪問させていただきました。
こちらの企業様は、コカ・コーラ社の商品を運送したり、自動販売機の商品の販売戦略を立てることで、社会に対して貢献をしています。

インタビューを通して、最も印象に残っている内容は、こちらの企業様の強みのお話です。私が、「コカ・コーラ社に長年選ばれている理由」を伺ったところ、「運送の担当員の質がいいからなのではないか」とおっしゃられていました。運送の担当社員にしっかりと教育をして、一人ひとりが誠実に顧客の方と真摯に向き合っているからこそ、こちらの企業様の独自のブランドを築き上げているのではないかと思いました。

また、自動販売機の商品の販売戦略についても、詳しく教えていただき、大変学びの多い時間でした。運送業というと、どうしても就活生にとっては敬遠してしまいがちな業界だと思いますが、お話を伺うと、やりがいも大きい業種であるとわかりました。是非、見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.201232
同志社大学 社会学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年11月 インタビュー】

「コカコーラ社のパートナー企業」

本日は、株式会社日東フルライン様にインタビューさせていただきました。こちらの企業様は、主に配送業務と自動販売機の補充業務をされています。

配送会社は、日本に約6万ほどの店舗があります。そのうち、コカ・コーラ社とのパートナー社は10社です。こちらの企業様は、パートナー社に36年間継続して選ばれています。そのため、充実した研修制度・週次会議・成果主義・育休・産休といった、従業員の方が働きやすい職場環境があります。また、充実した研修制度が整っていますので、未経験の方でも3か月ほどで自立したドライバーになれるそうです。

次に、こちらの企業様の強みは、安全管理課といわれる、ドライバーが安心して運転できるように管理する独自の部門も設置しています。
重労働のイメージがある運送業界ですが、こちらの企業様はほかの従業員の業務が終わるのを待つ慣習はなく、自分の業務が終わり次第帰宅可能だそうです。

以上の強みがあることで、安全に業務に取り組むことができ、私生活を充実させることが可能になります。
インタビューを通して、人間性や意欲次第でキャリアアップが望める企業様だと感じました。また、車両会議や週次ミーティングがあるので、従業員同士の情報共有がしやすいこと、何か困ったことがあれば、すぐに上司に相談することができるため、とても風通しの良い職場である印象を受けました。

学センインターンNo.201087
立命館大学 国際関係学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「運送業のイメージを変えたい」

本日は、株式会社日東フルラインのご担当者様にインタビューをさせていただきました。
コカ・コーラ社のパートナーとして選ばれていることや、5期連続で売上高が伸びているということから、運送業界内のトップ企業の一つだということが分かりました。

お話の中で、社員の方が働きやすい環境づくりや、学生とのコミュニケーションを熱心にされていることが印象的でした。
まず、社員の方に向けては、やりがいを感じられるように細かくランク分けをし、業績や普段の取り組みを見て、評価を行っているようです。

今回、応対してくださったご担当者様は、営業職時代に業績ではなく、他の社員の方へ相談を積極的に行うような対話力を評価されて、入社後わずか4年で所長クラスへ昇格したとおっしゃっていました。このことから、結果がすべてではなく、個々の特性を的確に判断して評価しているのだと感じました。また、年間優秀社員を毎年選出し、選出された社員の方に対して家族旅行や豪華な食事に招待しているそうです。専用のパンフレットを作成されていたことがとても印象的でした。

次に、学生に向けては、業界のイメージを変えるためにインタツアー等に参加して、運送業や企業様の取り組みを包み隠さず伝えているようです。今回のインタビューに参加したことで、運送業に対して今まで抱いていた印象が変わり、社会貢献性が高い仕事なのだと思いました。
新型コロナウイルスの蔓延によって、物流が重要であることが自身の中でより明確になりました。今後も成長する企業様だと思うので、ぜひ注目していただきたいと思いました。

学センインターンNo.201114
大阪大学 法学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年10月 インタビュー】

「社員を想う企業」

本日は、株式会社日東フルライン様にインタビューさせていただきました。
こちらの企業様は、コカ・コーラのパートナー企業として、主に自動販売機への商品補充、スーパー等へのルート配送を行っています。また、新規事業としてユニクロ、amazon等への一般配送も行っているそうです。

インタビューを通じて、やりがいを持って働ける企業様だと感じました。やりがいを持てると感じた点は、3点あります。

1点目は、自動販売機への商品補充業務で売り上げを伸ばすために、販売戦略ができる点です。

2点目は、多角的な視点から社員の方を評価するキャリアアップ制度です。職能や売上げ等によって36ものランクに分けられており、この細かなキャリアアップ制度と、それに応じた昇給制度が社員の方々のモチベーションに繋がっていると感じました。

3点目は充実した福利厚生と資格取得支援制度があることです。

これらの点から、物流業界は大変というイメージを払拭し、社員の方々が働きやすいように様々な工夫を凝らしている、「現場第一主義」な企業様だと感じました。
ぜひ、こちらの企業様を見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.201093
立命館大学 産業社会学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年9月 インタビュー】

「物流業界が大変はただの固定概念」

本日は、株式会社日東フルライン様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、主に運送事業をされています。自動販売機の商品補充をはじめとし、大型スーパーから小売業者まで幅広く、飲料の配送をされています。

最近では、一般配送業務を新規事業として立ち上げ、飲料だけではなくアパレル用品や食料品・日用品など、多角的に運送事業を展開されていることも特長です。コロナウイルスによって外出を自粛する人の増加から、EC(Electronic Commerce = 電子商取引)が拡大していくことが予想されており、ますます需要の増加が期待される企業様です。

一方で、「物流業界は大変」という人々の固定概念から、人材の確保が課題となっており、離職率の低減、新卒の学生採用に向けて退勤時間の指定や、労働時間の見直しなど、積極的に取り組まれていることが印象的でした。
コカ・コーラを取引パートナーとしたブランド力と信頼性を活かして、これからも社員の方の労働環境や、企業として成長することを第一に考え、5期連続売り上げ更新を上回る、6期連続売り上げ更新に向けて、挑戦し続ける非常に魅力的な企業様でした。

学センインターンNo.201103
立命館大学 産業社会学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

「物流のイメージを変える」

本日は、株式会社日東フルライン様にお話を伺いました。
世間一般の物流業界のイメージは、長時間労働・肉体労働・安月給などのイメージが浸透しており、物流業界で最も難しいことは、人材を確保することです。せっかく入社してくれても、離職してしまうことが多いそうです。
しかし、こちらの企業様は、その業界の中で「物流のイメージを変える」という目標のもとで、日々業務に取り組まれています。

業界のイメージを変えるために、企業様として取り組んでいることが主に2つあります。
1つ目は、支援金の支給です。入社後、一定の年数を継続して勤務すれば、支援金を受け取ることができるそうです。
2つ目は、長時間労働の改善です。物流業界といえば、長時間運転・夜間運転を強いられる、ということがイメージされますが、こちらでは、何時までには必ず退社する、ということを徹底しており、更に、一日のノルマを達成することができれば、業務を終了することができる、という取り組みを行っているそうです。
メリハリをつけて働くことができる環境整備がしっかりとされており私自身今までのイメージが変わりました。

このような取り組みの背景には、先述した「物流のイメージを変える」というだけでなく、人材を大切にしているという社風も見ることができます。そのため現在では、460名の従業員を抱えるまでになっており、今後も社員を大切にしながら会社としてもさらに発展していくと感じました。

~21卒もまだ積極受付中!!~

この企業の採用情報を見る

【動画ビジコミ 2020年9月 訪問】

学センインターンNo.201041
京都大学 工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年8月 WEBインタビュー】

「会社の手厚い支援から生まれる働きやすい環境」

本日は、株式会社日東フルライン様にインタビューをさせていただきました。こちらの企業様は、コカ・コーラの製品のルート配送や自動販売機オペレーション業務を行われています。最近では、一般配送業務も行われるなど、様々な事業を手掛けられています。

インタビューを通して一番印象に残ったのは、キャリアアップ制度が充実していることです。運搬業務は体力的に厳しいことも多いですが、人一倍真面目に取り組んでいる社員には、入社後の早い時点での昇格はもちろん、海外旅行券プレゼントなどの報奨制度があるそうです。また、配送業務に欠かせない中型・大型車の運転免許取得の支援もされていて、個人のキャリアアップを後押しをすることで、より働きやすい環境づくりをされている企業様だと感じました。社員同士の雰囲気は和気あいあいとしているそうで、そこから配送業務でのチームワークも生まれているそうです。

物流業界は体力仕事というイメージがありましたが、企業様のバックアップを受けられる業務ということで、想像していたよりもずっと働きやすそうだと思いました。

学センインターンNo.201078
同志社大学 経済学部2年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年8月 WEBインタビュー】

「安心して働ける企業」

本日は、株式会社日東フルライン様にお話を伺いました。こちらの企業様は、ルート配送、自動販売機補充、JRの自動販売機キュリコやセブンイレブンなどに商品を納品する駅構内のオペレーション、一般配送など、様々な事業を行っています。

ルート配送は、お客様とコミュニケーションをとる機会が多いため、人とコミュニケーションをとることが得意な方に向いており、自動販売機補充は、人と話す機会があまりないため、一人で黙々と働くのが得意な方に向いているそうです。また、自動販売機補充では、自分自身である程度、商品の販売戦略を立てることができるそうです。その具体的な例として、オフィス街の自動販売機には甘い飲料よりもコーヒー類を多く入れたり、季節ごとに冷たい飲料と温かい飲料を入れ替える作業も行います。一般配送は比較的新しい事業のため、これから事業を拡大できるよう特に力を入れているそうです。私は、ルート配送ではお客様と密接に関わることができ、自動販売機補充には戦略立案などの裁量権があるという点に強い魅力を感じました。

また、業務内容だけでなく、企業様が取り入れている様々な制度にも魅力を感じました。その例として、自動車の普通免許しか持っていない方でも、入社後に準中型・中型免許を取得することができるようにフォローする資格取得支援制度や、充実した研修制度などが整っているそうです。また、運転の安全のためにバックモニターやドラレコ、運転シミュレーターを完備し、更には車両ミーティングを行うことによって、未経験の方でも安心して働くことができる職場環境が整えられています。

その他にも、優秀な社員には家族旅行をプレゼントしたり、入社祝い金や勤続祝い金制度などを取り入れながら、社員の方々が長く働いていけるよう様々な形で支援しています。
社員の方々が働きやすいよう様々な工夫を凝らしており、その点もとても魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.201058
京都橘大学 現在ビジネス学部4年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年7月 WEBインタビュー】

「「物流業界は大変」は思い込み」

本日は、株式会社日東フルライン様にインタビューさせていただきました。こちらの企業様の事業内容としては、一般貨物自動車運送事業や、清涼飲料水のルート配送などが挙げられます。インタビュー前の物流業界の印象は、肉体労働が多く大変なイメージでした。しかし、今回のインタビューでその印象が大きく変わりました。

私は最初、「キャリアアップは実力主義か、年功序列か」という質問をさせていただきました。すると、「実力主義の風潮が強い」と仰っていました。また、コカ・コーラといった有名な飲料メーカーと提携しているため、安定した基盤があると感じました。そのため、自ら成果を出してキャリアアップしたいという方だけでなく、安定性を求める方にとっても、とても魅力的な企業様だと感じました。

また、福利厚生面がとても充実していた事が印象的で、入社祝金制度や、優秀社員の方を表彰する制度は、仕事のモチベーションアップにつながると思いました。ITの導入を検討していることや、女性社員の活躍を促そうとしていることも、インタビューを通して感じました。お話を伺ったご担当者様は自ら新たな福利厚生制度を企画されていたりと、社員が「この会社で働いていてよかった」と思えるような会社作りをしたい、という思いが伝わってきて、人の温かさにあふれる企業様だと思いました。

成長性も含め今後の動向がとても気になる企業様であり、「物流業界って大変そう」と思っている人にこそぜひ1度見ていただきたいです。

~21卒もまだ積極受付中!!~

この企業の採用情報を見る

学センインターンNo.201066
関西学院大学 商学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年7月 WEBインタビュー】

「物流業界のイメージが明るいものに変わった」

本日は、株式会社日東フルライン様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、コカ・コーラのパートナー企業として清涼飲料水の配送に携わっています。また、ルート配送だけでなく、コカ・コーラの自動販売機の補充作業や、JR西日本の駅構内のオペレーション業務、新規事業として衣料・機械などの配送も行っています。

今回のインタビューを通じて、私の中の物流業界のイメージが大きく変わりました。物流業界は大変というイメージを持っている方が多いと思いますが、社員を大切に、一人ひとりの成長を促す企業様であることが分かりました。

社員に対して一対一の面談を行う、ボトムアップミーティングを通じて、全体の意見を取り入れるなど、チームワークの向上や不満の解消に繋げています。また、育休制度や産休制度などの福利厚生も整っており、男性だけでなく、女性も働きやすい職場です。コロナ禍でも、オフィスで働く方はテレワークや時差出勤を行い、社員の安全にも配慮されている企業様です。新入社員には4日間の研修があり、マナーやルール、商品知識をつけ、実際に現場に出る際には先輩社員のフォローがあり、しっかり経験を積んだ上で仕事を行います。さらに、資格取得支援制度や、優秀社員の表彰制度なども充実しています。社員のモチベーションを上げる工夫が沢山ある企業様だとが分かり、とても魅力的だと感じました。

このような社員を大切にする企業様だからこそ、一人ひとりが仕事を長く続けることが出来るのだと思います。また、社員のモチベーションアップに力を入れているので、これからも成長を続ける企業様だと思いました。

本日は貴重なお話を伺うことができ、とても良い経験となりました。

学センインターンNo.201037
近畿大学 総合社会学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 訪問】

「工夫し続ける企業」

本日は、株式会社日東フルラインのご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、近畿地方や東海地方を中心に運送事業を行っています。私たちの身近なところでは、コカ・コーラの自動販売機に飲料を補充したり、食品やイベント機材の配送も行っています。

こちらの企業様は、物流業界の大変なイメージを払拭すべく、様々な取り組みを行っています。その中でも、私が特に印象に残っているのは、「入社祝金制度」です。物流業界への新卒入社は少なく、多くが中途採用だそうです。そこで、少しでも興味を持つきっかけを作るために、5万円を支給するという制度を作ったそうです。柔軟な仕組みづくりをされている企業様に、感銘を受けました。

また、運転免許取得への費用補助制度も設けています。こちらの企業様の従業員の90%の方が、運送業未経験で入社されているそうです。実際に今回、お話を伺ったご担当者様も、美容師からの転職だと仰っていました。免許取得の支援制度を設けることにより、新卒の方や転職の方など、誰もが働きやすい環境づくりをされています。
こちらの企業様には、ここでは語り切れないほどの魅力があります。運送業界へのイメージが変わった方や、少しでも興味の湧いた方はもちろん、その他の方にも是非知ってほしい企業様です。

学センインターンNo.201048
大阪大学大学院 人間科学研究科(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 訪問】

「物流業界へのイメージ刷新」

本日は、株式会社日東フルライン様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、コカ・コーラの専属企業として、ルート配送や大型店の共配センターへの配送、自販機、駅構内の取り扱い店にてオペレーション事業などを行っています。また、三年ほど前から飲料だけでなく、リネンや衣料品、食品などの配送も行っているそうです。

こちらの企業様は、SDGsへの取り組みなど、様々なことを行っていますが、私が今回のお話で感じた最大の特徴は「物流業界へのイメージ刷新」を起こすべく、挑戦的な取り組みを行い、成果を上げていることです。報償制度では、活躍した社員を表彰し、社員とその家族に旅行をプレゼントする制度があります。今回お話を伺ったご担当者様曰く、この制度により「士気・愛社精神が高まり、仕事のパフォーマンスに繋がる」そうです。

このような社員ファーストな制度を整備しつつ、企業として成果を上げることで、業界全体に社員ファーストの波が起こるのではないかと思いました。こちらの企業様のお話を伺って、物流業界のリアルな現状を知る大変貴重な経験となりました。

学センインターンNo.181067
関西大学 経済学科3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年5月 インタビュー】

流通業界のイメージが変わった!

私の流通業界へのイメージは、朝早い時間や夜遅い時間も仕事をしているという厳しいイメージでした。しかし日東フルライン様をはじめ、業界全体でも働く人を大切にするといった動きがあるため、これからさらに働きやすくなる業界になると私は感じました。

また、日東フルライン様は頑張った人がきちんと評価される会社なので、モチベーションを高く保ちながら働くことができます。誰しも仕事をしているとうまくいかない時や何か意見をしたいときが少なからず出てくると思います。そこでこちらの企業様では月に1度面談やミーティングをする機会が設けられており、悩みなどを溜め込むことなく吐き出すことができる仕組みが作られています。このような環境が長く働きたいと思う要因の1つになっているのだと感じました。

このように流通業界の課題でもある仕事のハードさや人の安全、いろいろな意味での健康をしっかりとカバーしているのが日東フルライン様の1番の強みです。流通業界は私たちにとって切っても切り離せない仕事で、さらにこれからも需要が増えてくる業界だと思います。運転が好きな方はもちろん、人の生活に携わる責任感を感じて働きたい方、この業界に興味を持っている方はぜひこちらの企業様へ足を運んでみてください!

学センインターンNo.181048
関西大学 経済学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年5月 インタビュー】

多種多様な人材

本日は日東フルライン様のインタツアーに参加させていただきました。平成7年設立で関西を中心に活躍されている企業様です。具体的な業務内容として5つあり、それぞれ「ルート配送業務」「センター配送業務」「自動販売機の補充業務」「駅構内のオペレーション業務」「一般配送業務」です。特に強みとして卸と新規の二軸で今後さらなる活躍を見込んでいます。

今回のインタビューで感じたことは、流通業界が一般的なイメージほどネガティブではないということです。まず働きがいとして世の中の物流を支えているため、生活に欠かせない業界であることが挙げられます。その中でもこちらの企業様はスーパーなどの小規模店から大型のショッピングモール、鶏卵やユニクロ、自動販売機まで様々な暮らしの身近なところに関わっています。そのため働いている中でも人々を支えている実感を持てます。

また働き方の面でも表彰制度や資格支援制度があり、福利厚生が整っています。キャリアプランも他の業界より早く、5年でマネジメント職に就けるなど成長を楽しみながら働ける環境が整っています。
中途採用も多く、異業種から多種多様な方が集まっているため、楽しく刺激的な働き方をできるだけでなく、自身の価値観や視野も広がり人としての成長も実感できると思いました。大変そうな業界だからと諦めている人こそ、ぜひ中身を知ってほしい企業様です。

~21卒もまだ積極受付中!!~

この企業の採用情報を見る

学センインターンNo.180155
法政大学 法学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年4月 訪問】

長く働き続けたい場

本日私は株式会社日東フルラインの野田様にお話をお伺いしました。

運送業の厳しい職場環境のイメージが覆されるインタツアーになりました。

こちらの企業様は食品や飲料に特化した物流サービス業を行われています。また、新規事業としてユニクロなどにも一般配送を行われているそうです。

運送というと男性の仕事といったイメージが強いですが、年々女性のドライバーの方も増えているため現在ある時短勤務だけでなく、新しい働き方に対応していきたいとお話してくださいました。実際にお子さんがいる方々に対してなど柔軟な対応をされていて、性別関係なく長く続けられるように配慮されていると感じました。

また福利厚生には優秀社員賞というものがあり、選ばれた方には家族旅行などが贈られます。自分だけでなく家族にも喜んでもらえるこの取り組みにより、さらなるモチベーションアップに繋がると思いました。今後もさらに最優秀社員賞というものを企画されているなど、一人ひとりがやりがいを持って働けるような環境作りをされている点にとても惹かれました。

様々な業界から転職され入社する方が多く、お話を伺った野田様も美容師から配送に興味を持ち入社されたそうです。以前より環境が整い長期休暇もしっかりとれるそうで、自分を高めながら”長く働き続けたい”企業様だと感じました。

学センインターンNo.181065
大阪経済大学 人間科学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年4月 訪問】

家族旅行をプレゼント 社員を大切にされている企業様

日東フルライン様は運送をメインに主に4つの事業をされています。1つ目はスーパーや居酒屋等に配達する「ルート配達」。2つ目が自動販売機の補充・管理を行う「自動販売機フルサービスオペレーション」。3つ目は大型スーパーなどの共配センターへ配送する「センター配送」。4つ目が駅構内の商品を管理する「駅構内オペレーション」です。配達するものは、荷主がコーラで有名なかの大手飲料メーカーなので、そちらの商品がメインとなります。この4つに加えて、昨年から上記飲料系に限らない鶏卵などの商品を配送する「一般配送事業」を新しく展開されています。どの事業に配属されるかは、本人の希望と特性分析で総合的に判断して決めるそうです。

インタビューを通じて、社員のをとても大切にされている企業様だと感じました。理由の1つは、女性の働きやすさに注力されているからです。例えば育児制度では勤務時間の時短支援をされているだけでなく、家庭の状況によっても柔軟に対応しています。一般的に配達業は途中でドライバーが下車し抜け出すことはできません。したがって、お子様の急な発熱など様態の変化に対応できないことが普通だそうです。しかしこちらの企業様は家庭の状況に合わせて、ドライバーのサポーターとして助手席で仕事できるよう対応してくださります。今後女性スタッフを増やして行く方針だそうで、女性に合わせた配達量にするなど女性が働きやすい環境がさらに充実していくと思いました。また社員の健康にも充分に配慮されています。夏は繁忙期で、日に当たることも増えるので飲料や塩タブレットの支給をされています。加えて体調不良の”ホウレンソウ”の徹底もしており、細やかな対応が印象的でした。

さらにもう一つ、働く意欲が湧くような制度も充実しています。例えば、年に一度「優秀社員賞」を実施されています。毎年各拠点で20名程が受賞されており賞与は家族旅行です。なんと、自分だけではなく家族全員の費用も負担してくださいます。昨年は温泉やディズニーランドなどに行かれたそうで、更に今年からは、その上の「最優秀社員賞」も計画されており、賞与の内容もワンランク上のものを用意するそうです。他にも基準を満たし一人で運転できるようになれば10万円支給される「入社祝い金制度」など働く意欲が湧くような制度が数多くあります。以前は配達業に対してブラックなイメージを持っていました。しかしインタビューを通じてこちらの企業様へのイメージが変わりました。一人ひとりの努力をしっかりと評価し、生き生きと働ける企業様だと感じました。

学センインターンNo.181045
同志社女子大学 現代社会学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年3月 訪問】

「仕事が評価される」

本日は、株式会社日東フルライン様に伺いました。こちらの企業様は、主に自動販売機や駅構内への商品補充を行っています。また、新規事業としてユニクロ等への一般配送も始めているそうです。

私はお話を伺って、やりがいを持って長く働ける企業様だと感じました。やりがいを持てると感じた点は、二つあります。一つは、自動販売機への商品補充業務で売り上げを伸ばすために、商品の配列や並べる商品を自身で考えて選ぶことができる点です。もう一つは、仕事を評価するという企業風土があるため、誰でもキャリアアップできる可能性がある点が挙げられます。

長く働けると感じた点は、一般配送業務の身体的負荷が少ない点、育休制度が整っているため女性がライフステージの変化に合わせて働ける点が挙げられます。実際に女性社員も増えており、現在は社員の約2割が女性だそうです。
これらの点から、トラックが好きな方や、やりがいを持って長く働きたい方にとって、とても良い企業様だと感じました。

学センインターンNo.201036
同志社大学 文化情報学部 4年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年3月 訪問】

「安全を第一に商品を届ける」

本日は、株式会社日東フルライン様に伺いました。
こちらの企業様は、食品や飲料に特化した物流サービス業を行っています。業務では、コカコーラの自動販売機への商品補充や、大型スーパーなどの共配センターへ配送を行っています。自動販売機には、常に商品がある状態を心がけ、お客様がいつでも好きな飲料を購入できるように日々業務を行なっています。

お話からは自動販売機にどのような商品を置くか、陳列はどのような配置にするかなど、常にお客様目線に立ってサービスを提供していることが伝わってきました。社員の方は、お客様との信頼関係を築くために「安全」に商品を届けることや、食品を扱っているので、「清潔感」を大切にしながら業務に取り組んでいます。お話の随所から「誠実さ」が伝わってきました。

最近では、女性が働きやすい環境づくりのための制度や勤務体系を導入することにより、女性社員も増えているそうです。明確なキャリアパスや福利厚生などから、性別や年齢に関係なく働きやすい環境が整っていると感じました。

会社名株式会社日東フルライン
事業内容一般貨物自動車運送事業
URLhttps://nitto-fl.co.jp/
所在地〒550-0005 大阪市西区西本町2丁目2番4号 神田ビルディング9F
資本金7,000万円
設立平成7年12月18日
従業員数460名(アルバイト・パート含む)