日鉄鉱業株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

少数精鋭で資源事業、機械・環境事業、不動産事業、再生可能エネルギー事業、研究開発事業を行なっている企業。社宅・独身寮の制度があり、全拠点に完備されている上に破格の価格で貸与。南米や東南アジアなど、海外での業務も活性化している、とても勢いがある印象。

ビジコミ一覧


【動画ビジコミ 2020年9月 訪問】

【動画ビジコミ 2020年1月 訪問】

学センインターンNo.180273
法政大学 理工学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

縁の下の力持ち

本日、日鉄鉱業株式会社の木村様にお話を伺いました。こちらの企業様では、主に資源事業、機械・環境事業、不動産事業、再生可能エネルギー事業、研究開発事業を行っています。
まず1番印象に残っていることは、「少数精鋭」ということです。特に不動産事業では、保有している採掘が終わった鉱山跡地を有効利用した事業を展開しているそうです。全体の2.2%の売り上げではありますが、27億円もの売り上げを3人でうみ出しているというお話は興味深かったです。

次に、福利厚生が手厚い企業様だと感じました。特に社宅・独身寮の制度に関しては驚きを隠せませんでした。全拠点に完備されている上に破格の価格で貸与しており、社員を大切にしていることが伝わってきました。
そして離職率も低いことから、社員同士の仲が良いことも感じられました。

また、こちらの企業様には数多くの関連子会社があります。無印良品の化粧水に使用される精製水を製造している会社や、スキージャンプで選手を運ぶスロープカーを製造している会社など、鉱山だけでなく様々なところで活躍されている企業様だと感じました。

誰かが支えていかないといけない、基礎となる部分を支える。魅力的な企業様でした。

学センインターンNo.180325
東京外国語大学 国際社会学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

大地も人も大切に

本日、日鉄鉱業株式会社の木村様にお話を伺いました。こちらの企業様では、石灰石や銅の鉱山開発・操業を主軸に事業を行っています。また、鉱山事業のノウハウを生かして再生可能エネルギー事業や機械・環境事業など様々な分野に進出しており、とても勢いがある印象を抱きました。

こちらの企業様は、現在国内が採掘場所となる鉱山を保有しているだけでなく、南米チリにも山を保有しています。チリでは国内で確保できない銅山を保有しており、巨大なスケールを感じさせる写真が印象的でした。今後も新たな採掘源を求めて世界進出を行っていくそうです。

中でも、特に印象的だったのは、「不動産事業」です。鉱業となると資源を採掘したらその土地はそのままというイメージを訪問前は抱いていたのですが、こちらの企業様はその土地を不動産として活用しています。例えば、オフィスビルの開発や、ショッピングモールのような大型商業施設の建設など、地域活性化のため事業をされていて、とても印象的でした。

求める人物像としては、堅実で、社会貢献性を重視する学生だそうです。世界というダイナミックなスケールで人々の生活を支えるという事業は非常に魅力的だと思いました。

学センインターンNo.180202
上智大学 綜合グローバル学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

日本の産業の土台を守る

本日は、日鉄鉱業株式会社の木村様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、名前の通り、鉱業を専門にしています。産業の土台となる、資源の採掘を行っているため、日本の産業を支える上で欠かせない企業様です。
主に、産業における川上の部分を担う事業をされており、高知県の鉱山をはじめとして、国内に数多く鉱山を所有している、日本で数少ない鉱業の第一線を走っています。
また、今現在、海外での業務も活性化しており、南米や東南アジアなどにも幅を広げています。

資源は有限であるため、新たな採掘地を探索することも、こちらの企業様の仕事です。今だけを考えるのではなく、未来へ繋げていく姿勢が、非常にかっこよく感じました。
また、採掘場でのノウハウを活かした産業機械や分煙機などの機械製品の生産も行っています。また広大な鉱山跡地の有効活用も行い、不動産事業も行っています。

どれだけ人知を超えた技術が生まれ新たな機械や製品が発明されても、その根本にはやはり、それを作るための土台となる資源があります。その土台をこれから先も守っていく、という姿勢に感銘を受けました。
企業様としても、とても安定していて、働きやすい環境ではないかと思います。
とても素敵な企業様でした。

学センインターンNo.180205
法政大学 人間環境学部 2年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

滅多にできない経験から大きな人間に!

本日は、日鉄鉱業株式会社の木村様にお話を伺いました。こちらの企業様は、製造業・インフラ建設業の源となる石灰石や、銅の鉱山開発・操業を主軸に事業を行っています。天然資源はあらゆる産業の土台であり、人々の生活には欠かせないものです。この天然資源を入手するために、多くの資金と、昔から受け継がれている技術が必要になります。そのための技術力がこちらの企業様の強みであり、伝統を継ぐ責任感を強く感じました。

また、事業を進める中で、再生可能エネルギーの開発も行っています。一番の軸として、地下を把握する技術を生かし、地熱エネルギーの活用を進めています。地熱開発を行う場所を特定するのが難しく、あらゆる技術が必要とされるため、昔から培ってきた技術に自信を持っているからこそ挑戦できることだと思いました。他には鉱山跡地を活用して太陽光発電、水力発電も行っているそうです。

こちらの企業様では、やはり技術者の方の割合が若干多いですが、鉱山開発、操業に必要な事務手続きや、技術者のサポート業務など、文系の方も様々な挑戦ができます。

探鉱・開発活動を東南アジアなど世界各地で実施しているため、将来的に海外の拠点も増える可能性があります。そのため、駐在員向けの語学研修を行うなど、支援が充実しています。このように大きなフィールドの中で、一人ひとりが責任を持ち人間力を磨ける環境がある点に魅力を感じました。

学センインターンNo.180196
東京外国語大学 言語文化学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

山のような安定感

本日は、日鉄鉱業株式会社様にお話を伺いました。こちらの企業様は、鉄鋼、セメントなどの原料となる石灰石の採鉱を行っています。

私が企業様の強みに感じた点は2点あります。鉄鋼原料の供給源である鉱山を自社で所有する数少ない日本の企業として、大規模な事業を行っている点、そして事業だけでなく人材育成にも、長期的視点で力を入れている点です。

こちらの企業様は、海外にも資源の採掘拠点を構えており、操業の主導権を持っている鉱山を所有しています。そのため、海外鉱山開発・操業へ投資のみを行ってリターンを得る多くの同業他社と比較して、現場で独自の技術や経験を生かせる点で優位となっています。また採掘だけでなく、地熱発電や、採鉱を終えた鉱山跡地を利用した太陽光発電などの再生可能エネルギーの開発なども行われ、社会貢献という点でも影響力があります。

こちらの企業様は、堅実な社風であり、また「鉱山を所有する」という他企業が容易に真似できないスケールで働くという安定感があることは非常に魅力的であると感じました。着実に一歩一歩成長したい方にとって、良い企業様だと思いました。

会社名日鉄鉱業株式会社
事業内容鉱業(石灰石、タンカル、砕石などの採掘販売)を中心に、銅ほか鉱産物の加工・販売及び輸出入業、石炭・石油製品の仕入販売、機械・環境関連商品等の開発及び販売、不動産業、自然エネルギーを利用した発電業などを展開
URLhttp://www.nittetsukou.co.jp
所在地〒100-8377 東京都千代田区丸の内二丁目3番2号(郵船ビル6階)
資本金41億7600万円
設立昭和14年(1939年)5月20日 旧日本製鐵の鉱山部門が分離独立し当社設立
従業員数連結 1,853名 単体 669名 (令和元年9月末現在)