財務省× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

仕事は予算案の作成、国債管理、国際通貨政策と多岐にわたります。「仕事がきつい、男社会」というかつての風習から、今では採用者全体の3割が女性で、フレックスタイム制やテレワークを導入して、働き方が改善されています。 昔ながらの風習を尊重しつつも、変えるべきところは変えていくという考え方です。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180195
専修大学 ネットワーク情報学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

「世のため国のためになるスケールの大きい仕事」

本日は財務省の大臣官房秘書課人事第一係長の益子様と児玉様にお話を伺いました。

財務省は、国家予算案を作成する主計局をはじめとして本省に6つの内部部局があり、各部署にはそれぞれ役割が与えられ、専門性が必要となります。そのため、若いうちにさまざまな部署への異動を経験することにより、専門的な知識やスキルを身に着けることができます。また、教育制度も整っていて約2カ月間基礎研修として合宿制の研修を行い、ビジネスマナーはもちろんのこと経済や財政など、働く上で必要な知識を身に着けることができます。

一方で、昔ながらの先輩の背中を見て自ら成長していくという風習もあり、より若い人が成長していくことができる環境が整っていると感じました。 財務省を含む中央省庁は公務のため、コスト意識を持ちつつ国や世の中のためになることを第一に追求し、実現することができます。地方公務員と比較すると国民と距離があるようにも感じますが、50年、100年後の人々をも幸せにできる素晴らしい業務であると感じました。 「仕事がきつい、男社会」というかつての風習から、今では採用者全体の3割が女性で、フレックスタイム制やテレワークを導入して、働き方が改善されています。

昔ながらの風習を尊重しつつも、変えるべきところは変えていくという考え方にとても感銘を受けました。


学センインターンNo.180211
首都大学東京 経済経営学部 1年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

「大きなスケールと責任がある仕事」

本日は財務省の大臣官房秘書課人事第一係長の益子様と児玉様にお話を伺いました。「財務省」と聞くとはじめは堅いイメージがありましたが、お二人とも親切で気さくにお話をしてくださいましたので安心しました。

仕事内容は局によって違い、予算案の作成、国債管理、国際通貨政策と多岐にわたります。仕事のスケールと責任がとても大きく、そこが仕事のやりがいだとお二人ともおっしゃっていました。国家公務員、特に中央省庁は地方公務員と違い、国民と直接関わることは少ないですが、今生きている人だけではなく50年、100年後に産まれてくる人、つまりは未来の国民にも大きく関わっているとおっしゃり、そのスケールの大きさに脱帽しました。

昔の“仕事がきつく残業が多い雰囲気”が、現在では変わりワークライフバランスを重要視して、男性も女性も育児休業を取得しやすい雰囲気、職場復帰しやすい環境が整っているそうです。

採用については、学歴や資格で判断するのではなく志望動機や仕事に対しての強い意欲を重要視しているので、スケールの大きな、責任を伴う仕事をしてみたいと考えている人にとって良いと感じました。

会社名 財務省
事業内容 予算・決算、税制などの国のお金に関する事業
URL https://www.mof.go.jp/
所在地 〒100-8940 東京都千代田区霞が関3-1-1
資本金
設立 1869年7月8日
従業員数 約7万名

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!