協伸サンテック株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

こちらの企業様は、環境インフラ設備の機器や配管の、設計・製作・設置を事業としています。 排水処理の機械やゴミ収集関連の機械を、関東を中心に、全国に提供しています。 取引先など、仕事をする中で様々な年代の人と関わることが多いそうです。 少数精鋭で、ご自身が企業に大きく関わっているからこそ、周りを頼ることの必要性と、頼れる雰囲気作りを心がけていらっしゃるようです。


マイナビ2022



マイナビ2022


ビジコミ一覧


【動画ビジコミ 2021年2月 訪問】

学センインターンNo.200274
北海道大学 工学部 2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「人と人をつなぐ、環境インフラのプロフェッショナル」

本日は、協伸サンテック株式会社様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、私たちの生活の基盤となる環境を維持・改善するための施設や機械を手掛けています。協調と和を重要視しており、社員だけでなく、お客様とも密な連携を取りながら、一環となってより良い社会を作っていこうという理念のもと設立されたそうです。
仕事柄、お客様と長い付き合いになることが多く、その分大きなやりがいが感じられると思いました。人への思いやりを持てる方、モノづくりへの強い興味を持てる方にぜひ入社していただきたいと仰っていました。

環境インフラに必要不可欠な機器の製作と組立工事の両方に携わる数少ない企業様であり、入社後は図面の設計、製図、材料、製品といった幅広い知識を、先輩社員に教えていただきながら学んでいきます。業務全般への幅広い知識が身につくため、そのようなものに興味を持てる方にとって大変魅力的だと感じました。

排水処理の機器やごみ処理関連の機器など、現地での組立や製作が中心となるため、新型コロナウイルスによる影響は少なく、安定した事業となっています。また、材料などは基本的にすべて日本製であるため、輸出入も影響を受けず業務ができているそうです。この点も、地域やお客様とのつながりを意識した経営方針に沿っているからこそだと感じました。インフラ設備や省力化機器などは私たちの生活に必要不可欠なものであるため、今後も重要な事業になると思います。採用については通常通り行っているほか、実際に業務を見たいという方のために、感染症対策も考慮して少人数での工場見学も行っています。メールにも対応してくださるそうで、とても魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.200050
慶應義塾大学 薬学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「温かく働きやすい環境」

本日は、協伸サンテック株式会社様へインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、下水処理場の工事やプラント設備の工事などの事業を展開しています。社員会ではボウリングやバーベキューも行っており、拝見した写真からも社員同士の和気あいあいとした様子が伝わってきました。

こちらの企業様の最大の魅力としては、製造のみを行う企業、工事のみを行う企業がある中で、製造から工事までを自社内で一貫して行うことができる点が挙げられます。完成後も点検を行うなど、お客様と長きにわたって関係を築けることも魅力であり、業務のやりがいだと思いました。
工事部に関しては、出張なども行います。数か月から年単位でその工事、製作へ携わることができ、工事が終わったときにはとても大きな達成感が得られると感じました。

インタビューを通してとてもアットホームな企業様であると感じました。人とのつながりを大切にされていることが伝わってきました。業務においても経験よりも熱意を重視されており、やりたいという意欲を尊重してくださる、とても働きやすい環境の企業様だと感じました。

学センインターンNo.201054
神戸大学 経済学部 1年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「社長の会社愛が溢れる企業」

本日は、協伸サンテック株式会社の代表取締役社長の吉田様とご担当者様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様の主な事業は、下水処理などの環境整備事業や、産業用機械・省力化機器の製作・施工です。技術系の職種ということで理系の方が多いですが、工場などでの仕事に興味を持つ学生であれば、文理学部問わず採用をされており、学生の意欲を重視してくださる企業様でした。

工事を定期的に行うことが多いため、リピーターを増やすことが重要となります。お客様一人ひとりとの信頼関係がなければ、成り立たない業務です。相手としっかり向き合う丁寧な接客が大切で、それは今回のインタビューからも実感することができました。
創業から60年以上、お客様から選ばれ続けている秘訣は、一貫して請け負える技術力はもちろんですが、社員の方々の人柄にもあるのではないかと思いました。

副業についても「全く異なる分野の知識を持つことで、会社にも新しいアイディアが生まれるかもしれない」と前向きに捉えており、リモートでもできる副業を検討していた私は、大きな魅力を感じました。
製造業が中心なので、コロナ禍でも通常通り業務を行えており、給与も安定しているそうです。また、実際に工場を見て、興味を持った方にぜひ、入社してほしいという思いから、少人数での企業見学も実施しています。
休日でも、頭のどこかで会社のことを考えていると仰った吉田様の笑顔から、企業様への愛が感じられました。

学センインターンNo.200071
横浜国立大学 理工学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「環境インフラに貢献する、ものづくりにやりがいを感じられる企業」

本日は、協伸サンテック株式会社のご担当者様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、下水処理場やゴミ焼却場などの環境インフラのプラントの整備、民間企業のプラントのメンテナンスを行い、社会貢献されています。

本日のお話では、環境問題に対する業務方針について詳しく伺いました。ご担当者様は、学生時代に環境エネルギーについて学んでいたことから、省エネ化に関心を持っておられ、書類のデータ化や設備材料の削減に積極的に取り組まれています。また、横浜市の環境に対する取り組みに合わせて、排ガスの無害化や省電力化にも尽力されています。今後は、再生可能エネルギーへ携わることも目標としているそうです。
私は、環境化学について大学で学んでいることもあり、環境分野での貢献性の高さに大きな魅力を感じました。お話を伺って、とても魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.200185
学習院大学 法学部2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「暮らしを支える」

本日は、協伸サンテック株式会社のご担当者様にお話を伺いました。

こちらは、環境整備事業を手掛けている企業様です。
理系出身の社員の方が多いそうですが、文系出身の学生でも丁寧な研修や教育があるため、問題なく業務に取り組めます。近年の環境問題に対しても柔軟な対応をされており、まさに私たちの生活に欠かせない企業様です。

新型コロナウイルスの影響によって、世の中の生活や働き方に変化がたくさん起こりました。しかし、こちらの企業様は環境整備事業を通して、私たちの生活を日々支えてくださっています。現場へ足を運ぶ業務が多いため、テレワークなどは取り入れていないそうです。そのため、給与面や売り上げなどにも変化はなく、安定している企業様だと思いました。
人々の生活を直接支えていることを感じ取れる、やりがいに満ち溢れた企業様です。

学センインターンNo.201222
大阪大学 基礎工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「安定した経営基盤を持つ企業」

本日は、協伸サンテック株式会社様にインタビューさせていただきました。
こちらの企業様では、主に下水処理場や浄水場などの環境インフラのプラント設備や、民間企業のプラント設備など、私たちの生活に密着した業務を行っています。

業務の売上について、コロナの影響は受けていないそうです。環境インフラの仕事が多いので、コロナだからといって、ストップしてしまうと生活に影響が出てしまうという理由がありました。しかし、輸出入が滞ってしまい、海外との取引は減ってしまったそうです。この状況を逆手に取り、今後も国内の会社で協力して、事業を行っていくという状況になっていくのではないかと仰っていました。このように、国内シフトすることのメリットは、国内の材料の方が質が高いので、品質向上ができる点です。デメリットは、コストが高くなる点があります。また、業務への影響が少ないため、給与の減少もないそうです。このお話を聞いて、コロナなど一時的な厄災にも左右されない、安定した業務を行っていることが分かりました。

建築学科の方はもちろんのこと、環境インフラに興味を持っている方々もぜひ、見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.200162
早稲田大学 政治経済学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「アフターコロナに向けての取り組み」

本日は、環境整備事業を主に行っている、協伸サンテック株式会社様にインタビューをさせて頂きました。
コロナ禍という状況下に伴い、新しく取り組まれていることを伺ったところ、現場での作業がメインであるため、テレワークを取り入れるには限界があるそうです。しかし、顧客との打ち合わせをオンラインで行うなど、新しい視点からのオンライン化へと取り組まれており、アフターコロナに向けて、より効率的に業務を遂行するため、オンラインとオフラインを掛け合わせた、ニューノーマルを築くべく、模索中とのことでした。オンライン化が難しい業種ではありますが、そんな中でも前向きにできることはやってみようという、チャレンジ精神がとても印象的でした。

また、インタビューを通して感じた、社員の方々の暖かく風通しの良い雰囲気が、とても魅力的でした。こちらの企業様は、本社と工場を一体型にすることで、工場の雰囲気を肌で感じ、現場との円滑なコミュニケーションを図ることができるそうです。
成長性があり、働きやすい環境の整っている魅力的な企業様でしたので、是非多くの方に見て頂きたいです。

【動画ビジコミ 2020年12月 訪問】

学センインターンNo.201041
京都大学 工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年12月 インタビュー】

「人々の生活を支える、ものづくりのプロフェッショナル」

本日は、協伸サンテック株式会社様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様の主な事業内容は、環境整備事業や産業用機械・省力化機器の製作・施工です。技術系の職種ということで、理系の方がとても多いそうです。

入社後の流れとしては、まず現場で働く前に、社内で業務に必要な知識を身につけます。そして知識を身につけた後、先輩社員の方と一緒に現場で働きます。いきなり現場に出るのではなく、安心して業務に取り組めるように配慮した教育制度になっている点に魅力を感じました。

こちらの企業様の強みとして、会社と工場が隣接していることが挙げられます。社長が社員と近い距離で仕事をしたいということもあり、会社と工場を隣接させたそうです。会社と工場が隣接しているため、急な注文や緊急の施工にも対応可能となっています。また、製造部の方は、ものづくりを最初から最後まで一貫して行えることが楽しみでもあり、やりがいでもあると仰っていました。
人々の生活に欠かせない機械の製造に一貫して携われるので、ものづくりが好きな方はもちろん、人々の生活を支えたいという方にとっても、魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.200201
慶應義塾大学 理工学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年12月 インタビュー】

「0から完成までのものづくり」

本日は、協伸サンテック株式会社様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、下水処理場やゴミ焼却場などの環境整備機器の設計・製作・組立や、配管工事、鉄骨工事などを行っています。

こちらの企業様の強みは、事業所と工場が隣接していることです。緊急で対応しなければならなくなった際に、他の会社を介さず、すぐに制作、工事できる点が、お客様の高い満足度にもつながっています。また、設計から工事まで一貫して行うため、0から完成まで携われる点が、働かれている方の大きなやりがいにつながっています。

さらに、工場勤務の方と事業所勤務の方で連携がとりやすく、風通しが良い環境にもなっています。現在はコロナウイルスの影響で開催できていないそうですが、例年は社員会やボウリング大会、納涼祭も行われていて、社員同士のより良い関係を構築されています。
環境やエネルギー関連の仕事がしたい方、0から完成までのものづくりに携わりたい方にとって、とても魅力的な企業様です。

学センインターンNo.180202
上智大学 綜合グローバル学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年9月 訪問】

「人々を支える、生活に欠かせない仕事」

本日は、協伸サンテック株式会社のご担当者様にお話を伺いました。 こちらの企業様は、環境インフラ設備の機器や配管の、設計・製作・設置を主な事業としています。一つの物を作る上で、設計段階から、実際の施設に設置をするところまで、一貫して行っていることが大きな強みで、非常に達成感を得られる仕事だと仰っていました。その他にも、工場の管理、設置現場での監督、見積もりの作成、営業など、様々な業務を行っています。

排水処理の機械やゴミ収集関連の機械を、関東を中心に、全国に提供しています。このような、生活に密接に関係していて、なくてはならない仕事は、今後の社会情勢などにも左右されず、非常に安定していると感じました。 取引先など、仕事をする中で様々な年代の人と関わることが多いそうです。そのため、求める学生像は、コミュニケーション力がある人、また、様々な仕事に対して、ポジティブに進んでチャレンジができる人、と仰っていました。

また、求める人物像のお話の中で、困ったときに困ったと言える人、と仰っていたことが、印象に残っています。少数精鋭で、ご自身が企業に大きく関わっているからこそ、周りを頼ることの必要性と、頼れる雰囲気作りを心がけていらっしゃるようです。

温かな社風、生活になくてはならない仕事に携わることで得られる達成感や、やりがいを感じられる、魅力的な企業様だと感じました。


学センインターンNo.200186
慶應義塾大学 経済学部1年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年9月 訪問】

「クリーンな未来を創造していく」

本日は、協伸サンテック株式会社様にインタビューさせていただきました。こちらの企業様は、主に環境整備事業や、産業用機械・省力化機器の製造をされています。創業60年以上の歴史を持ち、人々の暮らす環境を支えられています。

こちらの企業様には、長年にわたる事業から築かれた幅広いネットワークと、実績に裏打ちされた高い品質、という特徴があります。また、従業員が50名ほどであるため、一人ひとりの業務に責任があり、とてもやりがいを感じることができるそうです。さらに、人々の生活に欠かせない仕事をされていることに加え、新型コロナウイルス感染症による打撃をあまり受けなかったそうで、安定した事業だと思いました。

インタビューさせていただいた中で、「仕事のほとんどは人と人とのつながりの中にあるため、コミュニケーション力がとても大切」と仰っていたことが、とても印象的でした。スキルや能力を身につける以前に、人間力が一番大切なのだ、と改めて感じることができました。 本日のインタビューを通して、こちらの企業様をぜひ見ていただきたいと思いました。

会社名協伸サンテック株式会社
事業内容環境整備事業、産業用機械・省力化機器の製造
URLhttp://www.kyoushin-suntech.co.jp/pc/index.html
所在地〒252-0013 神奈川県座間市栗原873-18
資本金2,000万円
設立1961年(昭和36年)12月15日
従業員数48名
https://job.mynavi.jp/21/pc/search/corp204462/outline.html