株式会社カツシカ× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

化粧品容器の中でも特に高度な技術を要する口紅の容器を製造。 デザイナーが提示したものを実際に形にしていく、0から1を作り上げる仕事、やりがいはとても大きい。スピード感が大きな強み、高い技術で確かな信頼。楽しみながら成長を感じることができる環境。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180126
國學院大學 文学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年8月 訪問】

「イメージを形に」

 株式会社カツシカ 総務部の児玉様にお話を伺いました。カツシカ様は、化粧品容器の中でも特に高度な技術を要する口紅の容器を製造されています。

お話の中で、特に印象的だったことが2つあります。1つ目は、入社後のミスマッチを無くすことに力を入れていらっしゃることです。化粧品容器の製造と聞くと華やかな印象を受けますが、実際は下町の工場ということで、そのギャップを埋めるために説明会後に工場見学をするそうです。現場を見せていただき、働くイメージを持たせてもらえるというのは、就活生にとって非常に嬉しいことだと感じました。2つ目は、7ヶ月という長期間の研修があることです。技術職はもちろん、デザイナーと商品の構想を練り様々な提案をする営業にも技術の知識は必要であるため、この研修では全ての部署を回って適性を見るそうです。また、文系でも技術職に就くことが可能で、入社後の努力次第で自分のキャリアを設計できる点がとても魅力的だと感じました。

営業職は、契約企業へ費用や納期など様々な側面から製造に向けた提案をし、技術職はデザイナーが提示したものを実際に形にしていきます。それぞれ、完成した商品を店で見たときや、難しい要件をクリアし形にできたときのやりがいはとても大きいと伺いました。0から1を作り上げる仕事なので、既存の考えにとらわれず、柔軟なアイデアを形にしていく楽しさがとても興味深かったです。


学センインターンNo.180045
早稲田大学 商学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年8月 訪問】

「高い技術でものづくりを」

カツシカ様は、化粧品の容器メーカーで、中でも口紅に特化しています。私たちもよく目にしている口紅のケースなどもカツシカ様が製造されたものです。口紅のケースはカツシカ様を含む大手3社が9割のシェアを占めているそうですが、競合と比較した際に、唯一国内に工場があることにより、試作品をすぐに作ることができるなど、スピード感が大きな強みとなっています。

製造業ということもあり、社内は理系の男性が多いそうです。化粧品のケースと聞くと華やかなイメージがありましたが、高い技術で確かな信頼を得ている企業様であることがわかりました。技術職というと未経験は難しいと思いがちですが、研修期間が7ヶ月もある上に、配属後も2年ほど部署研修があるなど、未経験でも安心して働くことができる環境です。花見やスキーなどの社内イベントも多いそうで、普段からコミュニケーションを活発にとることが仕事のやりやすさにも繋がっています。スキルや知識を身につけ、一つひとつのものを作り上げ、世に送り出す楽しみは、製造メーカーだからこそのやりがいだと思います。楽しみながら成長を感じることができる環境がとても魅力的でした。

会社名株式会社カツシカ
事業内容化粧品容器・口紅容器開発
URLhttp://www.katsushika.com/
所在地東京都葛飾区西新小岩3丁目20番8号
資本金11,000,000円
設立昭和24年4月
従業員数130名
http://www.katsushika.com/recruit/index.html