株式会社加藤製作所× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

クレーン等の建設機械の製造、販売、アフターケアを行っています。 1895年の創業以来歴史のある企業様で、製品の操作のしやすさ、頑丈さだけでなく、豊富なラインナップも強みだそうです。 海外にも工場を持ち、これからも海外での販売に力を入れていきたいとのことです。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180036
明治大学 商学部 4年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年10月 訪問】

「業界シェアを狙う」

本日は株式会社加藤製作所様で総務人事部として活躍されている北野様にお話をお伺いいたしました。こちらの企業様は、クレーン車とショベルカーを作っているメーカー様で、作るところから販売するところ、さらには部品の取り換えといった点検の事業を主に行っているそうです。会社の歴史は長く、かつては様々な事業を行っていましたが、近年では、この事業に一番注力を入れているそうです。

またちょうど最近転換期として、ホテル事業であったりプロバスケットボールチームのオーナー会社になったりと新たなことも始められているとのことでした。事業として固い地盤を作り、新たなことに取り組むことはまさに理想的な企業様であると感じました。

今回、インタビューを通して感じたのは、このような業界のことを聞くこと自体が新鮮で大変貴重な経験になりました。そして、クレーン車やショベルカーの販売先が建設会社ではなく、レンタルの専門会社に販売し、こちらをレンタル会社が建設会社にレンタルしているとのことを知りました。 会社の雰囲気としては、仕事に対して熱意のある方が多くいらっしゃると感じました。 


学センインターンNo.180087
東京外国語大学 言語文化学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年10月 訪問】

「若手から輝く」

本日は株式会社加藤製作所様の総務人事部の北野様にお話を伺いました。こちらの企業様は、ショベルカー、クレーン等の建設機械の製造、販売、アフターケアを行っています。1895年の創業以来歴史のある企業様で、製品の操作のしやすさ、頑丈さだけでなく、豊富なラインナップも強みだそうです。海外にも工場を持ち、これからも海外での販売に力を入れていきたいとのことです。私が一番魅力に感じたのは、若いうちから重要な仕事を任せてもらえる環境です。実際に北野様も入社3年目で、中途採用の面接等もされているそうです。一方、社風は非常に温かく、社歴の浅い方でもなんでも聞ける環境であるそうで、若手からしっかりと活躍できる環境が整っていることに魅力を感じました。また、建設機械という世の中にあるものの一つに詳しくなることができるというところも非常に面白いと思いました。工事現場を見て、どの企業の建設機械が使われているということが分かるそうで、仕事を通して自分の世界を広げることができるところに魅力を感じました。

今後は建設機械の事業をさらに発展させるだけでなく、ホテルの運営もしていくそうで、歴史があるだけでなくこれからも発展していく素敵な企業様だと感じました。

会社名株式会社加藤製作所
事業内容荷役機械 (全油圧式トラッククレーン、ラフテレーンクレーン、オールテレーンクレーン、
搭載型トラッククレーン、クローラクレーン)
建設機械 (油圧ショベル、基礎工事用アースドリル、ミニショベル、クローラキャリア)
産業機械 (真空吸込式路面清掃車、万能吸引車、スノースイーパー)
林業機械 (フォワーダ、タワーヤーダ)
URLhttp://www.kato-works.co.jp/index.html
所在地〒140-0011 東京都品川区東大井 1-9-37
資本金29億3,589万円(発行済株式総数1,174万株)
設立1935年(昭和10年)
従業員数892名(連結1,258名)  2019年3月31日現在