片倉コープアグリ株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

肥料事業をはじめとして様々な事業に枝分かれしており、現在も新たな事業を展開。農業業界の働く現場をより良いものに変えようとする社員の皆様の優しいパワー。一人ひとりに対して手厚い配慮を行っている優しさに溢れた企業。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.201074
広島大学 教育学部1年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年3月 インタビュー】

「農業に貢献する企業」

・企業様の魅力について
本日は、片倉コープアグリ株式会社のご担当者様お三方にお話を伺いました。今回のお話では、新卒一年目の営業担当の若手社員の方にもお話を伺うことができました。農業系の学部を卒業した後に、農業系の仕事がしたいということで、企業様に入社されたそうです。歴史ある企業様ということで、堅苦しい社風をイメージしていたのですが、ご担当者様曰く全くそんなことはなく、困ったことがあれば先輩にすぐ相談することができる雰囲気もあるそうです。また、意欲に応じて、裁量も持たせていただけるそうで、やりがいを感じながら働かれている印象を受けました。

・コロナの影響について
また、この一年の大きな変化である新型コロナウイルスの蔓延に伴う影響についても伺いました。例年、東京で行われる新人研修がキャンセルとなり、工場や受渡業務での実地研修がメインになる、という大きな変化があったそうです。しかし、配属先の方と早めに関係を築くことができるなど、ポジティブな面もあったそうです。従業員含め、会社全体として、農業に貢献していこうとする意欲が高く、熱の感じられる企業様でした。本気で農業に携わっていきたい方は、ぜひ一度、見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.200266
岩手大学 農学部 2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年3月 インタビュー】

「裁量のもてる大手肥料企業」

・企業様の魅力について
本日は、片倉コープアグリ株式会社のご担当者様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、設立100年を迎えた肥料事業を中心に、化粧品などの事業も展開しています。お話を伺う中で、若手でも裁量権があり、肥料知識に関係なく、個性を活かせる企業様であると感じました。特に、歴史ある企業にも関わらず、裁量権や決断を若手に任せる柔軟性を感じました。
お話を伺った3名の方の誰もが、各立場での役割を担い、その中での成長を感じているとおっしゃっていたのは、中々聞けない言葉だと思います。
働く中で学びながら成長できる取り組みが多く、環境の良さも感じられました。

・コロナの影響について
コロナ禍の中でもオンラインと対面を併用し、採用活動を進めているため、肥料に興味がある方はもちろんのこと、農業や肥料に関する知識が無かったとしても、上場企業で成長したいと向上心がある方や就職して企業にイノベーションを起こしたいと考えている方は、遠方であってもチャレンジしやすいと思います。
今年度の採用活動としても、最終項目付近まではオンラインを活用し、最終段階が対面という形をとっているため、オンラインで行われる説明会などに積極的に参加することで、より企業様の良さを感じてほしいです。
実際、昨年度もコロナの影響に関係なく採用しているため、安定性を重視している学生にも、魅力的だと思いました。

学センインターンNo.211013
北九州市立大学 法学部 2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年3月 インタビュー】

「肥料だけではない、企業様の魅力」

・企業様の魅力について
片倉コープアグリ株式会社様が行っている事業は、肥料の製造販売だけではありません。日本だけでなく、海外にも事業を展開しています。
海外での事業のひとつに、農業土壌のコンサルティングがあります。どうすれば収穫量が拡大するか、質がよくなるかを分析し、改善を図ります。主に、中国でこの事業を行っており、今後は東南アジアにも拡大させる予定だそうです。
また、土へ与える微生物資材の開発も行っています。農薬のやりすぎ、化学肥料の与えすぎが原因で作物は病気に負けやすくなってしまいます。そこで、企業様は、代わりに病気に強い微生物資材を開発することでより作物が育ちやすい環境に変えることができます。

・コロナの影響について
コロナ禍における採用活動について伺いました。
オンライン面接では、一次面接の担当者の方によると「自分の言葉で話しているか」や「会社についてしっかりと調べているか」など熱意をみているそうです。また、二次面接では、対話形式の面談で実施しています。これは、ミスマッチを防ぐための配慮によるものです。
また、最終面接を受ける前に、実際に働く社員にインタビューもできるそうです。
全体を通して、ミスマッチを防ぐ工夫がされている採用活動だと感じました。

学センインターンNo.200207
早稲田大学 文学部2年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「経験が力に」

本日は、片倉コープアグリ株式会社のご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、主に肥料事業を行っています。
キャリアステップに関連して、働き始めてから今まで、仕事に対する考え方の変化や気づきがあったかを伺いました。その際、ご担当者様は「これまで研究、企画、人事など、様々な部署に配属されていた。それぞれ繋がっていないように思われるが、採用に際に、研究の部署にいたときの知識を用いて学生の質問にスムーズに答えるなど、経験が役に立っている」と仰っていました。このお話を伺って、企業を選ぶ際に、様々な業務を経験できることを条件に入れるのも良いと思いました。

また、新型コロナウイルスの影響でWEB面接となり、学生の熱意が伝わりづらいのではないかという質問に対しては、むしろプラスの面が増えたと仰っていました。WEB面接では、対面でのグループ面接とは異なり、一対一で和やかな雰囲気の中行われます。それにより、双方の十分な理解が可能となっています。変化をチャンスに変える柔軟な企業様だと感じました。
最後に、第一次産業であるため「とても安定している」が企業様のキーワードに挙げられます。第一次産業に携わり、安定した環境で働きたいという方にとっても、とても魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.211014
立命館大学 文学部 2年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「社員想いの安心してキャリアを積める環境」

本日は、片倉コープアグリ株式会社様にお話を伺いました。
お話を伺う中で、こちらの企業様には、ワークライフバランスを保ちながら働ける環境があると感じました。男性の育児休暇の取得を推進されていることも魅力だと思います。こちらの企業様の男性社員の育児休暇取得率も一般的な水準に比べて高いのですが、「100%にする」という目標を掲げており、取得しづらいといった意識を無くす雰囲気作りをする、育児休業中も一定の給料が支給されるという知識を共有するなど、様々な対応をされています。

農業関連の事業を行っている企業では、文系の学生の応募は歓迎されないのではないかと考えていました。しかし、こちらの企業様では、多様な学生に来てほしいという考えから文系の学生も歓迎しており、入社後には丁寧な研修が行われます。文系だからといって面接や配属で不利にならないことが分かりました。

こちらの企業様ではコロナ禍における対応として、リモートワークを推進されています。リモートワークによって社員同士のコミュケーションに影響が出たのではないかと思いましたが、チャットツールやビデオ通話を活用するなど、スムーズなコミュニケーションが行われているそうです。画面共有で資料を見ながら会議ができるなど、リモートワークならではのメリットもあるのだと感じました。
お話を伺って、とても魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.200254
静岡県立大学 国際関係学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「安定と伸び代のある企業」

本日は、片倉コープアグリ株式会社のご担当者様にお話を伺いました。
キャリアステップについての質問の際、全国に拠点を持っているこちらの企業様での配属部署はどのように決まるのかを伺ったところ、面談を実施して希望を聞いた上で決定されるそうです。また、ジョブローテーション制度などもあり、様々な職を経験できると仰っていました。このように様々な職を経験させていただけることは、とても大きな魅力だと感じました。複数の部署で経験を積むことでスキルや知識が身に付き、行える業務が増えるということは、キャリアアップにも繋がると思いました。

また、新型コロナウイルスの影響はほとんど受けておらず、安定して事業を行うことができているそうです。倒産する企業や人員カットをする企業がある中、安定して働けるこちらの企業様は、就活生にとって魅力的に映るのではないかと感じました。
安定と伸び代のある、魅力的な企業様だと感じました。

【動画ビジコミ 2021年1月 訪問】

学センインターンNo.201232
同志社大学 社会学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「私たちの食や生活を100年以上支え続けてきた会社とは」

本日は、片倉コープアグリ株式会社様にインタビューをさせて頂きました。
こちらは、肥料業界シェアNo.1を誇り、100年以上の歴史がある企業様です。肥料の製造の他に、化粧品の製造販売も行っています。

インタビューを通して、魅力に感じたことは、育休取得率の高さです。
女性社員の方は100%育休を取得し、男性社員の方の育休取得率は44%です。育休が終わった後に復職されて、時短勤務などの制度を活用しながら、社員の方は働かれています。社員全員が育休を取り、子育てと両立しながら、長く会社で働いてほしいと仰っていました。社員全員が新卒社員を育てる思いがあり、研修制度や上司に分からないことがあればすぐに聞ける環境が整っていると思いました。

次に、企業様のコロナに対する考え方ですが、コロナ禍で、社員の健康第一優先として8割以上の社員の方がリモートワーク実施中だそうです。業績のほうを伺ったところ、コロナ前と大差がないと仰っていました。
食は、なくてはならないものであり、私たちが毎日食べている農作物は、肥料がなくては成り立ちません。
こちらの企業様は、私たちが生活していくうえで、欠かせない存在であると思いました。

学センインターンNo.200131
慶應義塾大学 環境情報学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「いつの時代も安定の肥料事業」

本日は、片倉コープアグリ株式会社のご担当者様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、設立100年を迎えた肥料事業を中心に行っています。全体的に風通しがよく、働きやすそうな企業様であると感じましたが、その中でも特に私が魅力的に感じたのは、ライフイベントにおける福利厚生です。

会社全体として、産休や育休は取るように推奨されており、実際に女性の取得率は100%、男性でも44.4%と、非常に高い数字となっています。女性はもちろん、男性でも育休を進めてくれる会社はまだまだ少ない中、大変貴重な企業様だと思いました。

コロナ禍の業績が気になるところですが、コロナ禍であっても肥料は使用されるため、ほとんど変わらないそうです。働き方に関しては、4月から工場勤務以外はほぼリモートワークになっているそうです。肥料という、いつ何時でも人々が必要とする「食」に関する事業だからこその安定感だと感じました。
社内の雰囲気も、コミュニケーション能力が高い方が多く、明るい職場であると思いました。

学センインターンNo.200185
学習院大学 法学部2年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「私たちの生活の源」

本日は、片倉コープアグリ株式会社のご担当者様にお話を伺いました。
こちらは、肥料事業を中心に飼料事業・化粧品原料事業・不動産事業・分析受託事業といった、幅広い事業を展開されている企業様です。幅広く事業を展開されていますが、約8割は肥料事業であり、およそ3,000ほどの肥料業界の中で、常にトップを走り続けています。

まず、注目してもらいたいのは、福利厚生などを含めた働きやすさという点です。女性の育休取得率は100%、男性の取得率もとても高いです。さらに、男女共に育休取得率100%を目指し、推奨しています。勤務時間も、1日7時間半と、一般の企業よりも短くなっており、お子様のいる方は時短勤務も可能となっています。結婚やお子様が生まれた時、ご入学された時などのライブイベントに対して補助したりと、福利厚生面もかなり充実しており、男性だけでなく女性も働きやすい環境となっています。社員一人ひとりの生活や、働きやすさを大切にされており、『社員は「人財」だ』ということがとても伝わってきました。

私たちは、毎日野菜や果物などの食物を必ず食べます。これらは肥料無くして作れません。そのため、肥料は日本がどのような状況に陥っても、必ず必要とされます。実際に、コロナ禍となった2020年でも、業績は落ちていません。この先、何十年、何百年と人類が滅びない限り、安定した企業様だと感じました。

また、コロナ禍で、ほとんどの社員の方々がテレワーク実施中だそうです。今後、コロナウイルスが収束し、アフターコロナといった状況となった際には、テレワークと通常の働き方とを織り交ぜて、より良い働き方を目指しています。常に成長を続けることにこだわった企業様です。
こちらの企業様は、私たちの生活の根本を支え続けてくださっています。ぜひ、見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.180009
中央大学 法学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年9月 訪問】

「農業分野を牽引する優しさ」

片倉コープアグリ株式会社の髙野様、善本様にお話を伺いました。こちらの企業様は、肥料事業をはじめとして様々な事業に枝分かれしており、現在も新たな事業を展開しています。

今回、インタビューを通じて印象深く残ったのが農業業界の働く現場をより良いものに変えようとする社員の皆様の優しいパワーです。まず、女性の働き方に関して、かつてのこの業界ではいわゆる男社会であるのが通例でした。善本様が入社された時には女性の総合職の先輩が一人もいなかったということに驚きました。そんな時代から改善を続けて業界初の女性の育休取得を実現したそうです。また、新規事業に関しても中国への海外展開をしているほか、未利用資源を常に探し求めて肥料にするため日々努力しているなど、新たな事業に挑戦することで環境や業界を改善しようという穏やかな熱意を感じました。

求める人材は「チャレンジ精神を持った人」で、周囲もチャレンジを後押ししてくれる環境となっています。それは、風通しが良くあたたかい上司との関係や、大きな案件にも周囲のサポートがあるという安心感のもとに生まれていると思いました。過去に農業に縁がなくても、文系理系問わず挑戦できるのでぜひ扉をたたいてみてください。  


学センインターンNo.180162
立教大学 法学部 2年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2019年9月 訪問】

「文理を問わず開かれた優しさにあふれた企業」

本日は、片倉コープアグリ株式会社様に訪問させていただき、髙野様と善本様にお話を伺いました。こちらの企業様は、肥料事業を中心に飼料事業、化粧品原料事業、不動産事業、分析受託事業などを行っています。近年特に力を入れている事業が海外事業で、主に中国で展開しているそうです。不動産や化粧品など、一見肥料とはかけ離れているような事業も行っていると聞き驚きましたが、お話を聞くと全て肥料事業が元となっていてそこから派生しているように感じました。本日は、片倉コープアグリ株式会社様に訪問させていただき、髙野様と善本様にお話を伺いました。こちらの企業様は、肥料事業を中心に飼料事業、化粧品原料事業、不動産事業、分析受託事業などを行っています。近年特に力を入れている事業が海外事業で、主に中国で展開しているそうです。不動産や化粧品など、一見肥料とはかけ離れているような事業も行っていると聞き驚きましたが、お話を聞くと全て肥料事業が元となっていてそこから派生しているように感じました。

職場の環境はとても風通しがよく、若手でも意見が言いやすい雰囲気だそうです。私が一番魅力を感じた点は社員の生活を第一に考えた働きやすい制度があることです。例えば、法律上の支援だけでは子供が3歳になるまでしか利用できない時短勤務も、こちらの企業様独自の支援として子供が小学3年生になるまで利用できるそうです。また、一般職と総合職の間の行き来ができる制度もあることも珍しいと思いました。農学部系の学生が多いという現状を踏まえて文系の学生にもなじみやすいように少し長めの新人研修を行うなど、一人ひとりに対して手厚い配慮を行っている優しさに溢れた企業様だと感じました。

会社名片倉コープアグリ株式会社
事業内容肥料事業、化成品事業、飼料事業、不動産事業、化粧品原料事業、海外事業、分析受託事業、研究開発
URLhttp://www.katakuraco-op.com/
所在地〒102-0073  東京都千代田区九段北一丁目8番10号 住友不動産九段ビル15階
資本金4,214百万円
設立1920年3月14日
従業員数連結 823名 単体 625名
http://www.katakuraco-op.com/recruit/index.html