日本無線株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

日本の技術力の高さを誇りに!通信・情報の分野における機器の製造・販売を手掛ける企業。 世界に高品質の商品やサービスを提供!陸上から海上まで幅広い分野に事業展開。

ビジコミ一覧


2018年4月 訪問
中央大学 法学部 3年(女性)

技術と信頼で繋がる

ソリューション事業部の岡本様、マリンシステム事業部の辻様にお話を伺いました。

今回はお二人の仕事内容や、今後の各部署の展望を中心に、私の感じた魅力をご紹介します。
岡本様は現在シンガポールエリアのお仕事をされており、主に空港の通信機器を扱っていらっしゃいます。ソリューション事業部では、商品の質の良さと不具合や点検における対応の早さを強みにされていて、日本ならではの丁寧な仕事を心がけていることがわかりました。また辻様は現在主に韓国エリアのお仕事をされていています。
お二方が海外でのお仕事をされていることからもわかるように、日本無線様では海外で活躍したいという夢も叶います。英語が全くできないところからはじめて、今では英語をたくさん仕事で使って仕事をされている方もいらっしゃるため、現在の語学力にとらわれる必要はありません。

今回のインタビューで何事も大切なのはやる気であると感じました。挑戦したいという気持ちのある方は、是非日本無線様を見て頂きたいと思いました。

2018年4月 訪問
成城大学 法学部 4年(男性)

ジャパンクオリティ

本日は日本無線株式会社様の辻様、岡本様、真田様にお話を伺ってまいりました。

こちらの企業様は、通信・情報の分野における機器の製造を行っており、世界中に高品質の商品や、サービスを提供されています。
強みは日本らしく製品が高品質である事と、修理などのケアの待遇が厚いことだとおっしゃっていました。
辻様は世界中の船舶の航海を支えているマリンシステム事業、岡本様はインフラ関連などの業務を総合的に支援しているソリューション事業の海外営業グループでそれぞれ働かれており、海外の政府高官の方々や企業の方々に向けた提案などを行っています。そのため海外出張なども多くあるそうなので、グローバルな仕事に興味がある方にもおススメです。

語学力に関しては求められるスキルは特になく、本人にやる気があればできるとおっしゃっていました。国内の事業もありますが、日本の高い技術力を海外に発信していくことのできる部分に大きな魅力を感じました。

2018年4月 訪問
立教大学 社会学部 3年(男性)

日本の技術・経験を世界に

本日は営業についてお話を伺いました。
マリンシステム事業の海外営業の面白さについては、世界中を舞台に仕事ができるため、人脈が大きく広がること、また、一つの船が完成するまで2~3年かかり、子どもの成長を見守るような気持ちでプロジェクトに携わることができること、日本の技術力の高さを誇りに仕事ができること、といった魅力があるそうです。世界・船舶といったスケールの大きな仕事をする楽しさを知ることができました。

ソリューション事業の営業については、官公庁や政府を相手に仕事をすることができ、災害大国である日本が積み重ねてきた防災のノウハウを海外に提供していくこともできるので、自分の仕事が社会に貢献していることを強く実感することができそうだと思いました。
無線を活用した自動運転技術の開発を進めたり、海外市場における事業を行ったりと、将来性も高い企業様だと感じました。

2018年3月 訪問
明治大学 商学部 3年(男性)

趣味も楽しめる会社

日本無線様に訪問を致しました。日本無線様はまず雰囲気の良さが印象的でした。

要因の1つとして挙げられるのが、自分の好きな事を楽しんでる人が多いという点です。運動部から文化系の部活が多数存在しており、仕事終わりや土日に活動をしているそうです。バスケやバレーは特に強く、トロフィーや賞状が飾られていました。このように、自分の好きなことをできる時間が確保されており、また、続けることができる環境が整っている企業様だということがわかりました。このように気分転換がし易いことが、会社の雰囲気が良い要因の1つだと感じました。
また、福利厚生がしっかりしているという印象も持ちました。というのも、残業は1分単位で記録されるため、残業しないように仕事をするという点、工場の機械を止めると再び動かすのにコストがかかることから、長期休暇は長めだという点、もちろん土日は休みで、入社してから5年は家賃1万円ほどで会社近くの寮に住めるなど、社員に対する待遇はとてもいいと感じました。
仕事と趣味を楽しみ、公私ともに充実させることができる企業様だと思いました。

2018年3月 訪問
東海大学 情報理工学部 3年(男性)

社員が働きやすい環境

本日は通信機器営業部の張様と、総務部の杉山様にお話を伺いました。
日本無線様はBtoB向けの通信機器を開発しているメーカーで、陸上から海上まで幅広い分野に事業を展開しています。私達が直接製品を見る機会はなかなかありませんが、地下鉄内での通信インフラを整えたり、GPSやETCのシステムを開発したりと、人々の生活を支えている企業様です。

また、海外に営業所がある為、出張をする社員の方も多くいらっしゃいます。張様も現在海外営業グループに所属していて中国、アメリカ、ドイツなど海外に何度も出張した経験があるそうです。その為、英語を使う機会が多く、新入社員には必須の英語研修があるそうです。
働き方としては残業はあまりなく、1年目の社員は基本的に残業しないという方針がある点にとても驚きました。地方から入社した社員の方が、東京の暮らしに慣れてストレスなく働けるように、この方針にしているそうです。
社員寮も家賃1万円で5年間住むことができるそうで、自由にお金と時間を使える為、社員の方々がとてものびのび働いていると感じました。
今回の訪問で社員の働き方をとても気遣ってくださる企業様だということが分かり、興味が湧きました。

2018年3月 訪問
國學院大学 法学部 3年(男性)

やさしさが溢れる企業

真田様、張様、杉山様にお話を伺いました。
日本無線様はETCなどの車載器や、陸上インフラを手掛ける企業です。
ハードウェアだけでなくソフトウェアも扱っており、業種は多岐に渡ります。海外にも拠点があり、張様はよく海外出張に行かれると仰っていました。新入社員には英語研修があり、その他社員にも多くの研修制度が整っているそうです。
また、残業時間は1分単位で申請するとのことで、社内の環境が整っている印象を受けました。残業が少ない為、張様も杉山様も帰社後や休日など、とても充実した時間を過ごしているとのことでした。
社会人になると自分の時間が取れないのかと不安に思うことがありましたが、社員に対して思いやりがある素晴らしい企業があると今回学んだ為、不安がなくなりました。

2018年2月 訪問
帝京大学 経済学部 3年(男性)

技術と信頼で繋がる

ソリューション事業部の岡本様、マリンシステム事業部の辻様にお話を伺いました。

今回はお二人の仕事内容や、今後の各部署の展望を中心に、私の感じた魅力をご紹介します。
岡本様は現在シンガポールエリアのお仕事をされており、主に空港の通信機器を扱っていらっしゃいます。ソリューション事業部では、商品の質の良さと不具合や点検における対応の早さを強みにされていて、日本ならではの丁寧な仕事を心がけていることがわかりました。また辻様は現在主に韓国エリアのお仕事をされていています。
お二方が海外でのお仕事をされていることからもわかるように、日本無線様では海外で活躍したいという夢も叶います。英語が全くできないところからはじめて、今では英語をたくさん仕事で使って仕事をされている方もいらっしゃるため、現在の語学力にとらわれる必要はありません。

今回のインタビューで何事も大切なのはやる気であると感じました。挑戦したいという気持ちのある方は、是非日本無線様を見て頂きたいと思いました。

2018年2月 訪問
国士舘大学 政経学部 3年(女性)

女性が活躍できる!

本日は日本無線様にうかがいました。

日本無線様は大きく分けて3つの事業をしています。防災やダムの管理などのソリューション事業、船を中心としているマリンシステム事業、PHSや近年力を入れている自動運転などの通信機器事業です。
マリンシステム事業部海外営業部の金月様は、ご結婚されていて小さいお子さんがいながらも、最前線で働いていらっしゃいます。周りの方の理解もあり、フォローも手厚いとおうかがいをし、女性が働き易い素晴らしい企業様だと感じました。
インタビューの最後に、本日お話をお伺いした金月様と矢野様に、どのような後輩がほしいですかとお伺いしたところ、「自尊心が高過ぎない人」「素直な人」とおっしゃっていました。一つ目の「自尊心が高すぎない人」とは、自分の意見を押し通すだけの人ではなく、「なんでもやります!」と言える人、という意味です。このような人の方が、チャンスを掴むことができ、入社後もぐっと伸びるとおっしゃっていました。また「素直な人」とは、分からないまま黙っているのではなく、分からないことは分からないと言える人、ということでした。
今後の就職活動の中でもこの2点は大切だと思いましたので、私自身も特に意識をしていこうと思いました。

2018年2月 訪問
法政大学 文学部 3年(男性)

「楽しみ」を見つける大切さ

本日は、日本無線の最前線で働いていらっしゃるお二方にインタビューをさせて頂きました。今回お話を聞いていて思ったのは、日本無線の方々は皆さんおおらかでお話がしやすいことです。人事の方、現場で働いていらっしゃる方ともに楽しく業務をしている様子が目に浮かびました。
日本無線様の業務は事業によって大きく異なりますが、共通している特徴はそれぞれ営業先の人と密に連絡を取り合いながら業務を行っていることです。
ソリューション事業では、ダムなどで使われる通信システムを営業されているそうです。営業の中には数十億円規模のお金が動くものがあるとおっしゃっていて、とても驚きました。自分が任された時のプレッシャーはありますが、勝ち取った時の達成感を味わうと楽しくてしょうがないとおっしゃっていました。

マリンシステム事業では、船に使われる通信システムの営業を、代理店を通して行っているそうです。1日数百件のメールを捌きながら日々業務をされているとおっしゃっていて、ここでも驚きました。日々の業務は大変なこともあるそうですが、自分が営業をした船が完成した時の達成感は何物にも代え難いとおっしゃっていました。

今回お二人とお話をさせていただき、一番印象的だったことは、大変なお仕事ではあると思いますが、お二人共楽しんでお仕事をしていらっしゃる点です。どんなお仕事でも、自分なりの楽しみを見つけることが大切だと思ったので、今後自分でも実践していきたいと思いました。

会社名 日本無線株式会社
事業内容 情報通信機械器具製造業
URL https://www.jrc.co.jp/jp/
所在地 東京都中野区中野4-10-1 中野セントラルパークイースト
資本金 14,704百万円
設立 1915年12月
従業員数 5571名

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!