日本管理センター株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

マンションやアパートをオーナー様からお預かりし、経営や運用を代行するという事業を主に展開。経営理念である「三方よし」という考え方を重視されています。 営業ではサービスの押し売りをするのではなく、解決するためのサービスを提案することを重視しています。 自分・企業・社会の常識を変えたい方にとって魅力的だと思いました。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180124
埼玉大学 経済学部3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

社会に貢献する

本日は、日本管理センター株式会社の斎藤様にお話を伺ってきました。こちらの企業様は賃貸アパート、マンションに特化した資産運用を主に行っています。特化している理由としては、住宅の4割が賃貸住宅であり重要なマーケットであること、そして日本の空き家問題解消を通して社会貢献を実現することが挙げられます。

驚いた点としては、従業員が少ないにもかかわらず、設立11年で東証一部に上場し、全国展開をしている点です。これは不動産業界ではほとんど見られない成長スピードだそうです。

こちらの企業様が取り組んでいる色々な事業の中で、今一番成長している事業はサービス付き高齢者向け住宅を運用することでした。これは、現在深刻化している高齢者問題に向き合っているもので非常に社会貢献性の高いものだと感じました。
こちらの企業様は、AIなどの新しいものを積極的に取り入れています。そのため、変化に前向きに取り組み、変化を楽しむことができる人を求めているとのことでした。新しいことにチャレンジできる良い環境だと感じました。

学センインターンNo.180123
立教大学 文学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

社会貢献度の高い企業様

本日は、日本管理センター株式会社様に訪問し、人事総務部の斎藤様にお話を伺いました。こちらの企業様は、マンションやアパートをオーナーからお預かりし、運用しています。そして、設立11年で東証一部上場しており、スピード感をもって成長してきています。また、従業員200人規模で全国展開しており、売り上げが一人当たり2億円以上という裁量の大きい業務をすることができる企業様です。

また、力を入れている商品としては、サービス付き高齢者向け住宅が挙げられます。この建物は一階に介護事業者のテナントが入ることで、入居している高齢者の方に簡易的な介護サービスを提供することが可能とのことでした。この建物を建てることは、使われていない土地の活用に役立ったり、施設が空いておらず待機中の要介護者の入居場所になったりと社会貢献度が高いことがうかがえます。

また本日、不動産業界におけるAI化についてのお話も伺え、とても興味深かったです。

学センインターンNo.180155
法政大学 法学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年1月 訪問】

不動産で日本の介護を救う

本日は、日本管理センター株式会社様の人事総務部の斎藤様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、オーナーが持っている賃貸アパート・マンションを経営管理するという事業を行っています。

全国展開されており、また従業員数は200名と少ないですが売上は430億円と17期連続で成長されています。地場の企業様と提携することで東京にいながら地方の賃貸アパートも経営管理することができます。

現在は「サービス付き高齢者向け住宅」に力を入れているとのことでした。施設に入れていない介護が必要な待機高齢者が437万人いる現状の中で、そういった待機者解消のため全国に高齢者向けの賃貸住宅を展開しており、今後も成長が見込まれている事業だそうです。
変化に対して前向きな社風で転勤もありますが、そういったことをポジティブにとらえらえる方が向いているとおっしゃっていました。

AI化にも対応して、今後も成長していく素敵な企業様だと感じました。

学センインターンNo.180180
武蔵大学 社会学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

志高く働ける!

本日は、日本管理センター株式会社人事総務部の斎藤様にお話を伺いました。こちらの企業様は、賃貸アパートやマンションを中心に、資産運用をしています。お客様となるのは、マンションやアパートを所有しているオーナーの方で、そのお客様に対し、プロとして賃貸経営を任せていただくそうです。一般的な不動産会社とは違い、オーナーの利益の最大化を目的とし、お客様が困っていることを解決するための提案をしています。そのため、営業の業務はコンサルタントに近い業務だそうで、とても興味深かったです。

こちらの企業様の強みは、競合他社がいないことだと仰っていました。サブリースによる賃貸経営代行において、「新しくても古くても」「全国的に」行うのは、様々なリスクが伴うため難しいそうです。ところが、こちらの企業様は、全国で1,400社と業務提携しており、広いネットワークを持っています。さらに、リスクがあっても、独自に運用するためのノウハウがあるそうです。

私が最も魅力に感じた点は、自分のキャリアを一本化しない働き方ができるというところです。斎藤様が仰っていましたが、実際に働く現場に出ないと、自分が将来どうなりたいか、何をしたいかが明確にしにくいと思います。そのため、働き始めてから、自分の適性に合わせて、やりたいことを考えたり、部署を変更して経験を積めるところが魅力的だと思いました。

今後は、高齢者向けの事業に注力しつつ、お客様であるオーナーとの接点をどのようにして増やしていくか、より良い提案をするにはどうするかを工夫していきたいと仰っていました。

高い志を持つ仲間とストイックに働く事ができ、さらなる活躍が期待される企業様だと感じました。

学センインターンNo.180151
早稲田大学 商学部3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

圧倒的成長

本日は日本管理センター株式会社人事総務部の斎藤様にお話を伺いました。こちらの企業様は「所有と経営の分離」を掲げ、賃貸アパート・マンションを中心にオーナー様の経営をサポートされています。「新築から中古まで、日本全国」で事業を展開しており、競合他社がいないことが最大の強みだそうです。

今回のお話で特に印象的に感じたのは、「圧倒的成長」です。具体的には2つあります。

第1に、「企業の成長」です。こちらの企業様は2002年創業でありながら、11年半で東証一部上場されており、毎年成長されています。創業当初から具体的なビジョンを設定しており、それを一つひとつ着実かつスピーディーに取り組み実現しているそうです。

第2に、「社員の成長」です。少数精鋭であるため、他社では複数人でやっている業務を一人の社員で行うこともあるそうです。各社員の業務量が多いため、大変な部分もあるそうですが、その分裁量権が大きく、やり切ったときの成長度が桁違いに大きいそうです。

今回お話を伺った斎藤様は、「自分軸で物事を考え判断できるか(自分ならどうするか)」が業務の上で重要だとおっしゃっており、非常に印象的でした。
若いうちから自分を成長させ、ストイックに取り組むことで大きな成長、やりがいを実感できる企業様です。

学センインターンNo.180102
立教大学 経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

独自のビジネスモデル

本日は、日本管理センター株式会社の斎藤様にお話を伺いました。こちらの企業様は、不動産業界の企業と思われていますが、ほかの不動産会社とは全く異なる業務体系を持っていました。というのも、不動産業界では自分たちが建てた物件のオーナーに対してのみ、サブリースを行うのに対して、こちらの企業様では、他企業が建てた中古物件においても、サブリースを行っているそうです。

ほかにも、日本管理センター様では建設業務は行っておらず、取引先が1,400社というコネクションを利用して新築案件を行っているのも、ほかの不動産業界の企業と異なる点として挙げられます。このように独自のビジネスモデルを構築していることにより、新たな顧客を手に入れることができ、それがこちらの企業様の急成長を支えていると感じました。

入社してから責任の大きな仕事が与えられ、チャレンジできる企業という印象とともに、優秀な人材が集まる企業様という印象を受けました。このような独自性が大きな強みであり、今後のさらなる拡大に貢献できるやりがいはとても興味深かったです。

学センインターンNo.180202
上智大学 綜合グローバル学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年12月 訪問】

スピード成長の実力ある企業様

本日は、日本管理センター株式会社様に伺い、人事部の斎藤様にインタビューをさせていただきました。

こちらの企業様は、一見不動産業務をされていると思っていましたが、一般的な不動産とはまた少し違った事業をされています。

主に、マンションやアパートを対象に資産運用を行っており、サブリースという手法を使い、オーナーの代わりに既に建てられているマンションやアパートの経営の代行をしています。他の不動産会社のような賃貸仲介、マンションを新しく立てるデベロッパーのような事業は行っていないため、新たに建物を建てることよりも、顧客の希望に寄り添っていけるのが魅力のひとつです。

提携企業様は1,400社を超えるほど多くのコネクションもあり、それを活かして顧客への要望に最大限に応える姿勢がとても素敵だと感じました。

また、2002年の設立以来、11年半で一部上場、全国展開、売上430億等、スピード成長しているとても実力のある企業様です。優秀な方々の中で、若手のうちから自らを高め、成長させていくことができる魅力的な環境だと思いました。

学センインターンNo.180116
明治大学 文学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

「勤務年数ではなく、実力を」

本日は日本管理センター株式会社の斎藤様にお話を伺いました。こちらの企業様はマンションやアパートをオーナー様からお預かりし、経営や運用を代行するという事業を主に展開されています。

企業様は経営理念である「三方よし」という考え方を重視されています。「三方よし」とは、売り手、買い手、世間の三方が満足できる状態を指すそうです。こちらの企業様にとって、買い手はオーナー様、世間は入居者様や業界全体、時代までと幅広くとらえているそうです。なぜなら、オーナー様の困っていることをお聞きし、それをもとに運用することが基本となっているからです。この基本がきちんと行っている企業は少ないため、ご担当者様は運用方法や商品を通じて、業界や時代まで革新したいとおっしゃっており、感銘を受けました。 また、こちらの企業様は上場企業でありますが、ベンチャー企業に近い社風だと思います。少数精鋭で若手社員のうちから、責任感を感じることのできる大きい仕事を担うことが出来るので社員の成長に繋がるそうです。

ご担当者様のお話から、経営理念に共感できるかが就職活動をする上で重要なのだとわかり、貴重なお話を伺うことが出来ました。

若いうちから裁量権を持って仕事がしたい、自分に誇りをもって働きたいという方に魅力的な企業様です。


学センインターンNo.180232
北里大学 理学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年11月 訪問】

「“成長・変革”できる不動産運用会社」

本日は日本管理センター株式会社の斎藤様にお話を伺いました。こちらの企業様では、お客様が所有する集合住宅などの不動産の運用代行という事業を主とされています。設立から約11年で一部上場を果たし、常に挑戦と改革を行っている企業様です。

日本管理センター様では、お客様へサービスを提案する営業、サービスを実行する運用の2種類の事業が存在します。営業ではサービスの押し売りをするのではなく、お客様の悩みをくみ取り、解決するためのサービスを提案することを重視しています。社会貢献度が高い点に魅力を感じました。運用事業の場合は、入社数年のうちに個人で300件以上の物件運用を担当し、2億円もの売上に貢献することも可能であるというお話を伺いました。大きな業務を任せていただけるので、いち早く成長できる職場であると感じました。

若手のうちから個人の裁量権が大きく、そのため、失敗を恐れず、前向きな人材を求めているそうです。課題に立ち向かい、自分・企業・社会の常識を変えたい方にとって魅力的だと思いました。

会社名 日本管理センター株式会社
事業内容 賃貸住宅一括借上事業(サブリース)・賃貸住宅管理事業等
URL https://www.jpmc.jp/
所在地 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-4-2 新日石ビルヂング
資本金 465,803,500円
設立 2002年6月7日
従業員数 189名(男性108名、女性81名、平均年齢31.8歳)

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!