株式会社地盤試験所× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

取引先としては、建設コンサルティング企業、官公庁など、幅広いのが特徴です。 特に、高速道路の調査では億単位の取引があるそうです。 仕事に対する時間的制約がなく、しっかりしていて、また社内の人も皆明るい人が多いそうです。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180262
日本大学 経済学部 2年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月訪問】

「小規模だけど超安定」

本日は、株式会社地盤試験所のご担当者様にお話を伺いました。こちらの企業様は、杭の載荷試験と地質調査を行っています。どちらの事業も非常に専門性、参入障壁が高いので、市場でのシェアはトップクラスを誇っております。

また、アメリカから導入されたCPTで独自の地質調査を行うことにより、従来ではなし得なかったスピードで、地質の解析と処理が実現できます。また、これを強みに、今後マーケットシェアを獲得していくと仰っていました。

主な取引先としては、ゼネコンや、建設コンサルティング企業、官公庁など、幅広いのが特徴です。特に、高速道路の調査では億単位の取引があるそうです。分析に関しては、目標値を満たしているか、液状化するかしないかなどを基準にしています。お話を伺って、びっくりしたのが、労働に関して独自の考えをお持ちであることです。調査自体そこまで時間がかかるものではないので、ものによってはすぐに業務が終わったり、また、残業をすることがほぼ無いので、プライベートを充実させることができるそうです。

仕事に対する時間的制約がなく、オンとオフがしっかりしていて、また社内の人も皆明るい人が多いそうです。就職活動中の方に是非、見てほしいと思いました。


学センインターンNo.180234
東京理科大学 工学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年2月訪問】

「ニッチな技術を追求」

本日は、株式会社地盤試験所のご担当者様にインタビューさせていただきました。

こちらの企業様は、杭の載荷試験と地質調査の二つの事業をメインに行っています。杭の載荷試験は杭が建物を支えられるかどうかの判定を行うもので、数千トンに及ぶ試験を行うことができるのは国内でも数社しかなく、中でもこちらの企業様は業界トップクラスだそうです。

又、地質調査事業は元々業界としての参入障壁が高い上に、こちらではCPTといった独自性の高い調査方法を行っていることから、競合他社が存在せず非常に安定した経営を行うことが可能となっています。

業務は少数精鋭で行われるため、社員同士は信頼し合い、とても仲が良いそうです。また、企業が安定していることから、お金と時間にストレスを感じることなく業務をこなすことが出来るそうです。

求める人物像は、一言で表すと”ガッツ”がある方だそうです。ニッチな技術を熱量を持って追求し、自身のコミュニケーション力を活かしたい方に、是非見ていただきたい企業様です。

会社名株式会社地盤試験所
事業内容1.橋や高速道路等の建設物を支える杭の性能評価試験 2.地質・地盤調査 3.上記1・2の調査方法の計画立案・現地調査・分析・結果報告書の作成
URLhttp://www.jibanshikenjo.co.jp/top.html
所在地〒130-0022 東京都墨田区江東橋1-16-2 チョーギンビル4F
資本金5000万円
設立西暦1973年10月
従業員数38人
https://www.rh-navi.jp/recruit_pack/jibanshikenjo/index