東京むさし農業協同組合× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

地域に密着した農作物の販売から金融・共済事業や葬儀までトータルサポート。農業所得を上げるなどの取り組み、農協の価値をアピールするための広報活動の強化、アットホームな雰囲気や女性も活躍できる環境を感じ、より豊かな地域づくりをされている素敵な職場。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180121
日本女子大学 人間社会学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年9月 訪問】

「農業から始まるトータルサポート」

今回は東京むさし農業協同組合様に訪問させていただきました。東京むさし農業協同組合様は農業を基に、様々な事業をなさっています。農協は利益を出すことを目的とせず、組合員(農家、利用者)の方々のために事業をなさっており、地域に密着した農作物の販売から金融・共済事業や葬儀までトータルサポートをしています。

農協といわれると男性主軸のイメージですが、最近では女性の新卒採用者数も増えているそうで、育児休暇後にはほとんどの女性が戻ってくるなど、女性も活躍しやすい環境であることがわかりました。中でも、地域の方々とコミュニケーションを取ることで利用者の皆様から直接“ありがとう”と言っていただけたことで、“ありがとう”の重みを感じたというお話がとても心に響きました。密に関わるからこそ感じることができる素敵なやりがいだと思います。

求める人材は、コミュニケーション能力とバイタリティがある人だそうです。農業から始まるトータルサポートは本当に幅広く、地域の方々を支えるやりがいを直に感じられる点にとても惹かれました。


学センインターンNo.180052
青山学院大学 教育人間科学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年9月 訪問】

「日本の農業の応援団」

東京むさし農業協同組合様は農業に関する指導や金融・共済事業など、農家をはじめとする地域の方が生まれてから亡くなるまでを密着してトータルサポートをしています。利益を出すのではなく、農家・地域の方々の幸せをかたちづくることを目的とし幅広い事業を展開されています。農協=農業に関する仕事というイメージが強かったのですが、多岐に渡る事業内容を行っていることに驚きました。

今回のインタビューで印象的だったことは、東京むさし農業協同組合様の今後の展望です。現在農業人口の減少が危惧されている中で、農家の農協全体で農業を守っていく農協改革が行われているそうです。そのため、農業所得を上げるなどの取り組み、農協の価値をアピールするための広報活動の強化をしていくそうです。こうした取り組みから東京むさし農業協同組合様が地域のために人のために働かれていること、農業を守っていこうとする使命感を感じました。市川様・大堀様のお話を伺う中でアットホームな雰囲気や女性も活躍できる環境を感じ、より豊かな地域づくりをされている素敵な職場であると思いました。

会社名 東京むさし農業協同組合
事業内容 金融・共済・販売・不動産管理・葬祭ほか
URL https://www.jatm.or.jp/
所在地 〒184-0015 東京都小金井市貫井北町1-10-1
資本金 18億円(出資金)2019年3月末現在
設立 1998年(平成10年)4月
従業員数 499人(2019年3月末現在)(パート・嘱託含む)

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!