東京南農業協同組合× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

完全地域密着型!様々な角度から地域を支える経験ができる、農家のための様々な事業を展開している協同組合。一般企業では経験できないやりがいを感じることができる。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180091
早稲田大学 文化構想学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

「地域をおもう」

本日は、東京南農業協同組合様へ訪問させていただきました。地域の農家の方々のための様々な事業を展開されている協同組合様で、地域に根付いた仕事をされています。農家の方々が必要としている事業を多角的に行っているため、様々な角度から農家を支える経験ができると感じました。しかし、東京南農業協同組合様の中でも事業ごとに仕事内容は大きく変わるため、「農協とは何か」を知った上で入職することが、就職後のギャップをなくすために重要だと感じました。

東京南農業協同組合様の魅力は、地域の方々に貢献するやりがいを感じることができるだけでなく、多くの経験をすることができる点だと感じました。農家の方々と多くの接点を持てる仕事もあり、人と触れ合い、信頼関係を築いていくことができることにも惹かれました。新しい事業も計画されており、農家の方々のニーズに合わせて新しい事業を考えることができる点もやりがいの一つだと思います。

今回のインタビューを通して、温かい雰囲気の中で働くことができ、地域に貢献できる東京南農業協同組合様の多くの魅力に触れることができました。


学センインターンNo.180029
中央大学 法学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

「地域密着ゼネラリスト」

JAとは相互扶助の精神のもと、戦後弱い立場にあった農家を守るために組織された協同組合で、組合員である農家の方々のために日々力を尽くしています。地域の組合員のために農業政策の提言や指導、経済事業の他にも組合員の生命・損害保険事業・銀行業務、新聞事業、中には手伝いのために農作業をされる部署もあるそうです。

今回お話を伺った新卒採用担当の上口様は横浜市のご出身で稲城市、多摩市、日野市を管轄する東京南エリアにご縁があって就職されたそうです。その地域の出身でなければ採用されない、というわけでなくその地域にいかに貢献したいか、ということが大切だとおっしゃっていました。実際就職を希望する学生は「融資をしたい」など特定の事業を志望することが多いそうですが、JAでは地域の組合員の生産と生活を守り、向上させることを目的とした様々な事業を展開されています。そのため就職後にギャップを感じる学生が多いというお話も伺いました。JA支店で働くということは、何をやりたいか、ということよりもその地域のために貢献し、地域の人に信頼されるための意識を持つことが大切だと感じました。

完全地域密着型で様々な視点から地域に貢献することができる東京南農業協同組合様では、一般企業では経験できないやりがいを感じることができると思いました。

会社名 東京南農業協同組合
事業内容 信用事業、共済事業、指導経済事業、資産管理事業
URL https://www.ja-tm.or.jp/index.php
所在地 〒191-0032 東京都日野市三沢三丁目53番地の15
資本金
設立 平成元年4月
従業員数 157名(非常勤嘱託、パートタイマー、派遣を除く) (平成30年3月末現在)

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!