石光商事株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

こちらの企業様は、コーヒーや野菜、水産物などの食品の取り扱いをメインに、海外や国内で事業を展開をされています。社員の方に長く勤めてもらいたいと考えており、定着率が高いことも特徴的でした。営業の方は専門知識を身につけることが強力な武器になっており、それに加えて、営業が業務を全般的に行うことにより、業務のスピード感も出るという強みがあるそうです。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.200218
明治大学 政治経済学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「変化を楽しみ、日本と世界をつなげる」

本日は、石光商事株式会社様にインタビューをさせて頂きました。
こちらの企業様は、食品や飲料を主に取り扱う専門商社です。コーヒーや紅茶、農産物や水産物などをそれぞれ輸入・加工・販売する、飲料事業と食品事業、日本の商品を海外に輸出する海外事業があります。事業が異なれば業務内容も大きく変わりますが、どれも日本と世界をつなげる大きな仕事であるため、やりがいがとても大きいと仰っていたのが印象に残っています。

また、海外の企業との密な関係が必要な専門商社ということもあり、昨今の新型コロナウイルスの影響で働き方が大きく変わりました。取引先との連絡はすべてオンラインに変化したほか、出社を減らし、リモートワークを実施されています。働き方は大きく変化しましたが、これまでと同様、業務は円滑に進んでいます。このことは、こちらの企業様が取引先の企業と良好な関係を築けている証でもあると感じました。

現在のコロナ禍の状況のように、世界の企業との取引には、常に変化が伴います。それらの変化も楽しめる方、そして他人の意見の尊重できる方にとって、とてもやりがいの大きい業務ができる、魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.200223
中央大学 商学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「社風と一致した採用方法が魅力」

本日は、石光商事株式会社様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、食品やコーヒー飲料の専門商社であり、トレーディングだけではなくSDGsにも力を入れています。

インタビューを通して実感したのは、自分のやりたいことを徹底的に突き詰め、そのベクトルに合った企業に就職することが大切であること、どこへ就職するかではなく、何をするかが重要であるということです。
今まで就職活動は、自己分析をして自身の強みを活かせる企業を探し、その企業に強みをアピールするものだと考えていました。しかし、今回のお話を通して、就職活動とは、自分のやりたいことを徹底的に突き詰め、それに携わる企業と出会うことであると知りました。

こちらの企業様は、福利厚生が整っており、従業員の定着率が高いです。また、社員の意見が通りやすいなど、風通しが良い社風があります。お話を伺って、こちらの企業様をぜひ、見ていただきたいと思いました。

学センインターンNo.201228
大阪大学 基礎工学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「協調性とやりがい」

本日は、石光商事株式会社様にお話を伺いました。
こちらの企業様は、コーヒーや紅茶などの飲料事業や食品事業、海外事業を展開しています。また、コーヒーなどを扱う性質上、発展途上国とのトレーディングが多く、SDGsなどの社会貢献活動も行っています。

印象に残ったことは2つあり、それは、やりがいを感じられる点と協調性を大切にしている点です。
入社してからは、まず内勤の業務を通して食料品の専門性を高め、その後営業の業務に回るそうです。国外から、国内のお客様のニーズに合った商品を引っ張ってくることができるため、目に見える形で成果を実感でき、やりがいを感じると仰っていました。成果を目に見える形で実感したい方にとって、とても魅力的だと思いました。

また、社員の方の人柄も魅力的で、社内では意見交換が円滑に行われています。非常に働きやすい環境であると感じました。
最後に、「自分の性格や、やりがいにマッチした企業を選んでほしい。大切なのはどこに行くかではなく何をするかだ。」と仰っており、社員の方を終身雇用で雇いたいと考えているそうです。非常に温かな雰囲気がある、素敵な企業様であると感じました。

学センインターンNo.201232
同志社大学 社会学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年12月 インタビュー】

「従業員を大切にし続ける温かい企業」

本日は、石光商事株式会社様にお話を伺いました。
こちらの企業様の事業内容は、食品やコーヒー飲料の輸入と日本食品を世界様々なところに輸出し、タイやインド、中国を拠点に、コーヒーや紅茶の製造や販売、商品の輸出も行っています。

こちらは、SDGsの問題解決で利益を上げる、長期に渡りサプライヤーの関係を継続するなど、企業としての信頼を獲得しています。環境問題を解決するために、日々従業員の方々の努力を感じました。若手の社員の方には大学院でMBAの取得や、SDGsについて学ぶ機会を提供したり、挑戦できる環境が整っていると感じました。

また、「従業員が仕事を通して、人生も充実してもらいたい、この会社で働き続けてほしい」と仰っていました。従業員を大切にする、素晴らしい企業様だと思いました。日本だけでなく、世界規模のスケールで仕事できるため、毎日が刺激的であり、自己成長も出来ると感じました。

学センインターンNo.201067
大阪大学 外国語学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年12月 インタビュー】

「独自性を追求できる、安定した企業」

本日は、石光商事株式会社様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、コーヒー・飲料事業や食品事業、海外事業を展開しています。

インタビューで印象に残った点は、2つあります。
1つ目は、リスクマネジメントがされた経営です。コロナ禍の影響で、外食産業は業績が落ち込んでおり、食品を扱っている商社である企業様にも、大きな影響があると思っていました。しかし実際には、レストランだけではなく、スーパーなどとも取引をしているため、外食産業との取引が少なくなった分、スーパーとの取引が増えていると仰っていました。

2つ目は、専門商社ならではの付加価値の付け方です。たくさんの商品を扱っている総合商社と比べると、価格面での競争が厳しいため、価格以外の部分で付加価値をつけようとされています。一例としては、SDGsに配慮したコーヒーの生産方式を採用するなどが挙げられます。また、付加価値をつけるためのアイデアを募ることを目的として、SDGsに関連したビジネスプランへの参加を、会社として促すといった活動もしているそうです。
インタビューを通して、とても魅力的な企業様だと感じました。

学センインターンNo.201222
大阪大学 基礎工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年12月 インタビュー】

「安定した経営で社員を支える会社」

本日は、石光商事株式会社様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、食品を通して、日本と世界をリンクさせる事業を行っています。主に、コーヒー・飲料事業、食品事業、海外事業を行っており、トレーディングだけでなく、社会貢献活動も幅広く行っています。

こちらの企業様の強みは、食品の輸出入を通して、高い付加価値をつけることです。他の企業にはない、高品質な商品を販売することで、安定した事業を展開しています。今後は、SDGsを意識した事業を展開していくと仰っていました。

お話の中で、協調性を非常に大切にしている企業様であると強く感じました。採用に関しては、能力よりも、性格・本質のベクトルが合っているかをとても重視するそうです。また、社員の方を終身雇用をしたいと考えているそうで、定着率が高いことも特徴的でした。
こちらは、安定した経営基盤を持つ企業様で、長く働きたい方にとって、魅力的だと感じました。

学センインターンNo.201108
大阪大学 基礎工学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年11月 インタビュー】

「日本の食生活を裏から支える企業」

本日は、石光商事株式会社様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、食品を通して日本と世界をつなげています。主に、コーヒー・飲料事業、食品事業、海外事業を行っており、トレーディングだけでなく社会貢献活動も幅広く行っています。

こちらの企業様の強みは、営業部門の専門的な知識を活かしたスピード感と専門性です。海外での仕事があるそうですが、入社時に英語を話せなくても企業様がサポートしてくださるため、外国語を身につけることができます。

私が感じた魅力は大きく2つあります。
一つ目は、社員の意見が反映されやすい点です。毎年のように制度の改革が行われるなど、社員にとって働きやすい環境作りに力を入れています。
二つ目は、日本だけでなく海外の様々な地域を訪れることができる点です。食や文化の違いを感じるだけでなく、現地の人との交流を通して、信頼関係を深めることにやりがいを感じることができます。
社内の雰囲気も良く、社員を大切にされている、魅力あふれる企業様でした。

学センインターンNo.200166
明治大学 文学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年11月 インタビュー】

プロフェッショナルが集まる商社

本日は、石光商事株式会社のご担当者様にインタビューさせていただきました。こちらの企業様は、コーヒーや野菜、水産物などの食品の取り扱いをメインに、海外や国内で事業を展開をされています。

お話では主に、営業に関するご経験談などを伺いました。その中で営業の方は専門知識を身につけることが強力な武器になっており、それに加えて、営業が業務を全般的に行うことにより、業務のスピード感も出るという強みがあるそうです。食品という専門の分野で取引をする上で、専門性を身に付けながら働けることや、様々な業務を責任を持って取り組めるところに魅力を感じました。

また採用の際は、スキルがある人よりも、企業様との親和性を重視されているそうです。そのため、定着率が高いことや福利厚生などの手当も充実していることから、働く人材を大切にしたいという思いも感じられました。

自分が本当に働きたいと思える職場で働きながら、専門知識や必要な能力を身につけて自身の成長を期待できる企業様だと感じました。


学センインターンNo.200234
明治大学 商学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年11月 インタビュー】

社員1人ひとりの専門知識の深さ

今回は、石光商事株式会社様にお話を伺いました。こちらの企業様は、コーヒー・飲料・食品の輸出入などを行っています。

お話を伺っていく中で、協調性を非常に大事にしている企業様であると強く感じました。商社でありながら、総合商社とは違う、メーカーのような雰囲気を感じました。採用においても、能力よりも、性格・本質のベクトルが合っているかを最重要視するようです。

社員の方に長く勤めてもらいたいと考えており、定着率が高いことも特徴的でした。こちらの企業様の強みとして、営業が仕入れから開発まで携わることによるスピード感や、営業の仕事の包括性による専門知識の深さを挙げていました。お話を伺っていて、社員1人ひとりの知識が深いと強く感じました。

お話の最後では、ご担当者様自身の就職活動のお話もしてくださいました。貴重なお話を伺うことができ、とても充実した時間となりました。

社員1人ひとりが知識を深める中で成長も実感できる、とても魅力的な企業様だと感じました。

会社名石光商事株式会社
事業内容1.各国産コーヒー、紅茶、酒類、食料品の輸入、製造、加工及びその販売。2. 酒類、食料品、菓子の輸出及びその販売。 3.前 1・2号に記載する商品の仲介貿易。
URLhttps://www.ishimitsu.co.jp
所在地〒657-0856 神戸市灘区岩屋南町 4-40(本社)
資本金6億2,320万円
設立1951(昭和26)年5月14日
従業員数227名(2019年9月末現在)
https://www.ishimitsu.co.jp/recruit/