株式会社オールライフメイト × ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセテンスを表示します。

「グレースメイト」という7つの老人ホームを運営。入居者の方に“普段と変わらない生活”を提供する為に、毎日のイベント企画、入居者同士の積極的な交流に加えて、喫茶店やデパート、図書館へ外出をする等、入居者の方の要望に応えて、様々な工夫を行う。インタビューの中で介護士の星川様が、「入居者の方一人一人に向き合う時間が多い分、直接感謝の言葉を頂けることが、業務を行う上で原動力になる」とおっしゃっており、とても魅力的なお仕事だと感じた。

ビジコミ一覧


2018年10月 訪問
拓殖大学 商学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ
#チームで働く#コミュニケーション

介護業界のイメージが変わった

本日は人事部の笛木様、相澤様、介護士の星川様にお話をお伺いしました。

オールライフメイト様は、「グレースメイト」という7つの老人ホームを運営されている企業様です。

介護職は資格がなければ就職が難しいというイメージを持っていましたが、オールライフメイト様に入社される方は、元々大学で専門的に介護を学んでいた方は多くなく、入社決定後に勉強をすれば十分活躍することが出来るとお伺いし、イメージが変わりました。

続いて、働く上でのやりがいをお伺いしたところ、利用者の方から感謝の言葉を頂くことを挙げられていました。時には大変なこともあるとおっしゃっていましたが、利用者の方から直接感謝の言葉を頂ける為、ネガティブな思考が続くことなく働けるそうです。

私自身、インタビューの前までは介護職は大変な仕事だというイメージが強かったのですが、オールライフメイト様は出勤人数が足りない際には、派遣の方等で人数を補って対応をしているとおっしゃっており、スタッフも大切にしている企業様だと感じました。

現在は、リハビリの分野で他社に比べて強みを発揮しているという事でしたが、今後も新たなことをやっていきたいとおっしゃっていました。常に成長をし続けている、今後も目が離せない企業様だと感じました。

2018年10月 訪問
青山学院大学 教育人間科学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ
#チームで働く#女性活躍

1人ひとりが生き生きと生活・活躍できる場

本日は株式会社オールライフメイト 人事部の相澤様にお話を伺いました。

本日はまず、オールライフメイト様が運営する老人ホーム「グレースメイト練馬桜台」の施設見学をさせていただきました。

施設は非常に明るく開放的な空間で、入居者の方々が活き活きと生活している点が印象的でした。食堂やテラス、理美容室やイベントなどを充実させることで、入居者の方々が普段の生活をより楽しくする為の工夫をされているそうです。

また、職員の方々はそれぞれの入居者の方に合った対応を行う為、こまめに会議を行い、様々な部署・ケアマネージャー・看護師とも連携を強化しているそうです。

今回お話を伺いし、職員の方々が入居者一人一人と向き合うことを大切にしていると感じました。雰囲気もアットホームで、チームワークが強い、とても魅力的な職場だと思いました。

2018年10月 訪問
明治大学 商学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ
#グローバル#成長できる

入居者に寄り添った空間の提供

本日は人事部の笛木様、相澤様、介護士の星川様へのインタビューと併せて、施設見学もさせて頂きました。

オールライフメイト様は入居者の方に“普段と変わらない生活”を提供する為に、毎日のイベント企画、入居者同士の積極的な交流に加えて、喫茶店やデパート、図書館へ外出をする等、入居者の方の要望に応えて、様々な工夫をされています。

施設見学をさせて頂いて印象に残ったことは、玄関に足湯が設置されていたり、屋上にはリフレッシュできる空間があったことです。施設全体がとても綺麗で、私の老人ホームのイメージが大きく変わりました。また、施設を見学させて頂く中で、入居者の方は元気で明るい方が多く、施設での生活をとても楽しんでいらっしゃるという印象を受けました。

さらに、インタビューの中で介護士の星川様が、「入居者の方一人一人に向き合う時間が多い分、直接感謝の言葉を頂けることが、業務を行う上で原動力になる」とおっしゃっており、とても魅力的なお仕事だと感じました。

今回のインタビューと施設見学を通して、相澤様と星川様がお仕事について活き活きと話されていたこと、また実際に入居者の方も楽しそうに過ごされている点がとても印象的でした。入居者にも働いている方にも、非常にアットホームで、居心地の良い空間だと実感することが出来ました。

2018年10月 訪問
嘉悦大学 経営経済学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ
#マネジメント#コミュニケーション

過ごしやすい空間を

本日は株式会社オールライフメイト様の介護付き有料老人ホーム「グレースメイト」に訪問させて頂き、人事部の笛木様、相澤様、介護士の星川様にお話をお伺いしました。

まず、施設見学をさせて頂いたのですが、施設の外には足湯、2階には団欒スペースがあり、訪問時も利用者の方が仲良く談笑していらっしゃいました。屋上からは素晴らしい景色が広がっており、とても綺麗な施設でした。

また、入居者の方に楽しんで頂く為に、毎日何かしらのイベントが企画されています。例えば、脳トレや、施設内で季節ごとのお祭、花火大会なども行われます。全て介護士の方々が企画運営を行っているそうです。

星川様に仕事のやりがいについてお伺いしたところ、利用者の方に感謝の言葉を頂いた際に、やりがいを感じるという事でした。一人一人の利用者の方と向き合い、元気がない利用者の方を元気づけることが出来た時は、とても嬉しいとおっしゃっていました。

今回実際に施設を見学をさせて頂き、介護業界のイメージが大きく変わったと共に、実際に働くイメージも掴むことが出来ました。介護業界を視野に入れている、いないに関わらず、多くの学生に見て頂きたい企業様でした。

2018年7月 訪問
東京女子大学 現代教育学部 3年(女性)

介護職の魅力を理解する

本日は株式会社オールライフメイト 相澤様にお会いし、オールライフメイト様が運営する老人ホーム「グレースメイト練馬桜台」の施設見学をさせていただいた上で、インタビュー形式でお話を伺いました。

グレースメイト練馬桜台は、オールライフメイト様が運営する老人ホームの中で一番新しく建てられた建物ということで、中も外もとても綺麗でした。入居者の方やスタッフへの細かい心遣いも感じる建物で、生活に寄り添った老人ホームであると感じました。

今回のお話をお伺いするまで、介護業界というと「仕事がきつくて給料に合っていない」というイメージを持っていましたが、今回直接お話を聞き、オールライフメイト様は「働きやすさ」に力を入れている企業様であるということが分かりました。シフト制だからこそ平日に休みが取れる点や、夜勤の後は多めに休む時間が取られていることなどからも、ストレスが少なく働けると思いました。
また、人と直接触れ合う仕事であることから、職員の方は優しい方が多く、入居者の方も穏やかで、施設全体に温かい雰囲気がありました。入居者様からの「ありがとう」や、入居者様のご家族から感謝の言葉を頂けることも多く、そこにやりがいを感じるとおっしゃっていました。

人をサポートすることが好きな方に特にオススメのお仕事ですが、入社後に介護職としての研修や、「社会人として…」という部分についてもしっかり学ぶことができるので、どの学生にも一度「介護」という言葉にある先入観をなくして、直接お話を伺ってほしいと思いました。
介護職は少子高齢化の日本において、現在も今後も絶対に必要な仕事であり、自信を持って働くことが出来る職種です。介護の魅力が今後たくさんの学生に届くように、まずは私たちが今までのイメージを払拭し、とても魅力的な職場であるという認識をすることが大切だと思いました。

2018年7月 訪問
早稲田大学 人間科学部 3年(男性)

人と人とのふれあい

本日は、株式会社オールライフメイト 人事部の相澤様にお話を伺ってまいりました。また、オールライフメイト様が経営をされている有料老人ホーム「グレースメイト練馬桜台」を施設見学させていただきました。

練馬桜台の施設は、グレースメイト系列の中で最も新しい施設のため、とてもきれいでした。設備に関しても既存の施設での現場の声をしっかりと反映させて、様々な改善を加えている為、少しでもお客様が住みやすい施設にしようという熱意を感じました。

また、介護実務の中でのやりがいをお尋ねしたところ、自分の仕事の良い悪いがお客様とのやり取りの中ですぐにフィードバックされる点ということでした。良い仕事ができていればお客様が感謝の言葉を伝えてくださったり、ご家族にも「介護士の方にとてもよくしてもらっている」というお話をうれしそうにお話ししてくださるそうで、ご家族からそのお話を聞けると、とてもやりがいを感じるそうです。

人と触れ合うことが好きな方は介護業界を視野に入れ、ぜひ一度オールライフメイト様に足を運んでみてほしいと思いました。

2018年7月 訪問
明治大学 商学部 3年(女性) 2018年7月訪問

ご入居様の生活に寄り添う仕事

本日は株式会社オールライフメイト 人事部 相澤様にお話をお伺いしました。

「グレースメイト練馬桜台」を見学をさせていただいて最初に思ったことは、とてもきれいで充実した施設ということでした。
施設内はとにかく明るく、長い廊下や広い屋上、大きな窓など解放的で、想像していた老人ホームとは違うものでした。足湯・理髪室・食堂があったり、さまざまなイベントを行っているなど、一つの施設の中に日常生活から娯楽などすべてが詰まっている印象を受けました。

さらに、夜勤明けの日やその次の日まで休みであることや、さまざまな手当があるなど、社員の方々が働きやすい環境だと感じました。全体の約6割を占める女性社員は、女性ならではの優しさや包容力を発揮でき、反対に力仕事の面では男性が活躍できるなど、社内のバランスがとれているそうです。

介護業界は人手不足で採用に苦労することも多いそうですが、業界としてはまだまだ成長段階にあり、働きながら自ら成長できる機会にも恵まれています。
ご利用者様と直接、密に接する仕事なので、その分ニーズに直接的に応えることができることや、直接感謝の気持ちを伝えてもらえることなど、そこに対人である仕事の大きなやりがいがあるのだと感じました。

2018年6月 訪問
大東文化大学 経営学部 3年(男性)

幸せ溢れるおもてなし

本日は株式会社オールライフメイト様の相澤様にお話をお伺いしました。
オールライフメイト様は介護付き有料老人ホームを運営している企業様で、本日は施設内も見学させていただきました。
施設は外観・内観ともに、まるでホテルのような綺麗さで衝撃を受けました。
今回見学させていただいた練馬桜台の施設は3階まであるのですが、1階ごとに照明の明るさを変えており、1階1階が別の空間であるかのようでした。
施設内には屋上に辺り一面を見渡せる庭園や理美容室、リハビリ施設や家庭栽培のできる中庭もありました。
職員の方々の労働環境もとても働きやすく、休憩室や夜勤の方のための仮眠室なども設置されています。
介護業界ということで忙しく辛いというイメージを持たれがちですが、実際に仕事をする上ではとてもやりがいを感じる職場であり、入居者の方やその御家族から直接お礼を言っていただいたり、自分の成長に繋がるとても働きがいのある仕事だと感じました。
福利厚生もしっかりしており、非常に働きやすい環境です。
今回のオールライフメイト様のインタビューで介護業界に対する考え方が覆されました。
仕事はすべて等しく忙しく大変なものですが、こんなにもお客様と近い距離で仕事をし、幸せを得られる仕事はとても魅力的な仕事だと感じました。

2018年6月 訪問
成城大学 経済学部 3年(女性)

居心地の良い空間

本日は株式会社オールライフメイト様に訪問してきました。
オールライフメイト様は介護付き有料老人ホームを運営している企業様ですが、私のイメージしている老人ホームとは異なり、外観も内装もとても豪華な造りになっていて、まるでホテルのようでした。
また、施設内にはリハビリ施設や食堂はもちろん、カラオケ施設や家庭菜園、足湯や理美容室なども完備されていて、老人ホームであることを忘れるほどでした。
介護業界というと「肉体労働のわりに給料があまり見合っていない」というイメージでしたが、本日お話していただいた相澤様のお話では、そこまで肉体労働ではないし、10年後、20年後まで見据えた雇用形態で、福利厚生がしっかりしているイメージを受けました。
介護の世界は今後さらに活躍の場が増えていくというお話もあり、今までのイメージが払拭され、働き甲斐があり、人と密にかかわる楽しい職場だというイメージに変わりました。

2018年6月 訪問
東洋大学 法学部 3年(男性)

景観を大切にした上質な介護施設

本日は株式会社オールライフメイト様が経営をされている、有料老人ホームの「グレースメイト練馬桜台」の施設見学をさせていただいた上で、人事部の相澤様にお話を伺ってまいりました。
施設自体はとても綺麗で、緑が多く心が癒され、入居者の方は快適に過ごせる環境だと感じました。
現在の入居者数は90名ほどで、職員・スタッフの人数は30~40名程いらっしゃるそうです。
近年、介護施設で職員が足りないとのニュースをよく目にしますが、こちらではその問題に対しては心配ないとのことでした。
また、実際に施設を見学しての印象ですが、入居者だけではなく職員の方々もとても笑顔があふれていました。
イメージだけで介護の世界は辛いと思われがちですが、実際は皆さん明るくて毎日やりがいを感じながら働いていけそうな職場でした。
これから介護施設の需要はますます高まっていくと思います。
この業界全体をこれから意識して見ていきたいと思います。

2018年5月 訪問
明治大学 情報コミュニケーション学部 4年(女性)

生活に寄り添う

本日訪れた優良老人ホームは、まるでホテルのように綺麗な場所でした。
人事部の相澤様も気さくに接してくださり、とても和やかな雰囲気のインタビューでした。
「介護」というとやはり、仕事の大変さとお給料のバランスなどで、あまり良いイメージを持たない学生も多いと思います。
そのイメージを払拭する為に、給料などのお金に関する面は、とても気を使っているそうです。
また、今回は一時間ほど施設の中を見学させていただきました。
とてもきれいで清掃も行き届いていたり、利用者の方の部屋も生活しやすいような工夫がされていました。
そして何より、利用者の方が楽しそうに過ごしている姿が見受けられました。
今回のインタビューを通して、利用者の方一人ひとりに寄り添い、多くの方から感謝される介護の仕事は、とても魅力的な仕事だと思いました。

2018年5月 訪問
法政大学 現代福祉学部 4年(男性)

家で暮らすのと同じように

本日は、施設見学・インタビューを通して色々なお話をお聞きすることができました。
お話をしていく中で一番思ったことが、とてもやりがいがある仕事であり、福利厚生も整っていて仕事をし易い環境であることです。
自分のなかで、介護の仕事は大変で給料もあまり良くない印象だったのですが、今回のお話を通して、責任の中に他の仕事では経験できないようなやりがいがあると感じました。
また、福利厚生についても、国からの援助であったり、他社と提携して福利厚生を整えていたり、働く人のことを考えていると感じました。
福祉業界というこれから伸びていく業界で、他の仕事では経験できないようなやりがいを感じて働ける仕事だと思いました。

2018年5月 訪問
学習院女子大学 国際文化交流学部 3年(女性)

利用者さんだけではなく、家族も大切に

本日は、介護施設の中を案内していただき、どのようなお仕事をしているのかを直接見ることができました。
また、インタビューの時間は人事部の相澤様に、仕事の魅力などを丁寧にお話して頂きました。
介護職の魅力としては、直接お客様と関わり、利用者さんだけではなくその家族にもお礼を言っていただける点にとてもやりがいを感じるという事でした。
社内制度として魅力的に感じたことは、キャリアパス制度についてです。
こちらは半期ごとの目標を達成すると給料が上がるなど、頑張れば給料が上がるという制度です。
頑張りがそのまま結果に繋がるという点は、とても魅力的でした。
今回のインタビューは、介護職へのイメージが大きく変わる、貴重な機会でした。

2018年4月 訪問
青山学院大学 法学部 3年(女性)

家族のような距離感

オールライフメイト様の相澤様にお話を伺いました。閑静な住宅街に建てられた鷺ノ宮グレースメイトはホテルのように綺麗で、私たちの持つ「老人ホーム」のイメージが大きく覆されました。ただ外観が綺麗というだけではなく、入居者の方々のニーズに合わせたきめ細かいサービスを提供しています。実際に施設を見学させていただいて、毎日の食事やレクリエーション、理美容室や屋上庭園、室内の家具に至るまで「老人ホームに入ったから大きく生活が変わってしまった」ということのないように意識されていると実感できました。
また、大変な仕事というイメージだけで介護士の仕事を嫌厭しないでほしい、という相澤様の言葉もとても印象的でした。職員と入居者は互いに家族のような距離感にあり、大変な時もあるけれど、真心を込めて対応すればしっかり反応も返ってきて、やりがいを感じることのできる素敵な職業なのだと思いました。

2018年4月 訪問
日本大学 通信教育学部 4年(男性)

え!? ここは介護施設ですか?

人事部の相澤様にインタビューさせて頂きました。オールライフメイト様は東京都と千葉に7箇所のグレースメイトという介護施設を運営する企業様です。
今までも介護施設に何度か訪問したことがありますが、その中でも建物の作り方や外観にとてもこだわっており、それはまるで介護施設ではなくホテルのような外観で驚きました。
入居者へのサービスを、お手伝いではなくおもてなしと表現をしてる意味がわかりました。
求める人物像は、高齢者が好きであるということと、明るく人に接することの出来る人だそうです。スキルがなくても一から丁寧に教えてもらえる環境なので、しっかり実力をつけることができると仰っていました。
介護業界は「大変」というイメージだけで敬遠する学生が多いですが、相澤様は「仕事は何でも大変なものなのでそれだけで判断して欲しくない」と仰っており、社会人になる前に念頭に置くべきことを改めて実感することが出来ました。外観も綺麗な上、とてもアットホームな職場で介護業界のイメージが変わります。是非一度見てほしい企業様です。

2018年4月 訪問
早稲田大学 商学部 3年(男性)

温かみ溢れる職場環境

本日は人事部の相澤様にインタビューをさせていただきました。
企業様は高齢者介護施設を展開していて、富裕層の高齢者を顧客ターゲットにしています。コンセプトとしては見た目の高級感、手厚いケアを売りにしています。また、鷺ノ宮の施設では、介護度ごとに入居施設を分けていて、お客様の幅広いニーズに応える環境を整えています。
入社する上で最低限の介護の資格が必要になりますが、入社後は自分の努力次第で多くの資格を取得することができ、さらに成長していくことが可能です。
求める学生は、明るく人と接することができる人です。特に高齢者の方を相手にするため、毎日のコミュニケーションが欠かせないそうです。
介護は地味できついというイメージを持つ人が多いそうですが、高齢者の方と接する仕事であるため、人とのつながりを大事にした温かみのある職場、仕事であることが分かりました。実際に介護の現場に足を運んでみると、職員の方や入居者様の表情が生き生きとしている様子を見学することができました。介護に対するマイナスのイメージを払拭したいと相澤様はおっしゃっていましたが、本日の訪問で私自身介護に対するイメージが変わりました。
温かみのあるアットホームな環境で生き生きと働くことができるオススメの企業様です。

2018年3月 訪問
法政大学 法学部 2年(男性)

ホテルのような老人ホーム

本日、株式会社オールライフメイト様に訪問させていただき、人事の相澤様にお話を伺いました。オールライフメイト様は「一人ひとりに真心をこめて」のスローガンのもと、本当に入居者の方を思った質の高いサービスを提供されていると感じました。
最初に老人ホームの外観を見たときはホテルではないかと疑うほど綺麗で驚きました。中にはトレーニングマシーンや、入居者の方が交流するスペース、屋上には綺麗な庭園もあり、快適な生活を送ることができる環境が整っています。私もこんな素敵なところに住んでみたいと思いました。駅からも近く、面会にいらっしゃるご家族のことも配慮されていると思いました。
相澤様が就職活動時にオールライフメイト様を選んだ理由は、「直感」とおっしゃっていました。まさに「ビビッ!」と来たとおっしゃっており、就職時には自分の直感も大切にした方がいいとおっしゃっていました。今後は現場での経験を生かし、人事として本部と現場の橋渡しに注力したいとおっしゃっていました。
高齢化が進む中、今後も介護業界は高い需要があると思います。誰かの力になれていると実感できるこちらの仕事は、とても魅力的に感じました。

2018年3月 訪問
明治大学 情報コミュニケーション学部 3年(男性)

一人一人に真心を込めて

本日はオールライフメイト様に訪問しました。
今回のインタビューを通して、入居者だけに優しさを向けるのではなく、職員に対しても真心を込めて向き合うというお話がとても印象的でした。
オールライフメイト様は全体的に女性社員の割合が多く、結婚や育児で一度休職した人もスムーズに職場復帰を出来るような環境づくりをされているそうです。社員一人一人の将来像まで考慮してサポートをしてくださる企業様だと感じました。
また、今後は外国籍の方を労働者として迎え入れることも検討されています。少子高齢化で高齢者が増えていく中、孤立しがちになる方も増えています。オールライフメイト様のような、高齢者の方々が職員の方に見守られながら、安心して生活できる場所が増えていってほしいと感じた訪問でした。

2018年3月 訪問
国士舘大学 政経学部 3年(女性)

最高のおもてなし

本日はオールライトメイト様の相澤様にお話をお伺いしました。
介護付有料老人ホーム「グレースメイト」の運営をしている企業様で、今回の訪問ではグレースメイト鷺ノ宮とグレースメイト鷺ノ宮参番館を見学させていただきました。どちらもとても綺麗で参番館にはジム用具もあり、外見もホテルのようでした。入居者様だけでなく、社員の方々にも過ごしやすい空間だと感じました。ご家族が来やすいように駅から近いのも特徴です。
私はオールライフメイト様の理念である「一人一人に真心を込めて・・・」という部分にとても惹かれました。入居者様一人一人にあったおもてなしをする、そして働いている社員の方々も大切にする、という思いが込められており、素敵な企業様だと感じました。 本日のインタビューで、今まで知らなかった介護業界の一面を知り、業界のイメージが大きく変わりました。

2018年2月 訪問
杏林大学 保健学部 3年(男性)

全ての関わる人のために

株式会社オールライフメイト様にお伺いし、施設の見学、人事部の相澤様にインタビューをさせていただきました。
こちらの企業様は、介護事業を主に行っていおり、今回は介護付有料老人ホーム「グレースメイト」の見学をさせていただきました。
施設を見学させていただき、感じたことは入居されているゲストの方に対してだけではなく、従業員、ゲストの親族のために様々な工夫をされていることでした。従業員の休憩室、更衣室などをしっかりと準備し、入居されたゲストの親族のために喫煙室をもうけていたり、屋上には園芸などを楽しめるテラスがあるなど、関わる全ての人に対しての配慮が入念にされているなと感じました。
また、入居されるゲスト、その家族に安心感を持っていただきたいという考えから、施設を管理する施設長は、全員が看護師資格の保有者であるなど、真に入居者のためにできることはなにかと突き詰めていると印象を受けました。
インタビューの中で「強みはなにか?」という質問に対して、7つの施設それぞれに「特徴」を持たせていることを挙げていらっしゃり、具体的には足湯が設置されたリクリエーションが豊富な施設などがあるとおっしゃっていました。また、スタッフが入居者のペースに合わせてケアを行う点も強みであると言われていました。
今回、インタビューだけでなく施設の見学までさせていただいたことで、オールライフメイト様の魅力をより感じることができました。

2018年2月 訪問
中央大学 法学部 2年(女性)

ところどころに溢れる優しさ

人事部の相澤様にお話を伺いました。
館内を紹介していただき、思ったことはバリアフリーを超えた工夫がされていることです。看護師さんが24時間必ず一人は居るような仕組みになっていたり、お一人では外出が困難なゲストの方々の気分転換用に屋上庭園が設けられているなど、工夫は様々です。
また、庭園は従業員の方々も気晴らしに使うことができ、この会社ではゲストのみならず社員の方にとっても優しい仕組みがたくさんありました。
ゲストの方が満足することはもちろん、従業員やゲストのご家族が満足できるサービスを提供することがやりがいに繋がっているそうで、そのやりがいはとても大きいと感じました。

2018年2月 訪問
立教大学 社会学部 3年(女性)

すべての人と寄り添い合うことで生まれる暖かさ

オールライフメイト様の人事、相澤様にお話をお伺いしました。
オールライフメイト様は、老人ホームを運営している企業様で、本日は実際に老人ホームに足を運び、見学させていただきました。見学した鷺ノ宮エリアには三棟あるのですが、オールライフメイト様ではそれぞれの老人ホームにすべてコンセプトがあり、それに合わせてゲストである入居者様も変わっていくということでした。医療体制や、リハビリ用の施設の設置の仕方、などがその棟によって分けられています。ゲストの方に寄り添い、よりニーズに合わせられる老人ホームだと感じました。
施設は、ゲストだけではなく、ゲストのご家族や、社員の方々にとっても充実しているというのが特徴的でした。休憩室や更衣室、社員の仮眠室など、ご家族のための喫煙室も完備されていました。イベントなども多く開催されており、季節ごとの行事も行なっているそうです。またゲストの方々の声からイベントを行うこともできるそうです。
毎日ゲストの方々と接するため、ゲストの方々の声をすぐに取り入れることができ、やりがいも身近に感じることができるお仕事だと感じました。
実際、学生が見学に来ることもあるそうですが、多くの方がイメージと違ったとおっしゃるそうです。介護と言えば大変であり、とても忙しいイメージを持たれがちです。しかしゲストの方に寄り添ったケアをしていくのでどちらかといえばのんびりと和気あいあいとした雰囲気の中で仕事をされていて、私自身もイメージが変わりました。
また、相澤様の現場時代のやりがいとしては、対応が難しいゲストの方と信頼を築くことができ、ご家族にも感謝されることだそうです。大変な現場ではあるからこそ、信頼関係を築けた際の喜びや、やりがいはとても大きなものだと感じました。

会社名 株式会社オールライフメイト
事業内容 福祉サービス
URL https://www.gracemate.jp/
所在地 東京都豊島区長崎5-33-11
資本金 3億5千万円
設立 2001年5月30日
従業員数 310名(2018年3月1日現在)

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!