福崎町役場× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

福崎町は兵庫県にある、人口およそ2万人の町です。福崎町には、河童のガジロウやガタロウをはじめとした沢山の妖怪が住んでいることで有名で、多くの観光客が訪れる、遊び心に溢れた楽しい町でもあります。役場の職員一人ひとりの力で町をつくっている印象を受けました。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.201033
同志社大学 社会学部3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年8月 インタビュー】

妖怪が住む町での仕事

今回は、福崎町役場様にインタビューをさせていただきました。福崎町は兵庫県にある、人口およそ2万人の町です。福崎町には、河童のガジロウやガタロウをはじめとした沢山の妖怪が住んでいることで有名で、多くの観光客が訪れる、遊び心に溢れた楽しい町でもあります。

総務課・地域振興課・農林振興課など13の課に分かれており、住民の方々のために業務にあたられています。仕事の中でやりがいを感じる時は、住民の方から「ありがとう」と感謝の言葉をいただいた時だと仰っており、地域の方との繋がりを大事にされていることが伝わってきました。

私たちのインタビューに温かく親身になって応じてくださり、大変貴重な時間となりました。このような応対が、地元の方との強い絆の秘訣なのではないかと感じました。

学センインターンNo.200083
明治学院大学 社会学部2年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年8月 インタビュー】

活気のある町で住民の生活を支える仕事

今回は、福崎町役場のご担当者様にインタビューをさせていただきました。福崎町は、兵庫県姫路市の北部にある人口が約2万人の町です。自動車道が交差しているため、古くから交通の要所とされており、町として栄えています。町としては珍しく、人口を維持しており、理由としては、店が整備されており、福祉医療も充実していることから、とても暮らしやすいことが挙げられます。

こちらでは、13の課からできている町役場で4〜5年に一度異動しながら、様々な仕事をします。そのため、柔軟性がある方が向いているそうです。また、福崎町は役場として妖怪事業にとても力を入れており、テレビで取り上げられるなど全国的に有名で、観光客も倍増したそうです。 住民の方と直接関わる課もあり、感謝をいただいた時にやりがいを感じるそうです。

災害時などはとても大変ですが、町をつくるために重要な職務が多いです。 福崎町は役場として妖怪事業に力を入れ、それが成功するなど、役場の職員一人ひとりの力で町をつくっている印象を受けました。

是非、様々な方に見ていただきたいと思いました。

会社名福崎町役場
事業内容
URLhttp://www.town.fukusaki.hyogo.jp/
所在地〒679-2280 兵庫県神崎郡福崎町南田原3116-1
資本金
設立
従業員数