社会福祉法人茶の花福祉会× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

こちらの法人様は、埼玉県狭山市・入間市・所沢市において、障害を持つ方に対する入所施設や通所施設、就労支援施設などを複数運営されています。 全施設の職員が大切にしていることとして、障害者であってもフラットな目を持って見ることであり、自立を促す意味で時には助けすぎないということも意識しています。 人が好きで真に人と向き合った仕事をしたい方には向いていると感じました。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.201232
同志社大学 社会学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「10年以上暮らされている利用者の方の本音とは」

本日は、社会福祉法人茶の花福祉会にインタビューをさせていただきました。
こちらの法人様は、デイサービスや障がい者施設の運営をされています。

私が魅力に感じた点は、職員の方と利用者の方の距離が近く、お互いが助け合いながら時間を共有しているところです。施設で10年以上生活をしている利用者の方にも直接お話を伺いました。
どこかに出かける時は自分たちで計画を立て、職員の方々はそのサポートをしていると仰っていました。また、利用者の方も他の一緒に暮らしている仲間や、職員の方々が気持ちよく生活をできるように、周りに気を配っている印象を受けました。職員の方は、利用者の方が自立して生活できるように補助し、利用者の方の個性を大切にしながら向き合っています。

もう一つ魅力に感じたことは、利用者の方や職員の方の人柄の良さです。インタビューをしている際も笑い声が聞こえ、施設を見学した際もリハビリやレクリエーションの際に、皆さんが楽しんでいる印象を受けました。
利用者の方に、どんな職員の方が多いか伺ったところ、あいさつやお礼が言え、明るく周りを見ている人が多いと仰っていました。
こちらでは、利用者の方と職員の方々が、協力して作り上げてきたものだと感じました。利用者の方は、公共交通機関を使う際には苦労をしているそうですが、施設では体力面でもサポートもあり、助かっていると仰っていました。

私は、お話を伺う前は困っている方がいても、話しかけるのをためらっていました。しかし、私もたくさんの人に助けられながら生きています。今度は、誰かを助けたいと思いました。

学センインターンNo.200285
専修大学 経済学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年1月 インタビュー】

「利用者の方との関係性」

本日は、社会福祉法人茶の花福祉会様のご利用者の方と職員の方にお話を伺いました。
利用者の方に、こちらの法人様について伺ったところ、「集団での生活を通して、一人だけだとなかなか出来ない事を補ってくれており、自立を手助けしてくれている環境」「職員の皆さんは、利用者のことを本当に考えてくれている」と仰っていました。

職員の方にも、職場の雰囲気を伺ったところ「利用者の方が中心となって生活している。職員は、利用者の方のお手伝いをするようにしており、利用者の方に教えてもらう事のほうが多い環境」だそうです。また、業務を行う上で大切にしている事を伺ったところ、「利用者の方だから、などではなく、その人自身の事を知ることを大切にしている」と仰っていました。

そして、こちらで特徴的だと思ったのは、海外研修があるという点です。入社後5年以上勤めた場合、世界の福祉を知り、その知識を日本に持ち帰って活かす事を目的に、一週間ほどのオーストラリアに研修に行くといった、研修制度も整っています。これは、あまりない取り組みだと思い、とても魅力的に感じました。

利用者の方と職員の方、両者のお話を伺い、お互いが成長していくような環境が整っており、また、ご利用者の方と職員の方との関係性が親密で、とても良いものだと伝わってきました。そして、福祉の仕事のイメージが、今回のインタビューで大きく変わりました。
誰かの自立を助けたい方、そして自分自身も成長できる環境で働きたい方に、魅力的な法人様だと感じました。

学センインターンNo.200208
明治大学 情報コミュニケーション学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年12月 インタビュー】

「集団の中で自立する」

本日は、社会福祉法人茶の花福祉会様にお話を伺いました。
こちらの法人様の施設を見学をさせていただき、スーパーや団子屋さん、いちご狩りのビニールハウスなど、障がいを持つ方(利用者とこの後では記述)が働いているのが印象的でした。レジに立つだけではなく、納品や包装、商品の開発も利用者が行っており、自立して社会生活ができるよう、職員の方が支援をしています。その他にも、デイケアサービスや埼玉県その近隣の県など、障がい者を支援するための相談所も設けており、県や市から委託を受けた支援も行っています。

お話の中で印象に残っているのは、利用者を個別で対応するのではなく、「集団支援」を行うことです。社会で私たちが集団で生活してるのと同じように、利用者と職員も集団で生活することを目的としています。また、職員の方も気さくな方が多く、立場が上の人に対しても、意見を発信できる環境であると仰っていました。イベントの企画や些細なことでも皆で意見を出し合い、利用者と一緒に楽しんで生活することを大切にしています。

人と関わることが好きな方、人の成長を自分の仕事のやりがいと感じることができる方にとって、魅力的な法人様だと感じました。

学センインターンNo.200225
明治大学 法学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年12月 インタビュー】

「自立することの大切さ」

本日は、社会福祉法人茶の花福祉会様にお話を伺いました。
こちらの法人様は、障がいを持っている方が、クラブ活動や集団生活を通して、生きがいの持てる生活を自分自身で作り上げられるよう支援を行っています。また、こちらでは、障がいを持つ方のお世話ではなく、自立できるように支援することを何よりも大切にしています。

障がいを持つ方が社会経験できる環境を整えており、障がいを持つ方が社会的に自立するためになくてはならない場所だということを、施設の見学を通じて感じました。
また、人と接することの多い仕事であるため、一人でコツコツとこなすよりも、周囲と協力しながら一つのことを成し遂げたいという方が向いているそうです。

実際の職場を見学させていただき、私が持っていたイメージが変わりました。福祉の仕事に携わりたいと考えている方に、ぜひ知っていただきたい法人様です。

学センインターンNo.200071
横浜国立大学 理工学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年11月 インタビュー】

「障害者に向き合う仕事におけるやりがいと成長」

本日は、社会福祉法人 茶の花福祉会のご担当者様にお話を伺いました。こちらは、埼玉県の西部地域を中心とし、障害者支援を行う施設を運営している社会福祉法人です。

「仕事のやりがいと成長」という点に着目してお話を伺いました。ご担当者様は入職当時は障害者支援に対する知識がなく、障害者との関わり方を1から学ぶのに苦労したため、失敗することも多々あったそうです。しかし、失敗を周りと共有し、経験を積み重ねながら関わり方を学ぶことで、成長を感じてきたそうです。そして、自分の行動で、言葉を上手く使えなかった人が意思疎通できるようになるなど、利用者の方の変化を感じられることに達成感を味わっているそうです。

利用者の方に耳を傾けながら自分の意見を発信することで、利用者の方と自身の能力を共に向上させられるというのは、大きなやりがいのある仕事だと感じました。 ぜひ、見ていただきたいと思いました。


学センインターンNo.201065
関西大学 法学部4年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年11月 インタビュー】

「利用者の自立を大切に」

本日は、社会福祉法人茶の花福祉会のご担当者様にお話を伺いました。

こちらの法人様は、埼玉県狭山市・入間市・所沢市において、障害を持つ方に対する入所施設や通所施設、就労支援施設などを複数運営されています。

就労支援施設では、野菜の栽培や麺類の製造、その他商品の製造など施設利用者の収入となるような商品を開発しており、自分たちの力で生きていけるよう環境整備・取り組みをされています。 全施設の職員が大切にしていることとして、障害者であってもフラットな目を持って見ることであり、自立を促す意味で時には助けすぎないということも意識しています。 そして何よりも「人が好き」ということが職員の方の人柄としての共通点であり、新卒採用においてもその点を重視しています。新卒内定後は、体験会や懇親会を経由後に承諾か否かを決断できる期間を設けられるため、ミスマッチを無くせる工夫がされています。

入社後は、OJT研修を通じて、未経験でも仕事を覚えていくことができ、また5年目の社員の方を対象に海外の障害者支援施設を見学できる海外研修も用意されています。 人が好きで真に人と向き合った仕事をしたい方には向いていると感じました。

最後に、お話を伺ったお二方より学生へ「ミスマッチを無くすため、実際の仕事を肌で感じれるほどに企業研究をしっかりしたほうが良い。また、学生の内は同コミュニティ内だけでなく、外とも交流し、視野を広げて欲しい」とのお言葉いただきましたので参考にしてください。

会社名社会福祉法人茶の花福祉会
事業内容第一種社会福祉事業、第二種社会福祉事業、障害福祉サービス事業、共同生活援助、共同生活介助、居宅支援、移動支援サービス、地域活動センター、相談支援事業、障害者支援施設、生活介護
URLhttps://www.chanohana-fukushi.or.jp/
所在地〒358-0027 埼玉県入間市上小谷田3-2-21-1
資本金社会福祉法人のため無し
設立昭和54年2月
従業員数約550名(正職210名、他340名)
https://www.chanohana-fukushi.com/