株式会社 セントラルフード× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセテンスを表示します。

扉の全てにステンレスを採用した、徹底した衛生管理!主に食肉製品の製造販売する企業。適切な社内制度の下で新卒を含めた社員の方々全員が成長をしていくことができる。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.180067
早稲田大学 教育学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

「中小ならではの武器」

本日はセントラルフード様に訪問致しました。

セントラルフード様の主な事業内容は、食肉の加工販売です。具体的には、別会社で屠殺された動物を仕入れ、セントラルフード様でお客様の要望に沿ってスライスし、納品されています。取引先は主にコンビニや大手外食チェーンなどが挙げられ、誰もが一度は食べたことがあるような商品にもセントラルフード様の食肉が使用されています。

セントラルフード様の強みとしては、先に述べた大手チェーンへの強いパイプ以外にも、徹底した衛生管理が挙げられます。セントラルフード様の工場内では天井・壁を全てステンレス製にしていらっしゃいます。ステンレスは衛生的である反面、非常にコストがかかる為、他社ではなかなか実現できないことだそうです。こういったことも可能にするセントラルフード様の徹底したこだわりが、とても素晴らしいと思いました。

また、今回お話を伺った望月様は、研修会社に勤務されていた経験を活かし、昨年度から人事面での改革も実施されており、研修制度や福利厚生制度の見直し、人事評価基準の明確化など、様々な改革に取り組まれています。社風としても話が通り易く、風通しが良いとのことですが、今後は制度面でもより働き易い会社になっていくのだろうと感じました。


学センインターンNo.180050
拓殖大学 商学部 3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

「これからに期待!」

本日はセントラルフード様の結城工場に、工場見学とインタビューでお伺いしました。

工場に入る際には、手洗い、消毒、衣服に付着したごみ取りなどの手順があり、工場内を清潔に保っていました。中でも驚いたことが、工場内の壁、天井、扉の全てにステンレスを採用し、抗菌、防カビ等の効果と密閉度を高め、品質と衛生管理の向上に勤めていたことです。同じように食品を扱い、大きな工場を所有する大手企業でさえ、膨大なコストが必要とされる為、全てにステンレスを採用することは難しく、実際に行なっている企業はほとんどないとのことでした。セントラルフード様は企業理念にもある「お客様お取引様を1番に考える企業」を目指す為の取り組みが、目に見える形で現れている企業様でした。

また、昨年から新たに人事課を設け、研修会社で勤務経験のある望月様の下、大きな改革が行われてきました。研修制度では導入、現場、フォロー、1年後といった形で細かな研修が用意され、人事評価では研修受講態度・目標達成・取り組みの3つを総合的に判断して評価されるなど、働き易く、モチベーションが保てる職場になっていると思いました。

今後は県内の古河市に新たな工場を新設する予定があり、これまで生産ラインが追いつかず、残念ながらお断りをしていた仕事にも対応していくとのことでした。事業としての成長はもちろんのこと、適切な社内制度の下で新卒を含めた社員の方々全員が成長をしていくことができる企業様だと感じました。


学センインターンNo.180089
青山学院大学 社会情報学部 1年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

「徹底された衛生管理」

本日はセントラルフード様に訪問しました。

セントラルフード様は、主に食肉製品の製造販売業をされています。具体的には食肉を仕入れ、加工をして、大手外食チェーン店やコンビニ、生協などへ納品されています。食肉を扱う仕事をする上で、屠殺される動物への「感謝」を忘れずに仕事をされているそうです。

セントラルフード様の強みをお伺いした所、衛生面を挙げられていました。食品メーカーである限り、衛生的であることは当たり前と思うかもしれませんが、セントラルフード様にしかできない衛生面へのこだわりを随所に見ることが出来ました。例えば、工場内の壁や天井を全てステンレス製にしている点です。これには莫大なコストがかかり、大きな工場を持つ大手企業にもなかなかできないことだそうです。

今回のインタツアーでは会社説明とインタビューの他に、工場見学もさせて頂きました。工場というと機械が多く、ほとんど人がいないものだと思っていたのですが、実際は機械では上手く切れない食肉を切る方や、機械で切った後の肉に異物などが混入してないかを確認する方などがいました。X線を使って異物が混入していないか確認する機械はあるのですが、小さな骨などは反応しないことがある為、最後は人の目でチェックをしているそうです。このような徹底した安心安全の為のこだわりが、セントラルフード様の信頼に繋がっているのだと思いました。


学センインターンNo.180038
国際基督教大学 教養学部 3年(女性)
気になるビジコミ#タグ

【2019年2月 訪問】

「セントラルフードだからこそできること。」

今回のインタビューを通して、中小企業ならではの良さを感じることができました。 セントラルフード様は、食肉加工に特化した事業展開をすることで、その分野に関する知識が非常に豊富だと感じました。お肉に合うタレの割合についてなど、大手企業の担当者も知識を学びにセントラルフード様を訪問されるそうです。

さらに、工場の衛生管理にも格別の配慮がなされていました。手洗い、衛生服の着用はもちろんのこと、抗菌作用を最大限高める為に、工場の壁、天井、扉はすべてステンレスで統一されています。大手企業でもコストの関係でステンレス製の施設整備を諦めてしまうそうで、セントラルフード様のコストよりも顧客の安心安全を追求し、それを実現できる環境に魅力を感じました。

昨年から人事として活躍されている望月様は、社長や役員へ話が通り易いことも強みだと仰っていました。また、セントラルフード様で初めて産休・育休を取得し、先月職場復帰された岩木様も、上司への相談のし易さを良いところとして挙げており、風通しの良い、柔軟性のある企業様だと思いました。

現在、望月様は数々の働き方改革に取り組まれています。売上も伸び続けており、今後さらなる成長を期待できる企業様だと感じました。

会社名 株式会社 セントラルフード
事業内容 食肉販売業、食肉処理業、惣菜半製品製造業
URL https://www.central-food.co.jp/
所在地 〒306-0203 茨城県古河市柳橋574-1
資本金 9,000万円
設立 昭和61年5月
従業員数 89名

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!