株式会社バスクリン× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

こちらの企業様は、「健康は、進化する。」というスローガンの下、入浴剤産業に注力している企業。社員の約7割が4~50代で構成されているため、落ち着いた、アットホームな雰囲気があります。高い技術力とシェア2位という実績のある企業で、やりがいと誇りの持てる仕事をしていきたいという学生に魅力的な企業。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.201036
同志社大学 文化情報学部 4年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「入浴剤から健やかで心地よい生活をつくる」

本日は、株式会社バスクリンのご担当者様にインタビューをさせていただきました。 こちらの企業様は、『きき湯』や『バスクリン』などの入浴剤や育毛剤などを販売しており、2008年にツムラグループから独立しています。

独立以降も、ツムラグループのノウハウや研究開発力を受け継ぎながら、効能効果の高い製品を次々と販売しています。 インタビューを通して、企業様の製品に対する徹底した「こだわり」を感じることができました。 それは、入浴剤の効能により本当に効果が出るものかどうかを学会で発表できるまで検証したり、スポーツ選手などに使用してもらい、効能・効果を入念に検証した上で、消費者に届けているとのお話を伺ったからです。 日常で何気なく使っている製品には、見えないところで製品に対してこだわりをもって開発、販売している社員の方々の姿があることを、インタビューを通して感じることができました。


学センインターンNo.200270
横浜国立大学 経済学部 4年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2021年2月 インタビュー】

「本質的な健康を探求する組織」

本日は、株式会社バスクリン様にインタビューをさせていただきました。こちらの企業様は、「健康は、進化する。」というスローガンの下、入浴剤産業に注力されており、同市場で2位のシェアを獲得されている企業様です。

今回のインタビューを通して、2点印象に残りました。1点目は、人間の健康に真摯に向き合う姿勢で、企業様の強みに関して質問をさせていただいたところ、“研究開発力”というお答えをいただきました。入浴剤というのは薬ではないため、どう効くのかといった効能面の根拠が必ずしも明確ではないため、前身会社、漢方薬で有名なツムラのノウハウを活用し、自然由来の生薬から製品化を実現しています。このように、健康に対し、誠実なアプローチを続けるストイックな企業様という印象を受けました。2点目は、調和のとれた風土です。こちらは、社員の約7割が4~50代で構成されています。そのためか、落ち着いた、アットホームな雰囲気があるそうです。また、「メーカーで勤務する以上、企画職を希望」という方が多いとのお話がありました。そこで、社内用の電子掲示板を設け、営業職の方の意見を蔑ろにせず、商品企画に反映する体制が整備されています。このように、社員の方のモチベーションを維持し、調和のとれた環境が備わっているというのはとても魅力的でした。

最後に、個人の感想として、高い技術力とシェア2位という実績のある企業で、やりがいと誇りの持てる仕事をしていきたいという学生に向いている企業様だと感じました。

会社名株式会社バスクリン
事業内容医薬部外品(入浴剤・育毛剤他)、化粧品、雑貨品等の製造販売
URLhttps://www.bathclin.co.jp/
所在地〒102-0073 東京都千代田区九段北4-1-7 九段センタービル8階
資本金3億円
設立2008年7月1日
従業員数228名(2020年1月末現在)
https://www.bathclin.co.jp/company/recruit/