安曇野食品工房株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

コンビニでよく見かける商品を手がける!「笑みのある」食卓、食シーンを作る飲料メーカー。社員の仲がとにかく良い。若手活躍・風通しが良く自由に大きな裁量で働ける環境


採用ナビサイトはこちら エントリーができます | 天職市場 |  

ビジコミ一覧


2018年5月 訪問
立教大学 社会学部 2年(男性)

笑顔を届ける会社

「笑みのある」食卓、食シーンを作るという企業理念の実現の為に、仲良く笑顔で働ける環境であると理解できました。笑顔が笑顔を生むという循環が素晴らしいことだと思いました。

2018年5月 訪問
明治大学 情報コミュニケーション学部 3年(男性)

仲の良さNo1!

社員の仲がとにかく良いとのことでした。社長をはじめ、様々な部署の方が一丸となって、ひとりでも多くのお客様を呼び込もうとする雰囲気が、仲の良さに繋がっているんだなと感じました。

2018年5月 訪問
上智大学 法学部 3年(男性)

若手が活躍できる会社

若手社員の活躍について、具体的なエピソードを多く聞かせてもらうことができました。バイタリティのあふれる、若手にとても魅力的な企業だと思いました。。

2018年5月 訪問
立教大学 社会学部 4年(女性)

笑顔!!

お会いした社員の方々が、皆さん笑顔だったことがとても印象的でした。風通しの良さと、コミュニケーションが取れているからこそのスピード感が、とても魅力的な企業でした。

2018年5月 訪問
早稲田大学 文化構想学部 3年(女性)

内も外も笑みある会社

社外も社内も笑顔にする会社だと思いました。若手もどんどん活躍させてもらえるそうで、働きたい! 受けてみたい! と感じました。女性の働きやすい環境も魅力に感じました。

2018年5月 訪問
法政大学 現代福祉学部 3年(男性)

徹底的なニーズ把握

顧客ニーズの把握を徹底的にされていて、事業としての成功の理由がよく分かりました。飲料メーカーという業界に非常に興味があったので、とても魅力的な企業だと思いました。

2018年5月 訪問
立教大学 社会学部 3年(男性)

ひとつの商品へのこだわりが強い

ひとつひとつの商品開発に関するこだわりがとても強い会社だと思いました。じっくりと時間をかけて、お客様のことを考えているからこそのやりがいを感じました。

2018年5月 訪問
横浜市立大学 国際総合学部 3年(男性)

自由に、面白く働ける環境

大きなグループに所属している会社なので、制約を受け、自由に動きづらいのではないかという印象を持っていました。ですが実際にお話を聞いてみるとむしろグループであることの良さを活かし、自由に大きな裁量で働ける環境であることが理解できました。

2018年5月 訪問
東洋大学 法学部 3年(女性)

食で人のニーズに応える

時間をかけ、苦労をして開発した商品に、お客様から感謝の言葉をもらえるのが何より嬉しい、というお話を聞きました。やりがいの多い魅力的な仕事だと感じました。

2018年5月 訪問
立教大学 社会学部 2年(女性)

やりがいを実感

マーケティングのお仕事について色々なお話を聞くことができました。自分の仕事がしっかりと形になり、結果として見える点で、とてもやりがいを感じるお仕事だと思いました。

2018年5月 訪問
法政大学 社会学部 3年(女性)

食品に付加価値を!!

安曇野食品工房だからこそできる商品開発に魅力を感じました。お客様の笑顔のために開発に取り組むとても素敵な会社だと思いました。

2018年5月 訪問
法政大学 法学部 2年(男性)

想いが詰まった商品の提供

商品開発についてお話を伺いました。味付けや色の付け方の細部まで工夫されていて、私たちの手元に来るまでに、こんなにたくさんの人の思いが詰まっているのだと感動しました。

2018年5月 訪問
東海大学 情報理工学部 3年(男性)

みんな知っている商品を開発している

企業名を知らなかったのですが、コンビニのブランド商品なども製造しており誰もが手に取ったことのある商品を開発しています。日本の食品業界を支えている、魅力的な企業だと思いました。

2018年5月 訪問
立教大学 法学部 3年(男性)

新しいことに挑戦する風土

日本初、タピオカ販売のチャレンジャー!丸大食品の子会社ということで、規模は大きくは無いですが、だからこそ、新しいことに挑戦する風土があると感じました。

2018年5月 訪問
東京女子大学 現代教養学部 3年(女性)

人を笑顔にすることができる仕事

会社名は知られていなくても、シェア1位の商品をコンビニなどで購入されているところをみるとすごく誇らしいとおっしゃっていて、自分の仕事が人を笑顔にすることができる仕事であるとイメージできました。

2018年5月 訪問
立教大学 法学部 3年(男性)

多くの経験が積めるのが魅力的

大手ではないからこそ、1人当たりが携われる仕事の範囲が広いことで、決められた仕事以上に多くの経験が積めるのが魅力的に感じました。

2018年5月 訪問
多摩大学 経営情報学部 2年(女性)

胸がわくわくしました

ユニークな商品を次々に生み出しているところから、これからもまだまだ世間をあっと言わせるような商品が生まれるのではないかと思うと、胸がわくわくしました。

2018年5月 訪問
中央大学 経済学部 3年(男性)

多くのことにチャレンジできる会社

斬新な発想を取り入れ、商品化したところに、多くのことにチャレンジできる会社なのではないかと思いました。

2018年5月 訪問
日本女子大学 文学部 3年(女性)

マーケティングについて学んでみたい

商品をより多くの方に知ってもらうために、マスコットキャラクターを設定するなど、マーケティングについてのお話もあり、もっと学んでみたいと思いました。

2018年5月 訪問
東京理科大学 理学部 3年(男性)

人と人のつながりを作る食品会社

「楽しい商品を作ることで会話が弾み、体の健康だけではなく、心の健康も育んでほしい。人と人のつながりを作る食品会社を目指している」という、企業理念のお話に共感しました。

2018年5月 訪問
京都造形芸術大学 芸術教養学科 4年(女性)

風通しの良い企業

日頃から他部署の人ともコミュニケーションをとることで、お客様の満足度を高めることに繋がるというお話から、風通しの良い企業であることが伺えました。

2018年5月 訪問
創価大学 経営学部 2年(男性)

より良い会社をつくろうという思い

総務部の方が、現状の問題や今後の課題について詳しく話してくださり、未来を見て、より良い会社をつくろうという思いが強く伝わってきました。

2018年5月 訪問
首都大学東京 都市教養学部 3年(男性)

コンビニの商品を作っている

正直、会社名は知りませんでしたが、コンビニでよく見かける商品を作っていて、身近な企業だとわかりました。まだまだ伸びしろの大きい働きがいのありそうな企業だと思いました。

会社名 安曇野食品工房株式会社
事業内容 食品
URL http://www.azuminofood.jp/
所在地 本部:〒104-0045 東京都中央区築地4丁目7番5号 築地KYビル 7F
資本金 49,500万円
設立 1998年6月19日
従業員数 85名

採用ナビサイトはこちら エントリーができます | 天職市場 |  

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!