エア・ウォーター・マテリアル株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

商材開拓、新規事業開拓、新規顧客開拓、海外開拓、海外へ展開する総合商社! 最初の3年は投資、売り上げ予算は個人個人が設定!「人材」を大事にされている企業。


採用ナビサイトはこちら エントリーができます | リクナビ |  

ビジコミ一覧


2018年2月 訪問
杏林大学 保健学部 3年(男性)

自分が、という積極性

今回のインタビューを通して、社内制度が整っていると感じました。
例えば、会社側として入社3年間は投資期間と考えているそうで、入社後一年間は先輩社員について営業について学び、その後約二年間を経て自分の営業スタイルを見つけていくそうです。また、営業の方々は各々のスケジュールを自分達で組んで仕事をしているので、一年間の売り上げ予算等も個人個人が目標を設定するそうです。そして、成果で報酬を決めるということですが、完全な成果主義ではなく、プロセスも重視していると仰っていました。

国内の車の部品や、JRの車両、衛星にまで会社の製品が使われ非常に重要な役割を果たすことができているのは、充実した社内制度があってのことだと感じました。

2018年2月 訪問
國學院大学 法学部 3年(男性)

理想の環境

金光様、山本様、高橋様にお話を伺いました。

エア・ウォーター・マテリアル様は、営業職に就きたい私にとって理想的な環境が整っていました。まず、最初の3年は投資期間という考え方が魅力的でした。入社後は先輩と同行して営業のノウハウを学び、4年目までは自分の営業スタイルを確立するための期間にあてられるとのことでした。
次に評価制度についてですが、基本的には成果主義ではありますが、併せてプロセスも評価するとのことでした。成果を出すには運もありますが、プロセスに運は関係ないので、その点を評価してもらえるという点は、やりがいを感じられると思いました。

また、様々なものを扱う為、多くの仕事に携わることができ、海外に行けるチャンスもある等、充実した環境が整っています。
今回のインタビューを通して、正当に評価してくださる企業に就職することが、やりがいを持って仕事に取り組めることに繋がるのだと思いました。

2018年2月 訪問
杏林大学 保健学部 3年(男性)

人を大事に

エア・ウォーター・マテリアル株式会社様におうかがいしました。

最初にオフィス見学をさせていただきました。1階は東京を主とした営業部があり、2階は国際部と管理部がありました。使用中の為見学することができませんでしたが、日本全国、世界と繋がったテレビ会議室もあるとのことで、日本や世界との繋がりを感じることができました。
また、2階オフィスの中央には会長がいらっしゃり、驚きました。日常的に仕事のことも、それ以外のことも会長と話すとのことだったので、非常に風通しの良い社風という印象を受けました。

新卒社員の育成方法については「入社3年は投資期間だと考えている」とお答えいただきました。基本的に1年目は先輩同行、2年目は1,2社を持ち、3年目で営業スタイルの確立となるということで、4年目から会社に貢献してもらいたいとのことでした。
お話を伺い、育成方法や働き易さなどから「人材」を大事にされている企業様だと感じました。

2018年1月 訪問
立教大学 社会学部 3年(男性)

人を成長させる会社

今回のインタビューを通して、小さな組織でも大きな成果を挙げられる会社だと感じました。全国に多くの拠点を置いているエア・ウォーター・マテリアル様は、各店舗の人員は少数なのですが、その分一人一人の業務に対する重要性がとても高くなっています。

また、現在は即戦力として特に営業職を求めているのですが、新卒採用だけでなく中途採用にも力を入れています。求めている人材は、論理的思考力のある人や、コミュニケーション能力の高い人であると仰っていました。

エア・ウォーター・マテリアル様の選考フローは、面接のみで、面接の中で重要な点は、志望理由の具体性というより、その人の話し方を見ているとのことでした。その為、面接官は趣味等のプライベート面からの質問をして、気軽に話せる環境づくりを心がけているように感じました。

今回のインタビューの中で、採用担当者である金光様が何度も口にしていた言葉がありました。それは地元志向の強い人は採用しない、とのことでした。理由として、営業をする上で転勤があることを当然考慮に入れなくてはなりません。そして全国を転勤することによって様々な地方の特徴があり、キャリアアップを図ることができる最善の方法であると仰っていました。今回のお話を聞き、入社後に大きく成長できる企業様だと思いました。

2018年1月 訪問
電気通信大学 情報理工学部 3年(男性)

相手先との信頼関係を築く

人事・総務部の金光様と山本様にお話をいただきました。
エア・ウォーター・マテリアル様の採用についてですが、現在のところ新卒採用では営業職のみで、その他の管理部門などは中途採用で行なっているそうです。

今回のお話の中で、営業を行う上で必要なスキルとしておうかがいをしたところ、知識とコミュニケーションスキルを挙げられていました。これはなぜかというと、営業を行う上では相手先企業との信頼関係を築かなければならないためとおっしゃっていました。コミュニケーションスキルでも、やはり初対面でどこまで話せるかというところが重要ということでした。初対面の人と話す経験が私自身少ないので、もっと経験してスキルを高めていかなければならないと感じました。

また住居に関する福利厚生を会社の特長として挙げられていて、30歳以下であれば転勤の際、家賃は2000円の自己負担分以外は会社が負担してくれます。また、それ以上の年齢であっても、家賃のうちかなりの部分を会社が負担してくれます。仕事柄転勤は多いそうですが、住居面ではサポートが充実していると思いました。

2018年1月 訪問
横浜市立大学 国際総合科学部 3年(男性)

海外に目を向けて

人事、総務部の山本様と金光様にお話を伺いました。
エア・ウォーター・マテリアル様は、2015年に九州の会社であった阿部電気株式会社と井上喜株式会社が合併してできた会社で、東京の方に本社を移した現在では、会社内部で部署の集約に力をいれていらっしゃいます。

今後の企業様の方針としては、「小さな組織で大きな成果を」ということで、会社全体での高齢化が進んでいる為、新卒採用に力を入れ若手を獲得することで、将来的に活躍できるように成長させていく方針とのことでした。

社員方々は海外志向の方が非常に多くいらっしゃいます。実際に、中国ではエア・ウォーター・マテリアル様の製品の消費が多い為、ビジネスチャンスが多く、積極的に開拓しています。このような海外進出も、会社の売り上げ上昇に繋がっていると感じました。
金光様は今後、国内での消費よりも海外での消費のほうが多くなると予想されていました。海外展開の積極性も会社選びの軸の1つに入れようと思いました。

2018年1月 訪問
法政大学 現代福祉学部 3年(男性)

アジアを飛び回るジェネラリスト

今回の訪問を通して、商社という業界は、自分自身が大きく成長するチャンスにあふれているということがわかりました。
本日担当してくださった金光様は、成長するためにはあらゆる地域での営業経験を積むことが必要だとおっしゃっていました。エア・ウォーター・マテリアル様では、日本国内に限らず海外にも拠点を持つ強みを生かし、営業職では3~5年単位で様々な地域に転勤して経験を積むことができます。
また、「ただ売る」だけの商売ではなく「多くの利益を生む」商売ができるよう、フレームワークに基づいた論理的思考を身につける研修会を実施しており、社員の育成を強化しています。今後は、会計に関する研修の導入を検討されているようでした。

こうした取り組みからわかるように、エア・ウォーター・マテリアル様は、営業において知識とコミュニケーション能力を重要視しており、その能力を身につけ、どの地域でも、そしてどの部門でも活躍できるようなジェネラリストになれるところが最も魅力的だと思いました。転勤する場合の福利厚生も充実しているので、強い上昇志向があり、速いスピードで成長できる環境を求める人にオススメの企業です。

2018年1月 訪問
早稲田大学 文化構想学部 3年(女性)

従業員の幸せのための営業力強化

今回のインタビューを通して私が印象に残ったのは、営業力の強化に非常に力を入れられていることです。エア・ウォーター・マテリアル様では利益があがらず赤字になると、給与はあがらず賞与も減るので、会社として困るのはもちろん、従業員の幸せにつながらないとの考えのもと、利益をあげるために、商材開拓、新規事業開拓、新規顧客開拓、海外開拓などをしています。そしてその核となるのがやはり、営業の人の存在だとおっしゃっていました。

営業力を強化するため、営業力強化研修というものを土曜日等を使って行なっているそうで、プロの講師を呼んで、時には泊まりで、営業だけでなく将来管理部門で活躍できる人材を育てるため、論理的思考などについて研修しているそうです。

ピリピリした雰囲気が漂うこともあるそうで、大変な反面、自分の市場価値を高める最高の成長機会だと感じました。
営業や面接の際のうまくいくポイントなど教えていただいたので、これからの就職活動、そして社会人になってからも活かしていきたいです。

会社名 エア・ウォーター・マテリアル株式会社
事業内容 輸出入業務
URL https://www.aw-mt.com/
所在地 東京本社: 東京都港区浜松町2丁目13番7号
資本金 150百万円
設立 2003年8月1日
従業員数 240名

採用ナビサイトはこちら エントリーができます | リクナビ |  

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!

LINE@友だち登録でインタツアー開催情報や企業ビジコミ配信を受け取ろう!