株式会社アピスファーマシー× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

本日はアピスファーマシー様にインタビューをさせていただきました。 約80店舗している調剤薬局を運営する企業さんとお話をさせていただきました。 私の薬剤師のイメージは薬をお客さんに紹介するという1つしかありませんでした。 小さすぎると学べる範囲が狭くなり、大きくなりすぎる また全国的に見ても薬剤師の数が足りていないので、薬剤師の新たな可能性に魅力を感じて欲しいと思いました。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.181048
関西大学 経済学部3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 訪問】

「人と人との繋がり」

本日はアピスファーマシー様にインタビューをさせていただきました。こちらの企業様は1979年創業で80店舗の薬局などを事業としています。常に先を見て行動することがこちらの企業様の特徴であり、具体的にお伝えするとプライベート商品を他社より多く取り扱ったり、健康志向が今後さらなる発展を遂げると考え、東京にカフェを開くなど行っています。薬剤師になるには資格が必要ですが、薬剤師以外の本社などの勤務は文系が大半を占めており、文系の活躍フィールドがあります。

また、近年薬剤師不足が顕著なため、薬剤師が薬局に留まらず、様々な場所で活躍することができる観点からも薬剤師は大変貴重な存在です。 今回のインタビューを通じて、こちらの企業様の丁寧さを感じることができました。私たち学生の一つ一つの質問に対してこちらが理解できるような話し方をしてくださり、且つこちらの話している際も相槌を打ってくださるなど他者目線に立った行動をしてくださいました。

この点からもこちらの企業様の社員の方はお客様に対して丁寧な説明や深部まで信頼を築けているのではないかと感じています。以上よりこちらの企業様で働く、もしくは薬局で商品を買うことを皆様にお勧めしたいと思います。


学センインターンNo.181067
関西大学 経済学科3年(男性)
気になるビジコミ#タグ

【2020年6月 訪問】

「薬剤師の活躍の幅を広げよう」

関西を中心に約80店舗している調剤薬局を運営する企業さんとお話をさせていただきました。私の薬剤師のイメージは薬をお客さんに紹介するという1つしかありませんでした。しかし、これからいろんなフィールドに進出していくという話を聞いて非常に驚きました。

例えばレストランやカフェなどに出向いて健康知識などを発信していくことなどがこれからの薬剤師の役目として挙げられます。今日話を伺った薬剤師の方もそのような発信をしていきたいと仰っていて、非常に魅力に感じました。この企業さんには規模感が小さくもなく大きくもないということが逆に強みで、薬剤師さんが学びたいことを実現しやすいという環境があります。小さすぎると学べる範囲が狭くなり、大きくなりすぎると、なにがなんだかわからなくなるというデメリットがあります。

そのため学びたいことをきちんと学ぶことができるということに魅力に感じた方におすすめしたい企業さんです。また全国的に見ても薬剤師の数が足りていないので、薬剤師の新たな可能性に魅力を感じて欲しいと思いました。

会社名株式会社アピスファーマシー
事業内容かかりつけ薬局事業・卸業(医薬品・OTCその他)・OTC、サプリメント販売促進事業・アピスブランド商品開発事業
URLhttps://www.apis.co.jp/
所在地〒530-0001 大阪市北区梅田2-1-22 野村不動産西梅田ビル6階
資本金4,967万8,000円
設立1979年7月26日
従業員数769名