アクロストランスポート株式会社× ビジコミ

ビジコミとは、学生が自分自身で企業へ訪問・インタビューを実施し、リアルな感想・フィードバックを発信する「ビジターズ・クチコミ」を略した造語です。

ビジコミAI#(ハッシュタグ)

投稿されたビジコミのなかから重要度の高いキーワードを自然言語処理AIによりハッシュタグ化した一覧

ビジコミ AI要約

投稿されたビジコミ内容に基づき、NLP(自然言語処理)AIにより要約されたトピックセンテンスを表示します。

「社会人は学生と違って自由、だからこそ自分で生き方を決めなければならない。常に自分で考え、先輩に質問して自己形成をしていけなければならない。」と私たち学生を鼓舞するメッセージを頂きました。 経歴、年齢に囚われず、社員全員に高い向上心があり、そして常に将来を見据えた事業を展開している企業様でした。

ビジコミ一覧


学センインターンNo.201066
関西学院大学 商学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年9月 インタビュー】

「アパレル業界における効率を極めた物流戦略」

本日は、アクロストランスポート株式会社のご担当者様にお話を伺いました。
こちらの企業様は物流事業を柱とし、アパレル製品を主に取り扱っています。その中には画期的なシステムがあります。それはハンガー車と呼ばれるものです。しわを付けたくない商材をトラック内のハンガーに掛け、全国に運ぶことができます。

他にも強みとして、3PL(サード・パーティー・ロジスティクス)企業という点が挙げられます。企業内の物流に関わる業務を一括して受託し、調達、保管、配送の過程でお客様に代わってコスト低減、品質向上を行います。それぞれのお客様に合わせた運び方や保管方法を選べるなど、柔軟な対応ができる強みがあります。

また、物流の仕事は大変というイメージがありますが、こちらの企業様では現在、働き方改革を行っています。運転手の残業時間削減の為に管理方法を細かくしたり、時短勤務や育休がとりやすい環境など、女性にも働きやすい職場となっています。

大阪港センターの社員様は、将来的に会社をもう少し大きくし、様々なお客様に自社を知ってもらえるように活動していきたいと仰っていました。また今年度は「全員参加経営」をスローガンに掲げているようで、会社を作り上げているのは自分たちであるという思いが伝わってきました。このような思いを持つ社員様方が一人ひとり強い思いで仕事をしているからこそ、これからも成長していく企業様だと感じました。

学センインターンNo.201049
関西大学 法学部3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年9月 インタビュー】

「「衣」の血液」

本日、お話を伺ったアクロストランスポート株式会社様は、アパレルに精通した物流会社です。
主にハンガー車などを利用して、自社の倉庫から百貨店などへ配送されています。3PL企業という事で様々なニーズに合わせる必要があるため、責任の大きい、大切な事業だと感じました。

お話を伺って、倉庫業務への興味が湧きました。倉庫業務の内容は、在庫確認などの確認作業が多いようです。正確さがとても重要であり、自分たちのミスのない確認により滞りなく輸送ができるということは大きなやりがいに繋がると感じました。

また、パートやアルバイトの方と一緒に働くため、幅広い年齢層の方々や、様々なバックグラウンドを持つ方々と一緒に働くことができる点も仕事の面白さだと思います。さらに、パートやアルバイトからの社員登用のチャンスもあると伺い、多くの人々へステップアップや成長の機会を与えてくださることも皆が前向きに取り組める秘訣なのだと感じました。

これからは、関西の拠点をもっと増やしていきたいとおっしゃっていました。関西で生活している身として、関西の新たな拠点での活躍がとても楽しみな企業様であり、これからの展開を支える一員としての経験ができることも魅力だと感じました。

学センインターンNo.200162
早稲田大学 政治経済学部3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年8月 WEBインタビュー】

「時代に合ったフレキシブルな対応を」

本日は、ファッション物流を主要なサービスとするアクロストランスポート株式会社様にお話を伺いました。こちらの企業様はファッション物流だけでなく、物流加工や納品代行、アパレルサプライ、さらに現在、激しい勢いで市場を拡大しているEC物流などの幅広いサービスを行っています。

本日は、女性のご担当者様に対応していただいたため、働き方について、女性の視点でのお話を伺うことができました。中でも特に印象に残ったことは、個人の事情に合わせて対応する企業様の柔軟性です。例えば、妊娠中の方であれば電車が混雑する時間帯を避けるために出社時間や帰宅時間をずらしたり、産休・育休の期間もそれぞれの都合に合わせて調整ができるなど、一人ひとりのニーズに合わせた働き方ができるそうです。

このように、自身の働き方について、上司や同僚の方など周囲に相談できる環境があることに、とても魅力を感じました。そして、性別に関係なく、平等で働きやすい環境が整っているこちらの企業様に、社員一人ひとりを大切にする温かさを感じました。物流と聞くと女性にとっては大変そうなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、その考えが覆されるような企業様です。

学センインターンNo.200168
早稲田大学 商学部2年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年8月 WEBインタビュー】

「柔軟性があり、温かい職場」

本日は、アクロストランスポート株式会社様にお話を伺いました。こちらの企業様は、主にアパレル商材の運送や物流を行っています。「3PL」と呼ばれる方式で、アパレルメーカーの商材の仕入れから、検品や仕分けなど、それが店頭に並ぶまでの一連の工程を担うことによって、お客様との意思疎通の手間や齟齬を減らし、作業の効率化を図っているそうです。

本日のお話でキーワードとなったのは、「柔軟性」です。例えば、既存の運送・物流のノウハウを生かして、楽器の運送や家具・雑貨の保管など、アパレル商材以外へも事業展開しています。このように、常に発生する状況の変化や問題に柔軟に対処している企業様の姿勢が印象的でした。

さらに、この柔軟性は社員の方の働き方にも見られます。産休・育休や時短勤務など、個人の事情に合わせた働き方ができる、女性にとって働きやすい職場です。
上司と部下の緊密なコミュニケーションを心掛けていたり、社内研修での横のつながりを大切にしていたりすることを伺って、とても温かい企業様だと感じました。

学センインターンNo.200049
明治学院大学 社会学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年7月 訪問】

「さまざまな分野のパイオニアを目指す」

本日は、アクロストランスポート株式会社のご担当者様にお話を伺いました。

こちらの企業様は、アパレル製品の運送、資材販売や、納品代行として百貨店納品もされています。スーツやコートなどのシワの入りやすい製品はハンガーに吊るしてトラックで運んでおり、丁寧に製品を運ぶ技術があることから、様々な製品の運送に対応できるそうです。

なぜ、このように様々な製品を運ぶようになったかというと、アパレル製品の運送だけでは限界があり、人材や技術を使ってこれまで他社がしていなかった分野にも飛び込んで、その分野のパイオニアを目指しているためだそうです。

また、これまでは新卒採用を積極的に行っていませんでしたが、企業の未来を考え、再び始めるとのお話も伺いました。新卒採用で求める人物像は「考える人」です。作業は今後機械化が進むため、柔軟な発想で企業を大きくしていく人を求めていることからも、前例のないことにも果敢にチャレンジをし、自分たちで道を切り開いていく強さを感じました。
自分の発想力を活かして、新しい風を吹かせたい方にとって、非常に魅力的な企業様だと思いました。

学センインターンNo.200088
早稲田大学 教育学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年7月 訪問】

「満ち溢れる可能性」

本日は、アクロストランスポート株式会社のご担当者様にお話を伺いました。

こちらの企業様は、アパレル製品に特化した運送、資材販売などを行っております。さらに、強みである「丁寧さ」を活かして、今後はアパレルだけではなく、医薬品や日用品の配送など、様々な事業展開を模索中だそうです。自社の特徴を生かしつつ、時代の潮流に応じて、変化し続けようとする姿勢が、大変魅力的に感じました。

また、やりがいを伺ったところ、ご担当者様は「会社や人が変わっていく様を見ることができること」だとおっしゃっていました。日々、変化し続けている企業様だからこそ、得られるやりがいだと感じました。この変化の一貫として、今後は、新卒採用や社員教育にも力を入れ、新しい体制を整える予定だそうです。

社員一人ひとりに、社内や業界をより良い方向へと導く、チャンスがある企業様だと感じました。

学センインターンNo.200020
立教大学 法学部 3年(男性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年4月 訪問】

「やり方に正解はない」

本日はアクロストランスポート株式会社様にインタビューをさせて頂きました。ファッション物流に特化した企業様で、輸送だけでなく、物流加工、検品を行なっています。社員全員が常に生産性を上げる心を持ち、発注から納品までのリードタイムを削減する工夫をし、効率化を図ることに力を入れている企業様です。急速に発展する時代を象徴するようにEC物流を行っており、システムを進化させ、業務の達成度や1日の作業量を数値化する事でいかに少ない人数で成果を出すかを念頭に取り組んでいらっしゃいました。

実際にEC物流業務を行っている山口様は、少子化や人手不足が懸念される将来に向けて、仕事の効率化、生産性の向上といった「ゴールのない改善」を考えることが一番のやり甲斐だと仰っていました。 私が最も関心を抱いた事は部署内で行われる会議です。年齢、立場関係なく業務をより効率的に遂行するための意見を出し、本音を言い合う場を月1回設けています。若手社員が主に意見を出し、実際にその意見を採用するなど、そうした思い切った取り組みが生産性の向上に繋がっていると感じました。

新入社員の大木様からは、「社会人は学生と違って自由、だからこそ自分で生き方を決めなければならない。常に自分で考え、先輩に質問して自己形成をしていけなければならない。」と私たち学生を鼓舞するメッセージを頂きました。 経歴、年齢に囚われず、社員全員に高い向上心があり、そして常に将来を見据えた事業を展開している企業様でした。


学センインターンNo.180189
専修大学 文学部 3年(女性)いいね
気になるビジコミ#タグ

【2020年4月 訪問】

「ファッション界の縁の下の力持ち」

本日はアクロストランスポート様にお話を伺いました。こちらの企業様は大きく分けて、服に汚れやハリがついていないかの検品、仕分け作業、運送などのいわゆるファッション物流の役割を担っています。お話を伺い、私が感じたアクロストランスポート様の魅力は、最新のファッションに関われるということです。お店に出される前の様々なブランドの服を仕事を通じてみることが出来ると仰っていました。そのため社内には、服好きな方が多くいらっしゃるとお聞きしました。お話を伺う前までは、服に関わる仕事というと、販売職やデザイナーという職種を想像していましたが、物流という仕事でも服と密に関わることができるという発見がありました。お話してくださった山口様は、ファッション物流は、服の市場を支える縁の下の力持ちだと仰っていてまさにその通りだと感じました。

また、仕事の生産性を上げるために、月に一度社歴関係なく話し合うミーティングをしているそうです。そこでは若い年代からも意見が活発に出て、その意見も通りやすく実際に実践して試しているというお話から、活気のある環境だと感じました。ファッション業界に対してこのようなアプローチもできることを知り、とても勉強になりました。服が好きな方にもぜひおすすめしたい企業様です。

会社名アクロストランスポート株式会社
事業内容ファッション物流、物流加工、納品代行、アパレルサプライ、EC物流
URLhttp://www.across-tr.co.jp/
所在地東京本社 〒108-0022 東京都港区海岸3-9-32
資本金2,000万円
設立1972年9月
従業員数1400名(2018年度)