お役立ち資料

学生就業支援センターでは、企業様、学生向けに採用・就職活動に関する実態調査を定期的に行っています。
変化の激しい採用市場の状況をいち早くとらえることで、採用戦略に活かしていただける調査レポートをご提供しています。 

《NEW》業界別イメージ調査 メーカー編

・メーカー業界の良いイメージを教えてください。
・メーカー業界の悪いイメージを教えてください。
・メーカーではどんな仕事をするイメージがありますか?
・メーカーの選考を受けたいと思いますか?
・メーカーの選考を受けたい学生が志望する業界
・メーカーで知っている企業名を教えてください。

22・23・24卒生 就活スケジュール比較調査

・就活のスケジュールについて教えてください
・就活の準備で行っていることを教えてください
・志望業界を決めたのはいつですか?
・志望企業を決めたのはいつですか?

22卒ナビサイトコンテンツの利用状況 学生・企業双方向調査

・ナビサイトでよく使う検索項目を教えてください
・選考中にナビサイトのどの項目を見ましたか?
・選考のフェーズによってナビサイトの気になるポイントは変化しましたか?
・ナビサイトで使用しているオプションをすべて選択してください
・上位表示を使用して期待する効果を教えてください

冬期インターンシップ予定学生企業双方向調査

・現時点で冬期インターンシップに申し込みをしている企業は何社ありますか?
・冬期インターンシップに参加する1番の目的は何ですか?
・冬期インターンシップ参加者に早期選考を行いますか?
・冬期インターンシップで最も魅力的なコンテンツは何ですか?

ナビサイト利用調査と選考辞退・内定辞退の決定要因調査

・ナビで知ることができなかった情報は何ですか?
・ナビで知ることができなかった情報を他のコンテンツ等を使って調べましたか?
・内定を辞退した企業はありますか?
・内定を辞退した理由はなんですか?

服部准教授と語る、直近傾向から見えた23卒採用成功に導く2大法則

22卒採用を成功した企業の特徴を元に、23卒採用に向けて成功する法則を“採用学”の第一人者・神戸大学の服部准教授と、オンライン時代に必要な新卒採用に迫っていきます。
良質な母集団を作りたい、選考への参加率を上げたい、内定辞退を抑止したいというお困りごとを解決するヒントが満載の対談内容となっています。

22卒内定者フォロー状況 学生・企業 双方向調査

・内々定から内定承諾までに企業にしてもらったことはなんですか?
・内定企業からはどれくらいの頻度で連絡を受けていますか?
・企業に入社すると決めた理由は?
・印象に残ったコンテンツは?
・内定承諾後企業がしたことは?...他

夏インターンシップ参加学生追跡調査

・夏期インターンを通じて知りたかった事は知ることができましたか?
・インターンシップに参加した企業をどこで知りましたか?
・参加したインターンシップで印象的だった内容・コンテンツは?
・夏期インターンに参加した企業からはどのような連絡が来ていますか?
・夏期インターンに参加した企業の秋冬インターンに参加する予定はありますか?...他

夏インターンシップ申込状況調査

・7月上旬段階で90%の学生が夏インターンの「参加申込済み」または「一部申込済み」
・学生一人当たりの夏インターン参加申込は平均6.35社 6社申込が最多
・オンラインインターン58.7% 訪問・集合型インターン41.3%
・志望業界・志望企業を中心にインターン参加を申込 選考への参加も視野に入れている

就職活動スタート状況調査

・23卒学生の6月段階での就活スタート率は87.3%(文系89.9%、理系73.5%)
・72.3%の学生が「志望業界を絞り込んでいる」状態
・76.4%の学生が「WEBで話を聞いた企業がある」
・8割の学生は4社以上のエントリー企業を既に決めている

23卒インターンシップ予定調査

・73%以上の学生が9月以前にインターンシップに参加し事実上の就活をスタート
・インターンシップに参加する企業数は「4~6社」が最多で51.9%
・80.9%の学生は「既にどの企業のインターンに参加するか(一部)決めている」
・58.9%の学生がSNSやYoutubeでインターンシップに参加する企業を認知
・64.2%の学生はインターンシップで「応募するか判断」

【学生が就活をスタートした(する)時期は?】22~24卒学生総合調査レポート

・8割以上の大学で1年生からキャリア教育を講義で実施
・大学主導のインターンシップも2年生までに47%がスタート
・22卒:2年生までに45%以上が就活をスタート
・23卒:すでに就活をスタートしている学生が39%
・24卒:すでに就活をスタートしている学生が14%

【学生が企業決定で重視する情報】調査レポート

・就活の進み具合によって学生が重視する情報は変化する
・エントリー前には選考に関する情報や勤務地・給与条件などが参照される
・選考中には会社の事業に関する情報、社風、キャリアプランなどが参照される
・選考中にわかりにくい情報は社内の人間関係。リクルーターに質問されることが多い
・内定承諾の検討時には仕事内容・配属先と、会社・事業の情報が参照される

【21卒生 コロナ禍の就活】調査レポート

・合同説明会参加者は12.1%(昨年度調査51.8%)と大幅に減少
・企業を探すために使った方法は『WEB検索(77.7%)』『インターンシップ(63.4%)』
・『友人同士の情報交換[LINE等](54.8%)』が『大手ナビサイト(51.6%)』を凌ぐ
・ナビサイトの活用は応募が中心に
・WEB検索や口コミを意識した採用マーケディング施策が重要に

「WEB面接についての実態」調査レポート

・コロナ対策で拡大するWEB面接活用
・WEB選考参加経験有無
・WEB選考メリット
・WEB選考デメリット
・22採用以降のオンライン化に向けて

『学生の情報収集手法の変化について』調査レポート

・情報収集の変化
・SNS活用調査結果
・SNSの活用方法
・企業研究の為に知りたい情報