導入事例

インタツアーを導入いただいた企業様の声を掲載しています。

マルチコンピューティング株式会社 様

IT

今まで接点のなかった熱意のある学生と接することができました。

インタツアービズを導入しようと思った理由は、これまでとは異なる層の大学生と新しい接点を作れると感じたからです。

インタツアービズの仕組みを聞いたときに、学生にも企業にもメリットがある取り組みだと思いました。月に一度、学生のインタビューを受けることで、企業は学生との新しいタッチポイントをつくることができますし、学生は企業とのコミュニケーション経験を増やすことができます。インターンシップとアルバイトを兼ねることができる内容なので、学生にとっても魅力的です。

学生が生の声を発信してくれるので、採用活動のPRにもつながります。

導入してみて実感した違いは、会社説明会に参加する学生の変化です。今まで接点のなかった大学の学生や、就職活動に熱意のある学生と接することができています。

ビジコミを見て弊社に興味をもってもらえるケースも増えましたし、LINE広告などを使ってSNSのプロモーションも効果的に行ってもらえるので、認知・興味を獲得できていると感じます。

また、これは運用していて感じるメリットですが、コストとサポートでも助かっています。

スカウト型や紹介型ではないので費用が大きくかかることもありませんし、集計データをもとに的確なアドバイスをいただけるのもありがたいです。学生向けサイトの機能や閲覧しやすさも継続して改善されているので、ぜひ今後も活用していきたいです。

エムイーシーテクノ株式会社 様

インフラ

直感的に今当社に必要なのはこれかもしれないと感じました。

インタツアーを初めて知ったとき、「これは学生の皆様により響くのでは・・・」と思いました。
当時、当社ではナビ媒体に代わるPR方法を検討している最中でした。当初は、若手社員によるリファラル採用を強化することを考えていたのですが、幅広いPRには限界があるため、打ち手に悩んでいるところでした。
学生就業支援センター様から「インタツアー」を紹介いただいたときに、「同世代の学生のクチコミ」と「企業からの一方的なPRではない」仕組みに、直感的に今当社に必要なのはこれかもしれないと感じました。

学生のレポートから「そのような表現もあるのか」と、当社の魅力を改めて認識することができました。

実際に利用し始めて感じたことは、学生に自社の魅力をわかりやすく伝える方法として、学生インタビューが非常に有効だということです。
当社は各種産業用プラント、製造設備の建設とメンテナンスをコアビジネスとしています。この事業は内容が非常に幅広く、技術領域も多岐にわたるため、学生に当社の魅力を伝えることに苦労していました。
インタツアーは一般的な会社説明会と違い、利害関係が無い為、学生の本音の質問を聞くことができ、学生の皆様が欲している情報が何なのかが理解できます。また、レポートの表現も非常に多様で、「そのような表現もあるのか」と、当社の魅力を改めて認識するとともに、より伝わりやすい内容・表現で発信できているのではと感じています。
また、自社管理では運用面の課題があったSNSへの展開もできるようになり、表現力と広報発信力を大いに上げることができました。

本社採用担当から全国の事業所にインタビューを拡大

当社ではインタツアーの導入1年目は本社の採用担当者のみのインタビューで運用していました。しかし、運用の負担が少なく、会社を多面的に見せることができると感じて、2年目からは全国の事業所でインタビューをすることにしました。各事業所の採用担当だけでなく、現場の技術系社員にも協力してもらい、より学生の皆様に当社の魅力を伝えられるよう、内容の充実化を図っています。
学生就業支援センター様はフットワークが軽く、こちらの要望に対応していただけるので、一緒に採用活動の強化を形にすることができています。

PwC京都監査法人 様

コンサルティング

「どうにかうちの会社を知ってほしい」「大学生とのタッチポイントを増やしたい」

一番最初に知ったのは、学生さんからの取材依頼の電話でした。それまではインタツアーのサービスも全く知らなかったのですが、電話で説明を聞いて「学生さんと直接話ができるって面白そうだな」と直感的に思ったんですよね。それでインタビューを受けたのが、最初の出会いです。
ちょうどその頃、新卒採用に苦戦していて、私たち監査法人は、会計士などを目指している人以外にはほとんど知名度がありません。ですが会社は専門職だけではなく、事務的なことやサポートをする人材も必要で、ナビに出していても集まってくる学生数に課題があり、それを解決するためにまずは「どうにかうちの会社を知ってほしい」「大学生とのタッチポイントを増やしたい」と思っていた時期だったため、直感的に「これは良いな」と思いました。

 東電物流株式会社 様 【東京電力グループ】

物流

学生の皆さんのリアルな「声」を通じて知っていただけるいい機会。今後もインターツアーを活用していきます。

弊社がインタツアーを活用し始めた理由は、ナビサイトに代表される一般的な採用媒体とはベクトルが違う、新しい「採用メディア」になりうる面白い取り組みだと感じたからです。
インタツアーの最大の特徴は、「学生の視点で会社の魅力を引き出し、PRしていただける」ということです。
会社説明会や職場見学会など学生の皆さんと接点を持つ場では、情報の伝達がどうしても「企業→学生」という一方通行になりがちです。「伝えたいことを伝える」ということに注力してしまいがちで、「学生が本当に知りたかったこと」を的確に伝えられているかどうかは、なかなかわからないものです。

一方、インタツアーは「学生によるインタビュー」が主体であり、「学生の皆さんが、学生の視点で、学生が知りたいことを聴きだして、記事を執筆する」というメディアです。学生が本当に知りたいこと、他の学生に伝えたいことを、インタビューを通してビジコミに表現していただけます。

採用広報活動の振り返りや社内への説明の際もわかりやすく、重宝しています。

ビジコミの活用情況やSNSでの訴求実績を数値でレポートしていただけます。
参加される学生の皆さんは、「インタビュー+記事の執筆」という活動をインターン(就業体験)として行っていることもあり、取材も非常に前向きかつ真剣に取り組まれています。時にはプロの記者のような非常に鋭い視点での質問をされる方もいらっしゃいます。

学生目線で自社を見たときに、どんな部分を魅力として捉え、どんな部分に疑問を抱き、どんな部分に不安を感じるのか。いただいた質問から学ぶことも非常に多く、毎回採用活動の参考にさせていただいています。
これからも、学生の皆さんのリアルな「声」を通じて弊社を知っていただくため、インタツアーを活用していきたいと考えています。

特種東海製紙株式会社 様【東証1部上場】

メーカー

インタツアーはSNSなどこれまでと違うチャネルを通して潜在層に幅広く認知してもらうことができます。

インタツアーを導入してあらためて感じたことは、学生との「会話の掛け合い」の大切さです。 採用選考では弊社の魅力を伝えたい思いが強くなり、一方的になってしまいがちです。 ですがインタツアーのインタビューを通して学生たちと双方向のコミュニケーションをすることで、 学生の考え、知りたいことをダイレクトに知ることができ、また私たちも気づかなかった自社の魅力を再発見する、気づかされることが度々あります。 おかげで弊社をより多面的に伝えられるようになったと感じています。

学生が自分の言葉で表現してくれるので、弊社のことがより伝わりやすくなっていると感じています。

弊社はニッチな分野で「紙」という素材を取り扱うメーカーで、なかなか認知いただくのが難しいのですが、インタツアーはSNSなどこれまでと違うチャネルを通して潜在層に幅広く認知してもらうことができます。 実際にインタビューをしてくれた学生たちが魅力に感じたことを自分の言葉で表現してくれるので、弊社のことがより伝わりやすくなっていると感じています。

それから、学生就業支援センターさんは毎年多くの学生と常時、顔を合わせていらっしゃるので、新卒採用における動向や施策、また学生の思いなどの情報をリアルタイムで教えていただけるのは大きなメリットです。 担当さんをはじめとして、皆さんから全面的にサポートをいただき大変助かっていますし、困った時に相談に乗っていただける「安心感」があります。

株式会社NTSロジ 様

物流

新たな採用チャネルによる他社差別化を

弊社は、例年イベントを集客のメイン施策としておりましたが、何か新たなチャネルを模索しておりました。弊社の自慢である社風や社員について、従来の媒体では表現し切れないこと、物流業界の魅力についても学生に伝えられていないと感じていました。 「インタツアー」は学生とインタビューで接点を持て、ウェブ上で学生目線の口コミを発信できるという面白い企画でした。

また、SNS上にもその情報を拡散することができ、潜在層の学生に対しても、自社の魅力や強みを広く知ってもらう機会が作れるというものでした。 各事業所で学生インタビューを行うことで、弊社の社員とも沢山会って頂き、本来学生に伝えたかった会社の強みや魅力を表現することができました。 インタツアーという新たな採用チャネルを保有したことにより、他社との差別化が図れただけではなく、選考途中の学生にもビジコミを見てもらうことで、入社の決め手になったと感じています。今後もインタツアーを活用していきたいと考えています。

インタビュー

PwC京都監査法人 様

コンサルティング

「どうにかうちの会社を知ってほしい」

東日本高速道路株式会社 様

インフラ

「学生のスピード感に合うコンテンツが欲しかった」