日本最大の企業インタビューコミュニティ

薬品・化粧品

商社

流通・小売

専門店

株式会社マツモトキヨシホールディングス

3件のビジコミ(クチコミ数)があります

主なビジコミAIキーワード

  • ドラッグストアの運営
  • タイと台湾にも店舗を展開

ビジコミ(クチコミ)

AIタイトル

社風も非常にフラットで、新卒も社歴関係なく商品開発に携わるチャンスが均等にもらえると伺い、日頃店舗で見かける商品に自分も携われると思うととてもわくわくしました。美と健康という誰もが大切にしていることから社会に貢献できる非常に魅力的な企業様です。

AIキーワード

  • ドラッグストアの運営
  • タイと台湾にも店舗を展開
  • ブランド
  • 店舗配属型
  • 幹部候補コース
  • キャリアパス
  • フラット
  • 社歴関係なく
  • 社会に貢献

ビジコミ(クチコミ)一覧

現在ビジコミ掲載数 3

明治大学
経営学部 2年

学センインターンNo.180217

興味のある分野

イノベーション


伸びしろ

2020.04

「皆で生み出す商品」

本日は株式会社マツモトキヨシホールディングスの北村様、畠様にインタビューさせていただきました。ドラッグストアでは医薬品を...
本日は株式会社マツモトキヨシホールディングスの北村様、畠様にインタビューさせていただきました。ドラッグストアでは医薬品をはじめ、化粧品、雑貨、食品など、人々の日常生活を支える商品が多く販売されています。あるところでは、コンビニのような役割を果たそうと、雑貨や食品の販売に力を入れているところや、上記の4部門の売上が同じくらいのところもあるそうです。しかし、こちらの企業様は、お客様の「美と健康」を守るために専門性にこだわり、業界内でもトップクラスで医薬品、化粧品の販売に重きを置いていることが特長です。

また、プライベート・ブランドの商品をたくさん持っており、その数は2000品目に上ります。これだけの商品を生み出すにあたって、お客様のニーズに応えることを最優先に、専門部署だけでなく、社内の全ての人が開発に参加できるよう社内プロジェクトを構成しています。社歴の壁を越えて、意見を言い合える雰囲気の土壌がここに作られているのだと感じました。

学生へ求める人物像としては、医療や専門性に意識をしっかり向け、素直に周囲の意見を受け入れることができ、その上で自分の考えで行動ができるような、積極性を持ち合わせた学生だそうです。

お二方からは、新型コロナウイルスが蔓延し、不安が広がるこのご時世でも悲観的になるのではなく、むしろ、壁を乗り越える力を身につけるチャンスだと、前向きに捉えていこう、というお言葉も頂きました。 勇気が出るだけでなく、改めてこちらの企業様の考え方に感銘を受けました。

立教大学
法学部 3年

学センインターンNo.200060

興味のある分野

成長できる


キャリアアップ

2020.04

「お客様の美と健康の向上を目指して」

本日は、株式会社マツモトキヨシホールディングス管理本部人事部採用課主任の北村様と畠様にお話を伺いました。事業内容としまし...
本日は、株式会社マツモトキヨシホールディングス管理本部人事部採用課主任の北村様と畠様にお話を伺いました。事業内容としましては、全国45都道府県に1600を超えるドラッグストア店舗・調剤薬局の運営です。2019年3月期の売上高が5759億円を記録しており、今後は1兆円を目標にしてタイ、台湾をはじめとする海外進出もしています。

こちらの企業様は非常に風通しが良い環境であり、社内公募制度によって年次関係なくプライベートブランドの開発に携わることができます。また、アルバイトやパートの方の意見も取り入れるような制度もあり、非常に現場の声、お客様のニーズを大事にしている企業様です。

また、こちらの企業様の強みとしては、競合他社の売り上げの割合が日用品や食料品に傾いている企業が多い中、医薬品・化粧品の売り上げが7割を占めるという専門性が高いという点が挙げられます。これにはお客様の美と健康を守りたいという企業様の思いがあり、それを追及されている姿勢がとても印象的でした。

社内ではチームで行うプロジェクトや業務が多いので、協調性や主体性があり、素直な方に入社していただきたいとおっしゃっていました。事業規模が大きく、今後日本だけでなく世界でニーズが高まる美と健康に貢献できる企業様であり、“ドラッグストア“の概念が変わりました。

明治大学
商学部 2年

学センインターンNo.180203

興味のある分野

若手活躍


伸びしろ

2020.04

「美と健康のドラッグストア」

本日は、マツモトキヨシグループ様にインタビューさせていただきました。こちらの企業様はみなさんもご存知の通り、ドラッグスト...
本日は、マツモトキヨシグループ様にインタビューさせていただきました。こちらの企業様はみなさんもご存知の通り、ドラッグストアの運営をされています。

マツモトキヨシと聞くと国内のドラッグストアを思い浮かべますが、実はタイと台湾にも店舗を展開しています。また日本の人口が減少しているため、アジアでマツモトキヨシとしてのブランドを広げ、今後は更に海外に事業を展開していくとおっしゃっていました。

また、新卒選考ルートは2種類あります。一つがいわゆる店舗配属型のものです。最初の何年かは店舗配属となり、その後は本部に行く人もいれば、そのまま店舗に残る人もいます。もう一つのコースは、幹部候補コースです。こちらのコースは先ほどの店舗配属型と違い、二年目からの本部配属が約束されているコースです。そのため、こちらの企業様のような大きな企業で経営に携わりたい方には非常に魅力的なコースです。それぞれが思い描くキャリアパスが実現できるコース選択ができる点に惹かれました。

社風も非常にフラットで、新卒も社歴関係なく商品開発に携わるチャンスが均等にもらえると伺い、日頃店舗で見かける商品に自分も携われると思うととてもわくわくしました。美と健康という誰もが大切にしていることから社会に貢献できる非常に魅力的な企業様です。

会社情報

会社名 株式会社マツモトキヨシホールディングス
事業内容 子会社の管理・統轄および商品の仕入・販売
URL https://www.matsumotokiyoshi-hd.co.jp/
所在地 〒270-8511 千葉県松戸市新松戸東9番地1
資本金 220億5千1百万円
設立 2007年10月1日
従業員数 連結:14,559名(2019年3月期)

商社

流通・小売

株式会社マツモトキヨシホールディングス

  • インタツアーを探す

  • ビジコミ(クチコミ)を探す

この企業を見ている人にオススメ

この企業のビジコミ(クチコミ)を見る